<麻生太郎>失言?高齢者を軽視?論点をずらして揚げ足取りばかりの呆れたメディア

 先日、麻生太郎(副総理、兼財務大臣)の、高齢者に対する発言が問題とされ、複数のメディアが取り上げた。

まず、この報道を見て感じたのは、いつまで経っても「成熟しない世論」の裏には、相変わらず揚げ足取りの批判ばかりで、議論の出来ないメディア(マスコミ)の「報道姿勢」にあるということ・・・

政治家として言葉は乱暴かもしれないが、問題提起としては的確

 まず、麻生氏の発言を切り取ったものがこれだ

「90になって老後が心配とか、わけのわからないことを言っている人がテレビに出ていたけど、いつまで生きているつもりだよと思いながら見ていた」

 この言葉を文字に起こせば、いくらでも悪意に満ちた報道が出来るだろう。

 だが、発言されたという講演での雰囲気や口調は文字だけでは伝わらず、麻生氏に対しては「早く死ねという事か?」とか「敬意はないのか!」といったように、真意や論点とは違った感情だけが先行してしまうだろう。

 まさに、批判するためだけに存在するようなメディアにとっては格好の餌食だが、それに惑わされる(誘導されてしまう)有権者は非常に不幸だ。

叩くことが正義?伝える側の思惑など有権者には関係ない

 今回の麻生氏の講演での話の筋、また論点はというと

 「貯め込んで使われないで寝ているいるお金が現金だけでも900兆円ある」

 「その多くは高齢者が持っている」

 そのような話の流れで「90歳で十分老後なのに、さらに老後?の心配をしてお金を貯め込む」ような人もいると、笑いを込めての発言だった。

 そういった「動かないお金」が日本にはいっぱいあることへのツッコミであり、割と砕けた話の雰囲気に会場からは笑いも起きている。

 要は、90歳になってもまだ先を心配して、使わずにお金をいっぱい持っている「元気な年寄り」がいる事、それを世の中にお金が回らない原因の一つとして、分かりやすく説明しているだけなのだ。

 これに対し、毎日新聞に至っては

「お前いつまで生きているつもりだ」

 と言ったとする書き方をしているが、実際の講演の映像を見る限り「お前」なんて言葉は使っておらず、明らかに歪曲されている。

 こんなアホなメディアでも、テレビや新聞を無条件に信用する人がいるのだから世論は成熟しない。

 問題提起をしているのに、論点をずらし、言葉の一部だけを切り取って、揚げ足取りに興じる。

 果たしてメディアというのは何のために存在しているのか?

☆余談☆
オレオレ詐欺に引っかかっているのは、だいだい高齢者だが、ニュースのたびに、その騙された金額の大きさに驚かされる。

数千万はザラで、中には億の金を奪われるケースだってあるのだ。

こういったお金が詐欺に合うくらいなら、いっそ被災地にでも寄付された方がよっぽど役に立つとさえ思うほど、ある所にはある。

それも、活動の少なくなった高齢者に集中していて、タンス預金など把握できていない物も含め、相当、眠っているお金があることは、国として問題意識を持つべきなのだ。

ちなみに、麻生氏も75歳で高齢者の部類に入る。

自分も含めて、これからの世代に高齢者が還元しなければいけない事もある(してほしい)と言いたいのだろし、この手の話は麻生氏がずっと言ってきていることである。

メディアの力、自由を履き違えれば時に暴力に・・・

 舛添問題でも、狂ったように時間を使い、追求、追求と、実は世の中を停滞させているのはメディア(マスコミ)ではないのか?

 今回のような、単なる言葉の使い方を問題にしても何にもならないし時間の無駄。

 発言の本質を伝えられなければ、議論も出来ない。

 メディアというのは、気に入らない人間を引きずり下ろすことができると勘違いしているのではないか?

 それとも、それが使命とでも思っているのか。

 表現の自由や、報道の自由を履き違えた「メディアの暴力」が存在することも、世間は注視していかなければならない。

 こういったメディアの動きに対し、少し意外なところから疑問を投げかけられた。

 あの、与党の逆の事を言うのが仕事で、批判しか出来ないと思っていた民進党(旧民主党)の蓮舫議員から、思わぬ援護射撃。

1606-18-01

 発言の意図や、論点を無視したような報道に対し、野党の急先鋒のような彼女からまともな意見が出たことに、驚いたし、少しは見直した。

 結局、政治は足の引っ張り合いだけでは、前に進まない。

 極端な思想を持った政党は論外だが、日本の将来を考えれば、本来、与党も野党もないのだ。

 超党派で解決できる問題もあるだろう。

 まさに、オリンピックや、少子化対策、農業改革などはそうだ。

 どこの政党の手柄だとか、国民にとってはどうでもいいこと。

 これ以上、馬鹿なメディア(マスコミ)に振り回され、騙されるのだけは、もうごめんだ・・・

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

【スポンサードリンク】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2018-5-18

    年商10億の通販王〖保阪尚希〗が抱くさらなる野望?イランのガスで5000億の真相

    最近、壮絶な過去など、何かと話題になる保阪尚希さん。 元々は俳優の彼は、一時期テレビから姿を消し、…
【スポンサーリンク】

注目記事

  1.  パソコンの基本ソフト(OS)が、意図せず『Windows 10』にアップグレードしてしまうユーザー…
  2.  ふと、明け方なんかに、テレビをつけて、テレビ東京やテレビ埼玉にチャンネルを合わすと、演歌のプロモー…
  3. 政治的、民族的、極寒など、平昌オリンピックを取り巻く環境にはさまざまな問題が横たわっている。 だが…
  4. Photo by Paul  東京オリンピックの会場建設について、先日、小池都知事が、費用の高騰を…
  5. 先日、今期『Jリーグ』の前半戦を終えて、降格圏内に沈む『サンフレッチェ広島』(以下、広島)の森保監督…

おすすめ

  1. 『イッテQ』イモトアヤコがアイガー挑戦!視聴者の心配にも諦めないエベレスト

    日曜日の夜8時、家族で見るテレビ番組といえば、日本テレビの『世界の果てまでイッテQ!』だ。かつて日曜…
  2. 話題の【黒にんにく】気になる臭いと味をチェック!肝心の効果は?

    ニンニクが、滋養強壮に良いとか健康効果のある食材だということは皆が知るところだろう。だが、普段は料理…
  3. 【イッテQ】海外で安室引退を知る!その時イモトは?大号泣の末に怒らせたネコ

    安室奈美恵の引退報道後、芸能界の安室ファンを公言する人たちからも惜しむ声が聞かれたが、その中でも、特…
  4. 少子化は中学の部活動をも無くす?東京五輪の後はスポーツ教育の転換期になる

    まず、中学校に入学して、一番の関心事となるのは「部活動」に入ることだろう。 その、これまで当たり前…
  5. 不可避の交通事故でも容疑者として実名報道?の是非

     今月6日、東京・国分寺市で、生後7か月の赤ちゃんをおんぶし、自転車に乗っていた女性が乗用車と接触し…
  6. 【B’z】シェーンとバリーはファンも認める正規メンバー?超絶ドラムと家族動画

    〖B'z〗と言えば、ギターの松本孝弘、ボーカルの稲葉浩志の2人組ユニットとして知られるが、実はここ1…
  7. 【森友学園】疑惑のままで良い?「巨悪の安倍」妄想が膨らみ籠池擁護に走る野党

    森友学園の問題は、もはや目にするのもウンザリするほど、こすりにこすられた話題だが、ここにきて、籠池宅…
  8. 希望の党が第二民進党化?有権者無視で得意の揉め事!人のせい?呆れた小池批判

    やっぱりと言うべきか、先の衆院選で惨敗を喫した『希望の党』でゴタゴタが始まった。 代表の小池百合子…
ページ上部へ戻る