高価な『水素水』の謎!ニセ科学?よく分からない物を信用する不思議

 スーパーやドラッグストアなどで「水素水、入荷しました」と書いて、水素水コーナーさえ設けている所もあるが、この近年のブームに疑問を抱く声も実は少なくない。

実は、よく分かっていない「水」だった?

 この普通のミネラルウオーターの3倍程度の値段で売られている「水素水」と言われる「水」に何の効果があるのか、なぜ、そんなに売れているのかと不思議に思っていた。

現在の水素ブームは、平成19年に日本医科大の太田成男教授(細胞生物学)の研究チームが「水素ガスが有害な活性酸素を効率よく除去する」とする論文を「ネイチャー・メディシン」(電子版)に発表したことがきっかけとされる。

 活性酸素というのが生活習慣病を引きおこすものとして知られるようになり、その言葉に消費者も敏感に反応するようになった。

 ただ、そういったものに効果があるとされる成分が含まれた、いわゆる健康食品というのは、薬ではないため、具体的な効果が示されてはいない。

1605-15-01

 では、なぜ品薄になるほど売れているのか?

 すべては、消費者が見聞きさせられた情報(口コミや、テレビなどメディアでの紹介)で、ブームが作られていくからだ。

『なぜ疑似科学が社会を動かすのか』(PHP新書)の著書もある石川教授は、「今話題の水素水の多くは、電解還元水のことで、かつてアルカリイオン水と呼ばれたもの」と指摘。

 わざわざ、品薄の中、高いお金を払って飲んだ水が「アルカリイオン水」

 今でも、大手飲料メーカーから、2リットル×6本入りの箱で、400円~500円程度で売られている、あのミネラルウォーターと変わりがないと?

 「アルカリイオン水」に関しては、家庭用生成器なども発売され「体内を弱アルカリ性に変え、消化不良や慢性下痢などに効果がある」として広まったもの。

 だが「水素水」でも濃度の高い水素水を水に溶け込ませて「アルカリイオン水」とは区別されるものもあるようなので、一概にすべてが同じとは言えない。

 しかし「水素」そのものの効果に疑念を抱く声もある。

 その水素に関して、研究機関や研究者などの意見を総評すると、こうなる。

健康効果についての具体的な研究成果はない?

 今のところ、この言葉がすべてかなぁと思う。

 さらに、前出の石川教授は

「水素の健康効果はいろいろな研究が行われているというが、結果はまだ出ていない。研究途上のものは、場合によっては効果がないだけでなく、有害という結果が出る恐れもある。一般市民に向けて利用を促してはいけないと科学的に判断すべきだ」

 要はニセ科学といった、まだ実証されていない、根拠のない科学に踊らされているのが現状なのだ。

 個人的には、ビタミンのように、特別「体」に必要な栄養素でもないし、あえて水素をすすめる理由はないと思う。

 そんなものより、緑茶を飲んで、カテキンでも取り入れた方がよっぽど健康に良いのではないか?

 売りたいが為に、良い事しか書かないネット上の口コミや、なんでもブームにしてしまおうとするメディアの情報は、少し冷静に見たほうが良いのかも。

 ちなみに、水素に何らかの体に良い効果があったとしても、市販の水に含まれる程度では、効果はゼロだとも・・・

 いずれにせよ「飲むか飲まないかはあなた次第」

 みなさん、熱中症には気を付けて、適度な水分補給を!

記事中引用文、出典:産経ニュース

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

【スポンサードリンク】

関連記事

お得情報(PR)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2018-1-21

    高梨沙羅の好感度に異変!愛車は祖父もドン引きの超高級車?伸び悩みの原因とは

    平昌オリンピックが来月(2月9日~)に迫る中、日本では、人気の『フィギュアスケート』や、最近好成績を…
【スポンサーリンク】

注目記事

  1. 〖B'z〗と言えば、ギターの松本孝弘、ボーカルの稲葉浩志の2人組ユニットとして知られるが、実はここ1…
  2. 筆者は『ドムドムバーガー』と聞いて、激しく懐かしいと思う世代である。 私は勝手に40代前後の世代を…
  3.  2016年もすでに6月に入り、早くも衣替えの季節となった。これからジメジメした梅雨、そして今年も猛…
  4. 最近、電車内での痴漢を疑われ、駅のホームから線路に侵入し逃走するという、類似の事例が相次いでいる。そ…
  5. 安室奈美恵の引退報道後、芸能界の安室ファンを公言する人たちからも惜しむ声が聞かれたが、その中でも、特…

おすすめ

  1. 【ノーベル賞】なぜ韓国は取れない!期待しても受賞どころか候補さえ居ない?

     早いもので、今年も『ノーベル賞』ウィークがやってきた。そして、ノーベル医学生理学賞を、大隅良典(東…
  2. 【韓国】北朝鮮情勢に危機感なし?有事を警戒する日本に「煽るな!」と文句

    現在、北朝鮮の核実験や長距離弾道ミサイルの発射試験に対する、アメリカの現政権(トランプ大統領)の強硬…
  3. そろそろ大人の塗り絵でも始めません?そうだ!色鉛筆を選ぼう

     子供の頃、誰もが遊んだことのある塗り絵が、今は大人も楽しめると話題になって久しいが、改めて精神的に…
  4. 不可避の交通事故でも容疑者として実名報道?の是非

     今月6日、東京・国分寺市で、生後7か月の赤ちゃんをおんぶし、自転車に乗っていた女性が乗用車と接触し…
  5. <東京2020>五輪招致に裏金疑惑!でも逆にないと思ってた人いるの?

     2020年に開催が予定される東京オリンピック・パラリンピック。その招致を巡り、裏金の疑いがあるとフ…
  6. ながら自転車?スマホ操作し歩行者に衝突!重大な事故を招く意識と想像力の欠如

    今月、川崎市で、自転車と歩行者(女性)がぶつかり、その女性が死亡する事故があった。 最近、エコやエク…
  7. 〖早見あかり〗今やCMで見たいNo1女優!あの美人は誰?と気になる人が続出

     『早見あかり』という女優はご存じだろうか。名前は知らなくとも、その顔を見たことがある人は多いだろう…
  8. 【乃木坂46】中元日芽香が卒業!芸能界も引退へ。妹と共に飛び込んだ世界で明暗

    出典:BRODY編集部 on Twitter 『乃木坂46』の中元日芽香(21)が、NHKラジオ第…
ページ上部へ戻る