【加計学園】これが行政の仕事?「公文書か怪文書か」違和感だらけの中身とは

岡山市にある、学校法人「加計(かけ)学園」の獣医学部を、愛媛県の今治市に新設する計画について、安倍首相の関与があったのか・・・という話は以前からチラホラ囁かれており、国会でも社民党などから追求されていた。

だが、それは単に「安倍首相が加計学園の理事長と友人関係にある」というだけで疑いの目を向けられた、特段、責め立てられる事例ではないと見られていた。

しかし、ここへきて朝日新聞が1面で「文部科学省で記録文書が作成されていた」と報じ、ザワつかせている。

民進党も前のめりで追求!

「ザワついている」

今回の文書に関して、積極的に追求しようとしているのが朝日新聞、そして民進党だ。

早速、民進党の玉木雄一郎衆院議員が「私、手元に“その文書”持っているんですが、かなりなことが書かれています」と政府を追及している。

その文書の中身について問題だとされたところは

「最短距離で規制改革を前提としたプロセスを踏んでいるので、設置時期については総理のご意向だと聞いている」「官邸の最高レベルが言っている」

という部分。

国会で取り上げられたことから、テレビのニュースでも、安倍首相と加計学園の理事長との関係を交えながら報道。

森友学園のように、再びワイドショーの祭りになるのか?と思いきや、ザワつかせているのは、こうした疑惑が出てきたことではなく、また別のところなのだ。

この文書、本当に大丈夫?

この件について、菅義偉官房長官は記者会見で

「承知していない。作成日時も作成部局も明確になっていない。通常、役所の文書にそういう文書はない。誰が書いたものか分からない。そんな意味不明のものについていちいち政府が答えることではない」

怪文書のようなものだとして、文書自体の真偽を疑う姿勢を見せた。

出典:毎日新聞

この点については、参議院議員(自民党会派) 和田政宗氏も疑問を投げかけており

私もこの文書を手に入れたが、省庁の文書として本来あるべき作成期日と作成部局が入っていない。

すなわち、誰が作ったかもわからないし、いつ作ったのかもわからないものである。

こうした文書を誰かが作ったわけだが、仮に文科省内の人物が作ったとしてもメモ程度のもので、記憶違いもあるし、付け加えたり改ざんがいくらでも出来る。

出典:和田政宗オフィシャルブログ

確かに、数枚ある書類を見比べると、まず一目で違和感を持つのが「フォントの大きさと行間」が統一されていないところだ。

読みにくい?これが行政の文書?

公文書?または行政文書にしては、文章が稚拙だという指摘があらゆるところでされており、分かりやすく(誰かが)訂正したとみられる画像も出回っている。

報道では「総理のご意向」など、問題のある部分だけ切り取られているが、よくよく文章を読むと「てにをは」の使い方が、文の流れからも適切ではないことが、素人でも分かるくらい抜けている。

少なくとも、この2枚を見ただけでも、同じ人物が、同じテンプレートを使ったものではないことが分かる。

「作成期日」と「作成部局」が記していないことは元より、行政の文書作成において、このような統一感のなさはありえないのでは?といった疑問は拭えない。

ちなみに、国会で追求した玉木議員は、その日の夜、BSフジの番組に出演し「文書については、真偽を確認しなければいけません」と発言。

これに、司会者が「つまり本物かどうかはまだ分からないと?」と問うと

「そうです!」

というやり取りがあったようだ・・・アレ?・・・そんなのあり?

真偽不明のものを突き付けて「どうなんですか!これは!」と、国会でやられたら時間なんていくらあっても足りないのでは?

国会を1日開くと何億・・・
倒閣をライフワークにしているような議員にも税金で給料が支払われる・・・

【加計学園】民進議員の関与、既得権益は無視?再び忖度を想像する無駄な時間→

◇  ◇  ◇

仮に安倍首相が、学校誘致を望んでいる自治体や、新設したいと思っている学校法人のために、規制緩和をする、特区を認めるという方向に動いたとして、それが必ずしも悪いことと言えるのだろうか。

これは、政府が掲げる地方創生にも含まれる、政策の一端でもある。

まずは、地元の声を聞いて、有益なことなら特に問題視する必要はないと思うし、むやみに、加計学園や誘致した自治体に風評被害が及ぶことは避けなければならない。

せめて、国会で取り上げるなら、それも一国の総理を追求しようとするなら、出所と、真偽は明確にしてからにして欲しいものだ・・・

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

【スポンサードリンク】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2018-2-19

    「NHKの桑子アナが消えた?」の話題に反応?和田正人のSNSに登場の勘違い

    『ブラタモリ』のアシスタントで注目を集め、今では『ニュースウオッチ9』のキャスターを務める、NHKの…
【スポンサーリンク】

注目記事

  1. 今月22日に投開票がされる衆院選も、各党、本格的な選挙モードに突入しているが、今回の選挙で特に注目さ…
  2. 出典:MY Promotion Inc. 『高橋一生』という俳優をご存じだろうか。少し前なら、名前…
  3. 出典:お笑いナタリー 今年10周年を迎えたバラエティ番組『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ)…
  4.  先日、麻生太郎(副総理、兼財務大臣)の、高齢者に対する発言が問題とされ、複数のメディアが取り上げた…
  5. 8月31日、埼玉スタジアムに詰めかけた6万人のサポーターを前に、宿敵のオーストラリアに勝利し、ロシア…

おすすめ

  1. 石黒彩がテレビでの発言を訂正!夢を壊す?元アイドルの暴露話は醜いだけ・・・

     元『モーニング娘。』のメンバーでタレントの石黒彩(38)が、テレビ東京「ヨソで言わんとい亭~ココだ…
  2. 【韓国】北朝鮮情勢に危機感なし?有事を警戒する日本に「煽るな!」と文句

    現在、北朝鮮の核実験や長距離弾道ミサイルの発射試験に対する、アメリカの現政権(トランプ大統領)の強硬…
  3. 格安SIMでスマホデビュー?自身の環境や使用状況を知り、適性な通信費を選ぶ!

    時代は「携帯=スマートフォン(スマホ)」というのが、世の中の標準となって久しい。 従来の携帯電話は…
  4. 韓国・平昌五輪でノロウイルス猛威!「大丈夫!選手にはまだ感染してない」

    政治的、民族的、極寒など、平昌オリンピックを取り巻く環境にはさまざまな問題が横たわっている。 だが…
  5. 【日産、スバル】無資格検査は制度の曖昧さも起因!不安を煽る報道の是非

    日産自動車に続き、SUBARU(スバル)でも、無資格検査が発覚し、マスコミは日本の製造業の信頼低下を…
  6. 【東京五輪】カヌー会場が突然「長沼ボート場」に?選手のモチベーションが心配

     2020年の東京オリンピックまで、あと4年を切った。リオが無事に終わり、世界中のアスリートの気持ち…
  7. 【森友学園】疑惑のままで良い?「巨悪の安倍」妄想が膨らみ籠池擁護に走る野党

    森友学園の問題は、もはや目にするのもウンザリするほど、こすりにこすられた話題だが、ここにきて、籠池宅…
  8. FIFA映像の『橘ゆりか』が美女サポーター扱い!元アイドルでFC東京と深い関係

    8月31日、埼玉スタジアムに詰めかけた6万人のサポーターを前に、宿敵のオーストラリアに勝利し、ロシア…
ページ上部へ戻る