【日産、スバル】無資格検査は制度の曖昧さも起因!不安を煽る報道の是非

日産自動車に続き、SUBARU(スバル)でも、無資格検査が発覚し、マスコミは日本の製造業の信頼低下を指摘している。

確かに、発覚後にも不正な状態が続いていた日産は、そもそも会社としての統制という部分に疑問を感じるが、今回問題とされる「完成検査」と言うものが、どういった制度(ルール)なのかは、報道するうえで知るべきだろう。

安易にユーザーを不安にさせるようなことにならないように。

日本独自の品質管理にあいまいな面も・・・

製造ラインの最終段階として「完成検査」をすることが義務付けられている。

それが出来るのは資格を持った「完成検査員」でなければならない。

では、検査員の資格を取るにはどうしたら良いのだろうか?どこか、国の定める試験場に行って、実地や筆記試験に合格しなければならないのか?

いや、そうではない。

資格を与える基準、プロセスは各メーカーに委ねられているのだ。

そもそも完成検査とは?

完成した車の動作確認で、ブレーキやハンドルの性能などを調べる、いわゆる車検のようなことを出荷前にメーカーが行うというもの。

こういった事は、家電製品などでも、簡単に行われているのだろうが、重大な事故に繋がる車に限っては、法令で定められているということだ。

確かに、それほど難しい検査ではないのかもしれないが、工程を把握し、ちょっとした異変に気づくには、ある程度の経験は必要だと思われ、また、車種によっても違いがある為、検査員として認定する基準は、先ほども言ったとおり、各メーカーが決めるという事になっている。

制度のあり方も同時に指摘するべき

この問題について、ヒステリックに「不正だ!不正だ!」とメーカーを責め立て、ユーザーを不安にさせるのはあまりよろしくない。

日産のケースは、独自のやり方で「補助検査員」という肩書が存在しており、その社員自体の勘違いも発生、スバルに関しては、まだ資格を与えてはいないが、検査員として「一人で作業が出来る」と判断した人に、試用期間みたいなものを設けていたようだ。

当然、資格を与える基準やプロセスはメーカー次第なので、簡単な審査で検査員を増やす事だって出来たはず。

「知識を身につけているのであれば代行押印ではなく、資格を与えればいいのではないか?」

「審査のプロセスについて、試験をやって資格を与えてから訓練やってもよかったのではないか。」

会見で、スバルの社長にはこうした質問が飛んだ。

要は、それなりの人がちゃんと検査はしているが、正式な検査員ではないためハンコは持っていないから、代わりに他の検査員のを借りて押印していたということ。

「一人で検査を行える状態」にありながらも、資格を与えていなかったというタイミングのズレ・・・

まさに「試験をやって資格を与えてから訓練やってもよかったのでは?」と指摘されたのように、順番さえ違えばなんら問題になることではなかったはず。

「確かにきちんとした業務ができると認定した時点で正規検査員に登用すべきというのは、そういうやり方もあると思った。」

「ハードルを高くしすぎているのかもしれない」

自社の厳しい資格取得のプロセスが、自らの首を絞めてしまった・・・

リコールという話になっているが、基本的に品質に問題はないとみて良いだろう。むしろ30年くらい前から、こういったプロセスだったというので、これまでの品質がそれを証明している。

そう考えると、明確な規定のない検査員という、分かりにくい制度の在り方に問題があるのであって、品質云々を疑われるのは少々気の毒でもある。

しかも、こういった法律は海外では定められていないため、輸出されたものに関しては、なんら問題にはならないのだ。

一方で、こうした日本独自の厳しい基準が「メイド・イン・ジャパン」の信頼に繋がっているという一面もあり、ルールとして決められている以上は、守らなければならないのは当然である。

だが、同時に、国としても曖昧さを排除し、確実に検査を実行できるように分かりやすいものにするべきだろう。

それこそ何十年も、ちょっとしたボタンの掛け違いを修正できないような、古い制度を放置していた国にも責任があるし、メーカーの罪だけで終わらせず、なんらかのアナウンスも必要だ。

◇  ◇  ◇

今回の事例は、個人的にも悪気(不正の意識)があって行われていた事だとは思わない。むしろ、資格を与えるということに慎重だったがゆえに起きたことだったのかもしれない。

特に、スバルに関しては「ごまかし」は感じられず、最近起こっている日本企業の不祥事と一括りにされるのは、あまりフェアではないような気がする。

神戸製鋼の不正とは次元が全く違う話である。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

【スポンサードリンク】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2018-5-18

    年商10億の通販王〖保阪尚希〗が抱くさらなる野望?イランのガスで5000億の真相

    最近、壮絶な過去など、何かと話題になる保阪尚希さん。 元々は俳優の彼は、一時期テレビから姿を消し、…
【スポンサーリンク】

注目記事

  1. 今年3月での終了が決まっている、フジテレビの『とんねるずみなさんのおかげでした』(以下、みなさん) …
  2.  今月6日、東京・国分寺市で、生後7か月の赤ちゃんをおんぶし、自転車に乗っていた女性が乗用車と接触し…
  3. 「疑われてしまったら、疑惑を晴らすことはほぼ不可能」 痴漢犯罪は元より、そこと表裏一体となって社会問…
  4. 自民党の若狭勝衆院議員(東京10区)が29日、自身の進退伺を党(下村博文幹事長代行)に提出した。 会…
  5. 『ブラタモリ』のアシスタントで注目を集め、今では『ニュースウオッチ9』のキャスターを務める、NHKの…

おすすめ

  1. にゃんこスターの何が面白いの?時代とズレた老害が居座る新陳代謝なき芸能界

    先日、コント日本一を決めるTBS『キングオブコント2017』で準優勝し、新世代の笑いを見せた『にゃん…
  2. 【サッカー日本代表】魂だけの問題?惨敗に韓国より弱いと自負するハリルの迷走

    サッカーの東アジアE-1選手権(日本、韓国、中国、北朝鮮)が日本で開催されたが、その最終戦、引き分け…
  3. 【高橋一生】マスコミのゴリ押しに違和感あり!本当にイケメン?セクシー萌え?

    出典:MY Promotion Inc. 『高橋一生』という俳優をご存じだろうか。少し前なら、名前…
  4. 本田翼を無視した女優?暴露で波紋!テレビの名前を伏せればOKという悪い風潮

    普段、あまりバラエティなんかに出ない女優が、たまに出てきてはチヤホヤされ、調子に乗っては下品な振る舞…
  5. イッテQ温泉同好会の新弟子〖ガンバレルーヤ〗とは何者?ウッチャンはお父さん

    去年からジワジワと人気上昇中の『ガンバレルーヤ』は、かねてから内村光良(ウッチャン)を“東京のお父さ…
  6. 【加計問題】痴漢冤罪と同じ?「そんなはずはない!」と決めつける報道の危うさ

    「疑われてしまったら、疑惑を晴らすことはほぼ不可能」 痴漢犯罪は元より、そこと表裏一体となって社会問…
  7. 【イッテQ】シャッフルSP!この時代に1つのテレビを共有させるイッテQ の凄さ

    出典:ザテレビジョン 通常放送を1回休み、今月、5月7日(日)に『世界の果てまでイッテQ!シャッフ…
  8. こんなの欲しかった?「Amazon Dash Button」の目の付け所がスマート!

    日頃愛用している日用品が残り少なくなってくると「買っておかなくちゃな~」とか、思っていても、ついつい…
ページ上部へ戻る