【ノーベル賞】なぜ韓国は取れない!期待しても受賞どころか候補さえ居ない?

 早いもので、今年も『ノーベル賞』ウィークがやってきた。そして、ノーベル医学生理学賞を、大隅良典(東京工業大栄誉教授)が受賞し、日本人にとっては嬉しいニュースとなった。

 これで、日本人から3年連続の受賞者が出たことになり、今や、そこまで小躍りするほどのニュースではないのかもしれないが、やはり、そこは世界最高の栄誉ある賞。難しいことは分からなくとも、その響きには重たいものがある。

ノーベル賞の数は国力を表す?

 特に日本の隣国である中国と韓国では、こういった意味での関心が異常に高い。歴史的に、科学または化学の研究は欧米諸国がリードしており、アジアや、その他の地域ではノーベル賞(平和賞や文学賞を除く)など、無縁の国がほとんどであるため、欧米の先進国に追いつく、一種のバロメーターと考える新興国は多い。

 そして、欧米以外の国で、一番多くの受賞者を出しているのが日本であるため、同じアジアの中国、韓国が反応するのは当然と言えば当然かもしれない。

 その、科学(化学)系の受賞者数を国力として数字にした場合こうなる。

 日本(22)中国(2)韓国(0)

 中国は少々複雑で、中華民国(台湾籍)などを含め、韓国紙(中央日報)では9とされているが、厳密に、中華人民共和国(中国籍)に限れば1、元中国籍の1人を含めると2ということになる。

 日本は、アメリカ国籍を取っている2人を含め22となる。

 これを見ると、特に韓国では毎年「ノーベル症」と言われる程、この時期になるとデリケートな話題となるのも分かる。

 そこには、研究者の意思など関係なく、国の面子(国力)を示すうえで、今だ0であるという現実がコンプレックスの塊となっているようだ。

ノーベル賞は後の結果であり、探求心の賜物である

 韓国の研究費は世界一らしい(GDP比)。それでも「なぜノーベル賞が取れないのだ!」と、毎年のように日本を引き合いに出し嘆いている。

 サムスンのように、一企業では日本の企業を凌駕するほどの成長を見せ、もはや、日本など先進国に追いついたとの論調や意識もある中、すべての基礎という面では、先進国の作り上げた(生み出した)ものの上に乗っかっているだけだという現実に引き戻されるのが、この時期なのだ。

【社説】基礎科学を育成できなければノーベル賞は永遠に他人の祭り=韓国
【社説】研究費世界一の韓国になぜ科学分野ノーベル賞受賞者がいないのか

 今回、受賞した大隅良典氏はこう言う

「基礎研究だけで良いわけではないが、基礎研究がないと新しい進歩はない」「応用研究と同じ価値判断で評価されると、基礎研究は非常につまらないものになってしまう。基礎研究は先が分からないから面白い」

出典:日刊工業新聞電子版

 応用研究は言わば実用化だ。成果を出すには手っ取り早い。しかし、それも基礎研究があってのもので、分からなかったものが分かるようになる、0を1にする作業が無ければ何も生み出されないのだ。

 だが、世の中の役に立つようになるのが100年後かもしれないという先が見えないのも、また基礎研究である。すべては研究者の探求心、好奇心から始まり、国や誰かに指示をされてやれるものではない。目先のノーベル賞欲しさに、国が研究費を出して尻を叩いても、どうにかなるものではない。

 もちろん、国の金銭的な支援は必要だ!

「すべてを文部科学省に頼るのではなく、基礎研究を支える新たなシステムが必要だ」「年間100万円のお金があれば、やりたいことをやれる研究者が日本にはたくさんいる。言葉は悪いが、もう少し研究費をばらまいてほしい」「小さな芽をたくさん育てなければ、大きなとんがった成果は生まれない。日本の国力なら十分できるはずだ」

出典:日刊工業新聞電子版

 金と根気

 そもそも、基礎研究の歴史がない国に「ノーベル賞が欲しい、欲しい!」と期待されても財団は困るだろう。実際、韓国は、資金の多くを応用研究や、流行りものに飛びついたような目先の研究に向けられ、根気がないようだ。

 日本は、1949年に湯川秀樹氏が物理学賞で初めてノーベル賞を取ってから、すでに70年近く経っている。しかも、戦後まもなくの混乱期に、敗戦国である日本から受賞者が出たことが、どれだけ凄いことか。それは、明治以降からの西欧を意識した教育、科学の下地があったからこそで、昨日、今日に突然生まれた人物ではないことを知るべきだろう。

 そして、研究の成果を評価するうえで人種は関係ないということ・・・

 いつも、韓国各紙では自己分析をされるのだが、そういった基礎のなさは指摘されている。しかも、発表が終わってから、そもそも「受賞どころか候補リストにも挙がっていない」とまで書かれる始末。それでも毎年過度に期待するのだから、少しでも可能性があると持ち上げられた研究者の心中は・・・

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

【スポンサードリンク】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2018-5-18

    年商10億の通販王〖保阪尚希〗が抱くさらなる野望?イランのガスで5000億の真相

    最近、壮絶な過去など、何かと話題になる保阪尚希さん。 元々は俳優の彼は、一時期テレビから姿を消し、…
【スポンサーリンク】

注目記事

  1. 出展:フジテレビ 『めちゃイケ』や『とんねるずのみなさんのおかげです。』が、今春で終了することが決…
  2. 出典:産経新聞 今年の夏も横浜では『ピカチュウ大量発生チュウ』という、みなとみらい地区を中心に、街中…
  3. 政治的、民族的、極寒など、平昌オリンピックを取り巻く環境にはさまざまな問題が横たわっている。 だが…
  4. 9日朝、群馬県前橋市で、85歳の男性が運転する車が自転車に乗った女子高校生2人をはねるという事故があ…
  5.  『早見あかり』という女優はご存じだろうか。名前は知らなくとも、その顔を見たことがある人は多いだろう…

おすすめ

  1. 不可避の交通事故でも容疑者として実名報道?の是非

     今月6日、東京・国分寺市で、生後7か月の赤ちゃんをおんぶし、自転車に乗っていた女性が乗用車と接触し…
  2. 「NHKの桑子アナが消えた?」の話題に反応?和田正人のSNSに登場の勘違い

    『ブラタモリ』のアシスタントで注目を集め、今では『ニュースウオッチ9』のキャスターを務める、NHKの…
  3. オヤジはキュン死?映画『恋は雨上がりのように』小松菜奈が28歳差の大泉洋に恋

    週刊ビッグコミックスピリッツで連載中の、眉月じゅんによる漫画『恋は雨上がりのように』を、小松菜奈、大…
  4. 嫌がらせも?泰明小学校『アルマーニ』は子供たちの足を引っ張る大人の自己満足

    東京都中央区にある、都立『泰明小学校』 この単なる、いち公立小学校が、新たに導入する制服(アルマー…
  5. スマホは高い!の常識はもう古い?今が維持費を見直す時!格安SIMという選択

    フューチャーフォン(通称ガラケー)からスマートフォン(スマホ)へのシフトが進み、7、8万の端末料金を…
  6. 極寒に強風〖平昌五輪〗悪天候に選手も嘆き?深夜に観客もまばら?運営に疑問も

    現在、平昌オリンピックの真っ只中だが、始まる前からメディアに取り上げられるのは、北朝鮮絡みのキナ臭い…
  7. ONE OK ROCK(ワンオク)Takaの苦言がファンに波紋!スターに問われる器

    ONE OK ROCK(ワン オク ロック)略してワンオクと呼ばれる、日本の新しい世代を代表するロッ…
  8. 乙武氏も荒れる?田中萌『グッド!モーニング』不倫で降板?局の対応は…

    今週の「週刊文春」にスッパ抜かれた、テレビ朝日のアナウンサー(以下、アナ)同士の不倫疑惑。それも、朝…
ページ上部へ戻る