にゃんこスターの何が面白いの?時代とズレた老害が居座る新陳代謝なき芸能界

先日、コント日本一を決めるTBS『キングオブコント2017』で準優勝し、新世代の笑いを見せた『にゃんこスター』

その後、男女コンビで気になるお互いの関係に関し「恋人同士」であると打ち明けたことで、何かと注目を集める存在となっている。

フジテレビ『バイキング』内では、そんな彼らの話題となり、その独特のネタに出演者からは少々厳しい意見が・・・

笑いの新星?にゃんこスターとは?

『にゃんこスター』は、スーパー3助(34歳)とアンゴラ村長(23歳)の男女2人組。

3助と相方のアンゴラは、それぞれピンで活動中の今年5月にコンビを結成。

元々3助の芸風が好きだったアンゴラが、同じお笑いライブに出演した時に告白、その後、交際が始まったのとほぼ同時にコンビを結成した。

それが今年の5月だという。

それから、半年足らずで『キングオブコント』で準優勝、その独特のネタは、これまでのセオリーを打ち破る、超新星とされ注目の的になり、知名度も一気に上げることとなった。

芸能界の高齢化を象徴していた『バイキング』の絵面

芸歴15年のスーパー3助と、大学卒業後、ベンチャー企業に努めながら芸人をしているアンゴラ村長という、まさに異質のコンビの登場に、お笑い界をザワつかせているが、一様に芸人の間では評価する声が多い。

『キングオブコント』から交際の発表など、ワイドショー的にも注目されているようだが、そんな彼らをフジテレビの『バイキング』でも取り上げている。

メインMCを務める坂上忍は『にゃんこスター』について

「ダウンタウンの松本さんもほめてらっしゃいました。正直、にゃんこスターはよくわかりません、面白さが…あれ見た時、何が面白いの?と思った」

彼らが「ウケて」いたことに首をかしげていた。

一方、優勝した『かまいたち』については

「かまいたちは役者が見ても、間合いとかスゴイなと思った。ただ、別の見方をすると、テレビにはまっちゃうのはにゃんこスターなのかなと思っちゃった。他の人たちの色と全然違ったのはわかる」

確かに、優勝した『かまいたち』も評価すべきなので、こういったコメントは良いとは思うが、『にゃんこスター』に関しては、坂上を初め、山本譲二、薬丸裕英も「何が面白いの?」的な空気を出しているのが気になった。

お笑いの同業者として話を振られた『フットボールアワー』の2人は

「難しいことはしていないが、単純に笑ってしまった」

と、彼らの型破りなスタイルに「驚いた」としつつも、評価をしていた。

また、坂上の「こんな素人みたいなコンビがいきなり売れたら、他の芸人はやってられないんじゃない?」との問いにも

「これまで蓄積はさておき、あの時「ウケた」のは彼らなので、それはしょうがない」

と、真っ当な意見を述べていた。

結局、年齢を重ねていくと、だんだんと新しいもの、自分たちの感覚にないものを拒否(認めない)という、いわゆる「時代とのずれ」が生じることがある。

この日『バイキング』のスタジオにいた出演者は、芸能レポーター(ジジイ感に引いた)を初め、ほとんどが50歳オーバー、山本譲二に関しては67歳と、スタジオに若々しさは皆無。

「正直、俺と吉幾三にやらせたほうが面白い」

と、言い放った山本譲二だが、やれるもんならやってみたらいい。

逆に、演歌界に新星が現れて、全く畑違いの人が「あれなら俺が歌った方が上手い」と言われたらどう思うのだろうと・・・

にゃんこスターが「面白いのか、面白くないのか」という感覚の違いはさておき、芸能界で何か新しい風(者)が出てくる度に、こういった無駄に芸歴だけが長くて、偉そうに居座っている人たちが「あーだこーだ」と言う絵面というのは、本当に不快でしかない。

こういったテレビの絵面を見ていると、本当に芸能界(村)の閉鎖的な部分と、高齢化という側面を肌で感じる。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

【スポンサードリンク】

関連記事

コメント

    • 匿名
    • 2017年 10月 20日

    年齢を重ねたから面白く感じないのだ。という意見は違うと思いました。年齢は関係ない。
    それに、あなたのおっしゃる「若々しい」層が視聴しているYouTubeではにゃんこスターの評判最悪ですよ。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2018-2-19

    「NHKの桑子アナが消えた?」の話題に反応?和田正人のSNSに登場の勘違い

    『ブラタモリ』のアシスタントで注目を集め、今では『ニュースウオッチ9』のキャスターを務める、NHKの…
【スポンサーリンク】

注目記事

  1. 今月、民進党の新たな代表となった前原誠司氏(55)に、またもや不可解な疑惑が持ち上がった。 先日、幹…
  2. 日産自動車に続き、SUBARU(スバル)でも、無資格検査が発覚し、マスコミは日本の製造業の信頼低下を…
  3. 出典:MY Promotion Inc. 『高橋一生』という俳優をご存じだろうか。少し前なら、名前…
  4. 連日、ワイドショーや情報番組で取り上げられすぎて「とっちらけ」となってしまってたこの『森友学園』の問…
  5. これまでSNSなどネット上での発言が元となり、炎上、失墜した人は数知れず・・・。そして「つぶやき」が…

おすすめ

  1. 「NHKの桑子アナが消えた?」の話題に反応?和田正人のSNSに登場の勘違い

    『ブラタモリ』のアシスタントで注目を集め、今では『ニュースウオッチ9』のキャスターを務める、NHKの…
  2. 『香取慎吾』趣味のファッションはハイブランドばかり?無神経さが今後に影響か

    今や「元SMAP」という肩書となった『香取慎吾』『草彅 剛』『稲垣吾郎』。 3人は、ジャニーズ事務…
  3. 話題の【黒にんにく】気になる臭いと味をチェック!肝心の効果は?

    ニンニクが、滋養強壮に良いとか健康効果のある食材だということは皆が知るところだろう。だが、普段は料理…
  4. これを聞いて夏を乗り切れ!B’zの爽快「夏うた」10選(後編)

     前回は、まず5曲を紹介しましたが、「B'zはシングル曲くらいしか知らない」という人や、それこそ「U…
  5. 山尾志桜里が不倫疑惑で離党!仕事が出来ればセーフ?庇うコメンテーターに失笑

    民進党の山尾志桜里氏は、今月7日発売の週刊文春(9月14日号)で、倉持麟太郎弁護士との不倫疑惑を報じ…
  6. そろそろ大人の塗り絵でも始めません?そうだ!色鉛筆を選ぼう

     子供の頃、誰もが遊んだことのある塗り絵が、今は大人も楽しめると話題になって久しいが、改めて精神的に…
  7. 嫌がらせも?泰明小学校『アルマーニ』は子供たちの足を引っ張る大人の自己満足

    東京都中央区にある、都立『泰明小学校』 この単なる、いち公立小学校が、新たに導入する制服(アルマー…
  8. 【加計問題】痴漢冤罪と同じ?「そんなはずはない!」と決めつける報道の危うさ

    「疑われてしまったら、疑惑を晴らすことはほぼ不可能」 痴漢犯罪は元より、そこと表裏一体となって社会問…
ページ上部へ戻る