【イッテQ】海外で安室引退を知る!その時イモトは?大号泣の末に怒らせたネコ

安室奈美恵の引退報道後、芸能界の安室ファンを公言する人たちからも惜しむ声が聞かれたが、その中でも、特に日本テレビの【イッテQ】の中で度々強烈な安室愛を語っていたイモトアヤコの心情が心配されていた。

遂にイッテQでイモトのリアクションが!

今月15日の【イッテQ!2時間SP】では、安室奈美恵、引退発表直後のイモトの姿が見られるようだ。

世間を賑わせた安室奈美恵の引退宣言に、もちろん反応を示す安室ちゃん大ファンのイモト。その思いを胸に、伝説の「ウイングウォーキング」の進化版!「ウイングウォーキング宙返り」に挑む!!果たしてその結末は!?

イモトのアムロス具合も注目されるが、「みやぞんのイッタっきり」「出川女子会」「宮川探検隊」と今回の2時間スペシャルはヒット企画の目白押しで、やはり、最近さらにパワーアップしたイッテQの強さというものが伺える。

イモトの安室ちゃん愛を見た!イッテQでのある出来事

そのイモトの安室愛を世間に知らしめたのが、イッテQでアイスランドのオーロラの撮影をするロケに行った時のこと。

嵐に見舞われヘリも飛ばせない状況に、予定通りに日本への帰国が出来なくなってしまったのだ。

安全を考えればやむなしといったところだが、イモトにとっては大問題だという。

何故かと言うと

”1年間、その為に頑張ってきたという、安室ちゃんのコンサートに行けなくなってしまうから。”

スタッフもそれを分かっていたようで「1年で一番楽しみにしていた日だったのにな」と言葉を掛けられると・・・

イモト大号泣!

「帰りたいよ~」

「安室ちゃんのコンサートが・・・オーロラなんかどうでもいい!」

「やだ、やっぱり行きたかったよ~安室ちゃん見たかったよ~」

そして、視聴者も心打たれたのが

「1年間、このために頑張ってきたのに」

この言葉は、好きなこと、好きな人のために辛いことをでも頑張れるという、誰もが共感できるもの。

そして現地のコーディネーターも号泣するイモトを慰めようと、パソコンのモニターに映し出されたある画像を見せるのだが・・・

「ムカつくわーあのネコ!」

と、イモトがツッコんで、この「悲劇の中に笑いが生まれる」という、イッテQの凄さを感じた場面だった。

こうして、度々イッテQでは「安室ちゃ~ん」と奮闘するイモトの姿を見ている視聴者は、安室引退を聞いたイモトのリアクションが気になっているのだ。

引退発表後、自身のツイッターやインスタグラムでは、心情を語っている。

 

海外に到着しました。 飛行機おりて直ぐに 安室奈美恵さんの引退というニュースを知りました。 正直あんまりにもびっくりしてなかなか実感がわきません。 小学生の時に安室奈美恵さんを大好きになって以来なんだか毎日が楽しくて、 曲を聴くとワクワクして、 ライブに行くとドキドキして、 怖くて出せない一歩も前に出せるような気がして、 出来ないことなんてないと思えて、 安室奈美恵さんという言葉を聞くだけで身体が熱くなり全身から勇気が溢れてくるのです。 清く潔く美しくかっこいい生き方心から尊敬します。 安室奈美恵さんと同じ時代に生まれた奇跡に感謝し、1年後の9/16まで全身全霊かけてアーティスト安室奈美恵さんを応援したいです。 そしてそれ以降もずっとずっとずっとずっとずっとずっと大好きです。 安室ちゃんは何があろうとこの先もずっとわたしにとってのHeroなのです。

イモトアヤコ 公式さん(@imotodesse)がシェアした投稿 –

一報を聞いたのは海外。ということはイッテQのロケということ!

ま~なんというか番組としては、ある意味ラッキーと言うか、直後のイモトのリアクションを撮っていたということになる。

それが今回の2時間SPで放送される。

◇  ◇  ◇

同じくイモトが心の支えだという草刈正雄さんの時もそうだったが、今後、安室ちゃんのイッテQ出演が、引退するまでに実現するかが注目される。

おそらくスタッフは狙っているだろうし、もしイモトとの共演が実現したら、それはもう事件だろう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

【スポンサードリンク】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2018-5-18

    年商10億の通販王〖保阪尚希〗が抱くさらなる野望?イランのガスで5000億の真相

    最近、壮絶な過去など、何かと話題になる保阪尚希さん。 元々は俳優の彼は、一時期テレビから姿を消し、…
【スポンサーリンク】

注目記事

  1. 北海道日本ハムファイターズ(以下、日ハム)の主砲『中田翔』が、今シーズンが終わると、FA(フリーエー…
  2. まず、中学校に入学して、一番の関心事となるのは「部活動」に入ることだろう。 その、これまで当たり前…
  3.  早いもので、今年も『ノーベル賞』ウィークがやってきた。そして、ノーベル医学生理学賞を、大隅良典(東…
  4. 現在、平昌オリンピックの真っ只中だが、始まる前からメディアに取り上げられるのは、北朝鮮絡みのキナ臭い…
  5. 和歌山市の大手原薬メーカー「山本化学工業」が、届け出をせずに自社製品に中国製アセトアミノフェンを混ぜ…

おすすめ

  1. ACL優勝でも露骨なベストイレブン外し!それが意味する浦和レッズの凄さとは?

    先日、ACL(アジアチャンピオンシップ)決勝『浦和vs.アル・ヒラル』の第2戦が浦和のホーム、埼玉ス…
  2. SHISHAMO(ししゃも)ドコモCMで知名度UP!ベタなポップロックが心地いい

    ドコモのCMで「ししゃも?」・・・といった名前が出てきて、だれもが美味しい「ししゃも」を想像したとこ…
  3. この演歌が面白い!松尾雄史『メルボルン特急』になぜかニヤッと

     ふと、明け方なんかに、テレビをつけて、テレビ東京やテレビ埼玉にチャンネルを合わすと、演歌のプロモー…
  4. 賞味期限は過ぎた?『松坂大輔』が最低年俸で中日へ!復活への期待も厳しい現実

    高校時代から「平成の怪物」と呼ばれた『松坂大輔(投手)』卒業後に西武ライオンズに入団すると、高卒1年…
  5. 【日韓関係】世論調査で意外な結果!?反日の韓国に対し日本では嫌韓が広がる?

    基本的に「隣国同士は仲が悪い」というのは定説だが、日本と韓国というのは、そういった中でも特に難しい関…
  6. 【文化財に油】浜離宮のシミはオリーブオイル?また模倣犯か!でも実は・・・

    2015年頃から、寺院などの文化財に油をかけられたようなシミが発見され、騒動になっていることは記憶に…
  7. これぞ『コボちゃん』最近の秀逸ネタ!このセンス、視点がやっぱり凄い!

    『読売新聞』で、1982年4月1日から連載が開始され、35年以上、連載数1万2千回を軽く超える、もは…
  8. 本当に靴職人!?花田優一の止まらない二世タレント化(笑)俳優にも興味?

    画像:©MeguEntertainment 『花田優一』といえば、言わずと知れた大横綱『第65代横…
ページ上部へ戻る