サッカー韓国代表への差別的行為!謝罪も怒り収まらず?騒ぎすぎてブーメランも

今月10日、サッカーの韓国代表とコロンビア代表が国際親善試合を行った。

試合は韓国のFWソン・フンミンが2ゴールを上げ、2-1とホームの韓国が勝利。

だが、韓国内では強豪国に勝利したことよりも、コロンビアの選手が取ったある行為によって騒動となっている。

コロンビア選手の差別的行為に韓国で怒り爆発

「絶対に許されない!」

騒動の発端は、コロンビアが韓国に2点のリードを許していた、後半18分頃に発生したようだ。

競り合いによって倒れたDFキム・ジンスのユニフォームを、コロンビアMFハメス・ロドリゲスが引っ張って無理やり引き起こそうとすると、キム・ジンスが右手で振り払うような仕草をした。
するとハメスは顔を手で押さえて倒れ込み、両チームの選手たちが集まり一触即発の雰囲気となった。

そのなかでカルドナが、目を細めるようなジェスチャーを行っていた。アジア人の容姿を揶揄する行為に、最も怒りを露わにしていたのが、MFキ・ソンヨンだった。

出典:Football ZONE web

問題とされている「目を細めるジェスチャー」というのは、指で両目を吊り上げるような仕草をすることで、主にアジア人を揶揄するとされている行為だ。

こうした映像がインターネットやテレビで流れるや、韓国のサッカーファンが大激怒。

試合をライブ中継した韓国国営放送『MBC』が何度も再生して糾弾すると、激怒した韓国のサッカーファンがカルドナのSNSに大量の中傷メッセージを書き込むなど大炎上した。

大韓サッカー協会はFIFA(国際サッカー連盟)に状況を報告。やがてニュースは世界中を駆け巡った。

出典:サッカーダイジェストWeb

”『MBC』が何度も再生して糾弾”

当然、どんな状況であれ、人種差別的な行為は許されないし、ましてや撲滅を叫んでいるスポーツ界にとっては見過ごせないだろう。

しかし、されてしまった方(受け取る側)は冷静でなければならないはずなのだが、韓国ではメディアも世論を煽り、徹底的に相手に怒りをぶつけるという現象が度々起こる。

Embed from Getty Images

大人な対応で抗議することも必要

先日、日本でもアメリカメジャーリーグでワールドシリーズに出場したドジャースのダルビッシュ有に向けて、アストロズのユリエスキ・グリエル内野手が、今回と同じような「釣り目ポーズ」をしたことが問題になった。

グリエルはこの日、ドジャース先発のダルビッシュ有投手から2回に先制ソロを放つなど2安打1打点と活躍。5-3の勝利に貢献した。

しかし、本塁打の後、ダグアウトで見せた両目尻をつり上げる行為がアジア系の人々を侮辱する差別的ジェスチャーとして問題視され、波紋を呼んだ。

出典:Full-Count

グリエルはDeNAに所属していたこともあり、日本でも馴染みのある選手だったため、少なからず日本人にとってはショックな出来事だった。

しかし、当のダルビッシュの大人な対応で、日本では「そういうこともあるんだ~」程度のことで済んでおり、むしろ、アメリカのメディアや野球ファンの間での波紋の方が大きかったといえる。

まあ、あまり日本人は差別されることに敏感ではない(気づかない)ということもあるのかもしれないが、ダルビッシュのように、人種差別の愚かさを説きながらも「冷静に対応することが重要」だと思い知らされた事例でもあった。

騒ぎすぎれば着地点を見失うのでは?

話は韓国の騒動に戻るが、問題となった試合中の混乱の中で、差別行為をされたと最も怒っているとされるキ・ソンヨンも、コロンビアの選手に向けて「裏ピース」(手の甲を相手に向けたピース)をする場面も映っており、こうした行為も国によっては「中指を立てる」ことと同じような侮辱的なしぐさだと指摘されている。

また、キ・ソンヨンには前科もあり、2011年のアジアカップ準決勝で日本代表と対戦した試合で、ゴールを決めた後のパフォーマンスで、日本人を揶揄するような「猿まね」をするような行為があった。

(韓国では日本人を「猿」と侮蔑する意識が根強く存在する)

これには、日本国内はもとより、韓国メディアからも批判を浴びたという過去がある。

こうした事が根底にあるため、カルドナが公式に謝罪をしているにもかかわらず、収束しないこの問題に対して、国内外から「ブーメランでは?」とツッコまれているようだ。

◇  ◇  ◇

人種差別の問題は根深く、小さなことでも見逃せば、やがて大きな事態に発展するかもしれない。

今回の件も、当然、抗議はするべきなのだろうが、スポーツの世界では、お互いにヒートアップして間違いを犯すこともあり、お互い様という側面もある。

そこで、感情的に怒りをぶつけても、世論を煽るだけで問題の収束は難しくなってしまうだろう。(このままではFIFAの裁定も受け入れない?)

結局、着地点はどこなんだろうと・・・

それこそ、相手の謝罪も全く受け入れないという姿勢では、遺恨を残すだけだろう。(サッカーで韓国に悪印象を持っている国は結構ある?)

なぜか、韓国サッカーの話題ではこういった、試合以外の部分がクローズアップされることが多いのも、何かにつけ感情的になる国民性に起因しているのだろうか・・・

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

【スポンサードリンク】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2018-5-18

    年商10億の通販王〖保阪尚希〗が抱くさらなる野望?イランのガスで5000億の真相

    最近、壮絶な過去など、何かと話題になる保阪尚希さん。 元々は俳優の彼は、一時期テレビから姿を消し、…
【スポンサーリンク】

注目記事

  1. 2012年の12月に、第2次安倍政権が発足してから早4年半、小泉政権以来の長期政権となっている。 民…
  2. 今や「元SMAP」という肩書となった『香取慎吾』『草彅 剛』『稲垣吾郎』。 3人は、ジャニーズ事務…
  3. 最近、壮絶な過去など、何かと話題になる保阪尚希さん。 元々は俳優の彼は、一時期テレビから姿を消し、…
  4. ONE OK ROCK(ワン オク ロック)略してワンオクと呼ばれる、日本の新しい世代を代表するロッ…
  5. Jリーグは現在2ステージ制で行われている。リーグ戦の日程が終わると、チャンピオンシップ(以下、CS)…

おすすめ

  1. 【都議選】自民大敗は政策以上に国政での信頼低下「心」の問題、民進は論外!

    小池都知事になって初めての都議会選挙が終わった。 ふたを開ければやはり、小池氏が率いる『都民ファース…
  2. <麻生太郎>失言?高齢者を軽視?論点をずらして揚げ足取りばかりの呆れたメディア

     先日、麻生太郎(副総理、兼財務大臣)の、高齢者に対する発言が問題とされ、複数のメディアが取り上げた…
  3. 【NHK紅白】ウッチャン奮闘も視聴率は時代の流れに逆らえず?全世代型の限界

    2018年の三が日に早くも昨年末のテレビ番組の視聴率が発表されたが、取り分け注目されるのは、NHKの…
  4. 乙武氏も荒れる?田中萌『グッド!モーニング』不倫で降板?局の対応は…

    今週の「週刊文春」にスッパ抜かれた、テレビ朝日のアナウンサー(以下、アナ)同士の不倫疑惑。それも、朝…
  5. 安部首相の演説に起立、拍手が悪い?批判する民進(旧民主)も政権時代に・・・

     先日、安倍晋三首相の所信表明演説中に、自民党議員らが立ち上がって拍手した事を問題視した野党が、27…
  6. 中田翔がFAで争奪戦?果たしてそこまでの選手?日本の主砲にしては寂しい数字

    北海道日本ハムファイターズ(以下、日ハム)の主砲『中田翔』が、今シーズンが終わると、FA(フリーエー…
  7. 不可避の交通事故でも容疑者として実名報道?の是非

     今月6日、東京・国分寺市で、生後7か月の赤ちゃんをおんぶし、自転車に乗っていた女性が乗用車と接触し…
  8. 打倒!安倍政権?とんでも経済学者【高橋伸彰】の1日100円節約運動が大炎上!

    これまでSNSなどネット上での発言が元となり、炎上、失墜した人は数知れず・・・。そして「つぶやき」が…
ページ上部へ戻る