相武紗季の結婚に祝福ムードなし?次々報じられる夫の素性に困惑

 世間はゴールデンウィーク真っ只中の今月3日、女優の相武紗季さんが結婚を発表した。年齢も30歳になり、いつの間にか大人の女性になっていた彼女。そのハートを射止めた一般男性とされるお相手に何が?

祝福ムード一変!飛び交う物騒な話に、その結婚大丈夫?

1605-12-02

 お相手は一般男性ということで、数日前に派手な披露宴を開いた北川景子さんとは反対に、地味婚だと捉えられ、男性ファンの嘆きは聞こえてきたが、わりと好感をもって受け止めたれたようだった。

「この人あまり良いイメージではなかったけど、まともな恋愛をしていたと知って好感度アップ」

「芸能人は芸能人と結婚するっていうイメージがあったから、今回のニュースは驚いたし嬉しい」

「一般人のほうが安心はできるんじゃないかな」

出典:Business Journal

 元々人柄も良く、仕事への取り組み方も業界内では評価が高かったよう

「相武クラスでは出ないようなマイナーなメディアにも出てくれ、現場でも周囲に笑顔で丁寧に接するなど、非常に好印象です。今回も一般人の方と結婚するということで、やはり地に足が着いていると感じ、素直に祝福したいです」

出典:Business Journal

 といった声も上がっていて、今回の結婚は男性にとっても「がっかり」というよりも「うらやましい」が勝るニュースだったように思う。

 だが、そんな「ほんわかムード」もすぐに消えてしまうほどの、不穏な情報が・・・

 結婚発表後、単に一般男性とだけ発表された相手は、すぐに化粧品の企画販売やイベント制作などを手掛ける36歳の会社社長であることが発覚。

 でも、これくらいなら「一般人ていっても結局、社長か~」くらいで、多少のがっかり感はあっても「まあ、そうだよね」ですむ話。

 だが・・・

1605-12-01

マスコミにタレコミが相次いでいる?

 結婚の発表直後から、お相手男性の関係者という人物から、各マスコミ関係者に対してタレコミ入っているのだという。

 そして、かなり物騒な記事が、なんと結婚発表の3日後に出るという異常な状態に。

 報じたのは「日刊サイゾー

 内容はお相手男性の素性を暴くもので

 「ヤミ金や詐欺行為など違法ビジネスで一儲けしていた」「反社会的勢力との付き合いがある」や、そもそも「父親が反社会的勢力のトップだった」というもの。

 その話題はネット上での噂の域を越え、週刊誌では「フラッシュ」(光文社)がいち早く報じ、出回っている情報の一部が事実であることを裏付けている。

芸能活動にも影響?週刊文春の動きに関係者も困惑?

 その後も「週刊新潮」(新潮社)、「週刊文春」(文芸春秋)と、夫やその親族の素性について迫っている。

 こういった流れから、おそらく、お相手というのは、当初の一般男性という地味なイメージからは、かなりかけ離れた人物であることは確かだ。

 結婚発表後に続々とタレコミがあるという所からも、回りから相当反感を買っている可能性もあり、実に穏やかではない新婚生活のようだ。

 相武紗季さんと言えば、母親と姉が共に宝塚歌劇団の卒業生ということでも有名で、家柄が良い。

 そんな、穏やかな家族にとっては、さすがに物騒すぎるのではないか?

 相武さんの所属事務所には、交際が噂されていた昨年「交際相手について」の怪文書も届いていたというが、本人には伝えていなかったようで、事務所も甘く考えていた可能性がある。

 それこそ絶好調の「週刊文春」も動いているということは、自体を深刻に捉える必要があるのかもしれない。

 おめでたい話が一転「芸能人と結婚する社長ってだけで怪しさしかない」なんて言われる展開になってしまったが、結婚はお互いの家族も巻き込んでのことなので、普通、お相手やその家族の素性を全く知らずして踏み切ることはないと思うのだが・・・

 相武紗季さんの心中はいかに・・・

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

【スポンサードリンク】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2018-5-18

    年商10億の通販王〖保阪尚希〗が抱くさらなる野望?イランのガスで5000億の真相

    最近、壮絶な過去など、何かと話題になる保阪尚希さん。 元々は俳優の彼は、一時期テレビから姿を消し、…
【スポンサーリンク】

注目記事

  1.  パソコンの基本ソフト(OS)が、意図せず『Windows 10』にアップグレードしてしまうユーザー…
  2. 日曜日の夜8時、家族で見るテレビ番組といえば、日本テレビの『世界の果てまでイッテQ!』だ。かつて日曜…
  3. 出典:MY Promotion Inc. 『高橋一生』という俳優をご存じだろうか。少し前なら、名前…
  4. 今月、民進党の新たな代表となった前原誠司氏(55)に、またもや不可解な疑惑が持ち上がった。 先日、幹…
  5. やっぱりと言うべきか、先の衆院選で惨敗を喫した『希望の党』でゴタゴタが始まった。 代表の小池百合子…

おすすめ

  1. 歴史的うっぷんを晴らす?日本で水を出しっぱなしにした中国人の曲がった反日感情

     今や、世界の観光地には中国人観光客で溢れていて、その国の観光産業に多大な影響を与えるまでになってい…
  2. 【Jリーグ】苦境に立つ浦和と広島の共通点!過去5年の明暗、同時に迎えた限界?

    先日、今期『Jリーグ』の前半戦を終えて、降格圏内に沈む『サンフレッチェ広島』(以下、広島)の森保監督…
  3. 【平昌五輪】チケットの販売不振が深刻!寒すぎるメーン会場での対策とは?

    平昌(ピョンチャン)オリンピックの開幕まで3カ月を切り、さぞ盛り上がりを見せているであろう韓国。 だ…
  4. 【浦和レッズvsシャペコエンセ】後味の悪さをサポーターが救った感動の光景!

    出典:ゲキサカ JリーグYBCルヴァンカップ(旧ナビスコカップ)と、南米のコパ・スダメリカーナの、そ…
  5. 話題の【黒にんにく】気になる臭いと味をチェック!肝心の効果は?

    ニンニクが、滋養強壮に良いとか健康効果のある食材だということは皆が知るところだろう。だが、普段は料理…
  6. 【NHK紅白】ウッチャン奮闘も視聴率は時代の流れに逆らえず?全世代型の限界

    2018年の三が日に早くも昨年末のテレビ番組の視聴率が発表されたが、取り分け注目されるのは、NHKの…
  7. オヤジはキュン死?映画『恋は雨上がりのように』小松菜奈が28歳差の大泉洋に恋

    週刊ビッグコミックスピリッツで連載中の、眉月じゅんによる漫画『恋は雨上がりのように』を、小松菜奈、大…
  8. 本田翼を無視した女優?暴露で波紋!テレビの名前を伏せればOKという悪い風潮

    普段、あまりバラエティなんかに出ない女優が、たまに出てきてはチヤホヤされ、調子に乗っては下品な振る舞…
ページ上部へ戻る