【金子恵美】子供の送迎利用に賛否?公用車の是非に感情論での個人批判は的外れ

金子恵美(総務政務官)が 税金で運用される公用車で長男を保育園に送るなど、私的な目的のため使用したとして『週刊新潮』が「公私混同」だと指摘していた。

それについて金子氏は、子供の保育所への送り迎えに公用車を使っていことを明らかにし「常に総務省の運用ルールに則ってまいりました」と説明。

だが、この問題についての報道のあり方、また、公用車の使用の是非、有識者や子育て世代の間で見解が分かれるなど、賛否が渦巻く状況となっている。

火のない所に煙を立たすような報道姿勢

今では、週刊誌ネタでさえ重大な疑惑として大騒ぎするほど、一般紙やテレビの劣化が目立つ。それを如実に表したのが、金子恵美(総務政務官)の、公用車を使った子供の送迎問題だ。

この問題は『週刊新潮』が、税金で運用される公用車で長男を保育園に送るなど私的な目的のため使用した「公私混同」だと批判的な報道したことが発端だが、それに乗っかり、テレビや他のメディアまでもが批判の声を上げた。

案の定「魔の2回生議員」と揶揄し、過去に不祥事を起こした自民党議員と並べて問題にしたのだが、この週刊誌をなぞったような一方的な批判には、さすがに異を唱える人物もメディアの中に出始めた。

古市憲寿氏「これってまったく問題ない」

金子議員の公用車使用について「まったく問題ないと思っていて、これがダメだっなったら働くお母さんが政治家をやるって無理になっちゃう。どうしても子供を保育園に連れて行くってことが必要だろうし、まさにこれが職場の帰りだったら、これってまったく問題ない」とコメント。

「ずるいって声があがるのもわかる」とした上で解決するためには、社会全体の保育園の整備が必要と訴えていた。

出典:スポーツ報知

真鍋かをり「問題視はおかしい」

このケースで仕事の途中で保育園に送っていくことがダメなんだったら、もう働くお母さん誰1人、仕事と子育て両立できないと思うんですよ。

否定的な意見も同じお母さん世代から出ているみたいなんですけど、結局、なんかそれって回り回って自分の首を絞めることにもなるんじゃないかと私は思ってしまって・・・

出典:The Huffington Post Japan,

これに対して、東国原英夫氏が激しく反論しているが、あまり響かないかな。むしろ、これが正論とばかりに執拗な投稿をしていることに引いてしまう。

橋下徹氏、金子恵美議員の公用車使用問題に見解

「僕は政務官の公用車利用が認められているのであれば合理的な通勤路の範囲内で子供の送り迎えをするのに公用車を利用しても良いと考えます。

そうでなければ子育て政務官が子育てしていない政務官と比べて著しい負担を被るからです。一般国民との比較ではありません」と主張した。

出典:スポーツ報知

筆者には、橋下氏の意見が最もしっくりくる。

感情論で議論は出来ない

すべて一般の国民と比較して感情的に「ずるい」と考えるのは無理があるし、それなら公用車自体が「ずるい」のだ。

だが、公用車利用が認められている中で、東国原氏の「10年早い!」というような言い方は、ちょっと違うのではないか?

そもそも、一般と比較するなら、橋下氏が言うように「国会議員に公用車が必要なのか、不要なのか」が問題であり、金子氏をやり玉に挙げて「自民党2回生がまたやった!」とばかりに、メディアが扱うのは単なる与党へのネガティブキャンペーンでしかない。

また、それを擁護した人を批判(論破)するような、上から目線の”東国原大先生”は、大人げないというか、器が小さいね・・・

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

【スポンサードリンク】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2018-5-18

    年商10億の通販王〖保阪尚希〗が抱くさらなる野望?イランのガスで5000億の真相

    最近、壮絶な過去など、何かと話題になる保阪尚希さん。 元々は俳優の彼は、一時期テレビから姿を消し、…
【スポンサーリンク】

注目記事

  1. 『中居正広のミになる図書館』が、4月24日からゴールデン進出となる。初回は夜7持から2時間スペシャル…
  2. 日頃愛用している日用品が残り少なくなってくると「買っておかなくちゃな~」とか、思っていても、ついつい…
  3. スマホの大画面化やタブレットの普及で、一般レベルでのPC(パソコン)の存在意義が薄れてきているが、仕…
  4.  平凡?カッコ悪い?書きずらい?下の名前なら、両親の思いや、その時代の流行りみたいなものが含まれてい…
  5. ドコモのCMで「ししゃも?」・・・といった名前が出てきて、だれもが美味しい「ししゃも」を想像したとこ…

おすすめ

  1. 「NHKの桑子アナが消えた?」の話題に反応?和田正人のSNSに登場の勘違い

    『ブラタモリ』のアシスタントで注目を集め、今では『ニュースウオッチ9』のキャスターを務める、NHKの…
  2. 外国人が肌で感じた日本と韓国の違い!住むならどっち?

    昨年(2016年)に、日本を訪れた外国人の数は2000万人を超え、2400万人にも達したというニュー…
  3. 吉岡里帆はあざとい?注目の若手女優!CMに引っ張りだこでも意外と低い好感度

    『吉岡里帆』といえば、日清のどん兵衛のCMでは、頭にキツネの耳を付け、ホワッとした雰囲気と可愛らしさ…
  4. 話題の【黒にんにく】気になる臭いと味をチェック!肝心の効果は?

    ニンニクが、滋養強壮に良いとか健康効果のある食材だということは皆が知るところだろう。だが、普段は料理…
  5. 森友、加計で安倍自民叩きに狂ったテレビ!報道の劣化にワイドショーの世論誘導

    2012年の12月に、第2次安倍政権が発足してから早4年半、小泉政権以来の長期政権となっている。 民…
  6. 【都議選】自民大敗は政策以上に国政での信頼低下「心」の問題、民進は論外!

    小池都知事になって初めての都議会選挙が終わった。 ふたを開ければやはり、小池氏が率いる『都民ファース…
  7. 【韓国】慰安婦像が大量発生中!もう慰霊の意味などない?度を過ぎた嫌がらせか

    出典:産経新聞 今年の夏も横浜では『ピカチュウ大量発生チュウ』という、みなとみらい地区を中心に、街中…
  8. 【浦和レッズvsシャペコエンセ】後味の悪さをサポーターが救った感動の光景!

    出典:ゲキサカ JリーグYBCルヴァンカップ(旧ナビスコカップ)と、南米のコパ・スダメリカーナの、そ…
ページ上部へ戻る