高価な『水素水』の謎!ニセ科学?よく分からない物を信用する不思議

 スーパーやドラッグストアなどで「水素水、入荷しました」と書いて、水素水コーナーさえ設けている所もあるが、この近年のブームに疑問を抱く声も実は少なくない。

実は、よく分かっていない「水」だった?

 この普通のミネラルウオーターの3倍程度の値段で売られている「水素水」と言われる「水」に何の効果があるのか、なぜ、そんなに売れているのかと不思議に思っていた。

現在の水素ブームは、平成19年に日本医科大の太田成男教授(細胞生物学)の研究チームが「水素ガスが有害な活性酸素を効率よく除去する」とする論文を「ネイチャー・メディシン」(電子版)に発表したことがきっかけとされる。

 活性酸素というのが生活習慣病を引きおこすものとして知られるようになり、その言葉に消費者も敏感に反応するようになった。

 ただ、そういったものに効果があるとされる成分が含まれた、いわゆる健康食品というのは、薬ではないため、具体的な効果が示されてはいない。

1605-15-01

 では、なぜ品薄になるほど売れているのか?

 すべては、消費者が見聞きさせられた情報(口コミや、テレビなどメディアでの紹介)で、ブームが作られていくからだ。

『なぜ疑似科学が社会を動かすのか』(PHP新書)の著書もある石川教授は、「今話題の水素水の多くは、電解還元水のことで、かつてアルカリイオン水と呼ばれたもの」と指摘。

 わざわざ、品薄の中、高いお金を払って飲んだ水が「アルカリイオン水」

 今でも、大手飲料メーカーから、2リットル×6本入りの箱で、400円~500円程度で売られている、あのミネラルウォーターと変わりがないと?

 「アルカリイオン水」に関しては、家庭用生成器なども発売され「体内を弱アルカリ性に変え、消化不良や慢性下痢などに効果がある」として広まったもの。

 だが「水素水」でも濃度の高い水素水を水に溶け込ませて「アルカリイオン水」とは区別されるものもあるようなので、一概にすべてが同じとは言えない。

 しかし「水素」そのものの効果に疑念を抱く声もある。

 その水素に関して、研究機関や研究者などの意見を総評すると、こうなる。

健康効果についての具体的な研究成果はない?

 今のところ、この言葉がすべてかなぁと思う。

 さらに、前出の石川教授は

「水素の健康効果はいろいろな研究が行われているというが、結果はまだ出ていない。研究途上のものは、場合によっては効果がないだけでなく、有害という結果が出る恐れもある。一般市民に向けて利用を促してはいけないと科学的に判断すべきだ」

 要はニセ科学といった、まだ実証されていない、根拠のない科学に踊らされているのが現状なのだ。

 個人的には、ビタミンのように、特別「体」に必要な栄養素でもないし、あえて水素をすすめる理由はないと思う。

 そんなものより、緑茶を飲んで、カテキンでも取り入れた方がよっぽど健康に良いのではないか?

 売りたいが為に、良い事しか書かないネット上の口コミや、なんでもブームにしてしまおうとするメディアの情報は、少し冷静に見たほうが良いのかも。

 ちなみに、水素に何らかの体に良い効果があったとしても、市販の水に含まれる程度では、効果はゼロだとも・・・

 いずれにせよ「飲むか飲まないかはあなた次第」

 みなさん、熱中症には気を付けて、適度な水分補給を!

記事中引用文、出典:産経ニュース

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

【スポンサードリンク】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2018-3-9

    アメトーーク!『B’z芸人』放送記念!30周年を機に改めてその凄さを知ろう!

    1988年にデビューした『B'z』は、今年30周年を迎えている。 もちろん、日本のポップカルチャー…
【スポンサーリンク】

注目記事

  1.  前回は、まず5曲を紹介しましたが、「B'zはシングル曲くらいしか知らない」という人や、それこそ「U…
  2. ドコモのCMで「ししゃも?」・・・といった名前が出てきて、だれもが美味しい「ししゃも」を想像したとこ…
  3. 小池都知事になって初めての都議会選挙が終わった。 ふたを開ければやはり、小池氏が率いる『都民ファース…
  4.  スーパーやドラッグストアなどで「水素水、入荷しました」と書いて、水素水コーナーさえ設けている所もあ…
  5. 『中居正広のミになる図書館』が、4月24日からゴールデン進出となる。初回は夜7持から2時間スペシャル…

おすすめ

  1. 車の屋根から財布が落ちた!拾ったライダーが取った行動は?そしてまさかの○○!

    車での「あるある」として、荷物を積み込んだり、セルフのガソリンスタンドで給油をする時、財布や携帯、ま…
  2. この演歌が面白い!松尾雄史『メルボルン特急』になぜかニヤッと

     ふと、明け方なんかに、テレビをつけて、テレビ東京やテレビ埼玉にチャンネルを合わすと、演歌のプロモー…
  3. <麻生太郎>失言?高齢者を軽視?論点をずらして揚げ足取りばかりの呆れたメディア

     先日、麻生太郎(副総理、兼財務大臣)の、高齢者に対する発言が問題とされ、複数のメディアが取り上げた…
  4. これを聞いて夏を乗り切れ!B’zの爽快「夏うた」10選(後編)

     前回は、まず5曲を紹介しましたが、「B'zはシングル曲くらいしか知らない」という人や、それこそ「U…
  5. 【加計問題】痴漢冤罪と同じ?「そんなはずはない!」と決めつける報道の危うさ

    「疑われてしまったら、疑惑を晴らすことはほぼ不可能」 痴漢犯罪は元より、そこと表裏一体となって社会問…
  6. <BABYMETAL>ウェンブリー公演!期待のWOWOWにファンは不完全燃焼?

     先月の4月2日、イギリスのウェンブリー・アリーナ(SSEアリーナ・ウェンブリー)でのライブを成功さ…
  7. 高齢者ドライバーの免許更新はゆるい?女子高生が85歳に車ではねられる理不尽さ

    9日朝、群馬県前橋市で、85歳の男性が運転する車が自転車に乗った女子高校生2人をはねるという事故があ…
  8. 賞味期限は過ぎた?『松坂大輔』が最低年俸で中日へ!復活への期待も厳しい現実

    高校時代から「平成の怪物」と呼ばれた『松坂大輔(投手)』卒業後に西武ライオンズに入団すると、高卒1年…
ページ上部へ戻る