【加計問題】痴漢冤罪と同じ?「そんなはずはない!」と決めつける報道の危うさ

「疑われてしまったら、疑惑を晴らすことはほぼ不可能」

痴漢犯罪は元より、そこと表裏一体となって社会問題化しているのが冤罪である。

違法となる材料は皆無なのに

かつて「政治と金」に絡む、事件や疑惑で世間を騒がしたことはあった。

しかし、今回の「森友」しかり「加計」で取り上げられている疑惑と言うのは、首相、または首相夫人が「誰々と親しい」「関係があった」というだけで、いわゆる「人の心」に踏み入って、怪しいからと騒いでいるという、なんとも滑稽な状況が半年も続いている。

こんなことは前代未聞だろう。

報道が、普通、友達だったら「こうするはず!」や「知ってるはすだ!」というような、下世話な捉え方で、考えを押し付ける「井戸端的」な取り上げ方をし、追求を繰り広げている。

事実「忖度」と言うものは、政治の世界だけではなく、一般社会では当たり前のように存在する「処世術」であり、そこに良いも悪いもない。

当然、政権の方針、意向を汲み取り、いちいち言われなくても迅速に動くということは、役所の当たり前の仕事のはずだ。

政治主導を望んだのに忖度は否定するの?

かつて、役人(官僚)主導で国が動いていることに「国民の意思が反映されない」また、天下りや、責任を負わない公務員の体質が問題視され、選挙で選ばれた政治家が主導する「政治主導」にするべきだという認識は、メディアを含め、多くの国民が持っているはず。

そして、声高に「政治主導」を掲げた民主党が政権を取った。

だが、与党経験のない議員ばかりで、無知な民主党は「官僚主導」に切り込むも、役人より知識がないにも関わらず、高圧的でいれば政治主導になると勘違をいし、単なる空回りで終わってしまった。

結局、どんなに政治家の方が主導権を握りたいと思っても、一貫して専門分野に携わっている役人の方が、知識量も豊富で、専門性が高いのは当然だ。

「政治主導」とは、政権(政治家)が、どうやってスムーズに各省庁(役人)を動かすのかということ。

当然、そこには「忖度」というものが生まれるが、それにより事はスムーズに運び、スピードアップを図れる。そして失敗すれば政権(政治家)が責任を取る(取らされる)というのが健全な政治主導。

もちろん、意思決定をする際の透明性と言うのは重要で、今回の問題も関わった省庁による不備があったのは確かだが、重箱の隅をつつくように、政権を「憶測、推測」だけで追求するのは、とても賢いやり方とは思えないのだ。

痴漢冤罪と同じ?決めつける報道の怖さ

想像力が豊かな元タレント知事や元官僚、怪しい政治アナリストなどがワイドショーなどに出演し、疑惑の解説をして稼ぎまくっているが、個人的な推測で話をしていることに凄く違和感を感じる。

単に「視聴者を引き付ければ良い」というように、大したことのない問題を大げさに騒ぎ立て、報道とエンタメを混同したかのような昨今のメディアは、その権力によって世論誘導することが出来るのだ。

それによって「議会制民主主義」が破壊されることもありえるということ。

そういう怖さも、有権者は認識していなければならない。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

【スポンサードリンク】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2018-5-18

    年商10億の通販王〖保阪尚希〗が抱くさらなる野望?イランのガスで5000億の真相

    最近、壮絶な過去など、何かと話題になる保阪尚希さん。 元々は俳優の彼は、一時期テレビから姿を消し、…
【スポンサーリンク】

注目記事

  1.  今月6日、東京・国分寺市で、生後7か月の赤ちゃんをおんぶし、自転車に乗っていた女性が乗用車と接触し…
  2. 東京都中央区にある、都立『泰明小学校』 この単なる、いち公立小学校が、新たに導入する制服(アルマー…
  3.  パソコンの基本ソフト(OS)が、意図せず『Windows 10』にアップグレードしてしまうユーザー…
  4. 日産自動車に続き、SUBARU(スバル)でも、無資格検査が発覚し、マスコミは日本の製造業の信頼低下を…
  5. 今月22日に投開票がされる衆院選も、各党、本格的な選挙モードに突入しているが、今回の選挙で特に注目さ…

おすすめ

  1. アメトーーク!『B’z芸人』放送記念!30周年を機に改めてその凄さを知ろう!

    1988年にデビューした『B'z』は、今年30周年を迎えている。 もちろん、日本のポップカルチャー…
  2. 手を触ったら痴漢?疑われた男性がビルから転落死の真相は?線路内逃走も続発!

    最近、電車内での痴漢を疑われ、駅のホームから線路に侵入し逃走するという、類似の事例が相次いでいる。そ…
  3. 高齢者ドライバーの免許更新はゆるい?女子高生が85歳に車ではねられる理不尽さ

    9日朝、群馬県前橋市で、85歳の男性が運転する車が自転車に乗った女子高校生2人をはねるという事故があ…
  4. 「NHKの桑子アナが消えた?」の話題に反応?和田正人のSNSに登場の勘違い

    『ブラタモリ』のアシスタントで注目を集め、今では『ニュースウオッチ9』のキャスターを務める、NHKの…
  5. 【高橋一生】マスコミのゴリ押しに違和感あり!本当にイケメン?セクシー萌え?

    出典:MY Promotion Inc. 『高橋一生』という俳優をご存じだろうか。少し前なら、名前…
  6. ながら自転車?スマホ操作し歩行者に衝突!重大な事故を招く意識と想像力の欠如

    今月、川崎市で、自転車と歩行者(女性)がぶつかり、その女性が死亡する事故があった。 最近、エコやエク…
  7. 【イッテQ】海外で安室引退を知る!その時イモトは?大号泣の末に怒らせたネコ

    安室奈美恵の引退報道後、芸能界の安室ファンを公言する人たちからも惜しむ声が聞かれたが、その中でも、特…
  8. 『ドムドムバーガー』は生きていた!新規出店に歓喜!懐かしのゾウさん復活へ

    筆者は『ドムドムバーガー』と聞いて、激しく懐かしいと思う世代である。 私は勝手に40代前後の世代を…
ページ上部へ戻る