【加計学園】これが行政の仕事?「公文書か怪文書か」違和感だらけの中身とは

岡山市にある、学校法人「加計(かけ)学園」の獣医学部を、愛媛県の今治市に新設する計画について、安倍首相の関与があったのか・・・という話は以前からチラホラ囁かれており、国会でも社民党などから追求されていた。

だが、それは単に「安倍首相が加計学園の理事長と友人関係にある」というだけで疑いの目を向けられた、特段、責め立てられる事例ではないと見られていた。

しかし、ここへきて朝日新聞が1面で「文部科学省で記録文書が作成されていた」と報じ、ザワつかせている。

民進党も前のめりで追求!

「ザワついている」

今回の文書に関して、積極的に追求しようとしているのが朝日新聞、そして民進党だ。

早速、民進党の玉木雄一郎衆院議員が「私、手元に“その文書”持っているんですが、かなりなことが書かれています」と政府を追及している。

その文書の中身について問題だとされたところは

「最短距離で規制改革を前提としたプロセスを踏んでいるので、設置時期については総理のご意向だと聞いている」「官邸の最高レベルが言っている」

という部分。

国会で取り上げられたことから、テレビのニュースでも、安倍首相と加計学園の理事長との関係を交えながら報道。

森友学園のように、再びワイドショーの祭りになるのか?と思いきや、ザワつかせているのは、こうした疑惑が出てきたことではなく、また別のところなのだ。

この文書、本当に大丈夫?

この件について、菅義偉官房長官は記者会見で

「承知していない。作成日時も作成部局も明確になっていない。通常、役所の文書にそういう文書はない。誰が書いたものか分からない。そんな意味不明のものについていちいち政府が答えることではない」

怪文書のようなものだとして、文書自体の真偽を疑う姿勢を見せた。

出典:毎日新聞

この点については、参議院議員(自民党会派) 和田政宗氏も疑問を投げかけており

私もこの文書を手に入れたが、省庁の文書として本来あるべき作成期日と作成部局が入っていない。

すなわち、誰が作ったかもわからないし、いつ作ったのかもわからないものである。

こうした文書を誰かが作ったわけだが、仮に文科省内の人物が作ったとしてもメモ程度のもので、記憶違いもあるし、付け加えたり改ざんがいくらでも出来る。

出典:和田政宗オフィシャルブログ

確かに、数枚ある書類を見比べると、まず一目で違和感を持つのが「フォントの大きさと行間」が統一されていないところだ。

読みにくい?これが行政の文書?

公文書?または行政文書にしては、文章が稚拙だという指摘があらゆるところでされており、分かりやすく(誰かが)訂正したとみられる画像も出回っている。

報道では「総理のご意向」など、問題のある部分だけ切り取られているが、よくよく文章を読むと「てにをは」の使い方が、文の流れからも適切ではないことが、素人でも分かるくらい抜けている。

少なくとも、この2枚を見ただけでも、同じ人物が、同じテンプレートを使ったものではないことが分かる。

「作成期日」と「作成部局」が記していないことは元より、行政の文書作成において、このような統一感のなさはありえないのでは?といった疑問は拭えない。

ちなみに、国会で追求した玉木議員は、その日の夜、BSフジの番組に出演し「文書については、真偽を確認しなければいけません」と発言。

これに、司会者が「つまり本物かどうかはまだ分からないと?」と問うと

「そうです!」

というやり取りがあったようだ・・・アレ?・・・そんなのあり?

真偽不明のものを突き付けて「どうなんですか!これは!」と、国会でやられたら時間なんていくらあっても足りないのでは?

国会を1日開くと何億・・・
倒閣をライフワークにしているような議員にも税金で給料が支払われる・・・

【加計学園】民進議員の関与、既得権益は無視?再び忖度を想像する無駄な時間→

◇  ◇  ◇

仮に安倍首相が、学校誘致を望んでいる自治体や、新設したいと思っている学校法人のために、規制緩和をする、特区を認めるという方向に動いたとして、それが必ずしも悪いことと言えるのだろうか。

これは、政府が掲げる地方創生にも含まれる、政策の一端でもある。

まずは、地元の声を聞いて、有益なことなら特に問題視する必要はないと思うし、むやみに、加計学園や誘致した自治体に風評被害が及ぶことは避けなければならない。

せめて、国会で取り上げるなら、それも一国の総理を追求しようとするなら、出所と、真偽は明確にしてからにして欲しいものだ・・・

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

【スポンサードリンク】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2018-5-18

    年商10億の通販王〖保阪尚希〗が抱くさらなる野望?イランのガスで5000億の真相

    最近、壮絶な過去など、何かと話題になる保阪尚希さん。 元々は俳優の彼は、一時期テレビから姿を消し、…
【スポンサーリンク】

注目記事

  1. まず、中学校に入学して、一番の関心事となるのは「部活動」に入ることだろう。 その、これまで当たり前…
  2.  先日、麻生太郎(副総理、兼財務大臣)の、高齢者に対する発言が問題とされ、複数のメディアが取り上げた…
  3.  前回は、まず5曲を紹介しましたが、「B'zはシングル曲くらいしか知らない」という人や、それこそ「U…
  4. Photo by Paul  東京オリンピックの会場建設について、先日、小池都知事が、費用の高騰を…
  5. 1988年にデビューした『B'z』は、今年30周年を迎えている。 もちろん、日本のポップカルチャー…

おすすめ

  1. 【東京五輪】カヌー会場が突然「長沼ボート場」に?選手のモチベーションが心配

     2020年の東京オリンピックまで、あと4年を切った。リオが無事に終わり、世界中のアスリートの気持ち…
  2. 『ジャンクSPORTS』復活は、過去の栄光にすがるフジの体質?業界全体の問題も

    出展:フジテレビ 『めちゃイケ』や『とんねるずのみなさんのおかげです。』が、今春で終了することが決…
  3. 【衆院選2017】政権交代?矛盾を抱える『希望の党』ド素人の若狭氏に感じる不安

    出典:朝日新聞社 先月、衆議院解散となり、野党のドタバタ再編劇が繰り広げられているが、そのキッカケを…
  4. 【若狭勝】なぜ進退伺?都民ならぬ「自分ファースト」無責任な行動に疑問

    自民党の若狭勝衆院議員(東京10区)が29日、自身の進退伺を党(下村博文幹事長代行)に提出した。 会…
  5. 吉岡里帆はあざとい?注目の若手女優!CMに引っ張りだこでも意外と低い好感度

    『吉岡里帆』といえば、日清のどん兵衛のCMでは、頭にキツネの耳を付け、ホワッとした雰囲気と可愛らしさ…
  6. 高梨沙羅の好感度に異変!愛車は祖父もドン引きの超高級車?伸び悩みの原因とは

    平昌オリンピックが来月(2月9日~)に迫る中、日本では、人気の『フィギュアスケート』や、最近好成績を…
  7. そろそろ大人の塗り絵でも始めません?そうだ!色鉛筆を選ぼう

     子供の頃、誰もが遊んだことのある塗り絵が、今は大人も楽しめると話題になって久しいが、改めて精神的に…
  8. 「NHKの桑子アナが消えた?」の話題に反応?和田正人のSNSに登場の勘違い

    『ブラタモリ』のアシスタントで注目を集め、今では『ニュースウオッチ9』のキャスターを務める、NHKの…
ページ上部へ戻る