<麻生太郎>失言?高齢者を軽視?論点をずらして揚げ足取りばかりの呆れたメディア

 先日、麻生太郎(副総理、兼財務大臣)の、高齢者に対する発言が問題とされ、複数のメディアが取り上げた。

まず、この報道を見て感じたのは、いつまで経っても「成熟しない世論」の裏には、相変わらず揚げ足取りの批判ばかりで、議論の出来ないメディア(マスコミ)の「報道姿勢」にあるということ・・・

政治家として言葉は乱暴かもしれないが、問題提起としては的確

 まず、麻生氏の発言を切り取ったものがこれだ

「90になって老後が心配とか、わけのわからないことを言っている人がテレビに出ていたけど、いつまで生きているつもりだよと思いながら見ていた」

 この言葉を文字に起こせば、いくらでも悪意に満ちた報道が出来るだろう。

 だが、発言されたという講演での雰囲気や口調は文字だけでは伝わらず、麻生氏に対しては「早く死ねという事か?」とか「敬意はないのか!」といったように、真意や論点とは違った感情だけが先行してしまうだろう。

 まさに、批判するためだけに存在するようなメディアにとっては格好の餌食だが、それに惑わされる(誘導されてしまう)有権者は非常に不幸だ。

叩くことが正義?伝える側の思惑など有権者には関係ない

 今回の麻生氏の講演での話の筋、また論点はというと

 「貯め込んで使われないで寝ているいるお金が現金だけでも900兆円ある」

 「その多くは高齢者が持っている」

 そのような話の流れで「90歳で十分老後なのに、さらに老後?の心配をしてお金を貯め込む」ような人もいると、笑いを込めての発言だった。

 そういった「動かないお金」が日本にはいっぱいあることへのツッコミであり、割と砕けた話の雰囲気に会場からは笑いも起きている。

 要は、90歳になってもまだ先を心配して、使わずにお金をいっぱい持っている「元気な年寄り」がいる事、それを世の中にお金が回らない原因の一つとして、分かりやすく説明しているだけなのだ。

 これに対し、毎日新聞に至っては

「お前いつまで生きているつもりだ」

 と言ったとする書き方をしているが、実際の講演の映像を見る限り「お前」なんて言葉は使っておらず、明らかに歪曲されている。

 こんなアホなメディアでも、テレビや新聞を無条件に信用する人がいるのだから世論は成熟しない。

 問題提起をしているのに、論点をずらし、言葉の一部だけを切り取って、揚げ足取りに興じる。

 果たしてメディアというのは何のために存在しているのか?

☆余談☆
オレオレ詐欺に引っかかっているのは、だいだい高齢者だが、ニュースのたびに、その騙された金額の大きさに驚かされる。

数千万はザラで、中には億の金を奪われるケースだってあるのだ。

こういったお金が詐欺に合うくらいなら、いっそ被災地にでも寄付された方がよっぽど役に立つとさえ思うほど、ある所にはある。

それも、活動の少なくなった高齢者に集中していて、タンス預金など把握できていない物も含め、相当、眠っているお金があることは、国として問題意識を持つべきなのだ。

ちなみに、麻生氏も75歳で高齢者の部類に入る。

自分も含めて、これからの世代に高齢者が還元しなければいけない事もある(してほしい)と言いたいのだろし、この手の話は麻生氏がずっと言ってきていることである。

メディアの力、自由を履き違えれば時に暴力に・・・

 舛添問題でも、狂ったように時間を使い、追求、追求と、実は世の中を停滞させているのはメディア(マスコミ)ではないのか?

 今回のような、単なる言葉の使い方を問題にしても何にもならないし時間の無駄。

 発言の本質を伝えられなければ、議論も出来ない。

 メディアというのは、気に入らない人間を引きずり下ろすことができると勘違いしているのではないか?

 それとも、それが使命とでも思っているのか。

 表現の自由や、報道の自由を履き違えた「メディアの暴力」が存在することも、世間は注視していかなければならない。

 こういったメディアの動きに対し、少し意外なところから疑問を投げかけられた。

 あの、与党の逆の事を言うのが仕事で、批判しか出来ないと思っていた民進党(旧民主党)の蓮舫議員から、思わぬ援護射撃。

1606-18-01

 発言の意図や、論点を無視したような報道に対し、野党の急先鋒のような彼女からまともな意見が出たことに、驚いたし、少しは見直した。

 結局、政治は足の引っ張り合いだけでは、前に進まない。

 極端な思想を持った政党は論外だが、日本の将来を考えれば、本来、与党も野党もないのだ。

 超党派で解決できる問題もあるだろう。

 まさに、オリンピックや、少子化対策、農業改革などはそうだ。

 どこの政党の手柄だとか、国民にとってはどうでもいいこと。

 これ以上、馬鹿なメディア(マスコミ)に振り回され、騙されるのだけは、もうごめんだ・・・

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

【スポンサードリンク】

関連記事

お得情報(PR)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2018-1-21

    高梨沙羅の好感度に異変!愛車は祖父もドン引きの超高級車?伸び悩みの原因とは

    平昌オリンピックが来月(2月9日~)に迫る中、日本では、人気の『フィギュアスケート』や、最近好成績を…
【スポンサーリンク】

注目記事

  1. 出典:BRODY編集部 on Twitter 『乃木坂46』の中元日芽香(21)が、NHKラジオ第…
  2. スマホの大画面化やタブレットの普及で、一般レベルでのPC(パソコン)の存在意義が薄れてきているが、仕…
  3.  『早見あかり』という女優はご存じだろうか。名前は知らなくとも、その顔を見たことがある人は多いだろう…
  4. 岡山市にある、学校法人「加計(かけ)学園」の獣医学部を、愛媛県の今治市に新設する計画について、安倍首…
  5.  今や、世界の観光地には中国人観光客で溢れていて、その国の観光産業に多大な影響を与えるまでになってい…

おすすめ

  1. 【B’z】シェーンとバリーはファンも認める正規メンバー?超絶ドラムと家族動画

    〖B'z〗と言えば、ギターの松本孝弘、ボーカルの稲葉浩志の2人組ユニットとして知られるが、実はここ1…
  2. 『ドムドムバーガー』は生きていた!新規出店に歓喜!懐かしのゾウさん復活へ

    筆者は『ドムドムバーガー』と聞いて、激しく懐かしいと思う世代である。 私は勝手に40代前後の世代を…
  3. 好感度も急降下?DAIGO「KSK」リリースは結婚商法?興ざめとの声も

     先日、熊本地震の不安も覚めない中、結婚披露宴を開いた、歌手、又はタレントのDAIGOさんと、女優の…
  4. そろそろ大人の塗り絵でも始めません?そうだ!色鉛筆を選ぼう

     子供の頃、誰もが遊んだことのある塗り絵が、今は大人も楽しめると話題になって久しいが、改めて精神的に…
  5. 山尾志桜里が不倫疑惑で離党!仕事が出来ればセーフ?庇うコメンテーターに失笑

    民進党の山尾志桜里氏は、今月7日発売の週刊文春(9月14日号)で、倉持麟太郎弁護士との不倫疑惑を報じ…
  6. 厄年の南キャン山里を襲う【アニサキス胃腸炎】その原因と正体は!?

    年末年始の「食っちゃ寝」生活で、正月ボケを引きずっている人も多いのではないだろうか。 そして、何か…
  7. 【浦和レッズvsシャペコエンセ】後味の悪さをサポーターが救った感動の光景!

    出典:ゲキサカ JリーグYBCルヴァンカップ(旧ナビスコカップ)と、南米のコパ・スダメリカーナの、そ…
  8. 中田翔がFAで争奪戦?果たしてそこまでの選手?日本の主砲にしては寂しい数字

    北海道日本ハムファイターズ(以下、日ハム)の主砲『中田翔』が、今シーズンが終わると、FA(フリーエー…
ページ上部へ戻る