相武紗季の結婚に祝福ムードなし?次々報じられる夫の素性に困惑

 世間はゴールデンウィーク真っ只中の今月3日、女優の相武紗季さんが結婚を発表した。年齢も30歳になり、いつの間にか大人の女性になっていた彼女。そのハートを射止めた一般男性とされるお相手に何が?

祝福ムード一変!飛び交う物騒な話に、その結婚大丈夫?

1605-12-02

 お相手は一般男性ということで、数日前に派手な披露宴を開いた北川景子さんとは反対に、地味婚だと捉えられ、男性ファンの嘆きは聞こえてきたが、わりと好感をもって受け止めたれたようだった。

「この人あまり良いイメージではなかったけど、まともな恋愛をしていたと知って好感度アップ」

「芸能人は芸能人と結婚するっていうイメージがあったから、今回のニュースは驚いたし嬉しい」

「一般人のほうが安心はできるんじゃないかな」

出典:Business Journal

 元々人柄も良く、仕事への取り組み方も業界内では評価が高かったよう

「相武クラスでは出ないようなマイナーなメディアにも出てくれ、現場でも周囲に笑顔で丁寧に接するなど、非常に好印象です。今回も一般人の方と結婚するということで、やはり地に足が着いていると感じ、素直に祝福したいです」

出典:Business Journal

 といった声も上がっていて、今回の結婚は男性にとっても「がっかり」というよりも「うらやましい」が勝るニュースだったように思う。

 だが、そんな「ほんわかムード」もすぐに消えてしまうほどの、不穏な情報が・・・

 結婚発表後、単に一般男性とだけ発表された相手は、すぐに化粧品の企画販売やイベント制作などを手掛ける36歳の会社社長であることが発覚。

 でも、これくらいなら「一般人ていっても結局、社長か~」くらいで、多少のがっかり感はあっても「まあ、そうだよね」ですむ話。

 だが・・・

1605-12-01

マスコミにタレコミが相次いでいる?

 結婚の発表直後から、お相手男性の関係者という人物から、各マスコミ関係者に対してタレコミ入っているのだという。

 そして、かなり物騒な記事が、なんと結婚発表の3日後に出るという異常な状態に。

 報じたのは「日刊サイゾー

 内容はお相手男性の素性を暴くもので

 「ヤミ金や詐欺行為など違法ビジネスで一儲けしていた」「反社会的勢力との付き合いがある」や、そもそも「父親が反社会的勢力のトップだった」というもの。

 その話題はネット上での噂の域を越え、週刊誌では「フラッシュ」(光文社)がいち早く報じ、出回っている情報の一部が事実であることを裏付けている。

芸能活動にも影響?週刊文春の動きに関係者も困惑?

 その後も「週刊新潮」(新潮社)、「週刊文春」(文芸春秋)と、夫やその親族の素性について迫っている。

 こういった流れから、おそらく、お相手というのは、当初の一般男性という地味なイメージからは、かなりかけ離れた人物であることは確かだ。

 結婚発表後に続々とタレコミがあるという所からも、回りから相当反感を買っている可能性もあり、実に穏やかではない新婚生活のようだ。

 相武紗季さんと言えば、母親と姉が共に宝塚歌劇団の卒業生ということでも有名で、家柄が良い。

 そんな、穏やかな家族にとっては、さすがに物騒すぎるのではないか?

 相武さんの所属事務所には、交際が噂されていた昨年「交際相手について」の怪文書も届いていたというが、本人には伝えていなかったようで、事務所も甘く考えていた可能性がある。

 それこそ絶好調の「週刊文春」も動いているということは、自体を深刻に捉える必要があるのかもしれない。

 おめでたい話が一転「芸能人と結婚する社長ってだけで怪しさしかない」なんて言われる展開になってしまったが、結婚はお互いの家族も巻き込んでのことなので、普通、お相手やその家族の素性を全く知らずして踏み切ることはないと思うのだが・・・

 相武紗季さんの心中はいかに・・・

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

【スポンサードリンク】

関連記事

お得情報(PR)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2018-1-21

    高梨沙羅の好感度に異変!愛車は祖父もドン引きの超高級車?伸び悩みの原因とは

    平昌オリンピックが来月(2月9日~)に迫る中、日本では、人気の『フィギュアスケート』や、最近好成績を…
【スポンサーリンク】

注目記事

  1. 今年も、師走に入るやあっという間にクリスマス、それを過ぎればバタバタと大晦日で正月を迎えることになる…
  2.  先日、安倍晋三首相の所信表明演説中に、自民党議員らが立ち上がって拍手した事を問題視した野党が、27…
  3. 〖B'z〗と言えば、ギターの松本孝弘、ボーカルの稲葉浩志の2人組ユニットとして知られるが、実はここ1…
  4.  今月、南海電鉄の「なんば駅」から、関西空港行きの空港特急車内にて、車掌からあるアナウンスがされたと…
  5. 昨年(2016年)に、日本を訪れた外国人の数は2000万人を超え、2400万人にも達したというニュー…

おすすめ

  1. ACL優勝でも露骨なベストイレブン外し!それが意味する浦和レッズの凄さとは?

    先日、ACL(アジアチャンピオンシップ)決勝『浦和vs.アル・ヒラル』の第2戦が浦和のホーム、埼玉ス…
  2. 安室奈美恵の引退発表がアムロ世代に与えた衝撃!時代の終わり?40歳の戸惑い

    『アムラー』 90年代に青春時代を過ごした女子ならば、誰もが少なからず影響を受けたであろう『安室奈…
  3. 【ノーベル賞】なぜ韓国は取れない!期待しても受賞どころか候補さえ居ない?

     早いもので、今年も『ノーベル賞』ウィークがやってきた。そして、ノーベル医学生理学賞を、大隅良典(東…
  4. これを聞いて夏を乗り切れ!B’zの爽快「夏うた」10選(後編)

     前回は、まず5曲を紹介しましたが、「B'zはシングル曲くらいしか知らない」という人や、それこそ「U…
  5. 【Jリーグ】苦境に立つ浦和と広島の共通点!過去5年の明暗、同時に迎えた限界?

    先日、今期『Jリーグ』の前半戦を終えて、降格圏内に沈む『サンフレッチェ広島』(以下、広島)の森保監督…
  6. 安部首相の演説に起立、拍手が悪い?批判する民進(旧民主)も政権時代に・・・

     先日、安倍晋三首相の所信表明演説中に、自民党議員らが立ち上がって拍手した事を問題視した野党が、27…
  7. にゃんこスターの何が面白いの?時代とズレた老害が居座る新陳代謝なき芸能界

    先日、コント日本一を決めるTBS『キングオブコント2017』で準優勝し、新世代の笑いを見せた『にゃん…
  8. フジテレビ『OUR HOUSE』野島伸司なのに悲惨な低視聴率のなぜ?

     日曜9時というのは、お茶の間にとって週初めに向けてのリラックスタイム。そこへ、再びドラマ枠を復活さ…
ページ上部へ戻る