<Windows10>強制アップグレードに消費者庁が動く!もはやウイルス扱い?無償の裏には…

 パソコンの基本ソフト(OS)が、意図せず『Windows 10』にアップグレードしてしまうユーザーが続出している問題で、ついに消費者庁から注意喚起が出た。当初、期間限定で、最新版OSに無償アップグレード出来るというアナウンスまでは良かった・・・しかし・・・

期間限定?限られた期間内に急ぐのはユーザー?それともマイクロソフト?

 Microsoft(マイクロソフト、以下MS)は、Windowsユーザーに向け、パフォーマンス向上やセキュリティ強化を理由に、最新版のOSである『Windows 10』への無償アップグレードを推奨している。

 そう、進めるのは問題ないし、無償で対応するのも良いだろう。

 だが、なぜかユーザーに更新を急がせ、さらには強制的とも言えるやり方をしているのだ。

 こうしたMSの必死さを怪しむ声もあり、OSがまさかの「ウイルス?」扱いをされるという珍事となっている。

マイクロソフトのやり方とは、どうだったのか?

設定によっては、利用者が日時の変更やキャンセルを行わない限り自動でアップグレードが始まる。

 当初は「Windows10への移行をおすすめします」というポップアップ画面が表示されるに留まっていたが、いつの間にか、アップグレードされる日時が知らされるようになる。

 これは、決してユーザーの意図ではなく、MSが勝手にスケジュールの設定をしてきたのだ。

 この予期せぬ出来事に、まだ様子見を決め込んでいたユーザーからは非難の声が上がる。

無償で最新のOSを使えることは有り難いはずだが、なぜ嫌われる?

 本来、OSのアップグレードというのは、使い勝手や、ソフト、周辺機器の対応が定かではない事もあり、二の足を踏むことも多い。

 『windows XP』(以下XP)が中々切り替わらなかった原因も、コスト以外にこうした理由もあっただろう。(シンプルで使いやすかったXPは、法人などでは重宝された)

 要はOSに、余計なビジュアルや機能は仕事をする上で必要がないと考えるユーザーは一定数いるということ。

 さらに、アップグレードされたOSだと、非力なパソコンでは使えないこともあり、まだ動いているパソコン(PC)まで、買い替えを迫られることになる。

 当然、企業などではコストが問題となり、何より既存のソフトなど、システム自体に不具合を起こす可能性も否定できないし、本来なら、それらを慎重に検証しながらアップデートに踏み切らなければならない。

 それなのに、強制的にスケジュール設定をされるなんてことは、ユーザーの都合を無視した暴挙なのだ。

 それこそ『XP』のサポートが終わり、ようやく『windows 7』(以下7)にしたという所だってあるだろう。

 無償なので、コストこそ掛からないが、システム自体が不安定になる可能性があり、個人ならともかく、法人単位では非常にリスクが高い。

 もちろん個人でも、ソフトや周辺機器など、不具合が起こった時に自身で対応できる人ばかりではない。

 むしろ、今回のようなやり方は、パソコンに詳しくない人にこそ混乱を与える可能性があるだろう。

 そして、何よりも納得がいかないのは、知らないうちにOSが切り替わっていることの気持ち悪さ。

 これがユーザーを不快にさせている一番の理由だ!

ついに消費者庁まで注意喚起!それでいいのかマイクロソフト!

 世界に名だたる革新企業のMicrosoft(マイクロソフト)が、『Windows 10』の出来や評価はともかく、ユーザーの意思を無視したようなやり方をしてきた事に一種の焦りを感じる。

 おそらく、無償期間のうちに、出来るだけ多く乗り換えさせなければ、「7」ユーザーが「XP」の時のように固まってしまうことを懸念しているのかもしれないし、OS(Windows)自体の将来に危機感でもあるのだろうか・・・

 とにかく、今回のようなやり方を続ければ、企業への不信感が増すだけで、実際「消費者庁から注意喚起」などと言ったニュースは、非常にネガティブな要素でしかない。

1606-23-01

1606-23-02

 最後に、決して『Windows 10』は悪いOSではない。

 もちろん不具合の報告もあるが、それは徐々に解消されていくので、出来れば無償期間内にアップグレードした方が無難だろう。

 ただし、アップグレードはあくまで自己判断であり、不具合が起こった時のダウングレード(元のOSに戻す)方法など、まだの方は、あらかじめ対処方法を頭に入れたうえで行うことをお勧めする。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

【スポンサードリンク】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2018-5-18

    年商10億の通販王〖保阪尚希〗が抱くさらなる野望?イランのガスで5000億の真相

    最近、壮絶な過去など、何かと話題になる保阪尚希さん。 元々は俳優の彼は、一時期テレビから姿を消し、…
【スポンサーリンク】

注目記事

  1.  元ファンキーモンキーベイビーズで、歌手のファンキー加藤(37)が不倫?また今年のトレンドに乗って現…
  2. テレビ朝日系「ゴン中山&ザキヤマのキリトルTV」という番組が不定期に放送されているが、今月5日に放送…
  3. 現在、北朝鮮の核実験や長距離弾道ミサイルの発射試験に対する、アメリカの現政権(トランプ大統領)の強硬…
  4. 出典:産経新聞 今年の夏も横浜では『ピカチュウ大量発生チュウ』という、みなとみらい地区を中心に、街中…
  5. 『吉岡里帆』といえば、日清のどん兵衛のCMでは、頭にキツネの耳を付け、ホワッとした雰囲気と可愛らしさ…

おすすめ

  1. この演歌が面白い!松尾雄史『メルボルン特急』になぜかニヤッと

     ふと、明け方なんかに、テレビをつけて、テレビ東京やテレビ埼玉にチャンネルを合わすと、演歌のプロモー…
  2. 「NHKの桑子アナが消えた?」の話題に反応?和田正人のSNSに登場の勘違い

    『ブラタモリ』のアシスタントで注目を集め、今では『ニュースウオッチ9』のキャスターを務める、NHKの…
  3. 車の屋根から財布が落ちた!拾ったライダーが取った行動は?そしてまさかの○○!

    車での「あるある」として、荷物を積み込んだり、セルフのガソリンスタンドで給油をする時、財布や携帯、ま…
  4. 厄年の南キャン山里を襲う【アニサキス胃腸炎】その原因と正体は!?

    年末年始の「食っちゃ寝」生活で、正月ボケを引きずっている人も多いのではないだろうか。 そして、何か…
  5. 格安SIMでスマホデビュー?自身の環境や使用状況を知り、適性な通信費を選ぶ!

    時代は「携帯=スマートフォン(スマホ)」というのが、世の中の標準となって久しい。 従来の携帯電話は…
  6. 【加計問題】痴漢冤罪と同じ?「そんなはずはない!」と決めつける報道の危うさ

    「疑われてしまったら、疑惑を晴らすことはほぼ不可能」 痴漢犯罪は元より、そこと表裏一体となって社会問…
  7. 『香取慎吾』趣味のファッションはハイブランドばかり?無神経さが今後に影響か

    今や「元SMAP」という肩書となった『香取慎吾』『草彅 剛』『稲垣吾郎』。 3人は、ジャニーズ事務…
  8. イッテQ温泉同好会の新弟子〖ガンバレルーヤ〗とは何者?ウッチャンはお父さん

    去年からジワジワと人気上昇中の『ガンバレルーヤ』は、かねてから内村光良(ウッチャン)を“東京のお父さ…
ページ上部へ戻る