【韓国】北朝鮮情勢に危機感なし?有事を警戒する日本に「煽るな!」と文句

現在、北朝鮮の核実験や長距離弾道ミサイルの発射試験に対する、アメリカの現政権(トランプ大統領)の強硬姿勢を見れば、朝鮮半島情勢が如何に緊迫した状態であるかは、誰の目にも明らかだろう。

そういった状況に、隣国、又は米軍基地を要する日本が最大限の警戒感を持つことは当然のことだ。しかし、国境を接し、今もなお休戦状態で対峙しているはずの韓国が、なぜか警戒を強める日本に対し不快感を示している。

安倍首相が危機を煽り誤解を招いている?

北朝鮮が、日本に到達するミサイルを保有していることは周知の事実。過去には日本海の排他的経済水域(EEZ)内、それも2016年には、秋田沖の約250キロメートルの所に落下。さらには日本上空を越えて太平洋に落下したことだってある。

これはもう、学生の頃にやったであろう「いかに指の間をペンで早く突けるか」という感じで、日本人は知らぬ間に、とんでもなく危険な目に合わされているのだ。

それが今、アメリカが見過ごすことのできない事態(レッドライン)となるギリギリの所まで来ている。当然、同盟国であり、米軍基地のある日本は、標的にされているわけで、危機感を抱かないわけがない。

それなのに韓国は・・・たしか朝鮮戦争は今だ終わっていない休戦状態のはず。

「安倍首相、誤解を招き得る言及は自制すべきだ」 難民流入の対処策に韓国外務省 メディアは「慰安婦像の腹いせ」 :産経新聞

【社説】韓半島の不安感あおる日本、自制するべき :中央日報

~記事抜粋~

◇安倍晋三首相が朝鮮半島有事の際に予想される日本への難民流入の対処策を検討していることを明らかにした。

◇韓国では、北朝鮮情勢をめぐり日本が警戒していることに対し、「日本が危機をあおっている」との批判がメディアなどで相次いでいる。

◇韓国外務省報道官は18日の定例会見で「仮想の状況を前提とし、誤解を招き、平和と安定に否定的な影響を及ぼし得る言及は自制すべきだ」と不快感を示した。

◇朝鮮日報は社説で「緊張をあおるような低水準の稚拙な言動といわざるを得ない」「慰安婦像に対する感情的な腹いせにしか聞こえない」と曲解し、日本側の危機意識を理解しようとしていない。

出典:産経新聞

記事の最後に「北朝鮮と直接軍事的に対峙(たいじ)しているはずの韓国では、なぜか現実的な危機感がほとんど感じられない。」とある。今の韓国には内政しか見えていないのかもしれないが、北朝鮮との軍事境界線から40キロ程度しか離れていない所にソウルがあるのに不思議なことだ・・・

全く向いてる方向が違うぞ!

この事態をどう捉えようと勝手だが、日本の対応にいちいち文句を言われる筋合いは全くないし、ことを荒立てたくないなら、もっと働きかけなきゃいけない所があるだろう。

なぜ、日本を向くのか・・・

本来、日本からしたら朝鮮半島の有事など迷惑極まりない。いつまでも同じ民族同士で解決できないまま、周辺諸国に危険が及んでしまっていることを自覚してもらいたいものだ。

あらゆる事態を想定して対策を考える。国として国民を守るためには当たり前の事。そこにやり過ぎということはないはずで、もちろん他国からどうこう言われる話ではない。まさに内政干渉といえるだろう。

結局、核や化学兵器をチラつかせる北朝鮮より、日本憎しが勝ってしまうのが韓国なのか・・・

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

【スポンサードリンク】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2018-2-19

    「NHKの桑子アナが消えた?」の話題に反応?和田正人のSNSに登場の勘違い

    『ブラタモリ』のアシスタントで注目を集め、今では『ニュースウオッチ9』のキャスターを務める、NHKの…
【スポンサーリンク】

注目記事

  1. 北海道日本ハムファイターズ(以下、日ハム)の主砲『中田翔』が、今シーズンが終わると、FA(フリーエー…
  2. 出典:朝日新聞社 先月、衆議院解散となり、野党のドタバタ再編劇が繰り広げられているが、そのキッカケを…
  3. 体のあらゆる変化により、運動不足を痛感させられることは現代人にとってのよくある話。 しかし、これま…
  4. Jリーグは現在2ステージ制で行われている。リーグ戦の日程が終わると、チャンピオンシップ(以下、CS)…
  5. 出典:MY Promotion Inc. 『高橋一生』という俳優をご存じだろうか。少し前なら、名前…

おすすめ

  1. 山尾志桜里が不倫疑惑で離党!仕事が出来ればセーフ?庇うコメンテーターに失笑

    民進党の山尾志桜里氏は、今月7日発売の週刊文春(9月14日号)で、倉持麟太郎弁護士との不倫疑惑を報じ…
  2. 【東京五輪】混迷!揉めるボート会場に韓国開催も視野?彩湖を推す選手の声はどこへ…

    Photo by Paul  東京オリンピックの会場建設について、先日、小池都知事が、費用の高騰を…
  3. メルカリの躍進で考えるヤフオクとの使い分け!個人売買とリサイクルショップ

    『メルカリ(mercari)』とは、いわゆるフリマアプリと呼ばれる、個人間で簡単に「売ったり買ったり…
  4. 好感度も急降下?DAIGO「KSK」リリースは結婚商法?興ざめとの声も

     先日、熊本地震の不安も覚めない中、結婚披露宴を開いた、歌手、又はタレントのDAIGOさんと、女優の…
  5. 映画『サブイボマスク』主演ファンキー加藤W不倫!特技はスピード子作り?

     元ファンキーモンキーベイビーズで、歌手のファンキー加藤(37)が不倫?また今年のトレンドに乗って現…
  6. 成宮寛貴が突然の引退発表!薬物疑惑を完全否定していた彼に何が!?

    俳優の成宮寛貴(34)が9日、所属事務所を通じて突然発表した芸能界からの引退。疑惑の渦中にあった彼に…
  7. 【乃木坂46】中元日芽香が卒業!芸能界も引退へ。妹と共に飛び込んだ世界で明暗

    出典:BRODY編集部 on Twitter 『乃木坂46』の中元日芽香(21)が、NHKラジオ第…
  8. <東京2020>五輪招致に裏金疑惑!でも逆にないと思ってた人いるの?

     2020年に開催が予定される東京オリンピック・パラリンピック。その招致を巡り、裏金の疑いがあるとフ…
ページ上部へ戻る