これぞ『コボちゃん』最近の秀逸ネタ!このセンス、視点がやっぱり凄い!

『読売新聞』で、1982年4月1日から連載が開始され、35年以上、連載数1万2千回を軽く超える、もはや国民的4コマ漫画とも言える『コボちゃん』

これだけの長い間、毎日、毎日書き続けるだけでも相当な苦労だと思うが、そのに視点や発想には、唸らされるばかりである。

2018年2月21日に掲載の『コボちゃん』に改めて感じる凄さ

この日の朝、ボヤーと広げた新聞からコボちゃんを見ると、その秀逸さにいきなり目が覚めた。

1982年から2018年という月日の流れがあっても「変わらない物ってまだあるんだな~」と・・・それを掘り起こす、作者の目の付け所につくづく感心させられてしまった。

出典:読売新聞

灯油のポリタンクは、各家庭に1つはあるか、また、無くても誰もが一度は見たことはあるはず、この特徴的な側面の形状を、このように世情にピタッと嵌めてくるあたりは「これぞコボちゃん」というものだ。

コボちゃんで鍛えられる?笑いのセンス

このネタはまだ分かりやすい方だが、ダウンタウンの松本人志さん曰く、あるコボちゃんのネタを例に上げ「これをすぐに理解できるか、できないかで、笑いのセンスが分かる」というほど、無駄な説明が野暮となる、独特な「視点」というものがコボちゃんにはあるのだ。

時代と共に、作者も世代間のギャップを感じることはあるだろうが、見事なまでに老若男女、すべての人が共通(共感)して「笑えるネタ」を提供出来るのが、正に『植田まさし』が天才と言われる所以(ゆえん)だろう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

【スポンサードリンク】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2018-5-18

    年商10億の通販王〖保阪尚希〗が抱くさらなる野望?イランのガスで5000億の真相

    最近、壮絶な過去など、何かと話題になる保阪尚希さん。 元々は俳優の彼は、一時期テレビから姿を消し、…
【スポンサーリンク】

注目記事

  1.  スーパーやドラッグストアなどで「水素水、入荷しました」と書いて、水素水コーナーさえ設けている所もあ…
  2. 日頃愛用している日用品が残り少なくなってくると「買っておかなくちゃな~」とか、思っていても、ついつい…
  3. 今週の「週刊文春」にスッパ抜かれた、テレビ朝日のアナウンサー(以下、アナ)同士の不倫疑惑。それも、朝…
  4. 出典:ゲキサカ JリーグYBCルヴァンカップ(旧ナビスコカップ)と、南米のコパ・スダメリカーナの、そ…
  5. 2015年頃から、寺院などの文化財に油をかけられたようなシミが発見され、騒動になっていることは記憶に…

おすすめ

  1. 【衆院選2017】政権交代?矛盾を抱える『希望の党』ド素人の若狭氏に感じる不安

    出典:朝日新聞社 先月、衆議院解散となり、野党のドタバタ再編劇が繰り広げられているが、そのキッカケを…
  2. 【平昌五輪】盛り上がってるのに無料チケットばら撒く?隠し切れない関心の低さ

    いよいよ、平昌オリンピック(韓国)が今週に開幕する。 メディアからは、極寒、北朝鮮、デモ、崔順実(…
  3. 高価な『水素水』の謎!ニセ科学?よく分からない物を信用する不思議

     スーパーやドラッグストアなどで「水素水、入荷しました」と書いて、水素水コーナーさえ設けている所もあ…
  4. オヤジはキュン死?映画『恋は雨上がりのように』小松菜奈が28歳差の大泉洋に恋

    週刊ビッグコミックスピリッツで連載中の、眉月じゅんによる漫画『恋は雨上がりのように』を、小松菜奈、大…
  5. 【イッテQ】海外で安室引退を知る!その時イモトは?大号泣の末に怒らせたネコ

    安室奈美恵の引退報道後、芸能界の安室ファンを公言する人たちからも惜しむ声が聞かれたが、その中でも、特…
  6. 【B’z】シェーンとバリーはファンも認める正規メンバー?超絶ドラムと家族動画

    〖B'z〗と言えば、ギターの松本孝弘、ボーカルの稲葉浩志の2人組ユニットとして知られるが、実はここ1…
  7. 外国人が肌で感じた日本と韓国の違い!住むならどっち?

    昨年(2016年)に、日本を訪れた外国人の数は2000万人を超え、2400万人にも達したというニュー…
  8. 車の屋根から財布が落ちた!拾ったライダーが取った行動は?そしてまさかの○○!

    車での「あるある」として、荷物を積み込んだり、セルフのガソリンスタンドで給油をする時、財布や携帯、ま…
ページ上部へ戻る