中田翔がFAで争奪戦?果たしてそこまでの選手?日本の主砲にしては寂しい数字

北海道日本ハムファイターズ(以下、日ハム)の主砲『中田翔』が、今シーズンが終わると、FA(フリーエージェント)権を獲得する。

その中田翔がFA権を行使した場合、争奪戦は必至だとも言われ、すでに水面下で獲得の動きを見せているとも・・・

日本の主砲?

高校時代(大阪桐蔭)には、当時の高校通算本塁打の新記録となる87本を記録し「平成の怪物」と呼ばれるほどの注目を集め、2007年のドラフト会議では4球団が1位指名、抽選で交渉権を獲得した日本ハムに鳴り物入りで入団した中田翔。

だが、入団当初の中田は、期待とは裏腹に「天狗、ビッグマウス」ぶりだけが注目されるばかりで、なかなか1軍に定着できず、3年目でようやくプロ入り初本塁打を記録した。

その後、4年目以降に1軍に定着し、今は日ハムの主軸を担い、WBCでも日本の主砲とされているのだが、冷静に彼の成績を見ると、怪物と呼ばれたわりには少々物足りない数字が並ぶ・・・

一流ではあるが超一流とまでは言えない

主砲と言われるような選手に求められるものは何だろうか。

それは間違いなく「本塁打(ホームラン)」だろう。

3割も打つ必要はなく、2割5分でも30本以上のホームランを期待されるのが、いわゆる4番としての役割。

中田翔が、プロ入り10年目で「現状その期待に応えられているのか」「日本の主砲と言われるほどの成績を残しているのか」を振り返るのに、FA権を取る今だからこそ、これまでの成績を評価する必要がある。

  • 30本以上のホームランを記録した年

「1回」(2015年30本)

  • 2割5分以上の打率を記録した年

「1回」(2015年.258)

  • 打点100以上を記録した年

「3回」(2014年,2015年,2016年)

こう見ると、選手として成熟し、割と成績が安定してきた、ここ3年でも30本が限界で、打率も2割5分をなかなかクリアできていない。

去年に至っては、二刀流で打席数の少ない大谷翔平と僅差(本塁打)だったことからも、主砲としては物足りなさを感じる。

唯一誇れるのは打点なのだが、打順やチームの成績によって訪れるチャンスが多い立場にあったので、当たり前とも言えるが、最低限の役割は果たしていると言えるだろう。

こういった数字を挙げれば、かつて怪物と呼ばれた清原や松井と比べると、今のところは「そこまでの選手ではない」ことは歴然としている。

Embed from Getty Images

雰囲気だけは清原のようだが・・・

大金を積んでまで欲しい選手なのか疑問の声も

今シーズンの中田翔は、開幕当初から不振にあえぎ、打率は散々、本塁打も20本を超えられるのか?といったところで推移している。

そんな状態で、今シーズン終了後にはFAを獲得するのだが、なにせ調子に波があり、本塁打30本打てる保証のない選手に、本当に何億もの大金を払ってでも欲しがる球団があるのだろうか・・・

それこそ、成績以上に華のあるがあり、お客をを呼べるようなスター性があるのなら話は別だが、中田に限っては好き嫌いの分かれる選手。

〖阪神がFA中田翔の争奪戦から撤退へ〗

阪神は今オフのFAの目玉である日ハムの中田翔(28)の獲得調査をスタートさせているが、球団内で撤退論が強く起きていることが明らかになった。一塁しか守れず、セ・リーグでは必然的に起用法が狭まってくる中田をFA補強するよりも、生え抜きの若手育成を優先させるべきという考え方

出典:THE PAGE

あまりプレッシャーに強いというイメージもない選手なので、もし阪神へのFAとなれば本人にとっても大変な決断、転機になることは確実だ。

一方でこんな見方も・・・

今季は、大不振の中田だが、昨季までは5年続けて20本塁打以上を記録、打点も3年続けて100打点をマークしてタイトルも獲得している。「セ・リーグの球場はパ・リーグに比べて狭いところが多い(神宮、東京ドーム、横浜スタジアム)ので本塁打は増える」は、元千葉ロッテの里崎智也氏の持論だが、レフトへの浜風が吹く甲子園も右打者が有利だ。

出典:THE PAGE

確かにセ・リーグの球団に行けば、ホームランは出やすい環境になるのかもしれないが、それ以前に打率の低い選手なので、慣れない投手に対応しなければならないというリスクもある。(時間が解決するのかもしれないが)

110打点でリーグ打点王に輝いた昨季だって、打率.250、得点圏打率.264。これでタイトルを獲得できたのは、3番に座っていた大谷をはじめ、上位打線がチャンスメークをしたおかげで、好機での打席数が多かったからにすぎない。

アクシデントで登録抹消などがなければ、中田は近日中にも国内FA権を取得する。この日はプロ野球史上486人目となる1000試合出場を達成。記念グッズも発売されるというが、いくら年齢が若いからといって、チャンスに弱い高給取りをFAで欲しがる球団などあるかどうか。

出典:日刊ゲンダイ

今シーズンの不調からか、FA権を獲得する中田への風当たりは徐々に強くなっている・・・

とにかく、年齢を考えると、ここから5年くらいが選手として一番いい時期にとなり、体力的にもピークを迎える時でもある。

これ以上の爆発があるのか・・・

オリンピックも控え、日本代表の主砲を張れるのか・・・プレッシャーに耐え、超一流になれるのか・・・

今シーズンのWBC後の絶不調を見るとあまり期待は出来ないが、FA権獲得後の中田翔に注目である。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

【スポンサードリンク】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2018-5-18

    年商10億の通販王〖保阪尚希〗が抱くさらなる野望?イランのガスで5000億の真相

    最近、壮絶な過去など、何かと話題になる保阪尚希さん。 元々は俳優の彼は、一時期テレビから姿を消し、…
【スポンサーリンク】

注目記事

  1. 今や「元SMAP」という肩書となった『香取慎吾』『草彅 剛』『稲垣吾郎』。 3人は、ジャニーズ事務…
  2. 『アムラー』 90年代に青春時代を過ごした女子ならば、誰もが少なからず影響を受けたであろう『安室奈…
  3. 出展:フジテレビ 『めちゃイケ』や『とんねるずのみなさんのおかげです。』が、今春で終了することが決…
  4.  2020年に開催が予定される東京オリンピック・パラリンピック。その招致を巡り、裏金の疑いがあるとフ…
  5. 『吉岡里帆』といえば、日清のどん兵衛のCMでは、頭にキツネの耳を付け、ホワッとした雰囲気と可愛らしさ…

おすすめ

  1. イッテQで「草刈さ~ん」連呼のイモトが草刈正雄を好きな理由!まさかの共演?

    出典:お笑いナタリー 今年10周年を迎えたバラエティ番組『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ)…
  2. 厄年の南キャン山里を襲う【アニサキス胃腸炎】その原因と正体は!?

    年末年始の「食っちゃ寝」生活で、正月ボケを引きずっている人も多いのではないだろうか。 そして、何か…
  3. 給食の【白玉団子】喉に詰まらせたら誰のせい?子供には予測できない事故も

    栃木県真岡市で、給食の白玉団子をのどに詰まらせ、その後、亡くなった小学生の男の子の遺族側が、市に対し…
  4. 映画『サブイボマスク』主演ファンキー加藤W不倫!特技はスピード子作り?

     元ファンキーモンキーベイビーズで、歌手のファンキー加藤(37)が不倫?また今年のトレンドに乗って現…
  5. 高価な『水素水』の謎!ニセ科学?よく分からない物を信用する不思議

     スーパーやドラッグストアなどで「水素水、入荷しました」と書いて、水素水コーナーさえ設けている所もあ…
  6. 歴史的うっぷんを晴らす?日本で水を出しっぱなしにした中国人の曲がった反日感情

     今や、世界の観光地には中国人観光客で溢れていて、その国の観光産業に多大な影響を与えるまでになってい…
  7. サッカー韓国代表への差別的行為!謝罪も怒り収まらず?騒ぎすぎてブーメランも

    今月10日、サッカーの韓国代表とコロンビア代表が国際親善試合を行った。 試合は韓国のFWソン・フンミ…
  8. ACL優勝でも露骨なベストイレブン外し!それが意味する浦和レッズの凄さとは?

    先日、ACL(アジアチャンピオンシップ)決勝『浦和vs.アル・ヒラル』の第2戦が浦和のホーム、埼玉ス…
ページ上部へ戻る