大迷惑!バイオラバー【山本化学工業】原薬メーカーの不正に「間違えないで!」

和歌山市の大手原薬メーカー「山本化学工業」が、届け出をせずに自社製品に中国製アセトアミノフェンを混ぜて、製薬会社に出荷していた疑いがあり、厚生労働省は5月に和歌山県と合同で山本化学工業を立ち入り調査していた。今回の調べで医薬品医療機器法違反に当たるとして、県が近く処分する見通しだという。

大手製薬会社の影に隠れる原薬メーカー

厚労省は、中国製を混入した製品の成分を分析した結果、品質などに問題はないとしているが、世間の中国製への不信感がある中、不安なニュースである。

会社側は

「注文が相次いで製造能力を超えてしまい、数年前から中国製を輸入するようになった。国産数ロットにつき中国製1ロットを混ぜて出荷していた」

出典:時事通信社

と説明したという。

「アセトアミノフェン」は、一般的な風邪薬などの有効成分(解熱鎮痛剤)として身近なもの。

薬のパッケージなどで目にすることもあるので、おそらく多くの人がお世話になっていると思うが、それが、わずか従業員30人程度の会社が、国内シェアの8割を占めていたということに、ただ驚いた。

薬は、大手製薬会社の名前で販売されているので、誰もが安心(信用)して使用することができるが、原料メーカーにまで辿ると、このようないい加減な「中小零細企業」に安全が握られていることに気づく。

シェアの8割、少なくとも数十社に出荷していたとさえるので、ほぼ知っている限りの大手製薬会社の製品に使われていたということになる。

 ちなみに、我が家に常備している風邪薬(総合感冒薬)にも、主成分としてたっぷり入っていた・・・ 

 

ニュースでは、軽く流されてしまったように感じたが、事によっては大問題となる。厚労省が「品質などに問題はない」と発表したが、もしあったとしても、それを公表できるのか?といった問題だ。

市場からは、各社多くの製品の回収を行わなくてはならず、社会的な問題に広がる可能性だってある。

そういった、直接国民の健康に関わる、重大な問題だという認識が、この原薬メーカーにはあったのだろうか・・・

ニュースに映るこの会社や、製造工場の外観を見る限りでも、偏見かもしれないが、あまり良い印象は持てないのだが・・・「ここでか~」

バイオラバーで有名な「山本化学工業」に、とばっちり!

筆者も、このニュースを聞いた時は「アレ!?山本化学ってバイオラバーの?薬までやってるのか・・・」と思って調べたが、検索でトップに出てくる「山本化学工業」のホームページを見ると、やはりバイオラバーで有名な会社だった。

しかし、お知らせに重大な事実が!!

報道についてお間違えの無いようお願いします。

2017年6月22日付の朝日新聞朝刊にて山本化学工業についての報道がされましたが、この記事「風邪薬成分、安価な中国産で水増し」の山本化学工業は、弊社と同じ社名の和歌山にある原薬メーカーです。弊社とは一切関係ありませんので、お間違いのないよう宜しくお願い致します。

出典:山本化学工業株式会社

今回不正が発覚し、報道された「山本化学工業」とは原薬メーカーであり、バイオラバーで有名な「山本化学工業」とは、社名が同名なだけで、全くの別会社であるということだ。

このニュースによって、バイオラバーの「山本化学工業」は、ネット上に間違ったリンクを張られたり、勘違いをしたまま伝えられているケースが発生しているらしい。

もちろん、有名なのはバイオラバーの「山本化学工業」の方なので、おそらく、ニュースで社名を聞いただけでは、勘違いのまま認識されてしまう可能性が高い。

とんだ「とばっちり」を受けてしまった形だが、ちゃんと社名を調べれば、バイオラバーがトップに出てくるので、伝える方は、最低限の情報は得てから発信する必要があるだろう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

【スポンサードリンク】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2018-5-18

    年商10億の通販王〖保阪尚希〗が抱くさらなる野望?イランのガスで5000億の真相

    最近、壮絶な過去など、何かと話題になる保阪尚希さん。 元々は俳優の彼は、一時期テレビから姿を消し、…
【スポンサーリンク】

注目記事

  1.  平凡?カッコ悪い?書きずらい?下の名前なら、両親の思いや、その時代の流行りみたいなものが含まれてい…
  2. 民進党の山尾志桜里氏は、今月7日発売の週刊文春(9月14日号)で、倉持麟太郎弁護士との不倫疑惑を報じ…
  3. 突然、SNSのトレンドに『朝日奈央』という名前が!! アイドルに疎いながらも、かつて『アイドリング…
  4. 政治的、民族的、極寒など、平昌オリンピックを取り巻く環境にはさまざまな問題が横たわっている。 だが…
  5. ガンバ大阪の長谷川監督が今シーズン限りで辞任する。 ホーム(市立吹田サッカースタジアム)最終戦となっ…

おすすめ

  1. テレビの嘘『キリトルTV』読唇術で本人確認もせず放送?ダルの指摘に番組終了か

    テレビ朝日系「ゴン中山&ザキヤマのキリトルTV」という番組が不定期に放送されているが、今月5日に放送…
  2. 給食の【白玉団子】喉に詰まらせたら誰のせい?子供には予測できない事故も

    栃木県真岡市で、給食の白玉団子をのどに詰まらせ、その後、亡くなった小学生の男の子の遺族側が、市に対し…
  3. 【韓国】慰安婦像が大量発生中!もう慰霊の意味などない?度を過ぎた嫌がらせか

    出典:産経新聞 今年の夏も横浜では『ピカチュウ大量発生チュウ』という、みなとみらい地区を中心に、街中…
  4. そろそろ大人の塗り絵でも始めません?そうだ!色鉛筆を選ぼう

     子供の頃、誰もが遊んだことのある塗り絵が、今は大人も楽しめると話題になって久しいが、改めて精神的に…
  5. 外国人が肌で感じた日本と韓国の違い!住むならどっち?

    昨年(2016年)に、日本を訪れた外国人の数は2000万人を超え、2400万人にも達したというニュー…
  6. 【ミになる図書館】なぜゴールデンに?生放送で中居君の妙なテンションに不安

    『中居正広のミになる図書館』が、4月24日からゴールデン進出となる。初回は夜7持から2時間スペシャル…
  7. 【B’z】シェーンとバリーはファンも認める正規メンバー?超絶ドラムと家族動画

    〖B'z〗と言えば、ギターの松本孝弘、ボーカルの稲葉浩志の2人組ユニットとして知られるが、実はここ1…
  8. 韓国・平昌五輪でノロウイルス猛威!「大丈夫!選手にはまだ感染してない」

    政治的、民族的、極寒など、平昌オリンピックを取り巻く環境にはさまざまな問題が横たわっている。 だが…
ページ上部へ戻る