【平昌五輪】チケットの販売不振が深刻!寒すぎるメーン会場での対策とは?

平昌(ピョンチャン)オリンピックの開幕まで3カ月を切り、さぞ盛り上がりを見せているであろう韓国。

だが、実情はだいぶ厳しい状況のようで、寒い時期の冬季五輪において、まさに”お寒い”オリンピックとなりそうな気配がしてきた・・・

チケットが売れない!なぜ盛り上がらない?

年明けの2月9日に迫った、韓国の平昌で行われる、冬季オリンピック。

日本では、フィギュアスケートに始まり、女子のスキージャンプや、スピードスケートの好記録にメダルの期待も高まっているが、開催地の韓国では、当初から、国民の感心の低さやスポンサー離れなどがささやかれ、運営に暗い影を落としていた。

それでも、そこは世界的イベント、時期が来れば次第にオリンピックムードが高まり、国民も盛り上がってくれるだろうと楽観視されていたようだが、もう、すでにカウントダウンが始まった状態であるにも関わらず、相変わらずチケットの販売不振、朝鮮半島情勢の緊迫化も伴い、運営に焦りも見え始めた・・・

屋根なし会場では寒さに耐えられない?

当初から、スポンサー不足などで財政的にも厳しいと見られ、またオリンピック後のことを考えても、ウィンタースポーツが盛んではない韓国で、会場となる平昌が賑わうとも思えない。

そうした中、開会式が行われるメーン会場などは仮設となるわけだが、ただでさえ財政難の上、終了後に取り壊される事が決まってる建物にお金は掛けられず、当たり前のように屋根なしの会場が出来上がった。

「当初はドーム型が検討されたが、経費などの問題から屋根のない開放型の構造となった。」

しかし、韓国の2月は極寒である。

そんな、厳しい環境なのに対策が講じられていない会場で何が起きるか・・・早速、今月に行われたイベントで結果は出ている・・・

今月4日、五輪の開・閉会式などが行われるメーン会場「オリンピックプラザ」でK−POPアーティストらによるコンサートが開かれ3万3000人余りが訪れたが、低体温症の患者が6人出てしまった。

当時の気温は3.4度、秒速8メートルの強い風が吹いていた。

出典:Record China

11月でこうだ・・・

気温も3度台で、まだまだ寒さは序の口であったはずだが、風が吹けば体感温度がグッと下がるのは常識だ。

にもかかわらず、屋根なし以前に、風よけ(対策)もされていない会場では、1年でいちばん寒い時期に行われる五輪本番で、どうなるかは誰もが想像がつくはずだ。

同地の地方気象台によると、来年2月の開・閉会式の体感温度はそれぞれ氷点下11.2度、同4.9度と予想されており、コンサートよりもはるかに過酷な状況になることは間違いない。

出典:Record China

当然、このままでは、天候次第で開会式どころではなくなる可能性もあるため、対策が必要となるが、差し迫った本番にやれることは限られ・・・

開・閉幕式の総監督を務めるソン・スンファン氏は、「今から会場に屋根を付けることもできない」として、「観客が立ち上がって反応できるパフォーマンスを準備中」と明らかにした。

観客自ら体を動かして熱を発してもらう、という究極の寒さ対策だ。

出典:Record China

「寒かったら動け!」と・・・

まあ、こんなことではチケットの販売不振も頷けるといったところだ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

【スポンサードリンク】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2018-5-18

    年商10億の通販王〖保阪尚希〗が抱くさらなる野望?イランのガスで5000億の真相

    最近、壮絶な過去など、何かと話題になる保阪尚希さん。 元々は俳優の彼は、一時期テレビから姿を消し、…
【スポンサーリンク】

注目記事

  1. 画像:©MeguEntertainment 『花田優一』といえば、言わずと知れた大横綱『第65代横…
  2. 今年も、師走に入るやあっという間にクリスマス、それを過ぎればバタバタと大晦日で正月を迎えることになる…
  3. 『アムラー』 90年代に青春時代を過ごした女子ならば、誰もが少なからず影響を受けたであろう『安室奈…
  4. 今月、川崎市で、自転車と歩行者(女性)がぶつかり、その女性が死亡する事故があった。 最近、エコやエク…
  5. 出典:ゲキサカ JリーグYBCルヴァンカップ(旧ナビスコカップ)と、南米のコパ・スダメリカーナの、そ…

おすすめ

  1. 『ジャンクSPORTS』復活は、過去の栄光にすがるフジの体質?業界全体の問題も

    出展:フジテレビ 『めちゃイケ』や『とんねるずのみなさんのおかげです。』が、今春で終了することが決…
  2. <麻生太郎>失言?高齢者を軽視?論点をずらして揚げ足取りばかりの呆れたメディア

     先日、麻生太郎(副総理、兼財務大臣)の、高齢者に対する発言が問題とされ、複数のメディアが取り上げた…
  3. テレ朝・田中萌が不倫?爽やかな朝の番組の裏では先輩アナと××な関係

    今年は、世間を騒がせる有名人は後を絶たないが、そのほとんどが「週刊文春」によるスクープだ! そして…
  4. 給食の【白玉団子】喉に詰まらせたら誰のせい?子供には予測できない事故も

    栃木県真岡市で、給食の白玉団子をのどに詰まらせ、その後、亡くなった小学生の男の子の遺族側が、市に対し…
  5. 南海電鉄の車掌アナウンスで外国人差別?テレビの厳しい論調に疑問も

     今月、南海電鉄の「なんば駅」から、関西空港行きの空港特急車内にて、車掌からあるアナウンスがされたと…
  6. 【森友学園】疑惑のままで良い?「巨悪の安倍」妄想が膨らみ籠池擁護に走る野党

    森友学園の問題は、もはや目にするのもウンザリするほど、こすりにこすられた話題だが、ここにきて、籠池宅…
  7. 【Jリーグ】苦境に立つ浦和と広島の共通点!過去5年の明暗、同時に迎えた限界?

    先日、今期『Jリーグ』の前半戦を終えて、降格圏内に沈む『サンフレッチェ広島』(以下、広島)の森保監督…
  8. 【文化財に油】浜離宮のシミはオリーブオイル?また模倣犯か!でも実は・・・

    2015年頃から、寺院などの文化財に油をかけられたようなシミが発見され、騒動になっていることは記憶に…
ページ上部へ戻る