<アイドル傷害事件>被害者は元シークレットガールズ『冨田真由』の衝撃

 先日、東京都小金井市のライブハウスが入る建物の敷地内で、アイドル活動をしている冨田真由(20)さんがファンと見られる男性に刃物で刺されるといった事件が起きた。

まさか!シークレットガールズだったとは・・・

 この事件のニュースを聞いて、女性アイドルと紹介された『冨田真由』という名前には、正直ピンと来なかったが、彼女が『シークレットガールズ』としても活動していたことを知ると、現代のアイドルというものの危うさを、改めて実感する事となった。

 筆者は、去年の10月に解散した『アイドリング!!!』を、多少、気にかけていたこともあり、『シークレットガールズ』というユニットが存在していたことは知っていた。

 そこには、『アイドリング!!!』のメンバーも3人参加しており、特に『アイドリング!!!』ファンからは、良く知られた存在だったのだ。

 元は、フジテレビの動画配信サイトにて放送された、連続ドラマ『シークレットガールズ』内での、5人組アイドルグループ。

 そのドラマから派生したグループなのだが、CDも発売され、ライブも開催されている。

 個人的には、知っているグループに関わっていた人が、今回のような残忍な事件に巻き込まれてしまったことに、憤りと恐さ感じている。

常に危険と隣り合わせ?アイドル活動の是非

 今回の事件は、身近に感じられるようになった、現在のアイドル活動のあり方が、改めて「危険である」という認識が必要だと、考えさせられる出来事になった。

 もちろん、アイドルではなくとも、ストーカー被害に合うことはあるのだが、不特定多数の人と、互いに「支えている、支えて貰っている」という意識が強くなりがちなアイドルは、冷静に考えれば、非常に危険に晒されている。

 今回の冨田真由さんも、容疑者から、頻繁に贈り物などをされていたようで、最初は、些細なことでも、そういったやり取りが、徐々に、過剰な想いへと繋がった恐れがある。

 そして、彼女がどこかで危険に気づき、品物を送り返したり、拒否するようになったことから、憎悪が芽生えていった可能性も指摘されている。

 当然、不特定多数のファンの中には、このような、「一方的に想いを寄せるような人間」も交じっていると考えるのが普通だ。

 ファンと近くなり過ぎたり、接点を持てば、危険が増すということを、もっと回りが意識して活動させるべきだろう。

1605-22-02

 『シークレットガールズ』で一緒だった、元アイドリング!!!の朝日奈央さんもコメントしているが、彼女らが受けるショックは計り知れないものがある。

 おそらく、他人事ではなく、自分の身の危険さえ感じるアイドルや、タレントも多いと思われ・・・

 超有名アイドルにでもなれば、送り迎えなど、守ってくれる環境もあるだろうが、普通は、一般の人と同じように、電車に乗ったり街を歩いたりするものだ。

 まず、アイドルとか、有名人である以前に、一人の人間としての自由や安全が確保されるべきなので、基本的にファンは、必要以上に近づいてはいけないというのが最低限のルール。

 とにかく今は「無事である事を祈るばかりです。」この言葉がすべてだろう。

 頑張ってほしい。

 アイドルである以上に、何の罪もない、夢を持った20歳の若い女性。

 そんな理不尽な理由で、人生を奪われることがあってはならない。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

【スポンサードリンク】

関連記事

お得情報(PR)

コメント

    • ななし
    • 2016年 5月 23日

    > 超有名アイドルにでもなれば、送り迎えなど、守ってくれる環境もあるだろうが、普通は、一般の人と同じように、電車の乗ったり街を歩いたりするのだ。
    > まず、アイドルとか、有名人である以前に、一人の人間としての自由や安全が確保されるべきなので、基本的にファンは、必要以上に近づいてはいけないというのが最低限のルールだ。

    言わないほうがいいこと。プライベートは単独行動してますなんて情報は、逆に自分は特別と思ってるようなき○がいを呼ぶ行為。普通の人はだめだけど、僕は特別だからって思ってるもんだよ。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2018-1-21

    高梨沙羅の好感度に異変!愛車は祖父もドン引きの超高級車?伸び悩みの原因とは

    平昌オリンピックが来月(2月9日~)に迫る中、日本では、人気の『フィギュアスケート』や、最近好成績を…
【スポンサーリンク】

注目記事

  1. 年末年始の「食っちゃ寝」生活で、正月ボケを引きずっている人も多いのではないだろうか。 そして、何か…
  2. 基本的に「隣国同士は仲が悪い」というのは定説だが、日本と韓国というのは、そういった中でも特に難しい関…
  3. 『アムラー』 90年代に青春時代を過ごした女子ならば、誰もが少なからず影響を受けたであろう『安室奈…
  4. ガンバ大阪の長谷川監督が今シーズン限りで辞任する。 ホーム(市立吹田サッカースタジアム)最終戦となっ…
  5. 先日、コント日本一を決めるTBS『キングオブコント2017』で準優勝し、新世代の笑いを見せた『にゃん…

おすすめ

  1. イッテQで「草刈さ~ん」連呼のイモトが草刈正雄を好きな理由!まさかの共演?

    出典:お笑いナタリー 今年10周年を迎えたバラエティ番組『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ)…
  2. 山尾志桜里が不倫疑惑で離党!仕事が出来ればセーフ?庇うコメンテーターに失笑

    民進党の山尾志桜里氏は、今月7日発売の週刊文春(9月14日号)で、倉持麟太郎弁護士との不倫疑惑を報じ…
  3. 【日産、スバル】無資格検査は制度の曖昧さも起因!不安を煽る報道の是非

    日産自動車に続き、SUBARU(スバル)でも、無資格検査が発覚し、マスコミは日本の製造業の信頼低下を…
  4. 【平昌五輪】チケットの販売不振が深刻!寒すぎるメーン会場での対策とは?

    平昌(ピョンチャン)オリンピックの開幕まで3カ月を切り、さぞ盛り上がりを見せているであろう韓国。 だ…
  5. 浦和レッズが悪い!開き直る韓国に世界が呆れる?済州の暴挙に乱闘の詳細、真実

    先月31日、アジアチャンピオンズリーグ(ACL)決勝トーナメントのラウンド16、『浦和レッズvs.済…
  6. 車の屋根から財布が落ちた!拾ったライダーが取った行動は?そしてまさかの○○!

    車での「あるある」として、荷物を積み込んだり、セルフのガソリンスタンドで給油をする時、財布や携帯、ま…
  7. 〖早見あかり〗今やCMで見たいNo1女優!あの美人は誰?と気になる人が続出

     『早見あかり』という女優はご存じだろうか。名前は知らなくとも、その顔を見たことがある人は多いだろう…
  8. 南海電鉄の車掌アナウンスで外国人差別?テレビの厳しい論調に疑問も

     今月、南海電鉄の「なんば駅」から、関西空港行きの空港特急車内にて、車掌からあるアナウンスがされたと…
ページ上部へ戻る