石黒彩がテレビでの発言を訂正!夢を壊す?元アイドルの暴露話は醜いだけ・・・

 元『モーニング娘。』のメンバーでタレントの石黒彩(38)が、テレビ東京「ヨソで言わんとい亭~ココだけの話が聞ける(秘)料亭~」(木曜深夜)に出演し、モー娘。時代の給料や、脱退時の事について話した。その話が、思わぬ波紋を広げたことに焦ったのか、自身のブログで発言の訂正、謝罪するという、ちょっとした珍騒動になった。

元アイドルの下品な暴露話に呆れ

1605-31-03 石黒彩と言えば『モーニング娘。』結成時の1期メンバー。

 現在は、タレント、又はカリスマ主婦?として活動しているようで、夫はLUNA SEAのドラム、真矢である。

 『モーニング娘。』としての活動は、1997年9月~2000年1月までの2年強。

 その間、後藤真希の加入と「LOVEマシーン」のヒットで、すでに人気に火がついていたが、メンバーの中でも、特に人気があったという分けではなく、割とあっさりと卒業(脱退)していったイメージである。

 そして、彼女の卒業後に、辻希美、加護亜依を含む4期性が加入し、黄金期を迎えたことになるが、そういった、グループの上昇期においては、おそらくメンバーに残っても、埋もれてしまった可能性も考えられ、ある意味、良いタイミングだったのかもしれない。

 しかし、「服飾関係の道へ進む」とされた、脱退理由も、彼氏を作って(おそらく真矢)いたことや、事務所に「お金で引き留められた」といった話、さらに、当時の収入についての、いわゆるアイドル時代の暴露話を、番組をしていたのだ。

 そもそも、この類の話は、当時、子供だったファンからすれば、聞きたくもないこと。

なぜ、今さら下品な話をしてまでテレビに出るのか?

 まあ、今さらゴタゴタ続きだった過去の『モーニング娘。』に、クリーンなイメージなどないが、純粋に応援していたファンがいたということ、また、「モー娘。」に憧れて、今アイドルになっている人たちが大勢いるという、元メンバーとして最低限の自覚はもって欲しい。

1605-31-02

 結局、こういった暴露話が、少々広まってしまったことで、関係者から苦情が来たのか、石黒彩は自身のブログで、発言の訂正をしている。

19日の番組放送後、ネットなどでの反響に自分の発言に自信がなくなり、事実を再度確認しました。

当時の所属事務所にも調べていただき、私の記憶は間違いで、低収入ではありませんでした。

家賃、光熱費、交通費等、生活にかかるお金は全て事務所が負担してくれていて、多額のボーナスも頂いていました。

 テレビでは、「手取りが12~13万円ほど」と言ったらしいが・・・

 そんなこと、良い大人がいちいち確認しないと分からないものか?

 「多額のボーナス?」じゃあ、テレビに出るために話を盛ったの?

また、私のグループ卒業に関しては彼氏をつくり、軽率な行動によってご迷惑をおかけした上、自分の我を通したものです。

それに対しても、最後まで花道を作って送り出してくださいました。

番組内で金銭で引き止められたというような発言をしたことに関しても事実ではございません。

 石黒の発言が、本当に嘘だったのか、調子に乗って盛ったのかは分からないが、要は、言わなくても良い事をしゃべって、余計な反発を食らったという事だろう。

 結局、このような軽率な発言に対し、彼女は全面的に非を認め、平謝りをしている。

 謝るくらいなら、初めからそんな下品な話を控えるべきだろう。

 少なくとも、社会現象にもなったスーパーなグループの一員であったという自覚は、持ち続けなければならない。

 それだけ、子供に夢を与えていた存在だったのだから・・・

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

【スポンサードリンク】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2018-5-18

    年商10億の通販王〖保阪尚希〗が抱くさらなる野望?イランのガスで5000億の真相

    最近、壮絶な過去など、何かと話題になる保阪尚希さん。 元々は俳優の彼は、一時期テレビから姿を消し、…
【スポンサーリンク】

注目記事

  1. 最近、壮絶な過去など、何かと話題になる保阪尚希さん。 元々は俳優の彼は、一時期テレビから姿を消し、…
  2. 『読売新聞』で、1982年4月1日から連載が開始され、35年以上、連載数1万2千回を軽く超える、もは…
  3.  今や、世界の観光地には中国人観光客で溢れていて、その国の観光産業に多大な影響を与えるまでになってい…
  4.  元『モーニング娘。』のメンバーでタレントの石黒彩(38)が、テレビ東京「ヨソで言わんとい亭~ココだ…
  5. 基本的に「隣国同士は仲が悪い」というのは定説だが、日本と韓国というのは、そういった中でも特に難しい関…

おすすめ

  1. 【若狭勝】なぜ進退伺?都民ならぬ「自分ファースト」無責任な行動に疑問

    自民党の若狭勝衆院議員(東京10区)が29日、自身の進退伺を党(下村博文幹事長代行)に提出した。 会…
  2. 【浦和レッズvsシャペコエンセ】後味の悪さをサポーターが救った感動の光景!

    出典:ゲキサカ JリーグYBCルヴァンカップ(旧ナビスコカップ)と、南米のコパ・スダメリカーナの、そ…
  3. ACL優勝でも露骨なベストイレブン外し!それが意味する浦和レッズの凄さとは?

    先日、ACL(アジアチャンピオンシップ)決勝『浦和vs.アル・ヒラル』の第2戦が浦和のホーム、埼玉ス…
  4. 韓国・平昌五輪でノロウイルス猛威!「大丈夫!選手にはまだ感染してない」

    政治的、民族的、極寒など、平昌オリンピックを取り巻く環境にはさまざまな問題が横たわっている。 だが…
  5. つくば市では成人式で暴れるのが文化?時代遅れのバカバカしさに動物園か!の声

    今年も、師走に入るやあっという間にクリスマス、それを過ぎればバタバタと大晦日で正月を迎えることになる…
  6. 希望の党が第二民進党化?有権者無視で得意の揉め事!人のせい?呆れた小池批判

    やっぱりと言うべきか、先の衆院選で惨敗を喫した『希望の党』でゴタゴタが始まった。 代表の小池百合子…
  7. アメトーーク!『B’z芸人』放送記念!30周年を機に改めてその凄さを知ろう!

    1988年にデビューした『B'z』は、今年30周年を迎えている。 もちろん、日本のポップカルチャー…
  8. 【加計問題】痴漢冤罪と同じ?「そんなはずはない!」と決めつける報道の危うさ

    「疑われてしまったら、疑惑を晴らすことはほぼ不可能」 痴漢犯罪は元より、そこと表裏一体となって社会問…
ページ上部へ戻る