【ミになる図書館】なぜゴールデンに?生放送で中居君の妙なテンションに不安

『中居正広のミになる図書館』が、4月24日からゴールデン進出となる。初回は夜7持から2時間スペシャル、通常放送は夜8持から1時間番組となる。MCとなる中居君こと中居正広さんだが、番宣に余念がなく、その力の入れようが伺える。

だが、ゴールデンでは、クイズ?がメインとなりそうなのだが、そもそもの『ミになる図書館』という番組名が「微妙」なことは誰もツッコまない・・・

始まった当初の番組名とその内容は?

2011年10月からテレビ朝日のネオバラエティ枠で始まった当初の番組名は『白黒ジャッジバラエティ 中居正広の怪しい噂の集まる図書館』その後、2013年4月から『中居正広のミになる図書館』としてリニューアルされている。

当初の『怪しい噂の~』では、誰もが聞いたことのある都市伝説のような話や、噂の真相を調査し、事実は白なのか黒なのか迫る番組だった。いかにもネタ切れしそうな内容なのだが、あっけなく1クールでリニューアル。

その後は、ほぼ芸能人にまつわる話題ばかりになるが、「美文字」「汚文字」の判定をする「美文字大辞典」というコーナーが当たり、さらなる番組リニューアルに繋がる。

『ミになる図書館』へ

「美文字大辞典」を引き継ぎ、番組名も弄ってリニューアル。専門家からのアドバイスを受けて、スキルアップを図るような内容に。もはや開始当初の教養的要素は薄れ、格付け?か、または資格取得などのチャレンジ企画が主となった。

そして、2014年の秋から「知らなきゃ良かった」に完全移行。スタジオゲストが日頃、良かれと思ってやっていることの、間違いや勘違いをその筋の専門家が指摘、いわゆる「ダメ出し」をされるという内容。

おそらく、現在の『ミになる図書館』までにおいて、初めて番組の企画が固まったのが、この「知らなきゃ良かった」だろう。

「知らなきゃ良かった」が突然クイズ番組に?

「知らなきゃ良かった」の中でも、時折、クイズのようなものが派生し始め、世代間ギャップで盛り上がることから、それに特化した「居酒屋40題」(中居をはじめとする40代の出演者を集めた企画)で、40代あるあるや、若手とのジェネレーションギャップを楽しむという内容になってしまう。

そして、その流れから、ジェネレーションギャップを完全にクイズ化したものが突然始まってしまう。

この変化に、視聴者からは

「知らなきゃ良かったがいつの間にかクイズ番組になってる!」「ミになる図書館って終わったの?」

といった声が聞かれ、あまりの変化に戸惑う声も見られた。

その迷走しているとも感じられた番組が、いきなりゴールデンに昇格、それも生放送でやるというのだから驚きだ。それに、番組名を改めた新番組としてではなく『ミになる図書館』という、もはや意味をなさない番組名も引き継いでいる・・・

クイズ番組化してからの中居君はハイテンションとなり、それまでの、ゆるく、まったりした「知らなきゃ良かった」とは、雰囲気が明らかに変わってしまった。

それは、最近の中居君が、自身の番組やバラエティに、これまでになく積極的になっていることもあるが、それもSMAP解散が影響しているのか、少々焦りみたいなものを感じる。

いつか見たことのあるような焼き直しの古いクイズ内容と、その中居君の張り切り具合に、番組と視聴者との間には少なくとも温度差があるのは否めない。

果たして、番組の変化、そしてゴールデン進出が吉と出るか凶と出るか。とりあえず、このご時世、バラエティ番組の生放送がいつまで続けられるかが見ものだ!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

【スポンサードリンク】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2018-5-18

    年商10億の通販王〖保阪尚希〗が抱くさらなる野望?イランのガスで5000億の真相

    最近、壮絶な過去など、何かと話題になる保阪尚希さん。 元々は俳優の彼は、一時期テレビから姿を消し、…
【スポンサーリンク】

注目記事

  1. 8月31日、埼玉スタジアムに詰めかけた6万人のサポーターを前に、宿敵のオーストラリアに勝利し、ロシア…
  2. 2012年の12月に、第2次安倍政権が発足してから早4年半、小泉政権以来の長期政権となっている。 民…
  3. Photo by Paul  東京オリンピックの会場建設について、先日、小池都知事が、費用の高騰を…
  4.  ふと、明け方なんかに、テレビをつけて、テレビ東京やテレビ埼玉にチャンネルを合わすと、演歌のプロモー…
  5.  日曜9時というのは、お茶の間にとって週初めに向けてのリラックスタイム。そこへ、再びドラマ枠を復活さ…

おすすめ

  1. Jリーグ欠陥2ステージ制は鹿島のCS優勝で幕!浦和へのリスペクトが必要の訳

    Jリーグは現在2ステージ制で行われている。リーグ戦の日程が終わると、チャンピオンシップ(以下、CS)…
  2. にゃんこスターの何が面白いの?時代とズレた老害が居座る新陳代謝なき芸能界

    先日、コント日本一を決めるTBS『キングオブコント2017』で準優勝し、新世代の笑いを見せた『にゃん…
  3. 少子化は中学の部活動をも無くす?東京五輪の後はスポーツ教育の転換期になる

    まず、中学校に入学して、一番の関心事となるのは「部活動」に入ることだろう。 その、これまで当たり前…
  4. 『イッテQ』イモトアヤコがアイガー挑戦!視聴者の心配にも諦めないエベレスト

    日曜日の夜8時、家族で見るテレビ番組といえば、日本テレビの『世界の果てまでイッテQ!』だ。かつて日曜…
  5. フジテレビ『OUR HOUSE』野島伸司なのに悲惨な低視聴率のなぜ?

     日曜9時というのは、お茶の間にとって週初めに向けてのリラックスタイム。そこへ、再びドラマ枠を復活さ…
  6. 山尾志桜里が不倫疑惑で離党!仕事が出来ればセーフ?庇うコメンテーターに失笑

    民進党の山尾志桜里氏は、今月7日発売の週刊文春(9月14日号)で、倉持麟太郎弁護士との不倫疑惑を報じ…
  7. 吉岡里帆はあざとい?注目の若手女優!CMに引っ張りだこでも意外と低い好感度

    『吉岡里帆』といえば、日清のどん兵衛のCMでは、頭にキツネの耳を付け、ホワッとした雰囲気と可愛らしさ…
  8. 【加計学園】民進議員の関与、既得権益は無視?再び忖度を想像する無駄な時間

    学校法人「加計(かけ)学園」の獣医学部(岡山理科大獣医学部)新設をめぐり、森友学園の問題で散々取り上…
ページ上部へ戻る