スマホは高い!の常識はもう古い?今が維持費を見直す時!格安SIMという選択

フューチャーフォン(通称ガラケー)からスマートフォン(スマホ)へのシフトが進み、7、8万の端末料金を分割で支払いながら、月額6千円以上の通話・通信費を支払うというのが当たり前となった今、ほとんど使いこなせない年配の方や、子供にまでスマホを持たせなければならないとなると、家計的には死活問題となる。

本当に、そこまでの料金を支払うほどの恩恵を受けているのかさえ麻痺してしまっているのだが、冷静に考えると、メールやLINE、ちょっとした調べものや、暇つぶしをする為に

「こんなに高価な端末は必要なんだろうか?」

「月々6000円も維持費を払う必要があるのか?」

という疑問が出てくるのは自然なことだろう。

スマホの維持費を見直す!

そもそも、携帯電話もない時代には、全く必要のなかった経費である。

便利ではあるが、別に無くても死ぬようなものではない。

もちろん、現代のコミュニケーションツールとして、スマホを手放すことは難しいのも分かるが、だったら、せめてコストパフォーマンス(コスパ)を突き詰めてはどうだろうか?

そこで、まずはキャリアに支払っている通信費の見直し!

これまでの『スマホ=高い』というイメージを覆す、新たな選択肢として『MVNO』と言われる事業者が、今、注目を集めているのだ。

MVNOとは?

『Mobile Virtual Network Operator』を略してMVNO。一般的には『格安SIM』で知られる。

日本語では「仮想移動体通信事業者」と言い、TVCMでも「楽天モバイル」「mineo」「UQ mobile」といった名前は聞いたことがあるのではないだろうか。

これらは「仮想」という言葉が使われているように、日本でキャリアと呼ばれる大手3社「ドコモ(docomo)」「au」「Softbank(ソフトバンク)」(MVO)から、基地局などの設備を借りてサービスの提供をしている事業者ということになる。

キャリアとの違いは?

当然、回線を間借りしているという立場であるため、高速通信はキャリア優先である。

時間帯や混雑状況にによっては、回線速度にストレスを感じる可能性も・・・

だが、その分価格が抑えられており、キャリアでは、ライトユーザーもヘビーユーザーも一元に高額だった料金を、少量通信プランなど幅広い料金設定により、特にライトユーザーにとってメリットが大きいのはMVNO(格安SIM)と言えるだろう。

格安SIMという選択肢

まず、格安SIMを考える上で重要になるのが、月々の通信量だ。

いわゆる「4G」や「LTE」と呼ばれる高速通信を、自分が月にどれだけ使っているのか。

これは、外出時の使い方、自宅や職場の環境にも左右されるので、以外と身近にWi-Fiがあったりすると、思ったほど使用していないことに気づいたりもする。

そこで、基準になるのが「3GB」となる。

なぜ3GB?

格安SIMは、先にも言った通り、キャリアのようなストレスフリーな回線速度は望めない。

要は、人が多く活動している時間帯は、基本、回線に影響が出ると考えておいた方が良いという事。

なので、高画質の動画や、ストリーミング配信などを多く見るからと、格安SIMで大容量のプランを契約しても、望み通りには使えない可能性もある。

一方、キャリアで3GB程度に収まっている人ならば、そもそもインターネットの使用頻度が低かったり、自宅や職場にWi-Fi環境が整っているはずなので、そういった人は、キャリアに必要以上の料金を支払っていることになる。

そう考えると、格安SIMに切り替える基準として「3GB」というのが1つの目安となる。

少量ユーザー必見!LINEはカウントフリーの1GBプラン!

年配の方や、外出時はほとんどメールやLINE、またはSNSでしか使わないという人には最適のプランだ。

LINEモバイル(1GBフリープラン)

キャリアから格安SIMに切り替えるうえで、気になることの1つに、LINEの年齢認証が出来ないということがある。

やり取りしたい人と会って、その場で「友だち追加」をすれば良いのだが、必ずしもそういったシチュエーションばかりではない。

IDや電話番号を交換して、後で検索して追加するといったことや、離れている人を新たに追加したい場合には困ることがある。

今のところ、これを解決できる格安SIMは『LINEモバイル』しかない。

音声通話+データ1GBプランで「月額1200円」というのは、少量利用のユーザーにとって非常に魅力的である。

これだと、維持費はガラケー(3G)とほとんど変わらないため、スマホへの移行をためらっていた年配の方も変えやすいだろう。

むしろ、LTE(4G)になりキャリアのバケット定額プランが必要になったガラケーなんかより、スマホの方が安く持ててしまうくらいだ。

しかも、LINEにのやり取りで使用する通信料はカウントされないという「カウントフリー」は、LINEモバイル独自のサービスであり、価格、サービス面においても、少量プランでは、ほぼ1択といえるかもしれない。

また、使用してみてデータ通信の容量が足りないならば、3GBプラン(月額1690円)への変更が可能なので、まずはお試しで1GBのプランから利用してみても良いだろう。

ガラケーからスマホへの移行、高額な維持費など、格安SIMを取り扱う業者が充実してきた今こそ考えるべき時である。

これまで当たり前だと思っていた価格が本当に適切なのか、今一度見直してみてはいかがだろうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

【スポンサードリンク】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2018-5-18

    年商10億の通販王〖保阪尚希〗が抱くさらなる野望?イランのガスで5000億の真相

    最近、壮絶な過去など、何かと話題になる保阪尚希さん。 元々は俳優の彼は、一時期テレビから姿を消し、…
【スポンサーリンク】

注目記事

  1. 先日、ACL(アジアチャンピオンシップ)決勝『浦和vs.アル・ヒラル』の第2戦が浦和のホーム、埼玉ス…
  2. 出典:鹿島アントラーズオフィシャル 今年、ACLの予選をグループ1位で突破した鹿島アントラーズ。ベス…
  3. 東京都中央区にある、都立『泰明小学校』 この単なる、いち公立小学校が、新たに導入する制服(アルマー…
  4. 今年も、師走に入るやあっという間にクリスマス、それを過ぎればバタバタと大晦日で正月を迎えることになる…
  5. 2015年頃から、寺院などの文化財に油をかけられたようなシミが発見され、騒動になっていることは記憶に…

おすすめ

  1. 厄年の南キャン山里を襲う【アニサキス胃腸炎】その原因と正体は!?

    年末年始の「食っちゃ寝」生活で、正月ボケを引きずっている人も多いのではないだろうか。 そして、何か…
  2. オヤジはキュン死?映画『恋は雨上がりのように』小松菜奈が28歳差の大泉洋に恋

    週刊ビッグコミックスピリッツで連載中の、眉月じゅんによる漫画『恋は雨上がりのように』を、小松菜奈、大…
  3. 【差別】京都で韓国人俳優がヘイト被害?勝手に配信されたラーメン店は大迷惑!

    韓国人俳優のユ・ミンソンなる人物が、京都市内を歩きながらネットの生配信をしていたところ、差別的な暴言…
  4. 高梨沙羅の好感度に異変!愛車は祖父もドン引きの超高級車?伸び悩みの原因とは

    平昌オリンピックが来月(2月9日~)に迫る中、日本では、人気の『フィギュアスケート』や、最近好成績を…
  5. 希望の党が第二民進党化?有権者無視で得意の揉め事!人のせい?呆れた小池批判

    やっぱりと言うべきか、先の衆院選で惨敗を喫した『希望の党』でゴタゴタが始まった。 代表の小池百合子…
  6. 打倒!安倍政権?とんでも経済学者【高橋伸彰】の1日100円節約運動が大炎上!

    これまでSNSなどネット上での発言が元となり、炎上、失墜した人は数知れず・・・。そして「つぶやき」が…
  7. 手を触ったら痴漢?疑われた男性がビルから転落死の真相は?線路内逃走も続発!

    最近、電車内での痴漢を疑われ、駅のホームから線路に侵入し逃走するという、類似の事例が相次いでいる。そ…
  8. そろそろ大人の塗り絵でも始めません?そうだ!色鉛筆を選ぼう

     子供の頃、誰もが遊んだことのある塗り絵が、今は大人も楽しめると話題になって久しいが、改めて精神的に…
ページ上部へ戻る