ドンキが「19800円」の爆安ノートPCを発売!気になるコスパも性能はそれなり?

スマホの大画面化やタブレットの普及で、一般レベルでのPC(パソコン)の存在意義が薄れてきているが、仕事での使い勝手はやはりPCには敵わない。

4、5万程度のノートPCの需要は、まだまだ多いと思うが、スマホにお金が掛かる昨今、コスパが良いに越したことはない。

機能を絞った激安ノートPCに何を期待したらいい?

そこで登場したのが、あの『ドン・キホーテ』がプライベートブランドで発売する激安のノートPC。

安いということは、性能的に「それなり」であるのは承知の上で購入しなければならないが、そもそも「それなり」のことは、今やスマホでも出来るので、あえてPCである必要はないだろう。

そこの折り合い(差別化)をどう付けていくのかが、こういった格安のPCには必要となるが、さすがに最低レベルのノートPCでも3万円台は覚悟しなければならない中で「19800円」というのは不安になるほど安い。

ドン・キホーテは11月27日、1万9800円(税別)のノートPC「MUGA ストイックPC」を12月1日に発売すると発表した。同社プライベートブランド(PB)の商品で、価格はノートPCとしては市場最安だとしている。

出典:ITmedia

肝心の性能(スペック)は?

「市場最安」ということだが、おそらくそうだろう。

問題はスペック。

【MUGA ストイックPC】

MUGA ストイックPC

Windows 10 Home

フルHD(1920×1080ピクセル)の14.1インチIPS液晶ディスプレイ

ATOM x5-z8350プロセッサ(1.44GHz)

2Gバイトメモリ 32Gバイトストレージ(eMMC)

内蔵バッテリーで約7時間の駆動

329(幅)×219(奥行き)×20(高さ)ミリ、重さ約1200グラム

その他、無線LANやBluetooth、インカメラ、内蔵スピーカー、オフィスソフト「WPS Office」(キングソフト)なども備える。

この性能をみたネットの感想を見ると・・・

  • デザインはかなり薄型でスマートなので、スペック次第で購入意欲が湧きそうだが・・・
  • コレだったらタブレットの方がマシ
  • よく知らない人が安いからと買って、ガッカリしている姿が目に浮かぶ
  • 安物タブレットにキーボードが付いたようなスペック
  • さすがに今の時代、ネットとオフィスを使うだけにしてもこのスペックは厳しい
  • このスペックなら、2万円で中古ノート買った方がずっとコスパが良い
  • Windows10では32Gだとアップデートも困難になる
  • 一番ネックなのは32GBしか無いストレージ容量

コメントには厳しい意見が並ぶ・・・

確かに、スマホやタブレットではなく、ノートPCが必要と考えるユーザーが「ネットやメールなどの軽い作業くらいなら」という商品を欲しがるか?といった単純な疑問がある。

「それなり以上」の作業が必要だからこそノートPCを使うわけで、これでは用を足さないのでは?

ぱっと見、本体の薄さや液晶は魅力的だが、スペックを見ると、やはり同価格帯のタブレットの方が使えるような気がする。

そう考えると、一体どういったユーザーに向けた商品なのかがナゾだ。

良くわからない年配の方や、新社会人などが安さに釣られて買ってしまうのか・・・中途半端なものは、結果的に高い買い物になってしまうのがオチだ・・・

やはり、ちゃんと長く使えるものは「相応」の金額はするもの。

まあ「仕事が出来る雰囲気だけでも出したい!」というダミーなら買いかも?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

【スポンサードリンク】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2018-5-18

    年商10億の通販王〖保阪尚希〗が抱くさらなる野望?イランのガスで5000億の真相

    最近、壮絶な過去など、何かと話題になる保阪尚希さん。 元々は俳優の彼は、一時期テレビから姿を消し、…
【スポンサーリンク】

注目記事

  1. 先日、ACL(アジアチャンピオンシップ)決勝『浦和vs.アル・ヒラル』の第2戦が浦和のホーム、埼玉ス…
  2. 今年も、師走に入るやあっという間にクリスマス、それを過ぎればバタバタと大晦日で正月を迎えることになる…
  3. 『吉岡里帆』といえば、日清のどん兵衛のCMでは、頭にキツネの耳を付け、ホワッとした雰囲気と可愛らしさ…
  4.  スーパーやドラッグストアなどで「水素水、入荷しました」と書いて、水素水コーナーさえ設けている所もあ…
  5. 『アムラー』 90年代に青春時代を過ごした女子ならば、誰もが少なからず影響を受けたであろう『安室奈…

おすすめ

  1. テレビの嘘『キリトルTV』読唇術で本人確認もせず放送?ダルの指摘に番組終了か

    テレビ朝日系「ゴン中山&ザキヤマのキリトルTV」という番組が不定期に放送されているが、今月5日に放送…
  2. 森友、加計で安倍自民叩きに狂ったテレビ!報道の劣化にワイドショーの世論誘導

    2012年の12月に、第2次安倍政権が発足してから早4年半、小泉政権以来の長期政権となっている。 民…
  3. 山尾志桜里が不倫疑惑で離党!仕事が出来ればセーフ?庇うコメンテーターに失笑

    民進党の山尾志桜里氏は、今月7日発売の週刊文春(9月14日号)で、倉持麟太郎弁護士との不倫疑惑を報じ…
  4. 【高橋一生】マスコミのゴリ押しに違和感あり!本当にイケメン?セクシー萌え?

    出典:MY Promotion Inc. 『高橋一生』という俳優をご存じだろうか。少し前なら、名前…
  5. 年商10億の通販王〖保阪尚希〗が抱くさらなる野望?イランのガスで5000億の真相

    最近、壮絶な過去など、何かと話題になる保阪尚希さん。 元々は俳優の彼は、一時期テレビから姿を消し、…
  6. スマホは高い!の常識はもう古い?今が維持費を見直す時!格安SIMという選択

    フューチャーフォン(通称ガラケー)からスマートフォン(スマホ)へのシフトが進み、7、8万の端末料金を…
  7. SHISHAMO(ししゃも)ドコモCMで知名度UP!ベタなポップロックが心地いい

    ドコモのCMで「ししゃも?」・・・といった名前が出てきて、だれもが美味しい「ししゃも」を想像したとこ…
  8. テレ朝・田中萌が不倫?爽やかな朝の番組の裏では先輩アナと××な関係

    今年は、世間を騒がせる有名人は後を絶たないが、そのほとんどが「週刊文春」によるスクープだ! そして…
ページ上部へ戻る