【衆院選2017】政権交代?矛盾を抱える『希望の党』ド素人の若狭氏に感じる不安

出典:朝日新聞社

先月、衆議院解散となり、野党のドタバタ再編劇が繰り広げられているが、そのキッカケを作ったのは小池百合子(東京都知事)が率いる、新党『希望の党』。

今回の解散総選挙を機に、小池氏の側近である若狭勝氏を初めとした、民進党離党者が中心となって立ち上げられた分けだが、都知事選から都議選に至る小池氏の影響力に、与党以上に野党が戦々恐々、政局が活発化している。

政権交代は目指さず?若狭氏のド素人発言

『希望の党』の出現により、野党第一党である民進党が分裂の様相を呈しているのだが、政局的には非常に面白い展開となり、ようやく野党再編の動きが本格化したという感じである。

自民党の1強が叫ばれる中、政権から失脚してからも一向に信頼を得られず、死に体の民進党にあって、むしろ遅いぐらいの動きなのだが、安倍政権の誕生以降、まともに対峙出来る野党が存在しないことは国民にとっても不幸であるため、今回の政局は単純に歓迎したい。

だが、小池氏のやり方や、希望の党のスタンスには少々納得いかない部分もある。

<若狭氏「政権奪取は次の次」 「政権選択選挙」とせず?>

若狭勝・前衆院議員は1日のNHK討論番組に出演。党として政権奪取をめざす時期について、「次の次(の衆院選)ぐらいの時」と述べた。

出典:朝日新聞

さすがに急ごしらえの寄せ集めで、何の実績もない新党に政権を任せるほど国民は愚かではないだろうが、民進党の議員を選別して受け入れるという方針を打ち出し、過半数を取れるほどの議員を擁立するという事は、第一党になる可能性がある分けなので、こういう事は思っていても口に出してはいけないし、何より無責任だ。

<過半数擁立し政権交代=国政進出は否定―小池・希望代表>

希望の党の小池百合子代表(東京都知事)は2日、時事通信のインタビューに応じ、衆院選について過半数の候補者を擁立し、政権交代を目指す考えを示した。

出典:時事通信社

<維新・松井代表「若狭さんの発言は未熟、有権者が混乱」>

若狭さんは政治の世界に入ってまだ短期間で、発言についてはちょっと未熟なところがあるんじゃないか。

選挙やるときに「次の次」と言っても、有権者は「なに言ってるの?」と思われると思う。発言の意図は僕には分からないし、若狭さんの発言は逆に有権者を混乱させているんじゃないか。

出典:朝日新聞

小池の親分や、希望の党と東京や大阪で選挙協力をする、日本維新の会の松井代表から、速攻で修正、ツッコミを受けているわけだが、これでド素人ということがバレた若狭氏は、やっぱり小池氏の「金魚のフン」でしかないのか・・・

この程度の人材が党の中心でいることが、党自体の未熟さを証明している。

今の小池氏には誰も意見出来ないという状況も、今後の党運営に不安を残す・・・

出馬しない小池氏が政権交代を目指すのは疑問

良くも悪くも、希望の党の顔は小池百合子氏である。

党首なので当然なのだが、ハッキリ言って、小池氏ありきの党であることは否めない。

当然、有権者は投票する際、小池氏を支持するかしないかで判断することになるので、希望の党の躍進により、彼女が言う「政権交代」が現実となれば、首相に指名されるのは小池氏というのが筋である。

少なくとも、その可能性があるのなら、小池氏は出馬するしか選択肢はないはず。

それでも、未だに出馬をはぐらかしており、そういった態度に対する不信感や、疑問の声は大きい。

ただでさえ、若狭氏のような、何の実績もない底辺の議員が、民進党からも大量に流入してくる党なので、実力者は皆無と見て良いだろう。

それでも、実際に「政権を取った時」のことをシミュレーション出来ない党が「政権交代」「政権選択」を謳うのは、有権者を馬鹿にしているし、無責任極まりない。

◇  ◇  ◇

右も左もごちゃ混ぜだった民進党が割れて、野党の再編が進むことは、これから先、二大政党を睨むうえではプラスとなるだろう。

ただ、希望の党を初め、今の野党が「政権云々」いうのは、幼稚(ごっこ)に見えて仕方がない・・・

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

【スポンサードリンク】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2018-2-19

    「NHKの桑子アナが消えた?」の話題に反応?和田正人のSNSに登場の勘違い

    『ブラタモリ』のアシスタントで注目を集め、今では『ニュースウオッチ9』のキャスターを務める、NHKの…
【スポンサーリンク】

注目記事

  1.  元『モーニング娘。』のメンバーでタレントの石黒彩(38)が、テレビ東京「ヨソで言わんとい亭~ココだ…
  2. これまでSNSなどネット上での発言が元となり、炎上、失墜した人は数知れず・・・。そして「つぶやき」が…
  3. 平昌オリンピックが来月(2月9日~)に迫る中、日本では、人気の『フィギュアスケート』や、最近好成績を…
  4. 平昌(ピョンチャン)オリンピックの開幕まで3カ月を切り、さぞ盛り上がりを見せているであろう韓国。 だ…
  5. 今月22日に投開票がされる衆院選も、各党、本格的な選挙モードに突入しているが、今回の選挙で特に注目さ…

おすすめ

  1. 【鹿島】ACL敗退で監督解任!昨季2冠も不安定?タイトルに隠された選手の不満

    出典:鹿島アントラーズオフィシャル 今年、ACLの予選をグループ1位で突破した鹿島アントラーズ。ベス…
  2. フジテレビ『OUR HOUSE』野島伸司なのに悲惨な低視聴率のなぜ?

     日曜9時というのは、お茶の間にとって週初めに向けてのリラックスタイム。そこへ、再びドラマ枠を復活さ…
  3. 本当に靴職人!?花田優一の止まらない二世タレント化(笑)俳優にも興味?

    画像:©MeguEntertainment 『花田優一』といえば、言わずと知れた大横綱『第65代横…
  4. ドンキが「19800円」の爆安ノートPCを発売!気になるコスパも性能はそれなり?

    スマホの大画面化やタブレットの普及で、一般レベルでのPC(パソコン)の存在意義が薄れてきているが、仕…
  5. 離党ドミノ【民進党】前原代表と北朝鮮の関係に疑惑!不可解な美女接待に弱み?

    今月、民進党の新たな代表となった前原誠司氏(55)に、またもや不可解な疑惑が持ち上がった。 先日、幹…
  6. 映画『サブイボマスク』主演ファンキー加藤W不倫!特技はスピード子作り?

     元ファンキーモンキーベイビーズで、歌手のファンキー加藤(37)が不倫?また今年のトレンドに乗って現…
  7. 【衆院選2017】民進党が再結集?まやかしの野党再編!選挙後は希望から絶望へ?

    今月22日に投開票がされる衆院選も、各党、本格的な選挙モードに突入しているが、今回の選挙で特に注目さ…
  8. 【浦和レッズvsシャペコエンセ】後味の悪さをサポーターが救った感動の光景!

    出典:ゲキサカ JリーグYBCルヴァンカップ(旧ナビスコカップ)と、南米のコパ・スダメリカーナの、そ…
ページ上部へ戻る