『イッテQ』イモトアヤコがアイガー挑戦!視聴者の心配にも諦めないエベレスト

日曜日の夜8時、家族で見るテレビ番組といえば、日本テレビの『世界の果てまでイッテQ!』だ。かつて日曜日(休日)の終わりを感じる番組として不動だった、フジテレビの『サザエさん』をも抑え、今や『イッテQ』の名前が上がるほどの人気番組(定番)となり、すべてのバラエティ番組のトップに立っている番組でもある。

そんな、日本テレビ(以下、日テレ)の看板番組で、危険と隣り合わせの挑戦をずっと続けている。

『イモトアヤコの登山企画』

2014年にはエベレスト登頂を目指したものの、直前に大規模な雪崩が発生し、現地の登山ガイドから多くの死亡者が出たことにより断念している。

その登山企画が、今年2016年に再始動、今を代表するバラエティ番組が、再び困難な登山に挑み続けている。

再始動一発目はアイガーに挑戦!

ここまで危険と隣り合わせの大型企画ともなれば、もはや、いち番組の責任だけで進められるものではない。

プロの登山家を従えているとは言え、そこにはタレントを参加させている為、何か事故が起きれば、テレビ局の大きな責任となるだろう。

しかし、そんな大きなリスクを負ってまでも挑戦してる『イッテQ』。させている日本テレビ。

しかも、ドキュメンタリー番組ではなく、登山などしなくても、十分成り立っているバラエティ番組でだ。

つくづく登山が好きな局なんだな~

24時間テレビでも、障害者に富士登山をさせたり、キリマンジャロにまでも行かせていて、イモトアヤコに至っては、キリマンジャロ、モンブラン、アコンカグア、マッターホルン、マナスル、キナバルなど、すでに8000m級の山にも登頂している。

イモトの体力にも脱帽させられるが、ほんとに登山させるのが好きな局だな~と・・・

それも、過去に「チョモランマからの生中継」を成し遂げたことから始まっているのだろうが、登山家ではないタレントを行かせていることには、今でも視聴者から心配の声も上がっている。

日本テレビ「チョモランマがそこにある!!」

1988年、5月5日の「子供の日」に世界最高峰であるチョモランマ(エベレスト)山頂から、世界初の生中継。

今回のアイガーもかなり危険な山だ。いくらサポートや安全対策をしていると言っても、常に死と隣り合わせとなるような山に挑んでいることには変わりがない。

アイガーとはどんな山?

スイスを代表する山で、標高は3,970m。「死の崖」とも言われ、プロの登山家でさえ難しい山とされる。

同じ山でも高尾山が良いな~。恐い恐いこんな山。下から眺めて写真を撮るだけでいいよ。

とにかく、そんな視聴者の心配もよそに、またしても危険な山に挑んだイモトではあるが、とりあえず無事には帰ってきたようだ。

詳細は9月25日のOAで見ることになるが、また、日テレが本気でエベレストに挑むことになるのだろうか・・・それもアイガーの登頂が成功するか否かにかかっているのだろう。

まあ、壮大な挑戦と綺麗な景色を見せてくれるのは良いが、バラエティ番組としての『イッテQ』ファンとしては事故の無いように願いたい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

【スポンサードリンク】

関連記事

お得情報(PR)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2018-1-21

    高梨沙羅の好感度に異変!愛車は祖父もドン引きの超高級車?伸び悩みの原因とは

    平昌オリンピックが来月(2月9日~)に迫る中、日本では、人気の『フィギュアスケート』や、最近好成績を…
【スポンサーリンク】

注目記事

  1.  2016年もすでに6月に入り、早くも衣替えの季節となった。これからジメジメした梅雨、そして今年も猛…
  2. ガンバ大阪の長谷川監督が今シーズン限りで辞任する。 ホーム(市立吹田サッカースタジアム)最終戦となっ…
  3. 現在、北朝鮮の核実験や長距離弾道ミサイルの発射試験に対する、アメリカの現政権(トランプ大統領)の強硬…
  4. 昨年(2016年)に、日本を訪れた外国人の数は2000万人を超え、2400万人にも達したというニュー…
  5. 筆者は『ドムドムバーガー』と聞いて、激しく懐かしいと思う世代である。 私は勝手に40代前後の世代を…

おすすめ

  1. 【浦和レッズvsシャペコエンセ】後味の悪さをサポーターが救った感動の光景!

    出典:ゲキサカ JリーグYBCルヴァンカップ(旧ナビスコカップ)と、南米のコパ・スダメリカーナの、そ…
  2. 話題の【黒にんにく】気になる臭いと味をチェック!肝心の効果は?

    ニンニクが、滋養強壮に良いとか健康効果のある食材だということは皆が知るところだろう。だが、普段は料理…
  3. 高齢者ドライバーの免許更新はゆるい?女子高生が85歳に車ではねられる理不尽さ

    9日朝、群馬県前橋市で、85歳の男性が運転する車が自転車に乗った女子高校生2人をはねるという事故があ…
  4. この演歌が面白い!松尾雄史『メルボルン特急』になぜかニヤッと

     ふと、明け方なんかに、テレビをつけて、テレビ東京やテレビ埼玉にチャンネルを合わすと、演歌のプロモー…
  5. 【韓国】北朝鮮情勢に危機感なし?有事を警戒する日本に「煽るな!」と文句

    現在、北朝鮮の核実験や長距離弾道ミサイルの発射試験に対する、アメリカの現政権(トランプ大統領)の強硬…
  6. 【平昌五輪】チケットの販売不振が深刻!寒すぎるメーン会場での対策とは?

    平昌(ピョンチャン)オリンピックの開幕まで3カ月を切り、さぞ盛り上がりを見せているであろう韓国。 だ…
  7. 響きだけでイケてる?果たして損か得か!イケメンっぽい苗字ランキング!

     平凡?カッコ悪い?書きずらい?下の名前なら、両親の思いや、その時代の流行りみたいなものが含まれてい…
  8. スマホは高い!の常識はもう古い?今が維持費を見直す時!格安SIMという選択

    フューチャーフォン(通称ガラケー)からスマートフォン(スマホ)へのシフトが進み、7、8万の端末料金を…
ページ上部へ戻る