高価な『水素水』の謎!ニセ科学?よく分からない物を信用する不思議

 スーパーやドラッグストアなどで「水素水、入荷しました」と書いて、水素水コーナーさえ設けている所もあるが、この近年のブームに疑問を抱く声も実は少なくない。

実は、よく分かっていない「水」だった?

 この普通のミネラルウオーターの3倍程度の値段で売られている「水素水」と言われる「水」に何の効果があるのか、なぜ、そんなに売れているのかと不思議に思っていた。

現在の水素ブームは、平成19年に日本医科大の太田成男教授(細胞生物学)の研究チームが「水素ガスが有害な活性酸素を効率よく除去する」とする論文を「ネイチャー・メディシン」(電子版)に発表したことがきっかけとされる。

 活性酸素というのが生活習慣病を引きおこすものとして知られるようになり、その言葉に消費者も敏感に反応するようになった。

 ただ、そういったものに効果があるとされる成分が含まれた、いわゆる健康食品というのは、薬ではないため、具体的な効果が示されてはいない。

1605-15-01

 では、なぜ品薄になるほど売れているのか?

 すべては、消費者が見聞きさせられた情報(口コミや、テレビなどメディアでの紹介)で、ブームが作られていくからだ。

『なぜ疑似科学が社会を動かすのか』(PHP新書)の著書もある石川教授は、「今話題の水素水の多くは、電解還元水のことで、かつてアルカリイオン水と呼ばれたもの」と指摘。

 わざわざ、品薄の中、高いお金を払って飲んだ水が「アルカリイオン水」

 今でも、大手飲料メーカーから、2リットル×6本入りの箱で、400円~500円程度で売られている、あのミネラルウォーターと変わりがないと?

 「アルカリイオン水」に関しては、家庭用生成器なども発売され「体内を弱アルカリ性に変え、消化不良や慢性下痢などに効果がある」として広まったもの。

 だが「水素水」でも濃度の高い水素水を水に溶け込ませて「アルカリイオン水」とは区別されるものもあるようなので、一概にすべてが同じとは言えない。

 しかし「水素」そのものの効果に疑念を抱く声もある。

 その水素に関して、研究機関や研究者などの意見を総評すると、こうなる。

健康効果についての具体的な研究成果はない?

 今のところ、この言葉がすべてかなぁと思う。

 さらに、前出の石川教授は

「水素の健康効果はいろいろな研究が行われているというが、結果はまだ出ていない。研究途上のものは、場合によっては効果がないだけでなく、有害という結果が出る恐れもある。一般市民に向けて利用を促してはいけないと科学的に判断すべきだ」

 要はニセ科学といった、まだ実証されていない、根拠のない科学に踊らされているのが現状なのだ。

 個人的には、ビタミンのように、特別「体」に必要な栄養素でもないし、あえて水素をすすめる理由はないと思う。

 そんなものより、緑茶を飲んで、カテキンでも取り入れた方がよっぽど健康に良いのではないか?

 売りたいが為に、良い事しか書かないネット上の口コミや、なんでもブームにしてしまおうとするメディアの情報は、少し冷静に見たほうが良いのかも。

 ちなみに、水素に何らかの体に良い効果があったとしても、市販の水に含まれる程度では、効果はゼロだとも・・・

 いずれにせよ「飲むか飲まないかはあなた次第」

 みなさん、熱中症には気を付けて、適度な水分補給を!

記事中引用文、出典:産経ニュース

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

【スポンサードリンク】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2018-5-18

    年商10億の通販王〖保阪尚希〗が抱くさらなる野望?イランのガスで5000億の真相

    最近、壮絶な過去など、何かと話題になる保阪尚希さん。 元々は俳優の彼は、一時期テレビから姿を消し、…
【スポンサーリンク】

注目記事

  1. 平昌(ピョンチャン)オリンピックの開幕まで3カ月を切り、さぞ盛り上がりを見せているであろう韓国。 だ…
  2.  パソコンの基本ソフト(OS)が、意図せず『Windows 10』にアップグレードしてしまうユーザー…
  3. 体のあらゆる変化により、運動不足を痛感させられることは現代人にとってのよくある話。 しかし、これま…
  4. 9日朝、群馬県前橋市で、85歳の男性が運転する車が自転車に乗った女子高校生2人をはねるという事故があ…
  5.  今月、南海電鉄の「なんば駅」から、関西空港行きの空港特急車内にて、車掌からあるアナウンスがされたと…

おすすめ

  1. <東京2020>五輪招致に裏金疑惑!でも逆にないと思ってた人いるの?

     2020年に開催が予定される東京オリンピック・パラリンピック。その招致を巡り、裏金の疑いがあるとフ…
  2. 中田翔がFAで争奪戦?果たしてそこまでの選手?日本の主砲にしては寂しい数字

    北海道日本ハムファイターズ(以下、日ハム)の主砲『中田翔』が、今シーズンが終わると、FA(フリーエー…
  3. 【NHK紅白】ウッチャン奮闘も視聴率は時代の流れに逆らえず?全世代型の限界

    2018年の三が日に早くも昨年末のテレビ番組の視聴率が発表されたが、取り分け注目されるのは、NHKの…
  4. ながら自転車?スマホ操作し歩行者に衝突!重大な事故を招く意識と想像力の欠如

    今月、川崎市で、自転車と歩行者(女性)がぶつかり、その女性が死亡する事故があった。 最近、エコやエク…
  5. 【森友学園】疑惑のままで良い?「巨悪の安倍」妄想が膨らみ籠池擁護に走る野党

    森友学園の問題は、もはや目にするのもウンザリするほど、こすりにこすられた話題だが、ここにきて、籠池宅…
  6. つくば市では成人式で暴れるのが文化?時代遅れのバカバカしさに動物園か!の声

    今年も、師走に入るやあっという間にクリスマス、それを過ぎればバタバタと大晦日で正月を迎えることになる…
  7. そろそろ大人の塗り絵でも始めません?そうだ!色鉛筆を選ぼう

     子供の頃、誰もが遊んだことのある塗り絵が、今は大人も楽しめると話題になって久しいが、改めて精神的に…
  8. 映画『サブイボマスク』主演ファンキー加藤W不倫!特技はスピード子作り?

     元ファンキーモンキーベイビーズで、歌手のファンキー加藤(37)が不倫?また今年のトレンドに乗って現…
ページ上部へ戻る