極寒に強風〖平昌五輪〗悪天候に選手も嘆き?深夜に観客もまばら?運営に疑問も

現在、平昌オリンピックの真っ只中だが、始まる前からメディアに取り上げられるのは、北朝鮮絡みのキナ臭いものばかりだったため、いまいち盛り上がっているのか、いないのか微妙な感じの大会だ。

選手からすれば競技に集中したいところだが、選手にはまた別の敵がいるようで・・・

悪天候は想定できたはずなのに・・・

大会が行われている、韓国の平昌という所は、とにかく気温だけは低いわりに、雪はあまり多くないようで、当初から雪不足の懸念があった。

平昌は、冬に多い西高東低の気圧配置になると、シベリアからの寒気が陸地を通って南下して来ますので、寒くなっても雪は降りません。
出展:饒村曜 | 気象予報士/青山学院大学・静岡大学非常勤講師

そもそも韓国には、日本の日本海側や山間部のように「豪雪地帯」といわれるような場所がない。

そんなこともあってか、ウィンタースポーツそのものが盛んではない事も指摘されており、さらに厳しい環境(時期)も懸念され、誘致そのものに無理があったという話も・・・

「笑うしかない。自分たちはカナダ出身なので寒さには慣れているはずなのに、こんな寒さは初めてだ」
出展:ともかく寒い 平昌は冬季五輪には寒すぎる?|BBC

そんな所に急造されたリゾート地、現地の韓国人にさえ関心を向けさせることに苦慮していたとされる。

Embed from Getty Images

不安を抱えたまま始まったオリンピック

それまでの寒さよりは多少和らいだと言われた開会式でも、そもそも参加した選手が少なかったにも拘わらず、寒さに耐えかねた選手は早々に引き上げてしまった為、選手席の空席が目立った。

「最後まで開会式見ようと思ってましたが寒さに負け途中で断念しました」と葛西。
出展:葛西紀明、氷点下の五輪開会式に「ホッカイロ20個貼って」出場していた|スポーツ報知

寒さだけなら対策は出来るが、どうにもならない強風が・・・

スケルトンのカナダ代表ケビン・ボイヤー選手は、「風が一番ひどい。五輪村を歩くのが、まるで悪夢だ」
出展:ともかく寒い 平昌は冬季五輪には寒すぎる?

ついに、競技日程そのものにも影響が出始める。

「組織委員会の運営能力を問われる重大な事態」
出展:スノボ予選中止は「冬季五輪史上に汚点」|スポーツ報知

花形競技のアルペンスキーが、悪天候で出はなをくじかれた
出展:花形競技がいきなり中止|時事通信社

まあ、これも想定できた場所に、無理やり五輪開催を誘致したんだから、韓国や組織委員会の責任が問われるだろう。

平昌は周りの山に風力発電施設がたくさん並ぶほど風が強い所
出展:選手を悩ます平昌の風|ウェザーマップ

競技に不利な追い風が向かい風よりも強く吹く。竹内択(北野建設)は昨年のW杯で「(向かい風に)当たれば宝くじ」と、吹き荒れる様子を表現した。
出展:人工雪に防風ネット、平昌五輪の準備着々 徹夜作業も|朝日新聞

選手に運任せ(宝くじ)なんて言われるような環境で、オリンピックとは・・・4年に一度という、人生にも大きな影響を与える大会を開催するのに相応しい場所だったのか・・・

Embed from Getty Images

「『こんなの中止でしょう』という感じで、ちょっと心の隅で文句言いながら上で寒さに耐えてました」(葛西)
出展:【ジャンプNH】21位・葛西「こんなの中止でしょう!」激怒の深意|東スポ

「自分の滑りが出来なくて悔しい」「五輪あまり好きじゃないと思いました」
出展:鬼塚雅悔し…大技出せず19位「五輪好きじゃない」

メダルも期待された、19歳の鬼塚雅だったが、予選が強風で中止になり、出場26人全員が2回の演技で順位を決める方式となった決勝で、19位に終わった。

通常のW杯などでは、悪天候でも中止ではなく延期となり、予選が行われない事は異常事態。

日程の関係もあって、無理やり詰め込まれたような運営方法に、選手も不信感を抱くような結果に・・・

中には深夜に行われる競技も・・・

欧米で人気のあるウィンタースポーツ、放送権の関係もあるのか、午前中だったり、深夜だったりと、選手にも観客にも優しくない日程に、不満の声も聞こえてくる。

スキージャンプに関しても、始まるのは午後9時、10時。

風などの影響で長引くと、日をまたぐという無理のある日程に、案の定、観客はまばら。

チケットが捌けないから、無料でばら撒いているとも言われているが、それも悪条件という根本的な問題があるから当然だろう。

◇  ◇  ◇

極寒、人工雪、強風、運営・・・国の体裁を保つために、ウィンタースポーツ(競技)に相応しくない場所(国)で開催されるオリンピック。

大会そのものの価値が問われることにもなりかねない事態になりつつある。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

【スポンサードリンク】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2018-5-18

    年商10億の通販王〖保阪尚希〗が抱くさらなる野望?イランのガスで5000億の真相

    最近、壮絶な過去など、何かと話題になる保阪尚希さん。 元々は俳優の彼は、一時期テレビから姿を消し、…
【スポンサーリンク】

注目記事

  1.  子供の頃、誰もが遊んだことのある塗り絵が、今は大人も楽しめると話題になって久しいが、改めて精神的に…
  2. 1988年にデビューした『B'z』は、今年30周年を迎えている。 もちろん、日本のポップカルチャー…
  3. フューチャーフォン(通称ガラケー)からスマートフォン(スマホ)へのシフトが進み、7、8万の端末料金を…
  4. 韓国人俳優のユ・ミンソンなる人物が、京都市内を歩きながらネットの生配信をしていたところ、差別的な暴言…
  5. 政治的、民族的、極寒など、平昌オリンピックを取り巻く環境にはさまざまな問題が横たわっている。 だが…

おすすめ

  1. テレ朝・田中萌が不倫?爽やかな朝の番組の裏では先輩アナと××な関係

    今年は、世間を騒がせる有名人は後を絶たないが、そのほとんどが「週刊文春」によるスクープだ! そして…
  2. 【日韓関係】世論調査で意外な結果!?反日の韓国に対し日本では嫌韓が広がる?

    基本的に「隣国同士は仲が悪い」というのは定説だが、日本と韓国というのは、そういった中でも特に難しい関…
  3. 【東京五輪】カヌー会場が突然「長沼ボート場」に?選手のモチベーションが心配

     2020年の東京オリンピックまで、あと4年を切った。リオが無事に終わり、世界中のアスリートの気持ち…
  4. 石黒彩がテレビでの発言を訂正!夢を壊す?元アイドルの暴露話は醜いだけ・・・

     元『モーニング娘。』のメンバーでタレントの石黒彩(38)が、テレビ東京「ヨソで言わんとい亭~ココだ…
  5. これを聞いて夏を乗り切れ!B’zの爽快「夏うた」10選(後編)

     前回は、まず5曲を紹介しましたが、「B'zはシングル曲くらいしか知らない」という人や、それこそ「U…
  6. 話題の【黒にんにく】気になる臭いと味をチェック!肝心の効果は?

    ニンニクが、滋養強壮に良いとか健康効果のある食材だということは皆が知るところだろう。だが、普段は料理…
  7. 山尾志桜里が不倫疑惑で離党!仕事が出来ればセーフ?庇うコメンテーターに失笑

    民進党の山尾志桜里氏は、今月7日発売の週刊文春(9月14日号)で、倉持麟太郎弁護士との不倫疑惑を報じ…
  8. <麻生太郎>失言?高齢者を軽視?論点をずらして揚げ足取りばかりの呆れたメディア

     先日、麻生太郎(副総理、兼財務大臣)の、高齢者に対する発言が問題とされ、複数のメディアが取り上げた…
ページ上部へ戻る