成宮寛貴が突然の引退発表!薬物疑惑を完全否定していた彼に何が!?

俳優の成宮寛貴(34)が9日、所属事務所を通じて突然発表した芸能界からの引退。疑惑の渦中にあった彼に一体なにが起こったのか。

事務所も止められなかった本人の決意

所属事務所はFAXで「成宮寛貴にまつわる記事に関しまして、弊社としても、所属プロダクションにおける社会的責務として、本人から事情聴取、薬物鑑定など、必要な調査を行ってきましたが、本人の薬物使用を裏付ける客観的事実は確認できませんでした。上記調査結果を受け今後の方針を検討していたおり、本人から芸能界引退の申し入れがございました。弊社としても本人からの突然の申し入れに大変驚き、本人と何度も話し合いの機会を持ちましたが、本人の決意が非常に固かったため、大変残念ではございますが、本人からの申し入れを受けざるを得ないと判断しました」とした。

出典:スポーツ報知

そして、直筆で書かれた本人からのメッセージが各報道機関に送られた。

1612-09-01

要約すると

 「人の悪意によって、自身のプライバシーが侵害され続けること、また、今後、関係者や身内にまで迷惑が掛かることを避けるために、もう表舞台には居られない」 

というのが、彼の芸能界を引退する動機だ。

このメッセージから気になった点を上げてみる

「心から信頼していた友人に裏切られ複数の人達が仕掛けた罠に落ちてしまいました。」

「罠」

これが本当だとしたら、彼が所属する事務所「TOP CORT」(トップコート)に対する、仕掛けがあった可能性も?

なんせこの事務所の勢いは凄く、杏、松坂桃李、管田将暉など、目立ちすぎなほどの活躍をしている俳優がゴロゴロいる。

イス取り合戦とも言われる芸能界で、これだけ若い世代の人気俳優が同じ事務所に偏っていることは、他事務所から見れば不満があるとの噂も出ていた。

あとは「セクシャリティな部分」には触れられたが、薬の疑惑に関しては何も言っていない。

写真週刊誌「フライデー」に掲載された直後、真っ先に本人が全面否定。事務所も法的措置を取ると言っていたが「フライデー」によると、具体的なアクションを起こしていないようだ。

「フライデー」の最新号では、さらに自宅写真や音声データの存在もあると、詳細に迫っている。

果たして「罠」とはどういう意味なのか。

全く何もないところにでっち上げられた「罠」なのか、

それとも、元々彼には明かされたくない裏の顔があって、それを暴露するために仕掛けられた「罠」だったのか。

性的マイノリティの部分に関しては、世の中も認めていくような流れになっているので、それが引退までする、本当の理由となるのだろうか。

それが、彼にとって絶対知られたくなかった部分だったのだろうか。

世間的には本当に明らかにしてもらいたいのは「薬」の部分なのだが・・・

この問題が、彼の引退ということで終息するのだろうか。

フライデーは今後どう出るのかが注目されるが、事務所側も本当に薬物が「シロ」なら、法的手段を駆使してでも彼を守らなければならなかったはずだ。

ここで引くようなら、たとえ引退しようとも疑いが晴れることはないのだから。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

【スポンサードリンク】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2018-5-18

    年商10億の通販王〖保阪尚希〗が抱くさらなる野望?イランのガスで5000億の真相

    最近、壮絶な過去など、何かと話題になる保阪尚希さん。 元々は俳優の彼は、一時期テレビから姿を消し、…
【スポンサーリンク】

注目記事

  1. 『吉岡里帆』といえば、日清のどん兵衛のCMでは、頭にキツネの耳を付け、ホワッとした雰囲気と可愛らしさ…
  2.  今月6日、東京・国分寺市で、生後7か月の赤ちゃんをおんぶし、自転車に乗っていた女性が乗用車と接触し…
  3. 日曜日の夜8時、家族で見るテレビ番組といえば、日本テレビの『世界の果てまでイッテQ!』だ。かつて日曜…
  4. 今年は、世間を騒がせる有名人は後を絶たないが、そのほとんどが「週刊文春」によるスクープだ! そして…
  5. 今年3月での終了が決まっている、フジテレビの『とんねるずみなさんのおかげでした』(以下、みなさん) …

おすすめ

  1. 中田翔がFAで争奪戦?果たしてそこまでの選手?日本の主砲にしては寂しい数字

    北海道日本ハムファイターズ(以下、日ハム)の主砲『中田翔』が、今シーズンが終わると、FA(フリーエー…
  2. 安部首相の演説に起立、拍手が悪い?批判する民進(旧民主)も政権時代に・・・

     先日、安倍晋三首相の所信表明演説中に、自民党議員らが立ち上がって拍手した事を問題視した野党が、27…
  3. 【日韓関係】世論調査で意外な結果!?反日の韓国に対し日本では嫌韓が広がる?

    基本的に「隣国同士は仲が悪い」というのは定説だが、日本と韓国というのは、そういった中でも特に難しい関…
  4. 厄年の南キャン山里を襲う【アニサキス胃腸炎】その原因と正体は!?

    年末年始の「食っちゃ寝」生活で、正月ボケを引きずっている人も多いのではないだろうか。 そして、何か…
  5. つくば市では成人式で暴れるのが文化?時代遅れのバカバカしさに動物園か!の声

    今年も、師走に入るやあっという間にクリスマス、それを過ぎればバタバタと大晦日で正月を迎えることになる…
  6. これを聞いて夏を乗り切れ!B’zの爽快「夏うた」10選(前編)

     2016年もすでに6月に入り、早くも衣替えの季節となった。これからジメジメした梅雨、そして今年も猛…
  7. 石黒彩がテレビでの発言を訂正!夢を壊す?元アイドルの暴露話は醜いだけ・・・

     元『モーニング娘。』のメンバーでタレントの石黒彩(38)が、テレビ東京「ヨソで言わんとい亭~ココだ…
  8. ながら自転車?スマホ操作し歩行者に衝突!重大な事故を招く意識と想像力の欠如

    今月、川崎市で、自転車と歩行者(女性)がぶつかり、その女性が死亡する事故があった。 最近、エコやエク…
ページ上部へ戻る