【韓国】慰安婦像が大量発生中!もう慰霊の意味などない?度を過ぎた嫌がらせか

出典:産経新聞

今年の夏も横浜では『ピカチュウ大量発生チュウ』という、みなとみらい地区を中心に、街中がピカチュウだらけになるという、毎年恒例となりつつある、ポケモン好きにはたまらないイベントが開催されている。

かたや、お隣の国『韓国』では、日本人にも色々な意味で有名となった『慰安婦像』が、日韓合意以降も勢いは収まるどころか、ますます設置に意欲的・・・大量発生の様相を呈している。

像を作ることの意味を履き違えた狂気(笑)

本来、銅像というかモニュメントというものは、一つの事(者)に固執して乱立するものではないだろう。

慰霊という目的であれば、一ヶ所に設置してその場所を聖地とすればよく、そこに行って「思いを馳せること」が出来れば十分目的は果たされるはず。

だが、韓国における『慰安婦像』というのは、いわゆる「アピール」が目的で、反日、被害者意識の「権化」となって増殖しつつあるのが現状だろう。

もはや慰霊とはかけ離れたものとなっている。

バスにも乗っちゃう慰安婦像

ここまで来ると、狂気というか「笑わそうとしているのか?」と・・・むしろ慰安婦とされる人を、道具として「間違った利用」をしているようにしか見えない。

座席に「少女像」置いた路線バス、ソウルで運行

ソウルのバス運行会社「東亜運輸」は14日、慰安婦を象徴する少女像を座席に置いた路線バスの運行を始めた。

少女像はプラスチック製で、高さ約1メートル30。ソウルの日本大使館公報文化院近くを走る路線バス34台のうち、5台の座席部分に1体ずつ据え付けられた。

バスはソウル市の中心部と北部を結んでいる。同社の林真ユウ(イムジンウク)社長は「多く利用する学生たちに少女像を見ながら歴史について考えてほしかった」としている。

出典:読売新聞

少女像、ソウル路線バスの座席に 市が設置認める

慰安婦問題を象徴する少女像のプラスチック製レプリカが設置された。朴元淳(パクウォンスン)市長も同日朝、バスに乗って視察した。

出典:朝日新聞

市長・・・プラスチック製のレプリカ・・・

韓国“慰安婦の日”各地で行事、広場では500体のミニチュア展示も

ソウル市中心部の清渓(チョンゲ)広場では、ミニチュアの金色の慰安婦像500体を展示した。

韓国国内では今年3月までに73体の慰安婦像が設置済み。

市内の5つの区など、韓国各地で新たな慰安婦像10体が設置され、除幕式が行われる。

出典:産経新聞

現在の韓国、ソウルといえば、多くの外国人が仕事や観光で訪れる、国際都市のはず。

一つの歴史的な事象に異常なまでに固執し、像を乱立することに、市民は何の違和感も感じないものなのだろうか・・・

少なくとも、日本人のみならず、他の外国人も「これは一体なんなのか?」と疑問を持つだろう。

それは慰安婦への興味ではなく、像に対する「なぜここに?」という不思議さ・・・

「なにかのキャラクター?」それこそバスになんか乗せてたら、バスガイド?としか思わないのでは?

もう慰安婦どうこうの話しではなく、この造作物はなんだ!?ということにしかならない・・・

外国人観光客が激減する韓国のジレンマ

韓国から留学生として日本に来て、そのまま就職、現在も日本で暮らす、ある韓国人作家に、慰安婦問題の認識を聞いたときの興味深い話がある。

「大使館、領事館前の慰安婦像はやめるべきだと思う」「それは明らかな嫌がらせですし、交渉のカードとして使っているだけだから」

「本当にそれを建てたいなら仁川空港とか金浦空港にいっぱい並べたらいい。もしくは繁華街に」「そしたら日本人の観光客は嫌になって来なくなりますから」

「それが本当に世界に対して堂々と言えるものなら」

その韓国人作家も、慰安婦の議論はともかく、やり方には違和感を覚えているようだった。

ただでさえ、米国の高高度防衛ミサイルTHAAD(サード)の配備の問題で、中国から反発を受け、北朝鮮問題から、慰安婦、反日問題で日本人の嫌悪感も増してる中、外国人観光客が激減していると伝えられる韓国。

今回のバスへの設置は、ある意味「来るところまで来た」という感じだ。

そもそも、観光資源に乏しく、ソウルでの買い物目当てでしか、目的がないと言われる韓国。

最近でも、リピーターが極度に少ないという調査結果も出たようだが、遂に街中でも、不意に慰安婦像を目にする可能性が出てきてしまった。

再び、日本人観光客を呼び戻したいという動きもあるだろうし、先の韓国人作家のように、やり方として、国内でも違和感を持っている人も多いようだが、今は慰安婦問題を利用しようとする勢力が世論を引っ張っており、たとえ、違和感があっても異を唱えられないのが現状なのかもしれない。

さらには、日本の植民地時代に強制徴用された労働者を象徴した『労働者像』の設置も伝えられるが、自ら「もはや先進国」だと言うくらいの発展を遂げた国なのに、世界に向かって、いつまでも「被害者アピール」をしている。

こういった事も、歴史認識と未来志向、現在、国内に山積する問題のなかで、韓国のジレンマを感じざるを得ない・・・

反日世論がすべての韓国

おそらく、これまでの人間関係で、韓国人や、在日の方と関わった人も多いだろう。

そうした個人では、違和感なく付き合えるのに、こうも世論というか国となると、違和感しかないのは常に日韓関係においての難しい所で、いつまでも解消できない。

そこには、一部のヒステリックな国民に、振り回される政府、とりあえず反日政策を取れば支持を得られるという、ある意味、世論に「がんじがらめ」にされてしまった挙げ句の「逃げ」として、利用さてている日本という図式がある。

だが、当然、日本にも国民感情はある。

慰安婦の議論以前に、当事者ではない、今の世代への「嫌がらせ」のようなやり方は、成熟した国がやることではない。

所かまわず「なんとか像」を建てまくっても、外国からは「変な国」そう見られるだけだろう・・・

あ~ますます韓国への足は遠のくな~こりゃ・・・

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

【スポンサードリンク】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2018-5-18

    年商10億の通販王〖保阪尚希〗が抱くさらなる野望?イランのガスで5000億の真相

    最近、壮絶な過去など、何かと話題になる保阪尚希さん。 元々は俳優の彼は、一時期テレビから姿を消し、…
【スポンサーリンク】

注目記事

  1.  パソコンの基本ソフト(OS)が、意図せず『Windows 10』にアップグレードしてしまうユーザー…
  2. Photo by Paul  東京オリンピックの会場建設について、先日、小池都知事が、費用の高騰を…
  3. 平昌オリンピックが来月(2月9日~)に迫る中、日本では、人気の『フィギュアスケート』や、最近好成績を…
  4.  先月の4月2日、イギリスのウェンブリー・アリーナ(SSEアリーナ・ウェンブリー)でのライブを成功さ…
  5. 体のあらゆる変化により、運動不足を痛感させられることは現代人にとってのよくある話。 しかし、これま…

おすすめ

  1. 映画『サブイボマスク』主演ファンキー加藤W不倫!特技はスピード子作り?

     元ファンキーモンキーベイビーズで、歌手のファンキー加藤(37)が不倫?また今年のトレンドに乗って現…
  2. 【イッテQ】海外で安室引退を知る!その時イモトは?大号泣の末に怒らせたネコ

    安室奈美恵の引退報道後、芸能界の安室ファンを公言する人たちからも惜しむ声が聞かれたが、その中でも、特…
  3. 【ノーベル賞】なぜ韓国は取れない!期待しても受賞どころか候補さえ居ない?

     早いもので、今年も『ノーベル賞』ウィークがやってきた。そして、ノーベル医学生理学賞を、大隅良典(東…
  4. 年商10億の通販王〖保阪尚希〗が抱くさらなる野望?イランのガスで5000億の真相

    最近、壮絶な過去など、何かと話題になる保阪尚希さん。 元々は俳優の彼は、一時期テレビから姿を消し、…
  5. 【東京五輪】混迷!揉めるボート会場に韓国開催も視野?彩湖を推す選手の声はどこへ…

    Photo by Paul  東京オリンピックの会場建設について、先日、小池都知事が、費用の高騰を…
  6. 本当に靴職人!?花田優一の止まらない二世タレント化(笑)俳優にも興味?

    画像:©MeguEntertainment 『花田優一』といえば、言わずと知れた大横綱『第65代横…
  7. 【坂上忍】とんねるずの後番組でMCに起用?嫌われてもテレビで重宝されるワケ

    今年3月での終了が決まっている、フジテレビの『とんねるずみなさんのおかげでした』(以下、みなさん) …
  8. この演歌が面白い!松尾雄史『メルボルン特急』になぜかニヤッと

     ふと、明け方なんかに、テレビをつけて、テレビ東京やテレビ埼玉にチャンネルを合わすと、演歌のプロモー…
ページ上部へ戻る