打倒!安倍政権?とんでも経済学者【高橋伸彰】の1日100円節約運動が大炎上!

これまでSNSなどネット上での発言が元となり、炎上、失墜した人は数知れず・・・。そして「つぶやき」が、人間の本性をあぶり出すこともあり『バカ発見器』としての機能も兼ね備えると言われる『バカッター』いや『ツイッター(Twitter)』

その『ツイッター(Twitter)』で、また、とんでもない経済学者、高橋伸彰氏という人物が現れた!!

安倍政権を倒す為なら日本なんてどうでもいい?

経済学者で立命館大学国際関係学部教授の高橋伸彰氏。その「経済学者」の彼が気に入らない安倍首相を貶めるために『Twitter』で主張した驚きの方法はこうだ!

国民一人、1日100円節約すれば、個人消費は年間で4.6兆円減り、成長率は約1%低下する。そうなれば、安倍の言う「雇用・所得環境の改善が好循環に広がる」というシナリオは崩壊する。死に体の民進党に任せなくても、一人一人が「アベを買わない」運動を展開すれば安倍政権の落日は近い!

とにかくノイローゼのように「反安倍」という考えしかないからこのような発想にしかならないのだろう。

要は、安倍政権下ではどんなに景気が良くなろうともそれは「悪」でしかないということ。それが、こともあろうか経済学者を名乗る人物の論理なのだから驚きだ。

当然、ネット上では大炎上・・・

批判殺到!火消し!そして逃亡?

「結局、安保にしろ経済にしろ日本の事なんかどうでもいいと思っている人たちの論理」

こういった猛反発に高橋氏なりの火消しはというと・・・

消費不況で経済が停滞したらどうする?という疑問もあるようだが、それが心配なら企業は人件費を削って貯め込んだ400兆円近い内部留保を取り崩し賃上げすればよい。10年以上はベア5%を継続できる。それに安倍政権が倒れたら、みんなで逆駆け込み需要して節約した分、消費を増やせば辻褄は合う

企業の「内部留保」の話を持ってくるあたりは、根底に共〇党的な考えがあることは察しがつく。当然、火消しにはならず、このつぶやきは削除され、本人の『Twitter』には「しばらく休業します」の文字。

倒閣のために不況になることを望むなど「手段と目的を履き違えている」と言わざるを得ない。あまりにも幼稚で、こんなにも浅はかな考えを持っている人間が、人に物を教える立場である「教授」とは、それこそ世も末。

そもそも、名のある大学の教授ともあろう者が、自国の首相を「安倍」呼ばわり。まず人として、一国のトップを呼び捨てにしたり「アベ~」とか、そういった文言が、まず人に訴えかける上で信用されないということ。

とになく品がないとしか・・・

『立命館大学国際関係学部』・・・ここでは誰から何を学ぶのだろうか・・・

筆者は経済学者でも何でもない平民だが、日本人として少しでも景気が良くなるために、1日100円でも多く使うという意識は持ちたいと思うし、余裕のある人なら数百円くらいはケチらない生活をしてもらいたい。

今のヤマト運輸を始め、配送業界が直面している問題や、ドライバーの処遇改善にも、こうした消費者の「心の余裕」が必要なのでは?

反安倍にうつつをぬかす前に、やることあるでしょ?経済学者さん!

※画像は高橋伸彰氏『Twitter』より

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

【スポンサードリンク】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2018-5-18

    年商10億の通販王〖保阪尚希〗が抱くさらなる野望?イランのガスで5000億の真相

    最近、壮絶な過去など、何かと話題になる保阪尚希さん。 元々は俳優の彼は、一時期テレビから姿を消し、…
【スポンサーリンク】

注目記事

  1. 画像:©MeguEntertainment 『花田優一』といえば、言わずと知れた大横綱『第65代横…
  2.  パソコンの基本ソフト(OS)が、意図せず『Windows 10』にアップグレードしてしまうユーザー…
  3. 今月10日、サッカーの韓国代表とコロンビア代表が国際親善試合を行った。 試合は韓国のFWソン・フンミ…
  4.  今月、南海電鉄の「なんば駅」から、関西空港行きの空港特急車内にて、車掌からあるアナウンスがされたと…
  5. 日頃愛用している日用品が残り少なくなってくると「買っておかなくちゃな~」とか、思っていても、ついつい…

おすすめ

  1. ながら自転車?スマホ操作し歩行者に衝突!重大な事故を招く意識と想像力の欠如

    今月、川崎市で、自転車と歩行者(女性)がぶつかり、その女性が死亡する事故があった。 最近、エコやエク…
  2. そろそろ大人の塗り絵でも始めません?そうだ!色鉛筆を選ぼう

     子供の頃、誰もが遊んだことのある塗り絵が、今は大人も楽しめると話題になって久しいが、改めて精神的に…
  3. 【NHK紅白】ウッチャン奮闘も視聴率は時代の流れに逆らえず?全世代型の限界

    2018年の三が日に早くも昨年末のテレビ番組の視聴率が発表されたが、取り分け注目されるのは、NHKの…
  4. メルカリの躍進で考えるヤフオクとの使い分け!個人売買とリサイクルショップ

    『メルカリ(mercari)』とは、いわゆるフリマアプリと呼ばれる、個人間で簡単に「売ったり買ったり…
  5. 本田翼を無視した女優?暴露で波紋!テレビの名前を伏せればOKという悪い風潮

    普段、あまりバラエティなんかに出ない女優が、たまに出てきてはチヤホヤされ、調子に乗っては下品な振る舞…
  6. つくば市では成人式で暴れるのが文化?時代遅れのバカバカしさに動物園か!の声

    今年も、師走に入るやあっという間にクリスマス、それを過ぎればバタバタと大晦日で正月を迎えることになる…
  7. 話題の【黒にんにく】気になる臭いと味をチェック!肝心の効果は?

    ニンニクが、滋養強壮に良いとか健康効果のある食材だということは皆が知るところだろう。だが、普段は料理…
  8. 外国人が肌で感じた日本と韓国の違い!住むならどっち?

    昨年(2016年)に、日本を訪れた外国人の数は2000万人を超え、2400万人にも達したというニュー…
ページ上部へ戻る