ONE OK ROCK(ワンオク)Takaの苦言がファンに波紋!スターに問われる器

ONE OK ROCK(ワン オク ロック)略してワンオクと呼ばれる、日本の新しい世代を代表するロックバンドである。

そのボーカルを務めるのがTaka(タカ)。

彼は森進一、森昌子元夫妻の長男として知られるが、親の名前を借りた、いわゆる二世と呼ばれるタレントなどとは一線を画す、自らロックボーカリストとしての地位を確立した実力派。

そんなTaka率いるワンオクは現在、日本での人気を確立しつつ、海外での活動も積極的に行っている。

日本人のファンに我慢の限界?

Takaが自身の「Instagram」(以下、インスタ)で、日本のファンのマナーに対し苦言を呈したことが波紋を呼んでいる。

彼ら(ワンオク)は、今月、最新アルバムを引っ提げた北米ツアーを行っていて、そのツアーで、これまで積もったある不満が今回のインスタでの書き込みにつながったようだ。

そのTakaの書き込みとは・・・

「このままいったらちょっと我慢の限界を迎えそうだから・・・」と書かれたところから始まっている。

「最近、日本のファンに対して、、ちょっとどう接していいかわからなくなってきちゃった」

だいぶ人気も知名度も上がってきたという実感も沸いてきた今、突然なにを切り出す?

「朝疲れた状態でバスから降りればそこには日本人が携帯片手にまるでポケモンみつけたみたいに動画やら写真やらパシャパシャ撮られて みんな毎日ちょっとシンドイ思いしてます」

有名になればなるほど、それはしょうがない事では・・・

「御飯もゆっくり食べれない。外の空気もろくに吸えない。ライブがはじまれば最前列はいつも同じ景色。。。日本人同士なのにわかってくれないのかなって、、、、」

最前列で見るファンは相当な労力を使っているはず、金銭的にも。そんなファンに「いつも同じ景色」という言葉はキツイ・・・これは頭を殴られるような言葉だろう・・・

「そりゃ、、気持ちはね、、、わかるよ! 楽しいだろうし。近くでみれて嬉しいだろうし」

ホストが女を捨てる時に吐くセリフのようだ・・・

「でもね。俺らも人間だからさ、、、限度ってものがあると思うんだよね。なんのために海外で毎日頑張ってるのかわからなくなっちゃうし、ルールなんか作りたくないからもう少し考えてほしい。。。僕らが海外でライブをする意味を! 普段会えないから会いに行く場所ではないから!」

ファンに自分たちの理想を押し付けられても・・・

「まぁ色々これみて思うことあるかもだけど、僕らはこんな文章を書きたくなるくらい今正直凹んでます」

これくらいで凹むようでは、そもそも世界に出ていくこと自体に無理があるのでは・・・

世界的なスターになればなるほど、ファンではない人間にも追われることになるので、彼らの「我慢の限界」というものが、ものすごく小さなものに思えてならない。

ビッグになるには、それなりの器が必要

Takaの書き込みを少々ツッコミを入れながら振り返ってみたが、彼らは現在も日本以上に人気があって、スタジアムなど数万人規模のライブが出来るところはないわけで、海外志向が強いがためにそういったことの有難さを忘れてしまっているのではないか?

こんなことを主張するより、海外でも日本以上に人気が出れば、現地のファンが最前列を必死で取ってくるようになるだろうし、本来そういった変化を自分たちが起こさなければならないはず。

それを一部の熱狂的なファンに「もう来るな!」「空気を読め!」的な物言いは筋違いのような気がする。

ファンのマナーも問題はあるだろうが、それは海外でも人気が出れば、日本人に限らず悩まされることになるわけで『レディー・ガガ』や『ジャスティン・ビーバー』が日本に来て、ノーガードでプライベートを楽しめるかといったら無理な話なのと一緒だ。

どこへ行っても写真は撮られるだろうし騒ぎになる。

一般人ではないのだから制限されるのを分かったうえで、ボディーガードを付けたり、店を貸し切りにしたりして自衛するものだ。

いちいちファンのマナーにイライラしていたらビッグ(スター)になんかなれない。もっとえげつないパパラッチに追われるような人からすれば「そんな小さい事で何を文句いっているのか」と笑われるだろう。

ファンに生かされている

ワンオクは間違いなく、海外でも認められる実力がある。

これまでの、形だけ「海外でライブをしました」といったようなバンドとは違うからこそ、こんなことを口にするべきではなかった。

少なくとも、自分達に好意的なファンに対しての苦言の呈し方としてはショックを与えるものだし、器が小さいと思われるような安易な書き込みであった。

常々筆者が思うことだが、エンタメの世界というのは、人が生きていくためにどうしても必要な職業ではない。

応援されて(好まれて)成立する世界であり、ファンに生かされている職業。求められているからこそ活動できるのだ。

それは「ファンの選り好みだけは絶対にしてはならない」ということを意味する。

日本以上に海外でも人気を博し、現地の人でライブ会場を埋め尽くしたいのなら、それは自分たち次第であり、これまで支えてきた熱狂的なファンに自制を求めるのはカッコ悪い。

これから日本ツアーも控えているタイミングで、このような残念な話題を振りまいてしまったことは、彼らの本意だったのだろうか・・・

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

【スポンサードリンク】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2018-5-18

    年商10億の通販王〖保阪尚希〗が抱くさらなる野望?イランのガスで5000億の真相

    最近、壮絶な過去など、何かと話題になる保阪尚希さん。 元々は俳優の彼は、一時期テレビから姿を消し、…
【スポンサーリンク】

注目記事

  1. 今や「元SMAP」という肩書となった『香取慎吾』『草彅 剛』『稲垣吾郎』。 3人は、ジャニーズ事務…
  2.  元ファンキーモンキーベイビーズで、歌手のファンキー加藤(37)が不倫?また今年のトレンドに乗って現…
  3. 日曜日の夜8時、家族で見るテレビ番組といえば、日本テレビの『世界の果てまでイッテQ!』だ。かつて日曜…
  4.  平凡?カッコ悪い?書きずらい?下の名前なら、両親の思いや、その時代の流行りみたいなものが含まれてい…
  5. 8月31日、埼玉スタジアムに詰めかけた6万人のサポーターを前に、宿敵のオーストラリアに勝利し、ロシア…

おすすめ

  1. 【東京五輪】カヌー会場が突然「長沼ボート場」に?選手のモチベーションが心配

     2020年の東京オリンピックまで、あと4年を切った。リオが無事に終わり、世界中のアスリートの気持ち…
  2. 本当に靴職人!?花田優一の止まらない二世タレント化(笑)俳優にも興味?

    画像:©MeguEntertainment 『花田優一』といえば、言わずと知れた大横綱『第65代横…
  3. 安室奈美恵の引退発表がアムロ世代に与えた衝撃!時代の終わり?40歳の戸惑い

    『アムラー』 90年代に青春時代を過ごした女子ならば、誰もが少なからず影響を受けたであろう『安室奈…
  4. 【森友学園】疑惑のままで良い?「巨悪の安倍」妄想が膨らみ籠池擁護に走る野党

    森友学園の問題は、もはや目にするのもウンザリするほど、こすりにこすられた話題だが、ここにきて、籠池宅…
  5. 大迷惑!バイオラバー【山本化学工業】原薬メーカーの不正に「間違えないで!」

    和歌山市の大手原薬メーカー「山本化学工業」が、届け出をせずに自社製品に中国製アセトアミノフェンを混ぜ…
  6. 【浦和レッズvsシャペコエンセ】後味の悪さをサポーターが救った感動の光景!

    出典:ゲキサカ JリーグYBCルヴァンカップ(旧ナビスコカップ)と、南米のコパ・スダメリカーナの、そ…
  7. 不可避の交通事故でも容疑者として実名報道?の是非

     今月6日、東京・国分寺市で、生後7か月の赤ちゃんをおんぶし、自転車に乗っていた女性が乗用車と接触し…
  8. イッテQで「草刈さ~ん」連呼のイモトが草刈正雄を好きな理由!まさかの共演?

    出典:お笑いナタリー 今年10周年を迎えたバラエティ番組『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ)…
ページ上部へ戻る