【日韓関係】世論調査で意外な結果!?反日の韓国に対し日本では嫌韓が広がる?

基本的に「隣国同士は仲が悪い」というのは定説だが、日本と韓国というのは、そういった中でも特に難しい関係だと言える。

歴史的な背景から、韓国が日本に対して反発意識が強く、日本は常に受け身という関係がずっと続いてきた。

意外!?反日の韓国と変わらぬ日本の意識

当然、韓国が、社会的に反日感情の強い国だという事は周知の事実だが、日本が韓国に対して、一般的にはどのような感情を抱いているのか、いまいち掴み所がないような気がする。

たとえば、十数年まえの「ヨン様ブーム」であったり、2010年代の「韓流ブーム」に見られるような、「K-POP」やら「ドラマ」などが、露骨なメディア戦略があったとしても、一応、流行したと言われている。

一方、竹島や慰安婦問題、または日本海表記などでは、永遠と批判や要求を繰り返されたり、長年の反日的な態度に「振り回される日本」といった認識も高まっており、日本では、いわゆる「嫌韓」という感情も強くなっていると・・・

結局、日本の韓国に対する意識、印象は、本当の所、どうなっているのか?

そこで、興味深い世論調査の結果が出ている。

韓日両国の国民を対象に実施した世論調査

韓国民間シンクタンクの東アジア研究院と、日本の非営利団体・言論NPOが、調査したというものなので、おそらく偏りはなく、実情に限りなく近い結果だろうと思う。

そこで、総合的なものとして、互いに印象を聞いた結果が面白い。

「韓国に対する印象が良い」と答えた日本人「26.9%」(前年比2.2%減)

「日本に対する印象が良い」と答えた韓国人「26.8%」(前年比5.0%増)

出典:日韓共同世論調査 韓国への印象は「悪化」

数値的にはほぼ同じで、互いに好印象を持っている割合が「3割にも満たない」という結果に。

しかし、反日感情の強い韓国の割合が低いのは想定できるが、先にも書いたように、日本では、さまざまな要素が絡み合い、一部、親韓、嫌韓の感情はあるものの、一方に偏った社会的な空気があるわけではない。

韓国よりは割とノーマルに相手を見ていると思われたのだが、意外にも厳しいというかシビアな数字となっている。

むしろ、相手国に対する好印象が、減少傾向にある日本と、逆に増加傾向にある韓国という、逆転現象が起きつつあるのだ。

表に出す反日、潜む嫌韓

韓国は教育を含め、社会的に反日の空気があり「親日は罪」といった風潮まであると言われる。

それでも近年では、日本への旅行客が右肩上がりに増えていて、そのギャップに韓国人の複雑な感情が見え隠れしている。

今回の世論調査で、日本へ好印象を抱く割合が増加傾向にあることも示されたが、そういった背景には、実際、日本に訪れてみて「印象が変わる」といった現象が起きているとも考えられる。

そして日本はというと、以前の韓流と言われるブームでは、主に年配の女性が中心だったが、今では若い世代にも、抵抗なく音楽やファッションなど若者文化が受け入れられているということもあり、政治的な摩擦の影響が市民レベルでは受けにくいかとも思われた。

しかし・・・

一見、日本は韓国のことをマイルドに見ているようでも、思いのほか、これまでの政治的な振る舞いや、反日の様子などが伝わるにつれ、日本人の心は硬化しているようだ。

これまでは、韓国で世論形成されている「反日」というものが、当然のように韓国人の日本に対する印象を悪くしていたが、一方で、日本人の中に潜んでいた(溜まっていた)「嫌韓」という感情もジワジワと広がり、日韓で相手国に持つ印象がほぼ同じレベルとなったことは、ある意味ショッキングな結果といえるだろう。

今まで韓国が強い反日の意識を持っている国だと分かっていても、日本の市民感情にまで影響することは限られ、むしろ韓流などマーケティングの妙もあってか、日本の世論では韓国に対し好意的、友好的な意見は多かったはず。

だが、次第にそういった日韓の感情の違いに変化がみられるようになっている。

「中国より日本の方に親近感を覚える」とした韓国人は、去年の12.8%から20.8%に急増した。

中国の顔色を伺い、日本には何を言ってもいいと反日を煽ってきた韓国だが、現在中国との関係悪化も懸念されるなか、日本への意識も徐々に変わってきているのかもしれない・・・

これから互いの印象がどのように変化するのかが見ものだ。

反日の韓国が日本に好印象を持ち、受け身だった日本が韓国を嫌う、そんな逆転現象がいつ起きてもおかしくはないのかもしれない。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

【スポンサードリンク】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2018-5-18

    年商10億の通販王〖保阪尚希〗が抱くさらなる野望?イランのガスで5000億の真相

    最近、壮絶な過去など、何かと話題になる保阪尚希さん。 元々は俳優の彼は、一時期テレビから姿を消し、…
【スポンサーリンク】

注目記事

  1. 去年からジワジワと人気上昇中の『ガンバレルーヤ』は、かねてから内村光良(ウッチャン)を“東京のお父さ…
  2. 2015年頃から、寺院などの文化財に油をかけられたようなシミが発見され、騒動になっていることは記憶に…
  3. 車での「あるある」として、荷物を積み込んだり、セルフのガソリンスタンドで給油をする時、財布や携帯、ま…
  4. 『ブラタモリ』のアシスタントで注目を集め、今では『ニュースウオッチ9』のキャスターを務める、NHKの…
  5. 先日、ACL(アジアチャンピオンシップ)決勝『浦和vs.アル・ヒラル』の第2戦が浦和のホーム、埼玉ス…

おすすめ

  1. 極寒に強風〖平昌五輪〗悪天候に選手も嘆き?深夜に観客もまばら?運営に疑問も

    現在、平昌オリンピックの真っ只中だが、始まる前からメディアに取り上げられるのは、北朝鮮絡みのキナ臭い…
  2. 【ガンバ大阪】長谷川監督が辞任!最後の挨拶でブーイング浴びせる光景に違和感

    ガンバ大阪の長谷川監督が今シーズン限りで辞任する。 ホーム(市立吹田サッカースタジアム)最終戦となっ…
  3. <BABYMETAL>ウェンブリー公演!期待のWOWOWにファンは不完全燃焼?

     先月の4月2日、イギリスのウェンブリー・アリーナ(SSEアリーナ・ウェンブリー)でのライブを成功さ…
  4. ドンキが「19800円」の爆安ノートPCを発売!気になるコスパも性能はそれなり?

    スマホの大画面化やタブレットの普及で、一般レベルでのPC(パソコン)の存在意義が薄れてきているが、仕…
  5. 【ノーベル賞】なぜ韓国は取れない!期待しても受賞どころか候補さえ居ない?

     早いもので、今年も『ノーベル賞』ウィークがやってきた。そして、ノーベル医学生理学賞を、大隅良典(東…
  6. 【加計学園】民進議員の関与、既得権益は無視?再び忖度を想像する無駄な時間

    学校法人「加計(かけ)学園」の獣医学部(岡山理科大獣医学部)新設をめぐり、森友学園の問題で散々取り上…
  7. 吉岡里帆はあざとい?注目の若手女優!CMに引っ張りだこでも意外と低い好感度

    『吉岡里帆』といえば、日清のどん兵衛のCMでは、頭にキツネの耳を付け、ホワッとした雰囲気と可愛らしさ…
  8. 『ジャンクSPORTS』復活は、過去の栄光にすがるフジの体質?業界全体の問題も

    出展:フジテレビ 『めちゃイケ』や『とんねるずのみなさんのおかげです。』が、今春で終了することが決…
ページ上部へ戻る