高価な『水素水』の謎!ニセ科学?よく分からない物を信用する不思議

 スーパーやドラッグストアなどで「水素水、入荷しました」と書いて、水素水コーナーさえ設けている所もあるが、この近年のブームに疑問を抱く声も実は少なくない。

実は、よく分かっていない「水」だった?

 この普通のミネラルウオーターの3倍程度の値段で売られている「水素水」と言われる「水」に何の効果があるのか、なぜ、そんなに売れているのかと不思議に思っていた。

現在の水素ブームは、平成19年に日本医科大の太田成男教授(細胞生物学)の研究チームが「水素ガスが有害な活性酸素を効率よく除去する」とする論文を「ネイチャー・メディシン」(電子版)に発表したことがきっかけとされる。

 活性酸素というのが生活習慣病を引きおこすものとして知られるようになり、その言葉に消費者も敏感に反応するようになった。

 ただ、そういったものに効果があるとされる成分が含まれた、いわゆる健康食品というのは、薬ではないため、具体的な効果が示されてはいない。

1605-15-01

 では、なぜ品薄になるほど売れているのか?

 すべては、消費者が見聞きさせられた情報(口コミや、テレビなどメディアでの紹介)で、ブームが作られていくからだ。

『なぜ疑似科学が社会を動かすのか』(PHP新書)の著書もある石川教授は、「今話題の水素水の多くは、電解還元水のことで、かつてアルカリイオン水と呼ばれたもの」と指摘。

 わざわざ、品薄の中、高いお金を払って飲んだ水が「アルカリイオン水」

 今でも、大手飲料メーカーから、2リットル×6本入りの箱で、400円~500円程度で売られている、あのミネラルウォーターと変わりがないと?

 「アルカリイオン水」に関しては、家庭用生成器なども発売され「体内を弱アルカリ性に変え、消化不良や慢性下痢などに効果がある」として広まったもの。

 だが「水素水」でも濃度の高い水素水を水に溶け込ませて「アルカリイオン水」とは区別されるものもあるようなので、一概にすべてが同じとは言えない。

 しかし「水素」そのものの効果に疑念を抱く声もある。

 その水素に関して、研究機関や研究者などの意見を総評すると、こうなる。

健康効果についての具体的な研究成果はない?

 今のところ、この言葉がすべてかなぁと思う。

 さらに、前出の石川教授は

「水素の健康効果はいろいろな研究が行われているというが、結果はまだ出ていない。研究途上のものは、場合によっては効果がないだけでなく、有害という結果が出る恐れもある。一般市民に向けて利用を促してはいけないと科学的に判断すべきだ」

 要はニセ科学といった、まだ実証されていない、根拠のない科学に踊らされているのが現状なのだ。

 個人的には、ビタミンのように、特別「体」に必要な栄養素でもないし、あえて水素をすすめる理由はないと思う。

 そんなものより、緑茶を飲んで、カテキンでも取り入れた方がよっぽど健康に良いのではないか?

 売りたいが為に、良い事しか書かないネット上の口コミや、なんでもブームにしてしまおうとするメディアの情報は、少し冷静に見たほうが良いのかも。

 ちなみに、水素に何らかの体に良い効果があったとしても、市販の水に含まれる程度では、効果はゼロだとも・・・

 いずれにせよ「飲むか飲まないかはあなた次第」

 みなさん、熱中症には気を付けて、適度な水分補給を!

記事中引用文、出典:産経ニュース

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2019-2-1

    【B’z】サポメン変更で傷つくブラザー(2)すれ違いはなぜ起こった?その先へ

    まさに晴天の霹靂とはこういうことか。もはやB'zが2組であることさえ忘れてしまうかのような、バンドと…
【スポンサーリンク】

注目記事

  1. 平昌オリンピックが来月(2月9日~)に迫る中、日本では、人気の『フィギュアスケート』や、最近好成績を…
  2. 栃木県真岡市で、給食の白玉団子をのどに詰まらせ、その後、亡くなった小学生の男の子の遺族側が、市に対し…
  3. 学校法人「加計(かけ)学園」の獣医学部(岡山理科大獣医学部)新設をめぐり、森友学園の問題で散々取り上…
  4. 韓国人俳優のユ・ミンソンなる人物が、京都市内を歩きながらネットの生配信をしていたところ、差別的な暴言…
  5. 昨年30周年を向かえた『B'z』。9月22日の味の素スタジアムで<B'z LIVE-GYM Plea…

おすすめ

  1. そろそろ大人の塗り絵でも始めません?そうだ!色鉛筆を選ぼう

     子供の頃、誰もが遊んだことのある塗り絵が、今は大人も楽しめると話題になって久しいが、改めて精神的に…
  2. 【B’z】サポメン変更で傷つくブラザー(2)すれ違いはなぜ起こった?その先へ

    まさに晴天の霹靂とはこういうことか。もはやB'zが2組であることさえ忘れてしまうかのような、バンドと…
  3. 中田翔がFAで争奪戦?果たしてそこまでの選手?日本の主砲にしては寂しい数字

    北海道日本ハムファイターズ(以下、日ハム)の主砲『中田翔』が、今シーズンが終わると、FA(フリーエー…
  4. 本当に靴職人!?花田優一の止まらない二世タレント化(笑)俳優にも興味?

    画像:©MeguEntertainment 『花田優一』といえば、言わずと知れた大横綱『第65代横…
  5. 年商10億の通販王〖保阪尚希〗が抱くさらなる野望?イランのガスで5000億の真相

    最近、壮絶な過去など、何かと話題になる保阪尚希さん。 元々は俳優の彼は、一時期テレビから姿を消し、…
  6. スマホは高い!の常識はもう古い?今が維持費を見直す時!格安SIMという選択

    フューチャーフォン(通称ガラケー)からスマートフォン(スマホ)へのシフトが進み、7、8万の端末料金を…
  7. 高齢者ドライバーの免許更新はゆるい?女子高生が85歳に車ではねられる理不尽さ

    9日朝、群馬県前橋市で、85歳の男性が運転する車が自転車に乗った女子高校生2人をはねるという事故があ…
  8. 乙武氏も荒れる?田中萌『グッド!モーニング』不倫で降板?局の対応は…

    今週の「週刊文春」にスッパ抜かれた、テレビ朝日のアナウンサー(以下、アナ)同士の不倫疑惑。それも、朝…
ページ上部へ戻る