【サッカー日本代表】魂だけの問題?惨敗に韓国より弱いと自負するハリルの迷走

サッカーの東アジアE-1選手権(日本、韓国、中国、北朝鮮)が日本で開催されたが、その最終戦、引き分け以上で優勝の掛かっていた日本は韓国と対戦し1-4(味の素スタジアム)という、近年の日韓戦において、最も屈辱的とも言える敗戦を喫してしまった。

メンバーが国内組に限られた今大会で、いかに短期間で勝利に導けるか、W杯を目前にして、監督の手腕が問われる重要な大会でもあったが、結果は・・・

この時期に試合をさせる意味

今大会は海外組を呼べないという事情もあって、国内勢(Jリーグ)の選手だけで編成したチームで参加している。

それは韓国も同じ条件なのだが、日本はさらにクラブワールドカップに出場していた浦和レッズからも招集できないという不都合も多少あった。

そういう意味では、来年に迫ったワールドカップ(ロシアW杯)に向けてのシミュレーションや熟度を増すというより、今大会のみの限られたメンバーでの即席チームで、ここから何人がW杯の本番に引っ張れるか、見極めや国内組のアピールの場という意味合いが強かったと言える。

一方、Jリーグは長いシーズンをようやく終えた時期でもあり、この時期に大会が行われることは、正直「選手を酷使しすぎでは?」と思う所もあった。

しかし、そんな中でも選手にとってはチャンスだろうし、どう勝利に導くのか監督の手腕も問われる。

もちろん、結果も重要だが、たとえ急造チームでも、今の段階で基本ベースがしっかりと構築されているかも見えてくる。

気持ちの問題以前にチームの迷走

おそらく、今大会で招集されたメンバーのほとんどが、W杯のメンバーに選ばれることはない(レギュラーにはなれない)だろうが、どんな状況であっても日本代表として戦う限り、アジアで負ける分けにはいかないし、選手は気持ちを見せないといけない。

そこに関して、中継で解説をしていたラモス氏が「魂が感じられない」と、最も指摘していたことだ。

だが、そもそも「気持ちや、魂」と言うこと以前に、チームとして目指すスタイルが、ここにきても周知(浸透)されていないということの方が気になってしまった。

メンバーが変わろうともチームとして目指している所が明確で、基本的なベースがしっかりしていれば、ある程度のクオリティは保てるはずだが・・・

Embed from Getty Images

今の日本代表にはそういった戦い方が見えない(何がしたいのか分からない)というのが率直な印象。

しかし、試合後にハリルホジッチ監督が発した言葉は・・・

「韓国が日本より強いことは試合前から分かっていました。韓国とのレベルに差があったと思います。韓国は勝利に値していたと思います」

出展:goal.com

「今日の韓国は良かった」とか「日本を上回っていた」というなら話は分かるが、始まる前からレベルの差があったからと、投げやりなコメントに愕然とした。

自分が選手を選んで作り上げてきたチームが、そもそも韓国より明らかに弱いというなら、そんなチームにしか出来なかった「あんたの責任だろ!」と・・・

ハーフタイムには、選手に「プレーをすることを怖がっている」と言ったそうだが、そうさせているのは、監督の責任でもあるはず。

選手が戦い方に迷っているのが感じられたし、それを正す采配も見られなかった。

選手に不安を抱かせているのは監督自身

ハッキリ言って今の日本代表が、パスを繋いでじっくり崩しに行くのか、相手にボールを持たせて、ボールを奪ってから速い攻撃を仕掛けるのかという、チームのスタイル自体がぼやけてしまっている。

この試合に限っても、立ち上がり早々にPKで先制した後は、攻めてくる韓国に対し、完全に選手はあたふたしていた。

そういった、状況に応じての「明確なプラン」がない状況で、気持ちや魂(パフォーマンス)を見せる以前に、選手の間には「迷い」があったのだろう。

もちろん選手がピッチ上で機転を利かすべき事もあっただろうが、監督の責任は大きいだろう。

Embed from Getty Images

怖がっているように見えたのも、自分たちの「やっている事、やってきた事」に自信が持っていないのだから、当然と言えば当然だ。

さすがに、この時期に「韓国より明らかに弱いと自負するチーム」しか作れない監督ではまずいのでは?

W杯なんか、すべて格上のチームなのだから、何もできずに惨敗した後、今回と同じような捨て台詞を吐かれて「はい終わり~」と!

ならないことを願うばかりだ・・・

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

【スポンサードリンク】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2018-5-18

    年商10億の通販王〖保阪尚希〗が抱くさらなる野望?イランのガスで5000億の真相

    最近、壮絶な過去など、何かと話題になる保阪尚希さん。 元々は俳優の彼は、一時期テレビから姿を消し、…
【スポンサーリンク】

注目記事

  1. 和歌山市の大手原薬メーカー「山本化学工業」が、届け出をせずに自社製品に中国製アセトアミノフェンを混ぜ…
  2.  子供の頃、誰もが遊んだことのある塗り絵が、今は大人も楽しめると話題になって久しいが、改めて精神的に…
  3.  パソコンの基本ソフト(OS)が、意図せず『Windows 10』にアップグレードしてしまうユーザー…
  4. 先日、今期『Jリーグ』の前半戦を終えて、降格圏内に沈む『サンフレッチェ広島』(以下、広島)の森保監督…
  5. 筆者は『ドムドムバーガー』と聞いて、激しく懐かしいと思う世代である。 私は勝手に40代前後の世代を…

おすすめ

  1. 【乃木坂46】中元日芽香が卒業!芸能界も引退へ。妹と共に飛び込んだ世界で明暗

    出典:BRODY編集部 on Twitter 『乃木坂46』の中元日芽香(21)が、NHKラジオ第…
  2. 【金子恵美】子供の送迎利用に賛否?公用車の是非に感情論での個人批判は的外れ

    金子恵美(総務政務官)が 税金で運用される公用車で長男を保育園に送るなど、私的な目的のため使用したと…
  3. 【無印良品】歯ブラシスタンドがペン立てに!使い方色々ミニ植木鉢に多肉植物も

    出典:ギャザリー 人は、無印良品のお店を見かけると、目的が無くともフラ~と入って眺めてしまうもの。…
  4. オヤジはキュン死?映画『恋は雨上がりのように』小松菜奈が28歳差の大泉洋に恋

    週刊ビッグコミックスピリッツで連載中の、眉月じゅんによる漫画『恋は雨上がりのように』を、小松菜奈、大…
  5. <BABYMETAL>ウェンブリー公演!期待のWOWOWにファンは不完全燃焼?

     先月の4月2日、イギリスのウェンブリー・アリーナ(SSEアリーナ・ウェンブリー)でのライブを成功さ…
  6. 『イッテQ』イモトアヤコがアイガー挑戦!視聴者の心配にも諦めないエベレスト

    日曜日の夜8時、家族で見るテレビ番組といえば、日本テレビの『世界の果てまでイッテQ!』だ。かつて日曜…
  7. これぞ『コボちゃん』最近の秀逸ネタ!このセンス、視点がやっぱり凄い!

    『読売新聞』で、1982年4月1日から連載が開始され、35年以上、連載数1万2千回を軽く超える、もは…
  8. フジテレビ『OUR HOUSE』野島伸司なのに悲惨な低視聴率のなぜ?

     日曜9時というのは、お茶の間にとって週初めに向けてのリラックスタイム。そこへ、再びドラマ枠を復活さ…
ページ上部へ戻る