これぞ『コボちゃん』最近の秀逸ネタ!このセンス、視点がやっぱり凄い!

『読売新聞』で、1982年4月1日から連載が開始され、35年以上、連載数1万2千回を軽く超える、もはや国民的4コマ漫画とも言える『コボちゃん』

これだけの長い間、毎日、毎日書き続けるだけでも相当な苦労だと思うが、そのに視点や発想には、唸らされるばかりである。

2018年2月21日に掲載の『コボちゃん』に改めて感じる凄さ

この日の朝、ボヤーと広げた新聞からコボちゃんを見ると、その秀逸さにいきなり目が覚めた。

1982年から2018年という月日の流れがあっても「変わらない物ってまだあるんだな~」と・・・それを掘り起こす、作者の目の付け所につくづく感心させられてしまった。

出典:読売新聞

灯油のポリタンクは、各家庭に1つはあるか、また、無くても誰もが一度は見たことはあるはず、この特徴的な側面の形状を、このように世情にピタッと嵌めてくるあたりは「これぞコボちゃん」というものだ。

コボちゃんで鍛えられる?笑いのセンス

このネタはまだ分かりやすい方だが、ダウンタウンの松本人志さん曰く、あるコボちゃんのネタを例に上げ「これをすぐに理解できるか、できないかで、笑いのセンスが分かる」というほど、無駄な説明が野暮となる、独特な「視点」というものがコボちゃんにはあるのだ。

時代と共に、作者も世代間のギャップを感じることはあるだろうが、見事なまでに老若男女、すべての人が共通(共感)して「笑えるネタ」を提供出来るのが、正に『植田まさし』が天才と言われる所以(ゆえん)だろう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

【スポンサードリンク】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2018-5-18

    年商10億の通販王〖保阪尚希〗が抱くさらなる野望?イランのガスで5000億の真相

    最近、壮絶な過去など、何かと話題になる保阪尚希さん。 元々は俳優の彼は、一時期テレビから姿を消し、…
【スポンサーリンク】

注目記事

  1.  今月6日、東京・国分寺市で、生後7か月の赤ちゃんをおんぶし、自転車に乗っていた女性が乗用車と接触し…
  2. 民進党の山尾志桜里氏は、今月7日発売の週刊文春(9月14日号)で、倉持麟太郎弁護士との不倫疑惑を報じ…
  3. 「疑われてしまったら、疑惑を晴らすことはほぼ不可能」 痴漢犯罪は元より、そこと表裏一体となって社会問…
  4. 8月31日、埼玉スタジアムに詰めかけた6万人のサポーターを前に、宿敵のオーストラリアに勝利し、ロシア…
  5.  今や、世界の観光地には中国人観光客で溢れていて、その国の観光産業に多大な影響を与えるまでになってい…

おすすめ

  1. 【加計学園】これが行政の仕事?「公文書か怪文書か」違和感だらけの中身とは

    岡山市にある、学校法人「加計(かけ)学園」の獣医学部を、愛媛県の今治市に新設する計画について、安倍首…
  2. 【若狭勝】なぜ進退伺?都民ならぬ「自分ファースト」無責任な行動に疑問

    自民党の若狭勝衆院議員(東京10区)が29日、自身の進退伺を党(下村博文幹事長代行)に提出した。 会…
  3. 希望の党が第二民進党化?有権者無視で得意の揉め事!人のせい?呆れた小池批判

    やっぱりと言うべきか、先の衆院選で惨敗を喫した『希望の党』でゴタゴタが始まった。 代表の小池百合子…
  4. スマホは高い!の常識はもう古い?今が維持費を見直す時!格安SIMという選択

    フューチャーフォン(通称ガラケー)からスマートフォン(スマホ)へのシフトが進み、7、8万の端末料金を…
  5. 【浦和レッズvsシャペコエンセ】後味の悪さをサポーターが救った感動の光景!

    出典:ゲキサカ JリーグYBCルヴァンカップ(旧ナビスコカップ)と、南米のコパ・スダメリカーナの、そ…
  6. 『香取慎吾』趣味のファッションはハイブランドばかり?無神経さが今後に影響か

    今や「元SMAP」という肩書となった『香取慎吾』『草彅 剛』『稲垣吾郎』。 3人は、ジャニーズ事務…
  7. 【東京五輪】混迷!揉めるボート会場に韓国開催も視野?彩湖を推す選手の声はどこへ…

    Photo by Paul  東京オリンピックの会場建設について、先日、小池都知事が、費用の高騰を…
  8. 安室奈美恵の引退発表がアムロ世代に与えた衝撃!時代の終わり?40歳の戸惑い

    『アムラー』 90年代に青春時代を過ごした女子ならば、誰もが少なからず影響を受けたであろう『安室奈…
ページ上部へ戻る