これぞ『コボちゃん』最近の秀逸ネタ!このセンス、視点がやっぱり凄い!

『読売新聞』で、1982年4月1日から連載が開始され、35年以上、連載数1万2千回を軽く超える、もはや国民的4コマ漫画とも言える『コボちゃん』

これだけの長い間、毎日、毎日書き続けるだけでも相当な苦労だと思うが、そのに視点や発想には、唸らされるばかりである。

2018年2月21日に掲載の『コボちゃん』に改めて感じる凄さ

この日の朝、ボヤーと広げた新聞からコボちゃんを見ると、その秀逸さにいきなり目が覚めた。

1982年から2018年という月日の流れがあっても「変わらない物ってまだあるんだな~」と・・・それを掘り起こす、作者の目の付け所につくづく感心させられてしまった。

出典:読売新聞

灯油のポリタンクは、各家庭に1つはあるか、また、無くても誰もが一度は見たことはあるはず、この特徴的な側面の形状を、このように世情にピタッと嵌めてくるあたりは「これぞコボちゃん」というものだ。

コボちゃんで鍛えられる?笑いのセンス

このネタはまだ分かりやすい方だが、ダウンタウンの松本人志さん曰く、あるコボちゃんのネタを例に上げ「これをすぐに理解できるか、できないかで、笑いのセンスが分かる」というほど、無駄な説明が野暮となる、独特な「視点」というものがコボちゃんにはあるのだ。

時代と共に、作者も世代間のギャップを感じることはあるだろうが、見事なまでに老若男女、すべての人が共通(共感)して「笑えるネタ」を提供出来るのが、正に『植田まさし』が天才と言われる所以(ゆえん)だろう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

【スポンサードリンク】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2018-5-18

    年商10億の通販王〖保阪尚希〗が抱くさらなる野望?イランのガスで5000億の真相

    最近、壮絶な過去など、何かと話題になる保阪尚希さん。 元々は俳優の彼は、一時期テレビから姿を消し、…
【スポンサーリンク】

注目記事

  1. サッカーの東アジアE-1選手権(日本、韓国、中国、北朝鮮)が日本で開催されたが、その最終戦、引き分け…
  2. 『吉岡里帆』といえば、日清のどん兵衛のCMでは、頭にキツネの耳を付け、ホワッとした雰囲気と可愛らしさ…
  3. ドコモのCMで「ししゃも?」・・・といった名前が出てきて、だれもが美味しい「ししゃも」を想像したとこ…
  4. 平昌オリンピックが来月(2月9日~)に迫る中、日本では、人気の『フィギュアスケート』や、最近好成績を…
  5. 自民党の若狭勝衆院議員(東京10区)が29日、自身の進退伺を党(下村博文幹事長代行)に提出した。 会…

おすすめ

  1. Jリーグ欠陥2ステージ制は鹿島のCS優勝で幕!浦和へのリスペクトが必要の訳

    Jリーグは現在2ステージ制で行われている。リーグ戦の日程が終わると、チャンピオンシップ(以下、CS)…
  2. 好感度も急降下?DAIGO「KSK」リリースは結婚商法?興ざめとの声も

     先日、熊本地震の不安も覚めない中、結婚披露宴を開いた、歌手、又はタレントのDAIGOさんと、女優の…
  3. 【衆院選2017】民進党が再結集?まやかしの野党再編!選挙後は希望から絶望へ?

    今月22日に投開票がされる衆院選も、各党、本格的な選挙モードに突入しているが、今回の選挙で特に注目さ…
  4. 【平昌五輪】チケットの販売不振が深刻!寒すぎるメーン会場での対策とは?

    平昌(ピョンチャン)オリンピックの開幕まで3カ月を切り、さぞ盛り上がりを見せているであろう韓国。 だ…
  5. 中田翔がFAで争奪戦?果たしてそこまでの選手?日本の主砲にしては寂しい数字

    北海道日本ハムファイターズ(以下、日ハム)の主砲『中田翔』が、今シーズンが終わると、FA(フリーエー…
  6. 【B’z】シェーンとバリーはファンも認める正規メンバー?超絶ドラムと家族動画

    〖B'z〗と言えば、ギターの松本孝弘、ボーカルの稲葉浩志の2人組ユニットとして知られるが、実はここ1…
  7. 『ドムドムバーガー』は生きていた!新規出店に歓喜!懐かしのゾウさん復活へ

    筆者は『ドムドムバーガー』と聞いて、激しく懐かしいと思う世代である。 私は勝手に40代前後の世代を…
  8. 厄年の南キャン山里を襲う【アニサキス胃腸炎】その原因と正体は!?

    年末年始の「食っちゃ寝」生活で、正月ボケを引きずっている人も多いのではないだろうか。 そして、何か…
ページ上部へ戻る