にゃんこスターの何が面白いの?時代とズレた老害が居座る新陳代謝なき芸能界

先日、コント日本一を決めるTBS『キングオブコント2017』で準優勝し、新世代の笑いを見せた『にゃんこスター』

その後、男女コンビで気になるお互いの関係に関し「恋人同士」であると打ち明けたことで、何かと注目を集める存在となっている。

フジテレビ『バイキング』内では、そんな彼らの話題となり、その独特のネタに出演者からは少々厳しい意見が・・・

笑いの新星?にゃんこスターとは?

『にゃんこスター』は、スーパー3助(34歳)とアンゴラ村長(23歳)の男女2人組。

3助と相方のアンゴラは、それぞれピンで活動中の今年5月にコンビを結成。

元々3助の芸風が好きだったアンゴラが、同じお笑いライブに出演した時に告白、その後、交際が始まったのとほぼ同時にコンビを結成した。

それが今年の5月だという。

それから、半年足らずで『キングオブコント』で準優勝、その独特のネタは、これまでのセオリーを打ち破る、超新星とされ注目の的になり、知名度も一気に上げることとなった。

芸能界の高齢化を象徴していた『バイキング』の絵面

芸歴15年のスーパー3助と、大学卒業後、ベンチャー企業に努めながら芸人をしているアンゴラ村長という、まさに異質のコンビの登場に、お笑い界をザワつかせているが、一様に芸人の間では評価する声が多い。

『キングオブコント』から交際の発表など、ワイドショー的にも注目されているようだが、そんな彼らをフジテレビの『バイキング』でも取り上げている。

メインMCを務める坂上忍は『にゃんこスター』について

「ダウンタウンの松本さんもほめてらっしゃいました。正直、にゃんこスターはよくわかりません、面白さが…あれ見た時、何が面白いの?と思った」

彼らが「ウケて」いたことに首をかしげていた。

一方、優勝した『かまいたち』については

「かまいたちは役者が見ても、間合いとかスゴイなと思った。ただ、別の見方をすると、テレビにはまっちゃうのはにゃんこスターなのかなと思っちゃった。他の人たちの色と全然違ったのはわかる」

確かに、優勝した『かまいたち』も評価すべきなので、こういったコメントは良いとは思うが、『にゃんこスター』に関しては、坂上を初め、山本譲二、薬丸裕英も「何が面白いの?」的な空気を出しているのが気になった。

お笑いの同業者として話を振られた『フットボールアワー』の2人は

「難しいことはしていないが、単純に笑ってしまった」

と、彼らの型破りなスタイルに「驚いた」としつつも、評価をしていた。

また、坂上の「こんな素人みたいなコンビがいきなり売れたら、他の芸人はやってられないんじゃない?」との問いにも

「これまで蓄積はさておき、あの時「ウケた」のは彼らなので、それはしょうがない」

と、真っ当な意見を述べていた。

結局、年齢を重ねていくと、だんだんと新しいもの、自分たちの感覚にないものを拒否(認めない)という、いわゆる「時代とのずれ」が生じることがある。

この日『バイキング』のスタジオにいた出演者は、芸能レポーター(ジジイ感に引いた)を初め、ほとんどが50歳オーバー、山本譲二に関しては67歳と、スタジオに若々しさは皆無。

「正直、俺と吉幾三にやらせたほうが面白い」

と、言い放った山本譲二だが、やれるもんならやってみたらいい。

逆に、演歌界に新星が現れて、全く畑違いの人が「あれなら俺が歌った方が上手い」と言われたらどう思うのだろうと・・・

にゃんこスターが「面白いのか、面白くないのか」という感覚の違いはさておき、芸能界で何か新しい風(者)が出てくる度に、こういった無駄に芸歴だけが長くて、偉そうに居座っている人たちが「あーだこーだ」と言う絵面というのは、本当に不快でしかない。

こういったテレビの絵面を見ていると、本当に芸能界(村)の閉鎖的な部分と、高齢化という側面を肌で感じる。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

【スポンサードリンク】

関連記事

コメント

    • 匿名
    • 2017年 10月 20日

    年齢を重ねたから面白く感じないのだ。という意見は違うと思いました。年齢は関係ない。
    それに、あなたのおっしゃる「若々しい」層が視聴しているYouTubeではにゃんこスターの評判最悪ですよ。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2018-5-18

    年商10億の通販王〖保阪尚希〗が抱くさらなる野望?イランのガスで5000億の真相

    最近、壮絶な過去など、何かと話題になる保阪尚希さん。 元々は俳優の彼は、一時期テレビから姿を消し、…
【スポンサーリンク】

注目記事

  1.  今月6日、東京・国分寺市で、生後7か月の赤ちゃんをおんぶし、自転車に乗っていた女性が乗用車と接触し…
  2. 時代は「携帯=スマートフォン(スマホ)」というのが、世の中の標準となって久しい。 従来の携帯電話は…
  3. 現在、平昌オリンピックの真っ只中だが、始まる前からメディアに取り上げられるのは、北朝鮮絡みのキナ臭い…
  4. 突然、SNSのトレンドに『朝日奈央』という名前が!! アイドルに疎いながらも、かつて『アイドリング…
  5. 今や「元SMAP」という肩書となった『香取慎吾』『草彅 剛』『稲垣吾郎』。 3人は、ジャニーズ事務…

おすすめ

  1. 希望の党が第二民進党化?有権者無視で得意の揉め事!人のせい?呆れた小池批判

    やっぱりと言うべきか、先の衆院選で惨敗を喫した『希望の党』でゴタゴタが始まった。 代表の小池百合子…
  2. 極寒に強風〖平昌五輪〗悪天候に選手も嘆き?深夜に観客もまばら?運営に疑問も

    現在、平昌オリンピックの真っ只中だが、始まる前からメディアに取り上げられるのは、北朝鮮絡みのキナ臭い…
  3. 森友、加計で安倍自民叩きに狂ったテレビ!報道の劣化にワイドショーの世論誘導

    2012年の12月に、第2次安倍政権が発足してから早4年半、小泉政権以来の長期政権となっている。 民…
  4. 【イッテQ】海外で安室引退を知る!その時イモトは?大号泣の末に怒らせたネコ

    安室奈美恵の引退報道後、芸能界の安室ファンを公言する人たちからも惜しむ声が聞かれたが、その中でも、特…
  5. 【衆院選2017】政権交代?矛盾を抱える『希望の党』ド素人の若狭氏に感じる不安

    出典:朝日新聞社 先月、衆議院解散となり、野党のドタバタ再編劇が繰り広げられているが、そのキッカケを…
  6. 【サッカー日本代表】魂だけの問題?惨敗に韓国より弱いと自負するハリルの迷走

    サッカーの東アジアE-1選手権(日本、韓国、中国、北朝鮮)が日本で開催されたが、その最終戦、引き分け…
  7. 本当に靴職人!?花田優一の止まらない二世タレント化(笑)俳優にも興味?

    画像:©MeguEntertainment 『花田優一』といえば、言わずと知れた大横綱『第65代横…
  8. 【韓国】慰安婦像が大量発生中!もう慰霊の意味などない?度を過ぎた嫌がらせか

    出典:産経新聞 今年の夏も横浜では『ピカチュウ大量発生チュウ』という、みなとみらい地区を中心に、街中…
ページ上部へ戻る