テレ朝・田中萌が不倫?爽やかな朝の番組の裏では先輩アナと××な関係

今年は、世間を騒がせる有名人は後を絶たないが、そのほとんどが「週刊文春」によるスクープだ!

そして、早くも年の瀬の12月となり今年もあと僅となったが、あるアナウンサーのガッカリさせる裏の顔が暴かれた!?

人気上昇中の「田中萌」が不倫!?

またもや「週刊文春」の力によってもたらされた情報だが、最近の文春の情報に対する信ぴょう性は異常なほど高く、ある意味「ここに掴まれたらアウト!」といった世間の空気がある。

さて、今回スクープされた「田中萌」とは何者か。

1612-07-05

テレビ朝日の女子アナウンサー・田中萌(25)。平日、早朝5時前から始まる情報番組「グッド! モーニング」のコーナーMCの1人として出演している。

では、不倫ということは誰と?

「週刊文春」によるとこうだ!

テレビ朝日の人気アナウンサー・田中萌(25)が、共演する30代の男性アナウンサーと交際していることが「週刊文春」の取材により明らかとなった。男性は約3年前に一般女性と結婚している。

さらに

2人の関係は局内でも噂になっていたが、週刊文春では11月25日、番組の打ち上げ後に、男性アナが田中アナの自宅マンションを訪れ、翌朝、帰途につく様子を撮影した。田中アナは直撃取材に対し、「すみません。私からは何もお話しできないんです」。男性アナは「会社を通してください」と答えた。

出典:週刊文春2016年12月15日号『スクープ速報』より

自ら否定できないところを見ると、明らかにやましい(不適切)な関係である可能性が高い。

文春も伏せている男性アナは誰なのか

「週刊文春」もいやらしい。番組で共演していて、30代の既婚者というところまで明らかにしたのなら、なぜ名前を出さなかったのか。

「名前を出さなくても分かるでしょ?」って、一般に公開捜査をさせるような遊びをしているようにさえ見えてしまう。(顔は何となく見たことあるレベルで、ほぼ無名の男性アナウンサーより、人気上昇中の若手女子アナウンサーの方を前面に出した方がインパクトはあるし、憶測が飛ぶのも面白いけど・・・)

ただ、まだ世間知らずで、女の子から抜け出せていない彼女のような若手より、30過ぎの既婚者の男性の方が、本来ブレーキを掛けるべきなので、女性が前面に出されることに気の毒な面もある。

アナウンサーは、ただの会社員は通用しない

よく、アナウンサーが有名人のような扱いを受けることに「一般の会社員なのにここまでされる?」なんて声もあるが、テレビという大きなメディアに露出することは、それなりの責任を伴う。

彼らは、ニュースや情報を伝える立場であり、そこには視聴者からの信頼は欠かせない。不誠実な人間がニュースを伝えることに誰が納得するのか。

それは、アナウンサーという職業を選択した時点で、ただの一般人ではなくなることを自覚しなければならないはずだ。

ましてや、誰もがなりたくても、なれるわけではない狭き門だ。折角、その難関を突破したのにその自覚がなく「不倫」とは・・・本当なら擁護は出来ない。

素朴で、朗らかな彼女に期待された将来

「田中萌」アナは、早朝の番組を担当しているので、まだ、あまり知られていないが隠れファンの多い、これからに期待されていたアナウンサーだといえる。

素朴さと、のほほんとした柔らかい雰囲気、そして可愛らしい容姿は、確かに感じは良かった。

コーナー担当とはいえ、次の番組である「羽鳥慎一モーニングショー」との繋ぎでは、メインMCと共に並び、羽鳥さんにイジられたり、掛け合いもするという異例の扱いであった。

1612-07-04

「山形出身、明治大学政治経済学部卒、入社2年目のホープです。入社後4カ月の研修を終えてまもない昨年9月末に『グッド! モーニング』に抜擢されました。ベテランアナの松尾由美子(37)、セントフォース所属のタレント新井恵理那(26)とともに番組のMCを務め、『三姉妹』と呼ばれています」(テレ朝関係者)

出典:<週刊文春2016年12月15日号『スクープ速報』より>

彼女の素朴さ、軽く垢抜けない感じは、山形出身といわれると妙に納得する。筆者は山形にゆかりがあるので、土地柄というか空気を肌で感じているのだが、自然も食も豊かで、実に穏やかな所である。

東北でもとりわけ、のんびりとした空気や人の良さを感じるのだが、そんな所から東京に出て、テレビ局(それもキー局)のアナウンサーになったのだから、まさに異次元の世界に飛び込んだともいえる。

さぞかし家族も鼻が高かったことだろうし、同級生からは羨望のまなざしだったのではないだろうか。

文春はなぜ地味な局アナを狙ったのか

言ってしまえば小物。人気が出てきていたとはいえ、駆け出しの女性アナウンサー。相手の男性は特に有名ではない中堅アナウンサー。

こんな2人に、確証もなく労力を掛けて張り付くはずもないので、おそらく2人の関係を知っている者からのタレこみ(確実な情報)があったと考えられる。(局内でも知られた関係だった?)

当然、まさか文書に狙われるとは思っていない2人も警戒心は薄かったのだろう。(結構、簡単なスクープだった?)

そして最後に、相手の男性に触れてみる。一応、一般会社員の家庭を壊す意図はないとの配慮も働いた?のかもしれないが、文春から投げかけられた問題だ。

肝心の既婚者である男性アナウンサーとは誰だ!!

1612-0807-01

共演する30代の男性アナウンサー、約3年前に一般女性と結婚。条件に照らすと簡単かも・・・

答えはこの中にいる?はたして2人の関係は?

早朝の番組から目が離せない!!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

【スポンサードリンク】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2018-5-18

    年商10億の通販王〖保阪尚希〗が抱くさらなる野望?イランのガスで5000億の真相

    最近、壮絶な過去など、何かと話題になる保阪尚希さん。 元々は俳優の彼は、一時期テレビから姿を消し、…
【スポンサーリンク】

注目記事

  1. 週刊ビッグコミックスピリッツで連載中の、眉月じゅんによる漫画『恋は雨上がりのように』を、小松菜奈、大…
  2. 今年も、師走に入るやあっという間にクリスマス、それを過ぎればバタバタと大晦日で正月を迎えることになる…
  3. 日頃愛用している日用品が残り少なくなってくると「買っておかなくちゃな~」とか、思っていても、ついつい…
  4.  2020年の東京オリンピックまで、あと4年を切った。リオが無事に終わり、世界中のアスリートの気持ち…
  5. 〖B'z〗と言えば、ギターの松本孝弘、ボーカルの稲葉浩志の2人組ユニットとして知られるが、実はここ1…

おすすめ

  1. 【Jリーグ】苦境に立つ浦和と広島の共通点!過去5年の明暗、同時に迎えた限界?

    先日、今期『Jリーグ』の前半戦を終えて、降格圏内に沈む『サンフレッチェ広島』(以下、広島)の森保監督…
  2. 森友、加計で安倍自民叩きに狂ったテレビ!報道の劣化にワイドショーの世論誘導

    2012年の12月に、第2次安倍政権が発足してから早4年半、小泉政権以来の長期政権となっている。 民…
  3. 【金子恵美】子供の送迎利用に賛否?公用車の是非に感情論での個人批判は的外れ

    金子恵美(総務政務官)が 税金で運用される公用車で長男を保育園に送るなど、私的な目的のため使用したと…
  4. スマホは高い!の常識はもう古い?今が維持費を見直す時!格安SIMという選択

    フューチャーフォン(通称ガラケー)からスマートフォン(スマホ)へのシフトが進み、7、8万の端末料金を…
  5. 離党ドミノ【民進党】前原代表と北朝鮮の関係に疑惑!不可解な美女接待に弱み?

    今月、民進党の新たな代表となった前原誠司氏(55)に、またもや不可解な疑惑が持ち上がった。 先日、幹…
  6. 【無印良品】歯ブラシスタンドがペン立てに!使い方色々ミニ植木鉢に多肉植物も

    出典:ギャザリー 人は、無印良品のお店を見かけると、目的が無くともフラ~と入って眺めてしまうもの。…
  7. アメトーーク!『B’z芸人』放送記念!30周年を機に改めてその凄さを知ろう!

    1988年にデビューした『B'z』は、今年30周年を迎えている。 もちろん、日本のポップカルチャー…
  8. 不可避の交通事故でも容疑者として実名報道?の是非

     今月6日、東京・国分寺市で、生後7か月の赤ちゃんをおんぶし、自転車に乗っていた女性が乗用車と接触し…
ページ上部へ戻る