韓国・平昌五輪でノロウイルス猛威!「大丈夫!選手にはまだ感染してない」

政治的、民族的、極寒など、平昌オリンピックを取り巻く環境にはさまざまな問題が横たわっている。

だが、選手や関係者にとって一番の恐怖は、ジワジワと広がりを見せる、ある感染症に他ならない・・・

もはやパンデミック?平昌に緊張が走る!ノロウイルスの猛威

開幕式を目前にして、現地の環境の悪さに、ボランティアや関係者などから不満は漏れ聞こえてきたが、今回のオリンピックは、感染症の蔓延というリスクがついて回りそうだ。

「宿舎でノロに感染した数十人が病院に。今も救急車が来ている」「20人でひとつの部屋。シャワーや飲水も汚い。トイレは詰まり、ゴミ箱もない」
出展:「まるでノロウイルスの培養室」韓国・平昌五輪施設の衛生実態を現地スタッフが告白|トピックニュース – livedoor NEWS

選手村はどうか分からないが、これだけ見ても、現地には劣悪な環境のなかにボランティアなどが動員されていることは確かなようだ。

感染が確認された人数は今月6日の32人、7日の86人に続き、8日には128人まで増加した。

出展:平昌五輪:関係者128人ノロ確定「選手だけは守れ」|朝鮮日報

他の大会での数字がノロウィルスなのかは分からないが、大会を通しての数に対して、平昌は感染力の高いノロが、開幕を前にしてこの人数だ。

韓国を訪れた世界保健機関(WHO)緊急対応プログラムのマイケル・ライオン事務次長補は「冬場には全世界どこででもあり得る軽い疾患で過度に心配する必要はない」と評価した。
<平昌五輪>ノロウイルス確定診断者128人に…選手の感染防ぐために必死の努力|中央日報

このオッサン、ノロに掛かったことあるのか?

確かに軽症で済む場合もあるだろうが、症状が出れば体力が相当奪われるし、インフルエンザよりも辛いということは、経験した人なら知っている。

また、症状が出ない人が無意識に感染を広げてしまうのもノロの怖さで、それだけ感染力も強い。

警備にあたる警察官やメディア記者にも広がり「日本人記者が2人含まれている」
「これじゃ、ノロに感染するために行くようなものになりかねない」
出展:平昌五輪「ノロウイルス」集団感染!スタッフ、警官、記者・・・「日本人も2人」|j-cast.com

大会が始まってから、より多くの人と物が動くというのに「発生した所が選手村から離れてる」とか「まだ選手には感染者がいない」などと、のん気なことを言っている。

現地での対策にしても、施設ではアルコールでドアノブなど消毒していると職員が説明していたが、ノロはアルコールに耐性がある為、あまり意味がない。

基本、消毒や、嘔吐物などの処理は「塩素系の漂白剤」を使うのは基本とされ、はっきり言って、感染拡大を防ぐような対策が効果的に打たれているのかも疑問だ。

疑いのある人だけでも「1000人以上」いるとの報道もあり、おそらく、無自覚の保菌者は相当いるだろうから、大会中、いつ選手に感染者が出てもおかしくない状況は続く。

選手にとっては、寒さ以上に厄介な問題になりそうだ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

【スポンサードリンク】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2018-5-18

    年商10億の通販王〖保阪尚希〗が抱くさらなる野望?イランのガスで5000億の真相

    最近、壮絶な過去など、何かと話題になる保阪尚希さん。 元々は俳優の彼は、一時期テレビから姿を消し、…
【スポンサーリンク】

注目記事

  1. 日曜日の夜8時、家族で見るテレビ番組といえば、日本テレビの『世界の果てまでイッテQ!』だ。かつて日曜…
  2. 普段、あまりバラエティなんかに出ない女優が、たまに出てきてはチヤホヤされ、調子に乗っては下品な振る舞…
  3. 和歌山市の大手原薬メーカー「山本化学工業」が、届け出をせずに自社製品に中国製アセトアミノフェンを混ぜ…
  4. 栃木県真岡市で、給食の白玉団子をのどに詰まらせ、その後、亡くなった小学生の男の子の遺族側が、市に対し…
  5. スマホの大画面化やタブレットの普及で、一般レベルでのPC(パソコン)の存在意義が薄れてきているが、仕…

おすすめ

  1. 山尾志桜里が不倫疑惑で離党!仕事が出来ればセーフ?庇うコメンテーターに失笑

    民進党の山尾志桜里氏は、今月7日発売の週刊文春(9月14日号)で、倉持麟太郎弁護士との不倫疑惑を報じ…
  2. <Windows10>強制アップグレードに消費者庁が動く!もはやウイルス扱い?無償の裏には…

     パソコンの基本ソフト(OS)が、意図せず『Windows 10』にアップグレードしてしまうユーザー…
  3. この演歌が面白い!松尾雄史『メルボルン特急』になぜかニヤッと

     ふと、明け方なんかに、テレビをつけて、テレビ東京やテレビ埼玉にチャンネルを合わすと、演歌のプロモー…
  4. イッテQ温泉同好会の新弟子〖ガンバレルーヤ〗とは何者?ウッチャンはお父さん

    去年からジワジワと人気上昇中の『ガンバレルーヤ』は、かねてから内村光良(ウッチャン)を“東京のお父さ…
  5. アメトーーク!『B’z芸人』放送記念!30周年を機に改めてその凄さを知ろう!

    1988年にデビューした『B'z』は、今年30周年を迎えている。 もちろん、日本のポップカルチャー…
  6. 【平昌五輪】盛り上がってるのに無料チケットばら撒く?隠し切れない関心の低さ

    いよいよ、平昌オリンピック(韓国)が今週に開幕する。 メディアからは、極寒、北朝鮮、デモ、崔順実(…
  7. 打倒!安倍政権?とんでも経済学者【高橋伸彰】の1日100円節約運動が大炎上!

    これまでSNSなどネット上での発言が元となり、炎上、失墜した人は数知れず・・・。そして「つぶやき」が…
  8. FIFA映像の『橘ゆりか』が美女サポーター扱い!元アイドルでFC東京と深い関係

    8月31日、埼玉スタジアムに詰めかけた6万人のサポーターを前に、宿敵のオーストラリアに勝利し、ロシア…
ページ上部へ戻る