にゃんこスターの何が面白いの?時代とズレた老害が居座る新陳代謝なき芸能界

先日、コント日本一を決めるTBS『キングオブコント2017』で準優勝し、新世代の笑いを見せた『にゃんこスター』

その後、男女コンビで気になるお互いの関係に関し「恋人同士」であると打ち明けたことで、何かと注目を集める存在となっている。

フジテレビ『バイキング』内では、そんな彼らの話題となり、その独特のネタに出演者からは少々厳しい意見が・・・

笑いの新星?にゃんこスターとは?

『にゃんこスター』は、スーパー3助(34歳)とアンゴラ村長(23歳)の男女2人組。

3助と相方のアンゴラは、それぞれピンで活動中の今年5月にコンビを結成。

元々3助の芸風が好きだったアンゴラが、同じお笑いライブに出演した時に告白、その後、交際が始まったのとほぼ同時にコンビを結成した。

それが今年の5月だという。

それから、半年足らずで『キングオブコント』で準優勝、その独特のネタは、これまでのセオリーを打ち破る、超新星とされ注目の的になり、知名度も一気に上げることとなった。

芸能界の高齢化を象徴していた『バイキング』の絵面

芸歴15年のスーパー3助と、大学卒業後、ベンチャー企業に努めながら芸人をしているアンゴラ村長という、まさに異質のコンビの登場に、お笑い界をザワつかせているが、一様に芸人の間では評価する声が多い。

『キングオブコント』から交際の発表など、ワイドショー的にも注目されているようだが、そんな彼らをフジテレビの『バイキング』でも取り上げている。

メインMCを務める坂上忍は『にゃんこスター』について

「ダウンタウンの松本さんもほめてらっしゃいました。正直、にゃんこスターはよくわかりません、面白さが…あれ見た時、何が面白いの?と思った」

彼らが「ウケて」いたことに首をかしげていた。

一方、優勝した『かまいたち』については

「かまいたちは役者が見ても、間合いとかスゴイなと思った。ただ、別の見方をすると、テレビにはまっちゃうのはにゃんこスターなのかなと思っちゃった。他の人たちの色と全然違ったのはわかる」

確かに、優勝した『かまいたち』も評価すべきなので、こういったコメントは良いとは思うが、『にゃんこスター』に関しては、坂上を初め、山本譲二、薬丸裕英も「何が面白いの?」的な空気を出しているのが気になった。

お笑いの同業者として話を振られた『フットボールアワー』の2人は

「難しいことはしていないが、単純に笑ってしまった」

と、彼らの型破りなスタイルに「驚いた」としつつも、評価をしていた。

また、坂上の「こんな素人みたいなコンビがいきなり売れたら、他の芸人はやってられないんじゃない?」との問いにも

「これまで蓄積はさておき、あの時「ウケた」のは彼らなので、それはしょうがない」

と、真っ当な意見を述べていた。

結局、年齢を重ねていくと、だんだんと新しいもの、自分たちの感覚にないものを拒否(認めない)という、いわゆる「時代とのずれ」が生じることがある。

この日『バイキング』のスタジオにいた出演者は、芸能レポーター(ジジイ感に引いた)を初め、ほとんどが50歳オーバー、山本譲二に関しては67歳と、スタジオに若々しさは皆無。

「正直、俺と吉幾三にやらせたほうが面白い」

と、言い放った山本譲二だが、やれるもんならやってみたらいい。

逆に、演歌界に新星が現れて、全く畑違いの人が「あれなら俺が歌った方が上手い」と言われたらどう思うのだろうと・・・

にゃんこスターが「面白いのか、面白くないのか」という感覚の違いはさておき、芸能界で何か新しい風(者)が出てくる度に、こういった無駄に芸歴だけが長くて、偉そうに居座っている人たちが「あーだこーだ」と言う絵面というのは、本当に不快でしかない。

こういったテレビの絵面を見ていると、本当に芸能界(村)の閉鎖的な部分と、高齢化という側面を肌で感じる。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

【スポンサードリンク】

関連記事

コメント

    • 匿名
    • 2017年 10月 20日

    年齢を重ねたから面白く感じないのだ。という意見は違うと思いました。年齢は関係ない。
    それに、あなたのおっしゃる「若々しい」層が視聴しているYouTubeではにゃんこスターの評判最悪ですよ。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2018-5-18

    年商10億の通販王〖保阪尚希〗が抱くさらなる野望?イランのガスで5000億の真相

    最近、壮絶な過去など、何かと話題になる保阪尚希さん。 元々は俳優の彼は、一時期テレビから姿を消し、…
【スポンサーリンク】

注目記事

  1. まず、中学校に入学して、一番の関心事となるのは「部活動」に入ることだろう。 その、これまで当たり前…
  2. 出典:MY Promotion Inc. 『高橋一生』という俳優をご存じだろうか。少し前なら、名前…
  3.  元『モーニング娘。』のメンバーでタレントの石黒彩(38)が、テレビ東京「ヨソで言わんとい亭~ココだ…
  4. 年末年始の「食っちゃ寝」生活で、正月ボケを引きずっている人も多いのではないだろうか。 そして、何か…
  5. 基本的に「隣国同士は仲が悪い」というのは定説だが、日本と韓国というのは、そういった中でも特に難しい関…

おすすめ

  1. 【鹿島】ACL敗退で監督解任!昨季2冠も不安定?タイトルに隠された選手の不満

    出典:鹿島アントラーズオフィシャル 今年、ACLの予選をグループ1位で突破した鹿島アントラーズ。ベス…
  2. 賞味期限は過ぎた?『松坂大輔』が最低年俸で中日へ!復活への期待も厳しい現実

    高校時代から「平成の怪物」と呼ばれた『松坂大輔(投手)』卒業後に西武ライオンズに入団すると、高卒1年…
  3. そろそろ大人の塗り絵でも始めません?そうだ!色鉛筆を選ぼう

     子供の頃、誰もが遊んだことのある塗り絵が、今は大人も楽しめると話題になって久しいが、改めて精神的に…
  4. 少子化は中学の部活動をも無くす?東京五輪の後はスポーツ教育の転換期になる

    まず、中学校に入学して、一番の関心事となるのは「部活動」に入ることだろう。 その、これまで当たり前…
  5. 【ノーベル賞】なぜ韓国は取れない!期待しても受賞どころか候補さえ居ない?

     早いもので、今年も『ノーベル賞』ウィークがやってきた。そして、ノーベル医学生理学賞を、大隅良典(東…
  6. 大迷惑!バイオラバー【山本化学工業】原薬メーカーの不正に「間違えないで!」

    和歌山市の大手原薬メーカー「山本化学工業」が、届け出をせずに自社製品に中国製アセトアミノフェンを混ぜ…
  7. この演歌が面白い!松尾雄史『メルボルン特急』になぜかニヤッと

     ふと、明け方なんかに、テレビをつけて、テレビ東京やテレビ埼玉にチャンネルを合わすと、演歌のプロモー…
  8. テレビの嘘『キリトルTV』読唇術で本人確認もせず放送?ダルの指摘に番組終了か

    テレビ朝日系「ゴン中山&ザキヤマのキリトルTV」という番組が不定期に放送されているが、今月5日に放送…
ページ上部へ戻る