【韓国】北朝鮮情勢に危機感なし?有事を警戒する日本に「煽るな!」と文句

現在、北朝鮮の核実験や長距離弾道ミサイルの発射試験に対する、アメリカの現政権(トランプ大統領)の強硬姿勢を見れば、朝鮮半島情勢が如何に緊迫した状態であるかは、誰の目にも明らかだろう。

そういった状況に、隣国、又は米軍基地を要する日本が最大限の警戒感を持つことは当然のことだ。しかし、国境を接し、今もなお休戦状態で対峙しているはずの韓国が、なぜか警戒を強める日本に対し不快感を示している。

安倍首相が危機を煽り誤解を招いている?

北朝鮮が、日本に到達するミサイルを保有していることは周知の事実。過去には日本海の排他的経済水域(EEZ)内、それも2016年には、秋田沖の約250キロメートルの所に落下。さらには日本上空を越えて太平洋に落下したことだってある。

これはもう、学生の頃にやったであろう「いかに指の間をペンで早く突けるか」という感じで、日本人は知らぬ間に、とんでもなく危険な目に合わされているのだ。

それが今、アメリカが見過ごすことのできない事態(レッドライン)となるギリギリの所まで来ている。当然、同盟国であり、米軍基地のある日本は、標的にされているわけで、危機感を抱かないわけがない。

それなのに韓国は・・・たしか朝鮮戦争は今だ終わっていない休戦状態のはず。

「安倍首相、誤解を招き得る言及は自制すべきだ」 難民流入の対処策に韓国外務省 メディアは「慰安婦像の腹いせ」 :産経新聞

【社説】韓半島の不安感あおる日本、自制するべき :中央日報

~記事抜粋~

◇安倍晋三首相が朝鮮半島有事の際に予想される日本への難民流入の対処策を検討していることを明らかにした。

◇韓国では、北朝鮮情勢をめぐり日本が警戒していることに対し、「日本が危機をあおっている」との批判がメディアなどで相次いでいる。

◇韓国外務省報道官は18日の定例会見で「仮想の状況を前提とし、誤解を招き、平和と安定に否定的な影響を及ぼし得る言及は自制すべきだ」と不快感を示した。

◇朝鮮日報は社説で「緊張をあおるような低水準の稚拙な言動といわざるを得ない」「慰安婦像に対する感情的な腹いせにしか聞こえない」と曲解し、日本側の危機意識を理解しようとしていない。

出典:産経新聞

記事の最後に「北朝鮮と直接軍事的に対峙(たいじ)しているはずの韓国では、なぜか現実的な危機感がほとんど感じられない。」とある。今の韓国には内政しか見えていないのかもしれないが、北朝鮮との軍事境界線から40キロ程度しか離れていない所にソウルがあるのに不思議なことだ・・・

全く向いてる方向が違うぞ!

この事態をどう捉えようと勝手だが、日本の対応にいちいち文句を言われる筋合いは全くないし、ことを荒立てたくないなら、もっと働きかけなきゃいけない所があるだろう。

なぜ、日本を向くのか・・・

本来、日本からしたら朝鮮半島の有事など迷惑極まりない。いつまでも同じ民族同士で解決できないまま、周辺諸国に危険が及んでしまっていることを自覚してもらいたいものだ。

あらゆる事態を想定して対策を考える。国として国民を守るためには当たり前の事。そこにやり過ぎということはないはずで、もちろん他国からどうこう言われる話ではない。まさに内政干渉といえるだろう。

結局、核や化学兵器をチラつかせる北朝鮮より、日本憎しが勝ってしまうのが韓国なのか・・・

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

【スポンサードリンク】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2018-5-18

    年商10億の通販王〖保阪尚希〗が抱くさらなる野望?イランのガスで5000億の真相

    最近、壮絶な過去など、何かと話題になる保阪尚希さん。 元々は俳優の彼は、一時期テレビから姿を消し、…
【スポンサーリンク】

注目記事

  1. 先月31日、アジアチャンピオンズリーグ(ACL)決勝トーナメントのラウンド16、『浦和レッズvs.済…
  2.  2020年の東京オリンピックまで、あと4年を切った。リオが無事に終わり、世界中のアスリートの気持ち…
  3. 週刊ビッグコミックスピリッツで連載中の、眉月じゅんによる漫画『恋は雨上がりのように』を、小松菜奈、大…
  4. 出典:MY Promotion Inc. 『高橋一生』という俳優をご存じだろうか。少し前なら、名前…
  5. 最近、壮絶な過去など、何かと話題になる保阪尚希さん。 元々は俳優の彼は、一時期テレビから姿を消し、…

おすすめ

  1. 【韓国】北朝鮮情勢に危機感なし?有事を警戒する日本に「煽るな!」と文句

    現在、北朝鮮の核実験や長距離弾道ミサイルの発射試験に対する、アメリカの現政権(トランプ大統領)の強硬…
  2. 【Jリーグ】苦境に立つ浦和と広島の共通点!過去5年の明暗、同時に迎えた限界?

    先日、今期『Jリーグ』の前半戦を終えて、降格圏内に沈む『サンフレッチェ広島』(以下、広島)の森保監督…
  3. <BABYMETAL>ウェンブリー公演!期待のWOWOWにファンは不完全燃焼?

     先月の4月2日、イギリスのウェンブリー・アリーナ(SSEアリーナ・ウェンブリー)でのライブを成功さ…
  4. 【B’z】シェーンとバリーはファンも認める正規メンバー?超絶ドラムと家族動画

    〖B'z〗と言えば、ギターの松本孝弘、ボーカルの稲葉浩志の2人組ユニットとして知られるが、実はここ1…
  5. 中田翔がFAで争奪戦?果たしてそこまでの選手?日本の主砲にしては寂しい数字

    北海道日本ハムファイターズ(以下、日ハム)の主砲『中田翔』が、今シーズンが終わると、FA(フリーエー…
  6. 乙武氏も荒れる?田中萌『グッド!モーニング』不倫で降板?局の対応は…

    今週の「週刊文春」にスッパ抜かれた、テレビ朝日のアナウンサー(以下、アナ)同士の不倫疑惑。それも、朝…
  7. 手を触ったら痴漢?疑われた男性がビルから転落死の真相は?線路内逃走も続発!

    最近、電車内での痴漢を疑われ、駅のホームから線路に侵入し逃走するという、類似の事例が相次いでいる。そ…
  8. 【坂上忍】とんねるずの後番組でMCに起用?嫌われてもテレビで重宝されるワケ

    今年3月での終了が決まっている、フジテレビの『とんねるずみなさんのおかげでした』(以下、みなさん) …
ページ上部へ戻る