【都議選】自民大敗は政策以上に国政での信頼低下「心」の問題、民進は論外!

小池都知事になって初めての都議会選挙が終わった。

ふたを開ければやはり、小池氏が率いる『都民ファースト』に風が吹き躍進!選挙期間中も閣僚の失言など、脇の甘さが目立った自民党が大敗するという結果となった。

自民の大敗はオウンゴール

国政と都議会は違うといっても、政権運営は国会、地方議会を問わず与党の評価、イメージに繋がるのは当然で、今回の都議選の結果は、政府、自民党への厳しい評価が下されたということだ。

先の国会では「森友に始まり、加計で終わる」というくらい、訳のわからない疑惑の「あり・なし」に終始していた印象しかないが、それも、明らかに安倍首相をはじめとする、政府の対応の誤りが大きい。

おそらく、大袈裟に騒ぐ野党やメディアに呆れて、軽くあしらおうとしたら、傷口が広がってしまったといった所だろう。

だが、どんな些細なこと、時にイチャモンのような腹立たしい追及もあるだろうが、それも政府、与党の宿命、そこは大きく構えるべきで、出すものは出して、間違っていないのなら、堂々と正論で対抗するしかないだろう。

強い政府にはメディアも基本は批判的な姿勢で望んでくる。

そんな状況で、自ら餌をまくような現状になっていることは、やはり、野党の弱体化による敵失からか、驕り(おごり)が生まれ、脇が甘くなっていたと言わざるを得ない。

目立った失政がなくても失った心

テロ等準備罪も、議論や採決の仕方には疑問の声も多いが、法案そのものに賛成という意見は半数を超えている。

経済にしても、なかなか良くなっている「実感は無い」という声はあっても、特別「悪くなっている」という声は少ない。

世界情勢が混沌とする中、安定した国内政治(政府)を望む声も大きい。

それなのに・・・

原因は政府の疑惑を解消しようとする姿勢に問題があり、国民に「不誠実」という印象を与えてしまったことがすべての現況、そこからジワジワと信頼の低下に繋がった。

そこへ、閣僚や所属議員の失言、行動が更なるネガティブなインパクトを与え自爆したようなものだ・・・

そもそも、能力に疑問符が付く閣僚がチラホラ散見された現内閣だが、留めておくというリスクも身に染みたことではないだろうか。

たとえ、政策的なミスがなくとも、有権者が政権を評価するにあたって大きな比重を占めるものが「信頼」であると言うことが良く分かるだろう。

国民の「心」が離れてしまえば、たとえ間違ったことをしていなくても、そっぽを向かれてしまう。そんな「人の心」を読めなかった、自民党は負けるべくして負けたということなのかも・・・

今回の選挙は、あくまでも東京都議会での勢力図の変化にすぎないが、日本の中心である首都で下された審判は、政権与党への評価も十分に考慮された結果と見るべきなのだ。

与野党ともに国政で失った信頼

「自民党の大敗」「既成野党の埋没」

これが、今回の都議選で「都民ファースト」が、すべてを「かっさらった」後に残った現実だ。

自民党も都議会、国政ともに批判にさらされているが、言ってみれば「しっかりしろ!」という声だったり「もどかしさ」などから来るものも大きい。

一方「国政で追求したのは我々なのに・・・」

と、嘆き節が聞こえてくる『民進党』は、評価されるどころか、批判の声さえも聞かれないほどで、もはや有権者の視界にも入っていないかのような有様。

都民ファーストへの票に関しては、いわゆる自民に「喝」が入ったものも多いと見られ、そういう意味では、自民党支持者でも違和感なく投票できたのが、民進党ではなく「都民ファースト」だったということだ。

民進党は、野党第一党として政府を追及するも、政策面では「革新、リベラル」どころか、ますます共産化が進み、実力者までもが離党するなど、統制が取れているのかさえ怪しい。

倒閣ばかりに執着し、元々無かった信頼を、さらに低下させてしまうという、底が抜けた状態になりつつあるのだ。

自民党も1強の状態の「おごり」から、問題の指摘に真摯に向き合わず「傲慢」さが(長期政権の負の部分)目立ってきたことで信頼を失った。

「都民ファースト」の躍進は、与野党問わず、そんな国政でのやり取り、姿勢に、国民がウンザリした結果でもあるのだ・・・

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

【スポンサードリンク】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2018-5-18

    年商10億の通販王〖保阪尚希〗が抱くさらなる野望?イランのガスで5000億の真相

    最近、壮絶な過去など、何かと話題になる保阪尚希さん。 元々は俳優の彼は、一時期テレビから姿を消し、…
【スポンサーリンク】

注目記事

  1.  先日、麻生太郎(副総理、兼財務大臣)の、高齢者に対する発言が問題とされ、複数のメディアが取り上げた…
  2. 体のあらゆる変化により、運動不足を痛感させられることは現代人にとってのよくある話。 しかし、これま…
  3. 現在、平昌オリンピックの真っ只中だが、始まる前からメディアに取り上げられるのは、北朝鮮絡みのキナ臭い…
  4. 基本的に「隣国同士は仲が悪い」というのは定説だが、日本と韓国というのは、そういった中でも特に難しい関…
  5. まず、中学校に入学して、一番の関心事となるのは「部活動」に入ることだろう。 その、これまで当たり前…

おすすめ

  1. 『イッテQ』イモトアヤコがアイガー挑戦!視聴者の心配にも諦めないエベレスト

    日曜日の夜8時、家族で見るテレビ番組といえば、日本テレビの『世界の果てまでイッテQ!』だ。かつて日曜…
  2. 【日産、スバル】無資格検査は制度の曖昧さも起因!不安を煽る報道の是非

    日産自動車に続き、SUBARU(スバル)でも、無資格検査が発覚し、マスコミは日本の製造業の信頼低下を…
  3. 映画『サブイボマスク』主演ファンキー加藤W不倫!特技はスピード子作り?

     元ファンキーモンキーベイビーズで、歌手のファンキー加藤(37)が不倫?また今年のトレンドに乗って現…
  4. 成宮寛貴が突然の引退発表!薬物疑惑を完全否定していた彼に何が!?

    俳優の成宮寛貴(34)が9日、所属事務所を通じて突然発表した芸能界からの引退。疑惑の渦中にあった彼に…
  5. 【森友学園エンターテイメント】疑惑?橋下徹が語る、政治と行政の関わりと心理

    連日、ワイドショーや情報番組で取り上げられすぎて「とっちらけ」となってしまってたこの『森友学園』の問…
  6. 不可避の交通事故でも容疑者として実名報道?の是非

     今月6日、東京・国分寺市で、生後7か月の赤ちゃんをおんぶし、自転車に乗っていた女性が乗用車と接触し…
  7. 高梨沙羅の好感度に異変!愛車は祖父もドン引きの超高級車?伸び悩みの原因とは

    平昌オリンピックが来月(2月9日~)に迫る中、日本では、人気の『フィギュアスケート』や、最近好成績を…
  8. これを聞いて夏を乗り切れ!B’zの爽快「夏うた」10選(後編)

     前回は、まず5曲を紹介しましたが、「B'zはシングル曲くらいしか知らない」という人や、それこそ「U…
ページ上部へ戻る