【東京五輪】カヌー会場が突然「長沼ボート場」に?選手のモチベーションが心配

 2020年の東京オリンピックまで、あと4年を切った。リオが無事に終わり、世界中のアスリートの気持ちが「東京」に向かっている。そんな中、競技施設の建設費用が、当初の見積もりを大幅に越えてしまっていることが問題となり、現在、カヌー、バレーボール、水泳の施設が、見直しの議論となっている。

特に、この3つの協議の中でも、気の毒に感じるのが、ボート競技といえるだろう。

選手の気持ちを考えると、あまりにも軽い選考

 4年に一度のオリンピック。それも、普段はあまり注目されるようなことのないマイナー競技の選手からすれば、一世一代の大舞台ともいえる大会だ。そして次の大会は、大都市である華やかな「東京」ということになれば、世界中の選手のモチベーションは、さらに上がるだろう。もちろん、日本人選手からすれば、自分が現役でいる間に、母国でオリンピックが開かれるという、いわば奇跡のような巡りあわせでもある。

 それが、突然、自分たちの競技会場が、東京とはかけ離れた宮城ということになれば、どうだろう。選手たちの複雑な気持ちは察するに余りある。

 「ボート競技が軽く見られているのか?」

 その競技に人生をかけて戦っている選手からすれば、こんなショックなことはないはずだ。

1610-13-03

長沼ボート場が有力?本当に「それでいいのか東京五輪!」

 「長沼ボート場」所在地は宮城県。日本人なら、東京からの距離感はだいたい分かるだろうが、外国人にその会場となる場所をリアルに伝えれば驚くだろう。

 「俺たちは、東京オリンピックを目指しているのではないのか?」

 東京から、およそ320km。日本には新幹線という素晴らしい移動手段はあるが、それでも最寄り駅まで約2時間。そこからバスで30分。これはあくまで、なんのロスもなくスムーズに移動できた場合の時間だが、乗り継ぎや渋滞などを考慮すれば、3時間以上はかかると思っていいだろう。

 そんな場所なら、ボート選手が東京オリンピックの「蚊帳の外に置かれた」という感覚になってもおかしくはない。

 しかし、今回の見直しの議論に長沼が候補に挙がったことで、ノリノリなのが宮城県知事だ。当然、会場の周辺はのどかな田舎町。選手の宿泊も心配されるところだが、知事によれば名案があるらしく、震災時に使用した仮設住宅を使いたいという。

 確かに合理的だとは思う。これが、通常のボート大会なら・・・
 「4年に1度の、あの華やかなオリンピックですぜ旦那~」

 多少、リノベーションもされるのだろうが、娯楽施設や、ありとあらゆる飲食施設を完備する、東京の選手村から見れば、ド田舎のコンテナのような仮設住宅が、いくらかキレイにされたとしても選手のモチベーションは上がるだろうか?

 バックパッカーなら十分だろうが、彼らは一流のアスリート、4年の準備を経て、最高のパフォーマンスをするために日本にやってくるのだ。

 仮設住宅は、あくまで緊急避難的に使用され、もちろん役には立ったし、無くてはならない物だった。だが、被災者がそこで満足をし、快適だったとは言えないだろう。それも、季節によっては我慢を強いられることもあったはず。

 それも、オリンピックは真夏に行われる。本当に選手のことを思うなら、仮設住宅が、本当に「おもてなし」を謳ったオリンピックに相応しいのか、もう一度、考える必要がある。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

【スポンサードリンク】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2018-5-18

    年商10億の通販王〖保阪尚希〗が抱くさらなる野望?イランのガスで5000億の真相

    最近、壮絶な過去など、何かと話題になる保阪尚希さん。 元々は俳優の彼は、一時期テレビから姿を消し、…
【スポンサーリンク】

注目記事

  1. 栃木県真岡市で、給食の白玉団子をのどに詰まらせ、その後、亡くなった小学生の男の子の遺族側が、市に対し…
  2. 週刊ビッグコミックスピリッツで連載中の、眉月じゅんによる漫画『恋は雨上がりのように』を、小松菜奈、大…
  3. 平昌(ピョンチャン)オリンピックの開幕まで3カ月を切り、さぞ盛り上がりを見せているであろう韓国。 だ…
  4.  先日、安倍晋三首相の所信表明演説中に、自民党議員らが立ち上がって拍手した事を問題視した野党が、27…
  5. 去年からジワジワと人気上昇中の『ガンバレルーヤ』は、かねてから内村光良(ウッチャン)を“東京のお父さ…

おすすめ

  1. ただ歩くだけでは運動にならず?効果的なウォーキングを始めよう!

    体のあらゆる変化により、運動不足を痛感させられることは現代人にとってのよくある話。 しかし、これま…
  2. 給食の【白玉団子】喉に詰まらせたら誰のせい?子供には予測できない事故も

    栃木県真岡市で、給食の白玉団子をのどに詰まらせ、その後、亡くなった小学生の男の子の遺族側が、市に対し…
  3. オヤジはキュン死?映画『恋は雨上がりのように』小松菜奈が28歳差の大泉洋に恋

    週刊ビッグコミックスピリッツで連載中の、眉月じゅんによる漫画『恋は雨上がりのように』を、小松菜奈、大…
  4. 『香取慎吾』趣味のファッションはハイブランドばかり?無神経さが今後に影響か

    今や「元SMAP」という肩書となった『香取慎吾』『草彅 剛』『稲垣吾郎』。 3人は、ジャニーズ事務…
  5. 打倒!安倍政権?とんでも経済学者【高橋伸彰】の1日100円節約運動が大炎上!

    これまでSNSなどネット上での発言が元となり、炎上、失墜した人は数知れず・・・。そして「つぶやき」が…
  6. 不可避の交通事故でも容疑者として実名報道?の是非

     今月6日、東京・国分寺市で、生後7か月の赤ちゃんをおんぶし、自転車に乗っていた女性が乗用車と接触し…
  7. メルカリの躍進で考えるヤフオクとの使い分け!個人売買とリサイクルショップ

    『メルカリ(mercari)』とは、いわゆるフリマアプリと呼ばれる、個人間で簡単に「売ったり買ったり…
  8. 本当に靴職人!?花田優一の止まらない二世タレント化(笑)俳優にも興味?

    画像:©MeguEntertainment 『花田優一』といえば、言わずと知れた大横綱『第65代横…
ページ上部へ戻る