<東京2020>五輪招致に裏金疑惑!でも逆にないと思ってた人いるの?

 2020年に開催が予定される東京オリンピック・パラリンピック。その招致を巡り、裏金の疑いがあるとフランス検察当局が捜査に動いているという。

1605-13-01

 IOC(国際オリンピック委員会)、FIFA(国際サッカー連盟)なんかは、もはや誰もクリーンだなんて思ってないですよ。

2020年に予定される東京オリンピックの開催をめぐり、招致委員会側が国際陸上競技連盟(IAAF)のラミン・ディアク前会長の息子が関係する口座に「7ケタ」の金額を支払ったとされる報道について、国際オリンピック委員会(IOC)はコメントを拒否している。

出典:BBC NEWS JAPAN

 そりゃ~あんな競わせるような招致活動をさせたら、最後は「金」しかないというのは、周知の事実だと思いますが。

【スポンサーリンク】
[adsense01]

ディアク氏は1999年から13年までIOC委員も兼ねており、招致決定当時は開催都市を決める投票権を持っていた。

出典:毎日新聞

ディアク前会長はすでにフランス当局に捜査されていた。ロシア陸連によるドーピングを見逃して賄賂を受け取っていたとされ、汚職と資金洗浄の疑いで昨年逮捕された。IAAFのマーケティング・コンサルタントとして父親に雇われた息子のパパ・マサタ・ディアク容疑者も捜査線上に上り、インターポール(国際刑事警察機構)が指名手配している。

出典:BBC NEWS JAPAN

 結局、東京が2016年の招致に失敗した時の教訓て、こういう「金」の事だという認識が、暗黙の了解であったと思うのだが・・・

 IOCは五輪招致をめぐり1999年ソルトレークシティ大会で組織的な汚職の構造が明るみになって以来、規則を全面的に見直し、信頼を回復していた。

 今年2月にはWADA独立委委員長のパウンド元WADA会長(IOC委員、同副会長も歴任)が、IOCに組織的な汚職はないと「ほぼ確信」していると表明。しかしフランス検察はそのわずか1カ月後に、2016年大会と2020年大会の招致手続をめぐり捜査に着手した。

出典:BBC NEWS JAPAN

 ひたすら、IOC委員のご機嫌を取らなければならない招致活動の気持ち悪さは、分かっていても誰も逆らえない、オリンピックをやりたかったら従うしかないという異様な権力組織がIOC。

 それこそ、口座間でのやり取りではない、いわゆる「袖の下」なんかも腐るほどあると考えるのが普通でしょうね。

1605-13-02

 招致活動の時なんかは、IOC委員が立候補の都市を順番に回って視察するのだが、その時には各都市に大接待を受けるのだから、委員の中には王様にでもなったかのような勘違いをしてしまう人もいるだろう。

 ハッキリ言って、これほどの利権が絡む世界でお金にクリーンなんてありえない話。本気で無くしたかったら「くじ引き」にでもするしかない。

 このニュースには、東京はオリンピックを返上すべきだという意見も散見されるが、もしそうなったら、オリンピック自体の意義も疑問視され、存続出来なくなる可能性もある。

 差し迫った、2016年リオオリンピックも、かなりゴタゴタしているようだが、なぜ、たかが2週間のスポーツ大会に、これほど人々は振り回されるのか。

 だが、金にまみれて肥大化したオリンピックに、どこかでストップをかけなければ、世界中の興味は薄れていくだろう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2019-2-1

    【B’z】サポメン変更で傷つくブラザー(2)すれ違いはなぜ起こった?その先へ

    まさに晴天の霹靂とはこういうことか。もはやB'zが2組であることさえ忘れてしまうかのような、バンドと…
【スポンサーリンク】

注目記事

  1. 平昌(ピョンチャン)オリンピックの開幕まで3カ月を切り、さぞ盛り上がりを見せているであろう韓国。 だ…
  2. ONE OK ROCK(ワン オク ロック)略してワンオクと呼ばれる、日本の新しい世代を代表するロッ…
  3. 『メルカリ(mercari)』とは、いわゆるフリマアプリと呼ばれる、個人間で簡単に「売ったり買ったり…
  4. 今年は、世間を騒がせる有名人は後を絶たないが、そのほとんどが「週刊文春」によるスクープだ! そして…
  5. 昨年30周年を向かえた『B'z』。9月22日の味の素スタジアムで<B'z LIVE-GYM Plea…

おすすめ

  1. 【衆院選2017】民進党が再結集?まやかしの野党再編!選挙後は希望から絶望へ?

    今月22日に投開票がされる衆院選も、各党、本格的な選挙モードに突入しているが、今回の選挙で特に注目さ…
  2. ONE OK ROCK(ワンオク)Takaの苦言がファンに波紋!スターに問われる器

    ONE OK ROCK(ワン オク ロック)略してワンオクと呼ばれる、日本の新しい世代を代表するロッ…
  3. 【NHK紅白】ウッチャン奮闘も視聴率は時代の流れに逆らえず?全世代型の限界

    2018年の三が日に早くも昨年末のテレビ番組の視聴率が発表されたが、取り分け注目されるのは、NHKの…
  4. 年商10億の通販王〖保阪尚希〗が抱くさらなる野望?イランのガスで5000億の真相

    最近、壮絶な過去など、何かと話題になる保阪尚希さん。 元々は俳優の彼は、一時期テレビから姿を消し、…
  5. こんなの欲しかった?「Amazon Dash Button」の目の付け所がスマート!

    日頃愛用している日用品が残り少なくなってくると「買っておかなくちゃな~」とか、思っていても、ついつい…
  6. これぞ『コボちゃん』最近の秀逸ネタ!このセンス、視点がやっぱり凄い!

    『読売新聞』で、1982年4月1日から連載が開始され、35年以上、連載数1万2千回を軽く超える、もは…
  7. 浦和レッズが悪い!開き直る韓国に世界が呆れる?済州の暴挙に乱闘の詳細、真実

    先月31日、アジアチャンピオンズリーグ(ACL)決勝トーナメントのラウンド16、『浦和レッズvs.済…
  8. 安部首相の演説に起立、拍手が悪い?批判する民進(旧民主)も政権時代に・・・

     先日、安倍晋三首相の所信表明演説中に、自民党議員らが立ち上がって拍手した事を問題視した野党が、27…
ページ上部へ戻る