フジテレビ『OUR HOUSE』野島伸司なのに悲惨な低視聴率のなぜ?

 日曜9時というのは、お茶の間にとって週初めに向けてのリラックスタイム。そこへ、再びドラマ枠を復活させて挑んだフジテレビだが、結果は想像以上に厳しいものとなっているようだ

人気子役と野島伸司の脚本頼みという現実

 芦田愛菜とシャーロット・ケイト・フォックスのW主演として現在放送中のフジテレビ系連続ドラマ『OUR HOUSE』。

 初回から、4.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)という低視聴率でのスタートとなったが、裏番組にはTBSの日曜劇場があることもあり、正直、苦戦は予想されていた。

 フジテレビとしても、ドラマ自体が面白ければ、徐々に定着し数字は上がっていくといった、ポジティブな考えもあるようだ。

 さて、その根拠は一体どこにあったのか。

1605-0901-1

 それは、野島伸司である。

 過去、80年代後半から、ドラマ界の最高ブランドとして野島伸司という名前が使われ、言わずと知れた、レジェンドである。

 特にフジテレビは、野島伸司と共に黄金期を築いてきたと言っても過言ではなく、月9を初めとした、ドラマの一時代を作ってきたのだから、信頼は厚いのだろう。

 この『OUR HOUSE』は、その野島伸司が脚本。

 しかも人気子役勢ぞろいのホームドラマともなれば、ある程度、堅い戦略だった・・・はず・・・今までなら。

 もちろん期待もあった。そこは、決して数字が伴わなくとも、野島ドラマなのだから、何か深い物がある、見続けていれば・・・

 だが、90年代、野島伸司にワクワクさせられた世代の期待は大きすぎたようだ。

 第3話で4.0%という低視聴率とたたき出し、早くも打ち切りがささやかれる事態となっている。

過去の古い手法から抜け出せない?

 一言でいえば、話に入り込めない。

 以前なら、病気で妻を亡くし、4人の子を持つ父親が、外国人の再婚相手を連れて突然帰ってくるといった内容なら、”ぶっとんだ”話として、新鮮だったかもしれない。

 しかし、今は90年代ではない。2016年、映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(2015年)が未来に設定したような時代だ。

 現実的な世の中になりつつある現代では、婚約者や家族に全く事情を知らせず、再婚しようとする父親なら単に非常識、もしくはただの馬鹿。

 さらに再婚相手を外国人にしたところも、もはや時代遅れで、ホームドラマでありながら現実味がない。

 父親の職業が、変にオシャレな『サックス奏者』というのも微妙な設定で、急にジャズなんかを奏ではじめるのだから違和感しかない。

1605-0901-3

 そして注目されたのは成長した芦田愛菜の役どころ。母親が居なくなった一家を仕切る口うるさい長女。

 これは『ひとつ屋根の下』の「あんちゃん(江口洋介)」の焼き直しのようだが、それを、今だ子役の域を出ない芦田愛菜にやらせたのは失敗だったように思う。

 とにかくセリフがクドすぎて視聴者にはストレスでしかない。

 脚本はともかく、こういった配役や、演出がチグハグで、長女(芦田)と婚約者(シャーロット)が本気で”いがみ合う”のかと思いきや、一緒に買い物に行っていたりと、もはや感情や関係性さえもハッキリしないのだ。

 野島ドラマ好きが、ひいき目に見ても、制作が悪すぎて「出演者が気の毒」と言える程、今のところ全く内容が頭に入ってこないドラマだ。

最後に無理やり良い所を探してみる

 ○父親(山本耕史)が無駄にサックスが上手い。(おそらく本人が吹いている)

 ○シャーロットがキレイ。(マッサンの時とはだいぶイメージが違うが、やはりキレイな人)

 ○髙山善廣さんの演技。下手だが何となく存在が面白い。(配役の是非はともかく)

1605-0901-2

 ○塚本高史さんがいい味出している。(破天荒な親父として彼が父親役だったら面白かったかも)

 ○子供店長(加藤清史郎)の成長が見れた。

 今後に向けて意味深なシーンもあり、まだ明かされていないこと(野島伸司的な展開)もありそうなので、視聴率の行方と共に注目していきたいと思う。

 この記事は、あくまで、序盤(第4話)までの感想である。

画像出典:©Fuji Television Network, inc.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

【スポンサードリンク】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2018-5-18

    年商10億の通販王〖保阪尚希〗が抱くさらなる野望?イランのガスで5000億の真相

    最近、壮絶な過去など、何かと話題になる保阪尚希さん。 元々は俳優の彼は、一時期テレビから姿を消し、…
【スポンサーリンク】

注目記事

  1.  先日、麻生太郎(副総理、兼財務大臣)の、高齢者に対する発言が問題とされ、複数のメディアが取り上げた…
  2. スマホの大画面化やタブレットの普及で、一般レベルでのPC(パソコン)の存在意義が薄れてきているが、仕…
  3. 和歌山市の大手原薬メーカー「山本化学工業」が、届け出をせずに自社製品に中国製アセトアミノフェンを混ぜ…
  4. 日曜日の夜8時、家族で見るテレビ番組といえば、日本テレビの『世界の果てまでイッテQ!』だ。かつて日曜…
  5. 基本的に「隣国同士は仲が悪い」というのは定説だが、日本と韓国というのは、そういった中でも特に難しい関…

おすすめ

  1. 高価な『水素水』の謎!ニセ科学?よく分からない物を信用する不思議

     スーパーやドラッグストアなどで「水素水、入荷しました」と書いて、水素水コーナーさえ設けている所もあ…
  2. 【ノーベル賞】なぜ韓国は取れない!期待しても受賞どころか候補さえ居ない?

     早いもので、今年も『ノーベル賞』ウィークがやってきた。そして、ノーベル医学生理学賞を、大隅良典(東…
  3. 少子化は中学の部活動をも無くす?東京五輪の後はスポーツ教育の転換期になる

    まず、中学校に入学して、一番の関心事となるのは「部活動」に入ることだろう。 その、これまで当たり前…
  4. 「NHKの桑子アナが消えた?」の話題に反応?和田正人のSNSに登場の勘違い

    『ブラタモリ』のアシスタントで注目を集め、今では『ニュースウオッチ9』のキャスターを務める、NHKの…
  5. 車の屋根から財布が落ちた!拾ったライダーが取った行動は?そしてまさかの○○!

    車での「あるある」として、荷物を積み込んだり、セルフのガソリンスタンドで給油をする時、財布や携帯、ま…
  6. 【都議選】自民大敗は政策以上に国政での信頼低下「心」の問題、民進は論外!

    小池都知事になって初めての都議会選挙が終わった。 ふたを開ければやはり、小池氏が率いる『都民ファース…
  7. <BABYMETAL>ウェンブリー公演!期待のWOWOWにファンは不完全燃焼?

     先月の4月2日、イギリスのウェンブリー・アリーナ(SSEアリーナ・ウェンブリー)でのライブを成功さ…
  8. <東京2020>五輪招致に裏金疑惑!でも逆にないと思ってた人いるの?

     2020年に開催が予定される東京オリンピック・パラリンピック。その招致を巡り、裏金の疑いがあるとフ…
ページ上部へ戻る