【日産、スバル】無資格検査は制度の曖昧さも起因!不安を煽る報道の是非

日産自動車に続き、SUBARU(スバル)でも、無資格検査が発覚し、マスコミは日本の製造業の信頼低下を指摘している。

確かに、発覚後にも不正な状態が続いていた日産は、そもそも会社としての統制という部分に疑問を感じるが、今回問題とされる「完成検査」と言うものが、どういった制度(ルール)なのかは、報道するうえで知るべきだろう。

安易にユーザーを不安にさせるようなことにならないように。

日本独自の品質管理にあいまいな面も・・・

製造ラインの最終段階として「完成検査」をすることが義務付けられている。

それが出来るのは資格を持った「完成検査員」でなければならない。

では、検査員の資格を取るにはどうしたら良いのだろうか?どこか、国の定める試験場に行って、実地や筆記試験に合格しなければならないのか?

いや、そうではない。

資格を与える基準、プロセスは各メーカーに委ねられているのだ。

そもそも完成検査とは?

完成した車の動作確認で、ブレーキやハンドルの性能などを調べる、いわゆる車検のようなことを出荷前にメーカーが行うというもの。

こういった事は、家電製品などでも、簡単に行われているのだろうが、重大な事故に繋がる車に限っては、法令で定められているということだ。

確かに、それほど難しい検査ではないのかもしれないが、工程を把握し、ちょっとした異変に気づくには、ある程度の経験は必要だと思われ、また、車種によっても違いがある為、検査員として認定する基準は、先ほども言ったとおり、各メーカーが決めるという事になっている。

制度のあり方も同時に指摘するべき

この問題について、ヒステリックに「不正だ!不正だ!」とメーカーを責め立て、ユーザーを不安にさせるのはあまりよろしくない。

日産のケースは、独自のやり方で「補助検査員」という肩書が存在しており、その社員自体の勘違いも発生、スバルに関しては、まだ資格を与えてはいないが、検査員として「一人で作業が出来る」と判断した人に、試用期間みたいなものを設けていたようだ。

当然、資格を与える基準やプロセスはメーカー次第なので、簡単な審査で検査員を増やす事だって出来たはず。

「知識を身につけているのであれば代行押印ではなく、資格を与えればいいのではないか?」

「審査のプロセスについて、試験をやって資格を与えてから訓練やってもよかったのではないか。」

会見で、スバルの社長にはこうした質問が飛んだ。

要は、それなりの人がちゃんと検査はしているが、正式な検査員ではないためハンコは持っていないから、代わりに他の検査員のを借りて押印していたということ。

「一人で検査を行える状態」にありながらも、資格を与えていなかったというタイミングのズレ・・・

まさに「試験をやって資格を与えてから訓練やってもよかったのでは?」と指摘されたのように、順番さえ違えばなんら問題になることではなかったはず。

「確かにきちんとした業務ができると認定した時点で正規検査員に登用すべきというのは、そういうやり方もあると思った。」

「ハードルを高くしすぎているのかもしれない」

自社の厳しい資格取得のプロセスが、自らの首を絞めてしまった・・・

リコールという話になっているが、基本的に品質に問題はないとみて良いだろう。むしろ30年くらい前から、こういったプロセスだったというので、これまでの品質がそれを証明している。

そう考えると、明確な規定のない検査員という、分かりにくい制度の在り方に問題があるのであって、品質云々を疑われるのは少々気の毒でもある。

しかも、こういった法律は海外では定められていないため、輸出されたものに関しては、なんら問題にはならないのだ。

一方で、こうした日本独自の厳しい基準が「メイド・イン・ジャパン」の信頼に繋がっているという一面もあり、ルールとして決められている以上は、守らなければならないのは当然である。

だが、同時に、国としても曖昧さを排除し、確実に検査を実行できるように分かりやすいものにするべきだろう。

それこそ何十年も、ちょっとしたボタンの掛け違いを修正できないような、古い制度を放置していた国にも責任があるし、メーカーの罪だけで終わらせず、なんらかのアナウンスも必要だ。

◇  ◇  ◇

今回の事例は、個人的にも悪気(不正の意識)があって行われていた事だとは思わない。むしろ、資格を与えるということに慎重だったがゆえに起きたことだったのかもしれない。

特に、スバルに関しては「ごまかし」は感じられず、最近起こっている日本企業の不祥事と一括りにされるのは、あまりフェアではないような気がする。

神戸製鋼の不正とは次元が全く違う話である。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

【スポンサードリンク】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2018-5-18

    年商10億の通販王〖保阪尚希〗が抱くさらなる野望?イランのガスで5000億の真相

    最近、壮絶な過去など、何かと話題になる保阪尚希さん。 元々は俳優の彼は、一時期テレビから姿を消し、…
【スポンサーリンク】

注目記事

  1. スマホの大画面化やタブレットの普及で、一般レベルでのPC(パソコン)の存在意義が薄れてきているが、仕…
  2. 突然、SNSのトレンドに『朝日奈央』という名前が!! アイドルに疎いながらも、かつて『アイドリング…
  3. 今月、民進党の新たな代表となった前原誠司氏(55)に、またもや不可解な疑惑が持ち上がった。 先日、幹…
  4. 平昌オリンピックが来月(2月9日~)に迫る中、日本では、人気の『フィギュアスケート』や、最近好成績を…
  5.  先日、東京都小金井市のライブハウスが入る建物の敷地内で、アイドル活動をしている冨田真由(20)さん…

おすすめ

  1. 高齢者ドライバーの免許更新はゆるい?女子高生が85歳に車ではねられる理不尽さ

    9日朝、群馬県前橋市で、85歳の男性が運転する車が自転車に乗った女子高校生2人をはねるという事故があ…
  2. 【加計学園】民進議員の関与、既得権益は無視?再び忖度を想像する無駄な時間

    学校法人「加計(かけ)学園」の獣医学部(岡山理科大獣医学部)新設をめぐり、森友学園の問題で散々取り上…
  3. テレビの嘘『キリトルTV』読唇術で本人確認もせず放送?ダルの指摘に番組終了か

    テレビ朝日系「ゴン中山&ザキヤマのキリトルTV」という番組が不定期に放送されているが、今月5日に放送…
  4. これを聞いて夏を乗り切れ!B’zの爽快「夏うた」10選(後編)

     前回は、まず5曲を紹介しましたが、「B'zはシングル曲くらいしか知らない」という人や、それこそ「U…
  5. 『ジャンクSPORTS』復活は、過去の栄光にすがるフジの体質?業界全体の問題も

    出展:フジテレビ 『めちゃイケ』や『とんねるずのみなさんのおかげです。』が、今春で終了することが決…
  6. 不可避の交通事故でも容疑者として実名報道?の是非

     今月6日、東京・国分寺市で、生後7か月の赤ちゃんをおんぶし、自転車に乗っていた女性が乗用車と接触し…
  7. 手を触ったら痴漢?疑われた男性がビルから転落死の真相は?線路内逃走も続発!

    最近、電車内での痴漢を疑われ、駅のホームから線路に侵入し逃走するという、類似の事例が相次いでいる。そ…
  8. 【都議選】自民大敗は政策以上に国政での信頼低下「心」の問題、民進は論外!

    小池都知事になって初めての都議会選挙が終わった。 ふたを開ければやはり、小池氏が率いる『都民ファース…
ページ上部へ戻る