大迷惑!バイオラバー【山本化学工業】原薬メーカーの不正に「間違えないで!」

和歌山市の大手原薬メーカー「山本化学工業」が、届け出をせずに自社製品に中国製アセトアミノフェンを混ぜて、製薬会社に出荷していた疑いがあり、厚生労働省は5月に和歌山県と合同で山本化学工業を立ち入り調査していた。今回の調べで医薬品医療機器法違反に当たるとして、県が近く処分する見通しだという。

大手製薬会社の影に隠れる原薬メーカー

厚労省は、中国製を混入した製品の成分を分析した結果、品質などに問題はないとしているが、世間の中国製への不信感がある中、不安なニュースである。

会社側は

「注文が相次いで製造能力を超えてしまい、数年前から中国製を輸入するようになった。国産数ロットにつき中国製1ロットを混ぜて出荷していた」

出典:時事通信社

と説明したという。

「アセトアミノフェン」は、一般的な風邪薬などの有効成分(解熱鎮痛剤)として身近なもの。

薬のパッケージなどで目にすることもあるので、おそらく多くの人がお世話になっていると思うが、それが、わずか従業員30人程度の会社が、国内シェアの8割を占めていたということに、ただ驚いた。

薬は、大手製薬会社の名前で販売されているので、誰もが安心(信用)して使用することができるが、原料メーカーにまで辿ると、このようないい加減な「中小零細企業」に安全が握られていることに気づく。

シェアの8割、少なくとも数十社に出荷していたとさえるので、ほぼ知っている限りの大手製薬会社の製品に使われていたということになる。

 ちなみに、我が家に常備している風邪薬(総合感冒薬)にも、主成分としてたっぷり入っていた・・・ 

 

ニュースでは、軽く流されてしまったように感じたが、事によっては大問題となる。厚労省が「品質などに問題はない」と発表したが、もしあったとしても、それを公表できるのか?といった問題だ。

市場からは、各社多くの製品の回収を行わなくてはならず、社会的な問題に広がる可能性だってある。

そういった、直接国民の健康に関わる、重大な問題だという認識が、この原薬メーカーにはあったのだろうか・・・

ニュースに映るこの会社や、製造工場の外観を見る限りでも、偏見かもしれないが、あまり良い印象は持てないのだが・・・「ここでか~」

バイオラバーで有名な「山本化学工業」に、とばっちり!

筆者も、このニュースを聞いた時は「アレ!?山本化学ってバイオラバーの?薬までやってるのか・・・」と思って調べたが、検索でトップに出てくる「山本化学工業」のホームページを見ると、やはりバイオラバーで有名な会社だった。

しかし、お知らせに重大な事実が!!

報道についてお間違えの無いようお願いします。

2017年6月22日付の朝日新聞朝刊にて山本化学工業についての報道がされましたが、この記事「風邪薬成分、安価な中国産で水増し」の山本化学工業は、弊社と同じ社名の和歌山にある原薬メーカーです。弊社とは一切関係ありませんので、お間違いのないよう宜しくお願い致します。

出典:山本化学工業株式会社

今回不正が発覚し、報道された「山本化学工業」とは原薬メーカーであり、バイオラバーで有名な「山本化学工業」とは、社名が同名なだけで、全くの別会社であるということだ。

このニュースによって、バイオラバーの「山本化学工業」は、ネット上に間違ったリンクを張られたり、勘違いをしたまま伝えられているケースが発生しているらしい。

もちろん、有名なのはバイオラバーの「山本化学工業」の方なので、おそらく、ニュースで社名を聞いただけでは、勘違いのまま認識されてしまう可能性が高い。

とんだ「とばっちり」を受けてしまった形だが、ちゃんと社名を調べれば、バイオラバーがトップに出てくるので、伝える方は、最低限の情報は得てから発信する必要があるだろう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

【スポンサードリンク】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2018-5-18

    年商10億の通販王〖保阪尚希〗が抱くさらなる野望?イランのガスで5000億の真相

    最近、壮絶な過去など、何かと話題になる保阪尚希さん。 元々は俳優の彼は、一時期テレビから姿を消し、…
【スポンサーリンク】

注目記事

  1. 『アムラー』 90年代に青春時代を過ごした女子ならば、誰もが少なからず影響を受けたであろう『安室奈…
  2.  子供の頃、誰もが遊んだことのある塗り絵が、今は大人も楽しめると話題になって久しいが、改めて精神的に…
  3.  早いもので、今年も『ノーベル賞』ウィークがやってきた。そして、ノーベル医学生理学賞を、大隅良典(東…
  4.  先日、熊本地震の不安も覚めない中、結婚披露宴を開いた、歌手、又はタレントのDAIGOさんと、女優の…
  5. 先日、コント日本一を決めるTBS『キングオブコント2017』で準優勝し、新世代の笑いを見せた『にゃん…

おすすめ

  1. 【Jリーグ】苦境に立つ浦和と広島の共通点!過去5年の明暗、同時に迎えた限界?

    先日、今期『Jリーグ』の前半戦を終えて、降格圏内に沈む『サンフレッチェ広島』(以下、広島)の森保監督…
  2. 乙武氏も荒れる?田中萌『グッド!モーニング』不倫で降板?局の対応は…

    今週の「週刊文春」にスッパ抜かれた、テレビ朝日のアナウンサー(以下、アナ)同士の不倫疑惑。それも、朝…
  3. 厄年の南キャン山里を襲う【アニサキス胃腸炎】その原因と正体は!?

    年末年始の「食っちゃ寝」生活で、正月ボケを引きずっている人も多いのではないだろうか。 そして、何か…
  4. <BABYMETAL>ウェンブリー公演!期待のWOWOWにファンは不完全燃焼?

     先月の4月2日、イギリスのウェンブリー・アリーナ(SSEアリーナ・ウェンブリー)でのライブを成功さ…
  5. 【加計問題】痴漢冤罪と同じ?「そんなはずはない!」と決めつける報道の危うさ

    「疑われてしまったら、疑惑を晴らすことはほぼ不可能」 痴漢犯罪は元より、そこと表裏一体となって社会問…
  6. 【ノーベル賞】なぜ韓国は取れない!期待しても受賞どころか候補さえ居ない?

     早いもので、今年も『ノーベル賞』ウィークがやってきた。そして、ノーベル医学生理学賞を、大隅良典(東…
  7. 【衆院選2017】民進党が再結集?まやかしの野党再編!選挙後は希望から絶望へ?

    今月22日に投開票がされる衆院選も、各党、本格的な選挙モードに突入しているが、今回の選挙で特に注目さ…
  8. <麻生太郎>失言?高齢者を軽視?論点をずらして揚げ足取りばかりの呆れたメディア

     先日、麻生太郎(副総理、兼財務大臣)の、高齢者に対する発言が問題とされ、複数のメディアが取り上げた…
ページ上部へ戻る