「NHKの桑子アナが消えた?」の話題に反応?和田正人のSNSに登場の勘違い

『ブラタモリ』のアシスタントで注目を集め、今では『ニュースウオッチ9』のキャスターを務める、NHKのアナウンサー『桑子真帆』

現在、行われていつ平昌オリンピックの開会式の実況(司会)を現地で努め『ニュースウオッチ9』は欠席していたが、その後、現地での出番はないにも関わらず、なかなか番組に復帰しないことから、ちょっとした話題になっていた。

えっ!俳優と食事?ネットの話題に反応する違和感

そんな話題がネットで広まるや、意外な所から情報が出てきた。

俳優の『和田正人』のツイッターに突如現れた桑子アナ・・・

だいたいネットの話題なんかは、どうでも良いようなことを、さも世間の関心事ののように伝えるもの、そもそもNHKのいちアナウンサーの動向など気にするほど、みんな暇ではない。

それを、なにを勘違いしているのか、俳優のSNSで存在をアピールするかの如く登場した。

別にどこに居るかとか、プライベートの話ではなく、単にレギュラーのニュース番組に出ていないから(一応、2週間休むおりは伝えられている)視聴者が「どうしたのかな?」「アナウンサー代わったのかな?」と思った人がいただけの話。

視聴者は桑子アナが月-金でテレビに出演することに慣れているせいか、ネット上には「五輪開会式以来、桑子ちゃんを見かけない」「桑子さん どこへ行ってしまったの?」「心配しています」「桑子真帆が消えた」と心配する声が集まっている。
NHK桑子真帆アナが「消えた」とネットで騒ぎに…「開会式後、見かけない」|デイリースポーツ

それに、タレントでもないわけで、一応は人気アナウンサーと扱わているが、彼女の立場はただのNHK職員。

そんな桑子アナが俳優さんのSNS(プライベート)に・・・違和感を覚える人は多いだろう。

一時の好感度もだだ下がり?

桑子アナといえば『ブラタモリ』のアシスタントに抜擢されてから、好感度も上昇し、人気アナウンサーになった。

そしてNHKの看板ニュース番組『ニュースウォッチ9』のキャスターになり、報道へ。

NHK的にも押しているアナウンサーのようで、昨年の紅白歌合戦ではウッチャンこと内村光良と共に総合司会に抜擢された。

だが、本来なら、アナウンサーがタレント司会者を補佐し、安定感をもたらす存在になるはずが、たどたどしさが目立ち「このアナウンサーいる?」などとツッコまれる事態に・・・

そのため、逆にウッチャンの安定感が際立ち、桑子アナの出る幕はほとんどなく、アナウンサーの存在意義を問われるまでに・・・

オリンピックでも失態?

まさに今回『ニュースウォッチ9』から消えたキッカケとなったのが、平昌オリンピック。

現地に入り開会式の中継を担当したのだが、入場行進の時に流れる音楽に関しては饒舌になるも、開会式の中継も終わり、いよいよ締めという所で「閉会式」と言ってしまうという失態も・・・

放送終了間際に「きょうの“閉会式”を通じて、力強く表現された平和への願いも大切にしたいですね」と言い間違い。
NHK桑子アナ、平昌五輪開会式を「閉会式」と言い間違い…|サンスポ

最近のこういったポンコツぶりから「大丈夫?」(しかも報道)という声が出始め、それまでの評価が下がってきているのは確かだ・・・(実際『ニュースウォッチ9』で代役をこなしている女子アナウンサーの方が落ち着きがあって良いという声もある。)

◇  ◇  ◇

NHKの職員といえど、アナウンサーという表に出る側の人間なので、完全な私人というわけにはいかないが、芸能人、タレントなどと同じ有名人ではないという自覚は必要。

いくら自身が話題になったからといって、そもそも、アナウンサーとしてのスキルも問われている時に、俳優と食事(飲み)?している所をSNSに乗せるなんて「自意識過剰」と言われても仕方がないだろう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

【スポンサードリンク】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2018-5-18

    年商10億の通販王〖保阪尚希〗が抱くさらなる野望?イランのガスで5000億の真相

    最近、壮絶な過去など、何かと話題になる保阪尚希さん。 元々は俳優の彼は、一時期テレビから姿を消し、…
【スポンサーリンク】

注目記事

  1. 出典:ギャザリー 人は、無印良品のお店を見かけると、目的が無くともフラ~と入って眺めてしまうもの。…
  2. まず、中学校に入学して、一番の関心事となるのは「部活動」に入ることだろう。 その、これまで当たり前…
  3. 出典:東洋経済オンライン 今月28日に衆議院解散となるが、第二次安倍政権誕生から、これまで自民党1強…
  4. 現在、北朝鮮の核実験や長距離弾道ミサイルの発射試験に対する、アメリカの現政権(トランプ大統領)の強硬…
  5. 出典:産経新聞 今年の夏も横浜では『ピカチュウ大量発生チュウ』という、みなとみらい地区を中心に、街中…

おすすめ

  1. 高齢者ドライバーの免許更新はゆるい?女子高生が85歳に車ではねられる理不尽さ

    9日朝、群馬県前橋市で、85歳の男性が運転する車が自転車に乗った女子高校生2人をはねるという事故があ…
  2. 不可避の交通事故でも容疑者として実名報道?の是非

     今月6日、東京・国分寺市で、生後7か月の赤ちゃんをおんぶし、自転車に乗っていた女性が乗用車と接触し…
  3. SHISHAMO(ししゃも)ドコモCMで知名度UP!ベタなポップロックが心地いい

    ドコモのCMで「ししゃも?」・・・といった名前が出てきて、だれもが美味しい「ししゃも」を想像したとこ…
  4. メルカリの躍進で考えるヤフオクとの使い分け!個人売買とリサイクルショップ

    『メルカリ(mercari)』とは、いわゆるフリマアプリと呼ばれる、個人間で簡単に「売ったり買ったり…
  5. 手を触ったら痴漢?疑われた男性がビルから転落死の真相は?線路内逃走も続発!

    最近、電車内での痴漢を疑われ、駅のホームから線路に侵入し逃走するという、類似の事例が相次いでいる。そ…
  6. ONE OK ROCK(ワンオク)Takaの苦言がファンに波紋!スターに問われる器

    ONE OK ROCK(ワン オク ロック)略してワンオクと呼ばれる、日本の新しい世代を代表するロッ…
  7. 中田翔がFAで争奪戦?果たしてそこまでの選手?日本の主砲にしては寂しい数字

    北海道日本ハムファイターズ(以下、日ハム)の主砲『中田翔』が、今シーズンが終わると、FA(フリーエー…
  8. イッテQ温泉同好会の新弟子〖ガンバレルーヤ〗とは何者?ウッチャンはお父さん

    去年からジワジワと人気上昇中の『ガンバレルーヤ』は、かねてから内村光良(ウッチャン)を“東京のお父さ…
ページ上部へ戻る