成宮寛貴が突然の引退発表!薬物疑惑を完全否定していた彼に何が!?

俳優の成宮寛貴(34)が9日、所属事務所を通じて突然発表した芸能界からの引退。疑惑の渦中にあった彼に一体なにが起こったのか。

事務所も止められなかった本人の決意

所属事務所はFAXで「成宮寛貴にまつわる記事に関しまして、弊社としても、所属プロダクションにおける社会的責務として、本人から事情聴取、薬物鑑定など、必要な調査を行ってきましたが、本人の薬物使用を裏付ける客観的事実は確認できませんでした。上記調査結果を受け今後の方針を検討していたおり、本人から芸能界引退の申し入れがございました。弊社としても本人からの突然の申し入れに大変驚き、本人と何度も話し合いの機会を持ちましたが、本人の決意が非常に固かったため、大変残念ではございますが、本人からの申し入れを受けざるを得ないと判断しました」とした。

出典:スポーツ報知

そして、直筆で書かれた本人からのメッセージが各報道機関に送られた。

1612-09-01

要約すると

 「人の悪意によって、自身のプライバシーが侵害され続けること、また、今後、関係者や身内にまで迷惑が掛かることを避けるために、もう表舞台には居られない」 

というのが、彼の芸能界を引退する動機だ。

このメッセージから気になった点を上げてみる

「心から信頼していた友人に裏切られ複数の人達が仕掛けた罠に落ちてしまいました。」

「罠」

これが本当だとしたら、彼が所属する事務所「TOP CORT」(トップコート)に対する、仕掛けがあった可能性も?

なんせこの事務所の勢いは凄く、杏、松坂桃李、管田将暉など、目立ちすぎなほどの活躍をしている俳優がゴロゴロいる。

イス取り合戦とも言われる芸能界で、これだけ若い世代の人気俳優が同じ事務所に偏っていることは、他事務所から見れば不満があるとの噂も出ていた。

あとは「セクシャリティな部分」には触れられたが、薬の疑惑に関しては何も言っていない。

写真週刊誌「フライデー」に掲載された直後、真っ先に本人が全面否定。事務所も法的措置を取ると言っていたが「フライデー」によると、具体的なアクションを起こしていないようだ。

「フライデー」の最新号では、さらに自宅写真や音声データの存在もあると、詳細に迫っている。

果たして「罠」とはどういう意味なのか。

全く何もないところにでっち上げられた「罠」なのか、

それとも、元々彼には明かされたくない裏の顔があって、それを暴露するために仕掛けられた「罠」だったのか。

性的マイノリティの部分に関しては、世の中も認めていくような流れになっているので、それが引退までする、本当の理由となるのだろうか。

それが、彼にとって絶対知られたくなかった部分だったのだろうか。

世間的には本当に明らかにしてもらいたいのは「薬」の部分なのだが・・・

この問題が、彼の引退ということで終息するのだろうか。

フライデーは今後どう出るのかが注目されるが、事務所側も本当に薬物が「シロ」なら、法的手段を駆使してでも彼を守らなければならなかったはずだ。

ここで引くようなら、たとえ引退しようとも疑いが晴れることはないのだから。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

【スポンサードリンク】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2018-5-18

    年商10億の通販王〖保阪尚希〗が抱くさらなる野望?イランのガスで5000億の真相

    最近、壮絶な過去など、何かと話題になる保阪尚希さん。 元々は俳優の彼は、一時期テレビから姿を消し、…
【スポンサーリンク】

注目記事

  1. 先日、今期『Jリーグ』の前半戦を終えて、降格圏内に沈む『サンフレッチェ広島』(以下、広島)の森保監督…
  2. いよいよ、平昌オリンピック(韓国)が今週に開幕する。 メディアからは、極寒、北朝鮮、デモ、崔順実(…
  3. 高校時代から「平成の怪物」と呼ばれた『松坂大輔(投手)』卒業後に西武ライオンズに入団すると、高卒1年…
  4. 1988年にデビューした『B'z』は、今年30周年を迎えている。 もちろん、日本のポップカルチャー…
  5. 先日、コント日本一を決めるTBS『キングオブコント2017』で準優勝し、新世代の笑いを見せた『にゃん…

おすすめ

  1. 【エアコン故障】自己判断は危険?費用に修理をためらう?ガス漏れなら5年保証も!

    6月、梅雨に入りジメジメとした蒸し暑さを感じる季節。エアコンの使用を始めるという家庭も多いだろう。 …
  2. 【森友学園エンターテイメント】疑惑?橋下徹が語る、政治と行政の関わりと心理

    連日、ワイドショーや情報番組で取り上げられすぎて「とっちらけ」となってしまってたこの『森友学園』の問…
  3. 吉岡里帆はあざとい?注目の若手女優!CMに引っ張りだこでも意外と低い好感度

    『吉岡里帆』といえば、日清のどん兵衛のCMでは、頭にキツネの耳を付け、ホワッとした雰囲気と可愛らしさ…
  4. この演歌が面白い!松尾雄史『メルボルン特急』になぜかニヤッと

     ふと、明け方なんかに、テレビをつけて、テレビ東京やテレビ埼玉にチャンネルを合わすと、演歌のプロモー…
  5. 南海電鉄の車掌アナウンスで外国人差別?テレビの厳しい論調に疑問も

     今月、南海電鉄の「なんば駅」から、関西空港行きの空港特急車内にて、車掌からあるアナウンスがされたと…
  6. 【都議選】自民大敗は政策以上に国政での信頼低下「心」の問題、民進は論外!

    小池都知事になって初めての都議会選挙が終わった。 ふたを開ければやはり、小池氏が率いる『都民ファース…
  7. これを聞いて夏を乗り切れ!B’zの爽快「夏うた」10選(前編)

     2016年もすでに6月に入り、早くも衣替えの季節となった。これからジメジメした梅雨、そして今年も猛…
  8. <東京2020>五輪招致に裏金疑惑!でも逆にないと思ってた人いるの?

     2020年に開催が予定される東京オリンピック・パラリンピック。その招致を巡り、裏金の疑いがあるとフ…
ページ上部へ戻る