離党ドミノ【民進党】前原代表と北朝鮮の関係に疑惑!不可解な美女接待に弱み?

今月、民進党の新たな代表となった前原誠司氏(55)に、またもや不可解な疑惑が持ち上がった。

先日、幹事長に内定をしていた山尾志桜里(43)の不倫疑惑で、党の新たな船出に水を差された格好となり、もはや離党ドミノを止めるのに必死な様相で、党の体をなしていないとさえ言われている民進党だが、今度は要である代表の前原氏に大きな逆風が吹きそうだ・・・

北朝鮮に極秘で訪問?接待を受けていた?

週刊文春の情報によれば、1999年6月3日に北朝鮮を代表する観光地・妙香山で撮影された複数枚のスナップ写真が存在するという。

大自然をバックに、親密に身体を寄せ合い、カメラに向かって微笑む当時37歳の前原氏と、北朝鮮美女の姿が写っている。中には、前原氏が女性の頬に後ろから手をまわして顔を引き寄せたり、身体を密着させて後ろから女性に下半身を押し付け、ジャレ合っているシーンもある。

出典:週刊文春

これらは、当時2回生議員だった前原氏が地元・京都の支援者とともに、訪朝した際に撮影されたものだという。

週刊文春に直撃された前原氏は

「周りにはたくさん北朝鮮の方もいた」

「やましいことは何もない」

などと述べたようだ。

1999年といえば、小泉首相が北朝鮮を電撃訪問し、5名の拉致被害者を帰国された2002年よりも前の話。

当然、北朝鮮は日本人の拉致さえ認めていない時である。

そんな緊迫した両国の関係のさなか、何を思ったのか極秘訪問し、たかが野党の2回生議員が、北朝鮮の「美女接待」を受けていたというのだから驚きだ。

「こうした国で女性と親密になるのは論外ですし、写真撮影などのちょっとした友好関係も後に弱点になると考えるべき。(中略)訪問者はあらゆる場所において監視され、弱点を探られているのです」

出典:週刊文春

このように、専門家からも指摘をされているが、こんなことは普通素人でも分かる話で、前原氏は当時の社会党のように、日本人拉致問題の捏造論者だった可能性も疑われる。

前原氏のあやしい交友関係・・・?

2011年の前原氏が外務大臣だった時には、京都市内の在日外国人(韓国籍の女性)から献金を受け取っていた(政治資金規正法に抵触)ことが判明し、外務大臣を辞任している。

親しい間柄であったことも認めておきながら、故意では無かったとの言い訳は見苦しいものだった・・・

こういったことから、支援者の中には「韓国・北朝鮮」と繋がりのある人物がいることも疑われている。

そもそも、過去に「偽メール問題」で代表を辞任していたり、民主党政権の時にこういった問題で外相を辞任しているような人物しか、代表のなり手がいない民進党。

今回の文春の報道が、新たな波紋を広げることになりそうだ・・・さすがに、こういった写真が存在する以上、間違っても前原氏が総理大臣になることはないだろう・・・

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

【スポンサードリンク】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2018-5-18

    年商10億の通販王〖保阪尚希〗が抱くさらなる野望?イランのガスで5000億の真相

    最近、壮絶な過去など、何かと話題になる保阪尚希さん。 元々は俳優の彼は、一時期テレビから姿を消し、…
【スポンサーリンク】

注目記事

  1. 金子恵美(総務政務官)が 税金で運用される公用車で長男を保育園に送るなど、私的な目的のため使用したと…
  2.  パソコンの基本ソフト(OS)が、意図せず『Windows 10』にアップグレードしてしまうユーザー…
  3. Jリーグは現在2ステージ制で行われている。リーグ戦の日程が終わると、チャンピオンシップ(以下、CS)…
  4. テレビ朝日系「ゴン中山&ザキヤマのキリトルTV」という番組が不定期に放送されているが、今月5日に放送…
  5.  スーパーやドラッグストアなどで「水素水、入荷しました」と書いて、水素水コーナーさえ設けている所もあ…

おすすめ

  1. 【衆院選2017】政権交代?矛盾を抱える『希望の党』ド素人の若狭氏に感じる不安

    出典:朝日新聞社 先月、衆議院解散となり、野党のドタバタ再編劇が繰り広げられているが、そのキッカケを…
  2. 『イッテQ』イモトアヤコがアイガー挑戦!視聴者の心配にも諦めないエベレスト

    日曜日の夜8時、家族で見るテレビ番組といえば、日本テレビの『世界の果てまでイッテQ!』だ。かつて日曜…
  3. 本当に靴職人!?花田優一の止まらない二世タレント化(笑)俳優にも興味?

    画像:©MeguEntertainment 『花田優一』といえば、言わずと知れた大横綱『第65代横…
  4. 山尾志桜里が不倫疑惑で離党!仕事が出来ればセーフ?庇うコメンテーターに失笑

    民進党の山尾志桜里氏は、今月7日発売の週刊文春(9月14日号)で、倉持麟太郎弁護士との不倫疑惑を報じ…
  5. 『ジャンクSPORTS』復活は、過去の栄光にすがるフジの体質?業界全体の問題も

    出展:フジテレビ 『めちゃイケ』や『とんねるずのみなさんのおかげです。』が、今春で終了することが決…
  6. 【若狭勝】なぜ進退伺?都民ならぬ「自分ファースト」無責任な行動に疑問

    自民党の若狭勝衆院議員(東京10区)が29日、自身の進退伺を党(下村博文幹事長代行)に提出した。 会…
  7. メルカリの躍進で考えるヤフオクとの使い分け!個人売買とリサイクルショップ

    『メルカリ(mercari)』とは、いわゆるフリマアプリと呼ばれる、個人間で簡単に「売ったり買ったり…
  8. 【Jリーグ】苦境に立つ浦和と広島の共通点!過去5年の明暗、同時に迎えた限界?

    先日、今期『Jリーグ』の前半戦を終えて、降格圏内に沈む『サンフレッチェ広島』(以下、広島)の森保監督…
ページ上部へ戻る