乙武氏も荒れる?田中萌『グッド!モーニング』不倫で降板?局の対応は…

今週の「週刊文春」にスッパ抜かれた、テレビ朝日のアナウンサー(以下、アナ)同士の不倫疑惑。それも、朝の同じ番組を担当していたアナの2人が、そのような関係となっていたことに、局の対応が注目された。

もはやグッドではない?「バッド!モーニング」だ!

絶好調の「週刊文春」に、今年、猛威を振るった不倫などと局アナが記事にされてしまったら、さんざん芸能人の不貞を取り上げてきたテレビ局は、どのような対応を取るのだろう。

それもyahooニュースのトップにまで出てしまったのだから、もう当事者が担当していた番組名も「グッド!モーニング」などと言っていられない。「バッド!モーニング」ではないのか?

当然、記事になるとわかった翌日の番組に注目が集まった。

これまで、松尾由美子、新井恵理那アナと共に3姉妹とされた当の「田中萌」アナ、3人で毎日のようにブログまで更新されていて仲の良さも感じられた。

しかし、この日は番組冒頭の並びから消え、そこには島本真衣アナが立っていた。

特に、降板や代役なのかにも触れられず、何事もなかったように番組は進行、当然、文春には名前を出されなかったが、条件からほぼ特定されていた男性アナもひっそりと姿を消していた。

テレビ朝日の対応にある人も激怒?

同じ番組を担当していたという2人のアナウンサー。しかも、有名人の不倫や不祥事を前のめりで取り上げる情報番組の中で起こった疑惑だ。

もちろん所属するテレビ朝日にも厳しい意見が寄せられるだろうが、その対応にあの絶倫で名をとどろかせた「乙武洋匡」氏が黙っていられなかったようだ。

お気持ちは分かります・・・

先輩男性アナウンサーの罪

職場の先輩、それも既婚男性に憧れる・・・

そんなことは、若い女性には良くあることで、好意を持たれた男性は、理性を持って大人な対応が求められる。

それも、雇っている側のテレビ局からすれば、期待を掛けていたであろうまだ2年目の女子アナ。

その人材を、指導、教育する立場であった先輩アナに潰されたのだから、この男性アナに対する局の怒りは相当なものだろう。(田舎から東京に出して、憧れであるキー局のアナウンサーになった娘の両親や家族も心境は同じはずだ。)

もちろん、田中アナも若いとはいえ、25歳にもなる大人だ。自己責任であることは確かだが、どちらがブレーキを掛けなければいけなかったかと言われれば、既婚者である男性の方だろう。

好きになる気持ちはしょうがないが、彼女はなにを持ってアナウンサーを目指したのか。そして、既婚の男性アナは自分の立場をわかっていたのだろうか。

男と女の欲望を抑えきれなかった2人は、大きな代償を払うことになってしまった。

特に、若くて将来のある人間を潰してしまった男性アナの罪は重く、局内での立場は相当厳しいものになるだろう。

彼は、他人の不貞を扱う情報番組に関わっていながら、何を感じていたのか・・・自身の婚姻関係も含めて「下の管理のできない男は誰も幸せに出来ない」ことは、ゲスの川谷氏が教えてくれていたはずなのに・・・

「これからもグッド!モーニングをよろしくお願いします。」

このまま「グッド!モーニング」の降板は規定路線だろう。

番組内でこの話題に触れることは無かったが、今まで田中萌アナを含めて行っていた、次番組のMCである羽鳥さんとの掛け合いもなく、番組の最後にはこのように不自然な挨拶で終わった。

こうして2人が露出を無くし、表舞台から消えれば、アナウンサーという特別職ではなくなり、ただのテレビ局の一般社員ということになる。

これ以上、文春も追及することはないだろう。

田中萌アナが好きで見ていた人には残念だが、一応これで、番組としては体制が変わったという事にしたいようだ。

3姉妹押しも終わりか、誰かが代わりとなるのか・・・彼女にはワンチャンあげて欲しいとも思うが、昨今の世相では難しい。

彼女のようなタイプは、地元、山形の放送局にでも行ってた方が愛されたのかもしれない。

東京キー局のアナともなれば、芸能人とそう変わらない。田舎からフワっと出てきたような娘には厳しい世界だったかも・・・

「妬み嫉み」入社1年目から大抜擢されるような娘だから、色々あるだろう。バラエティ番組にも出ていたから。

キッカケは、やさしくされる先輩に惹かれ、頼ってしまっただけなのかもしれないが・・・

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

【スポンサードリンク】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2018-5-18

    年商10億の通販王〖保阪尚希〗が抱くさらなる野望?イランのガスで5000億の真相

    最近、壮絶な過去など、何かと話題になる保阪尚希さん。 元々は俳優の彼は、一時期テレビから姿を消し、…
【スポンサーリンク】

注目記事

  1. 先日、今期『Jリーグ』の前半戦を終えて、降格圏内に沈む『サンフレッチェ広島』(以下、広島)の森保監督…
  2. 去年からジワジワと人気上昇中の『ガンバレルーヤ』は、かねてから内村光良(ウッチャン)を“東京のお父さ…
  3. 先日、ACL(アジアチャンピオンシップ)決勝『浦和vs.アル・ヒラル』の第2戦が浦和のホーム、埼玉ス…
  4. 高校時代から「平成の怪物」と呼ばれた『松坂大輔(投手)』卒業後に西武ライオンズに入団すると、高卒1年…
  5. 出典:産経新聞 今年の夏も横浜では『ピカチュウ大量発生チュウ』という、みなとみらい地区を中心に、街中…

おすすめ

  1. 【ノーベル賞】なぜ韓国は取れない!期待しても受賞どころか候補さえ居ない?

     早いもので、今年も『ノーベル賞』ウィークがやってきた。そして、ノーベル医学生理学賞を、大隅良典(東…
  2. 【日産、スバル】無資格検査は制度の曖昧さも起因!不安を煽る報道の是非

    日産自動車に続き、SUBARU(スバル)でも、無資格検査が発覚し、マスコミは日本の製造業の信頼低下を…
  3. ながら自転車?スマホ操作し歩行者に衝突!重大な事故を招く意識と想像力の欠如

    今月、川崎市で、自転車と歩行者(女性)がぶつかり、その女性が死亡する事故があった。 最近、エコやエク…
  4. この演歌が面白い!松尾雄史『メルボルン特急』になぜかニヤッと

     ふと、明け方なんかに、テレビをつけて、テレビ東京やテレビ埼玉にチャンネルを合わすと、演歌のプロモー…
  5. 【高橋一生】マスコミのゴリ押しに違和感あり!本当にイケメン?セクシー萌え?

    出典:MY Promotion Inc. 『高橋一生』という俳優をご存じだろうか。少し前なら、名前…
  6. 格安SIMでスマホデビュー?自身の環境や使用状況を知り、適性な通信費を選ぶ!

    時代は「携帯=スマートフォン(スマホ)」というのが、世の中の標準となって久しい。 従来の携帯電話は…
  7. 極寒に強風〖平昌五輪〗悪天候に選手も嘆き?深夜に観客もまばら?運営に疑問も

    現在、平昌オリンピックの真っ只中だが、始まる前からメディアに取り上げられるのは、北朝鮮絡みのキナ臭い…
  8. 【Jリーグ】苦境に立つ浦和と広島の共通点!過去5年の明暗、同時に迎えた限界?

    先日、今期『Jリーグ』の前半戦を終えて、降格圏内に沈む『サンフレッチェ広島』(以下、広島)の森保監督…
ページ上部へ戻る