【衆院選2017】民進党が再結集?まやかしの野党再編!選挙後は希望から絶望へ?

今月22日に投開票がされる衆院選も、各党、本格的な選挙モードに突入しているが、今回の選挙で特に注目されているのが、解散後、突如立ち上がった新党『希望の党』。

民進党を割り、野党再編の中心として、告示前には自民党を脅かし、政権交代を目指すといった勢いを見せ、一気に今回の衆院選の主役に躍り出たかのように見えたが、やはりと言うべきか、ここへ来て「即席の党」であることを露呈するような動き、ほころびが出始めた・・・

選挙後に民進党が再結集か!?

民進党(旧民主)がこれまで取ってきた政策と、希望の党というのは、そもそも考え方が全くといって良いほど違う。

それなのに、突如、前原氏が合流を決め、また、小池氏が受け入れたのだから、まず、そこに疑問と言うか、何かモヤモヤしたものが残ってしまうのは当然だろう。

明らかに左に寄った考えを持っている人は、いわゆる「排除」という言葉を小池氏が使ったように、ある程度の選別はされたようだが、それでも民進党から100人以上を受け入れ、公認をしている。

<衆院選後に民進党「再結集」を模索>

希望の党からの立候補者も含め、民進党の再結集を模索する動きが浮上し、波紋を広げている。
ある民進党出身の、希望の党の候補者は「合流は間違いだった」と語るなど、民進党再結集に期待する声が広がっている。

希望の党代表の小池氏は「改革保守」を掲げるが、急激な勢力拡大を狙うがあまり、選挙目当て丸出しの民進党のポンコツを節操なく受け入れたことで、実情は「第二民進党」と化している。

当然、選挙後のゴタゴタは誰もが予想できるだろう・・・

民進党の小川参院会長は「民進党は不滅です。この選挙が終わったら、民進党を大きな軸として、しっかりと結集する」などと述べた。
民進党の小川参議院会長は、選挙後に参院議員も希望の党に合流するとしていた前原代表の方針を否定し、民進党を存続し、再結集を図る考えを示した。

出典:Fuji News Network

こんなにも有権者を馬鹿にしたようなことを、よくも堂々と言えるなと、呆れるより笑ってしまうが、ある意味、希望に合流した連中の本心もそうなんだろうなと・・・

人材不足の野党に政権選択を迫る資格はない!

民進党は、衆議院では割れたが、参議院ではキッチリ残っているので、水面下でこういった動きが出てくるというのは分かり切ったこと。

枝野氏の『立憲民主』も、民進に戻ることは否定しているが、連携することは確実。

安倍政権への包囲網だけが先行し、理念など全くない今回の野党再編はまやかしで、ハッキリ言って「茶番」である。

今の野党にいる人材で「2大政党」を作る、また政権を取るなんてことは到底不可能であり、もしあったとしても、まともな政権運営など出来るはずもない。

こんな連中が政府を批判し「政権選択選挙だ!」などと、大声で叫ぶのだから有権者を小馬鹿にしているとしか思えない・・・そりゃ小学生が考えたような公約も出てきますわ!

「花粉症ゼロ」

毎年悩まされている身としては、これだけは”是非とも”実現してもらいたい(笑、笑、笑)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

【スポンサードリンク】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2018-5-18

    年商10億の通販王〖保阪尚希〗が抱くさらなる野望?イランのガスで5000億の真相

    最近、壮絶な過去など、何かと話題になる保阪尚希さん。 元々は俳優の彼は、一時期テレビから姿を消し、…
【スポンサーリンク】

注目記事

  1. 今月10日、サッカーの韓国代表とコロンビア代表が国際親善試合を行った。 試合は韓国のFWソン・フンミ…
  2. 画像:©MeguEntertainment 『花田優一』といえば、言わずと知れた大横綱『第65代横…
  3. 年末年始の「食っちゃ寝」生活で、正月ボケを引きずっている人も多いのではないだろうか。 そして、何か…
  4. ガンバ大阪の長谷川監督が今シーズン限りで辞任する。 ホーム(市立吹田サッカースタジアム)最終戦となっ…
  5. 出典:産経新聞 今年の夏も横浜では『ピカチュウ大量発生チュウ』という、みなとみらい地区を中心に、街中…

おすすめ

  1. 離党ドミノ【民進党】前原代表と北朝鮮の関係に疑惑!不可解な美女接待に弱み?

    今月、民進党の新たな代表となった前原誠司氏(55)に、またもや不可解な疑惑が持ち上がった。 先日、幹…
  2. 『イッテQ』イモトアヤコがアイガー挑戦!視聴者の心配にも諦めないエベレスト

    日曜日の夜8時、家族で見るテレビ番組といえば、日本テレビの『世界の果てまでイッテQ!』だ。かつて日曜…
  3. 浦和レッズが悪い!開き直る韓国に世界が呆れる?済州の暴挙に乱闘の詳細、真実

    先月31日、アジアチャンピオンズリーグ(ACL)決勝トーナメントのラウンド16、『浦和レッズvs.済…
  4. FIFA映像の『橘ゆりか』が美女サポーター扱い!元アイドルでFC東京と深い関係

    8月31日、埼玉スタジアムに詰めかけた6万人のサポーターを前に、宿敵のオーストラリアに勝利し、ロシア…
  5. 本当に靴職人!?花田優一の止まらない二世タレント化(笑)俳優にも興味?

    画像:©MeguEntertainment 『花田優一』といえば、言わずと知れた大横綱『第65代横…
  6. 韓国・平昌五輪でノロウイルス猛威!「大丈夫!選手にはまだ感染してない」

    政治的、民族的、極寒など、平昌オリンピックを取り巻く環境にはさまざまな問題が横たわっている。 だが…
  7. この演歌が面白い!松尾雄史『メルボルン特急』になぜかニヤッと

     ふと、明け方なんかに、テレビをつけて、テレビ東京やテレビ埼玉にチャンネルを合わすと、演歌のプロモー…
  8. これを聞いて夏を乗り切れ!B’zの爽快「夏うた」10選(前編)

     2016年もすでに6月に入り、早くも衣替えの季節となった。これからジメジメした梅雨、そして今年も猛…
ページ上部へ戻る