【若狭勝】なぜ進退伺?都民ならぬ「自分ファースト」無責任な行動に疑問

自民党の若狭勝衆院議員(東京10区)が29日、自身の進退伺を党(下村博文幹事長代行)に提出した。

会見で若狭氏は、小池百合子都知事が率いる「都民ファーストの会」を「とことん応援する」と述べ、自らの処分については「党本部に決定を委ねる」とし、進退伺を提出した理由について、一つは「けじめをつける意味合い」と説明した。

若狭氏が進退伺を出した理由とは・・・

小池都知事に「男・若狭」と言われている若狭氏だが、どこら辺が「男」なのだろうか・・・

今回の行動にでた理由を、若狭氏はこう述べている。

「加計学園」のことは納得がいかない。

「テロ対策」は自民党でやりたい。

都議選では「都民ファーストの会」(小池百合子)を全力で応援したい。

昨年10月の補欠選挙では自民党として当選させてもらったのだから、投票者の気持ちを無視できない。

上記の理由から、離党届ではなく、ある意味「人任せ」の進退伺という形になったのだと・・・

若狭氏のホームページには大きく「わかさの立ち位置」と書かれている・・・が、しかし彼を見ていると・・・

「宙ぶらりん」

という印象しかない・・・

この人は結局何がしたいのだろうか・・・

小池百合子に流れが来たらそっちに行って味方に付ける、自身の政治家としての地位は確保したいから自民党に頼る。まさに、自身の都合によって「ぷらぷら」しているだけではないか。

一見、党の方針に逆らったり、意思を通しているように見えるが、実は自分の都合の良いようにしか行動しない人(ご都合主義)なのだろう。

今回、話題になっているからか、都合よく取ってつけたように「加計学園」を理由に出してきた所も、信念の無さが見て取れる。

結局「自分ファースト」なのでは・・・

若狭氏は「都民ファーストの会」の支持が伸び悩んでいるという調査に対して

小池都知事の支持は高いが、それが直接結びついていないので、もっと「小池氏との関係をアピールする必要がある」

というようなことを語っていた。

小池都知事が率いる「都民ファーストの会」というのが、頭数を揃えるだけが目的になっているのが実態で、当然、それ(小池氏)を利用しようとする「理念も能力もない」変な人材も乗っかってくるだろう。

急ごしらえの寄せ集め集団だという不安は拭えず、かつての「大阪維新の会」のようなパワーも、理念も感じないのは致命的だ。

そこは、都民も冷静に見ている所だろう。(調査結果に表れている)

そもそも、小池氏も若狭氏も、自ら「自民党」を抜けるという覚悟もない時点で、ただの人気取り、保身(地位の確保)のためにやっているだけで、都民ならぬ「自分ファースト」で動いているようにしか見えないのだ。

豊洲問題を、都民の感情を利用し、政争にしてしまったツケは、今後、重くのしかかるのは確実。

それなのに、小池陣営の目的が「都議選」でしかないような今の状況では、必ずしも「都民ファースト」などという甘い言葉は通用しないのでは・・・

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

【スポンサードリンク】

関連記事

お得情報(PR)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2018-1-23

    『ジャンクSPORTS』復活は、過去の栄光にすがるフジの体質?業界全体の問題も

    出展:フジテレビ 『めちゃイケ』や『とんねるずのみなさんのおかげです。』が、今春で終了することが決…
【スポンサーリンク】

注目記事

  1. 出典:ギャザリー 人は、無印良品のお店を見かけると、目的が無くともフラ~と入って眺めてしまうもの。…
  2. 現在、北朝鮮の核実験や長距離弾道ミサイルの発射試験に対する、アメリカの現政権(トランプ大統領)の強硬…
  3. 6月、梅雨に入りジメジメとした蒸し暑さを感じる季節。エアコンの使用を始めるという家庭も多いだろう。 …
  4. 平昌(ピョンチャン)オリンピックの開幕まで3カ月を切り、さぞ盛り上がりを見せているであろう韓国。 だ…
  5. 連日、ワイドショーや情報番組で取り上げられすぎて「とっちらけ」となってしまってたこの『森友学園』の問…

おすすめ

  1. スマホは高い!の常識はもう古い?今が維持費を見直す時!格安SIMという選択

    フューチャーフォン(通称ガラケー)からスマートフォン(スマホ)へのシフトが進み、7、8万の端末料金を…
  2. これを聞いて夏を乗り切れ!B’zの爽快「夏うた」10選(後編)

     前回は、まず5曲を紹介しましたが、「B'zはシングル曲くらいしか知らない」という人や、それこそ「U…
  3. 【ノーベル賞】なぜ韓国は取れない!期待しても受賞どころか候補さえ居ない?

     早いもので、今年も『ノーベル賞』ウィークがやってきた。そして、ノーベル医学生理学賞を、大隅良典(東…
  4. 石黒彩がテレビでの発言を訂正!夢を壊す?元アイドルの暴露話は醜いだけ・・・

     元『モーニング娘。』のメンバーでタレントの石黒彩(38)が、テレビ東京「ヨソで言わんとい亭~ココだ…
  5. ながら自転車?スマホ操作し歩行者に衝突!重大な事故を招く意識と想像力の欠如

    今月、川崎市で、自転車と歩行者(女性)がぶつかり、その女性が死亡する事故があった。 最近、エコやエク…
  6. 【日産、スバル】無資格検査は制度の曖昧さも起因!不安を煽る報道の是非

    日産自動車に続き、SUBARU(スバル)でも、無資格検査が発覚し、マスコミは日本の製造業の信頼低下を…
  7. テレビの嘘『キリトルTV』読唇術で本人確認もせず放送?ダルの指摘に番組終了か

    テレビ朝日系「ゴン中山&ザキヤマのキリトルTV」という番組が不定期に放送されているが、今月5日に放送…
  8. 【Jリーグ】苦境に立つ浦和と広島の共通点!過去5年の明暗、同時に迎えた限界?

    先日、今期『Jリーグ』の前半戦を終えて、降格圏内に沈む『サンフレッチェ広島』(以下、広島)の森保監督…
ページ上部へ戻る