『イッテQ』イモトアヤコがアイガー挑戦!視聴者の心配にも諦めないエベレスト

日曜日の夜8時、家族で見るテレビ番組といえば、日本テレビの『世界の果てまでイッテQ!』だ。かつて日曜日(休日)の終わりを感じる番組として不動だった、フジテレビの『サザエさん』をも抑え、今や『イッテQ』の名前が上がるほどの人気番組(定番)となり、すべてのバラエティ番組のトップに立っている番組でもある。

そんな、日本テレビ(以下、日テレ)の看板番組で、危険と隣り合わせの挑戦をずっと続けている。

『イモトアヤコの登山企画』

2014年にはエベレスト登頂を目指したものの、直前に大規模な雪崩が発生し、現地の登山ガイドから多くの死亡者が出たことにより断念している。

その登山企画が、今年2016年に再始動、今を代表するバラエティ番組が、再び困難な登山に挑み続けている。

再始動一発目はアイガーに挑戦!

ここまで危険と隣り合わせの大型企画ともなれば、もはや、いち番組の責任だけで進められるものではない。

プロの登山家を従えているとは言え、そこにはタレントを参加させている為、何か事故が起きれば、テレビ局の大きな責任となるだろう。

しかし、そんな大きなリスクを負ってまでも挑戦してる『イッテQ』。させている日本テレビ。

しかも、ドキュメンタリー番組ではなく、登山などしなくても、十分成り立っているバラエティ番組でだ。

つくづく登山が好きな局なんだな~

24時間テレビでも、障害者に富士登山をさせたり、キリマンジャロにまでも行かせていて、イモトアヤコに至っては、キリマンジャロ、モンブラン、アコンカグア、マッターホルン、マナスル、キナバルなど、すでに8000m級の山にも登頂している。

イモトの体力にも脱帽させられるが、ほんとに登山させるのが好きな局だな~と・・・

それも、過去に「チョモランマからの生中継」を成し遂げたことから始まっているのだろうが、登山家ではないタレントを行かせていることには、今でも視聴者から心配の声も上がっている。

日本テレビ「チョモランマがそこにある!!」

1988年、5月5日の「子供の日」に世界最高峰であるチョモランマ(エベレスト)山頂から、世界初の生中継。

今回のアイガーもかなり危険な山だ。いくらサポートや安全対策をしていると言っても、常に死と隣り合わせとなるような山に挑んでいることには変わりがない。

アイガーとはどんな山?

スイスを代表する山で、標高は3,970m。「死の崖」とも言われ、プロの登山家でさえ難しい山とされる。

同じ山でも高尾山が良いな~。恐い恐いこんな山。下から眺めて写真を撮るだけでいいよ。

とにかく、そんな視聴者の心配もよそに、またしても危険な山に挑んだイモトではあるが、とりあえず無事には帰ってきたようだ。

詳細は9月25日のOAで見ることになるが、また、日テレが本気でエベレストに挑むことになるのだろうか・・・それもアイガーの登頂が成功するか否かにかかっているのだろう。

まあ、壮大な挑戦と綺麗な景色を見せてくれるのは良いが、バラエティ番組としての『イッテQ』ファンとしては事故の無いように願いたい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

【スポンサードリンク】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2018-5-18

    年商10億の通販王〖保阪尚希〗が抱くさらなる野望?イランのガスで5000億の真相

    最近、壮絶な過去など、何かと話題になる保阪尚希さん。 元々は俳優の彼は、一時期テレビから姿を消し、…
【スポンサーリンク】

注目記事

  1. 現在、北朝鮮の核実験や長距離弾道ミサイルの発射試験に対する、アメリカの現政権(トランプ大統領)の強硬…
  2. 『ブラタモリ』のアシスタントで注目を集め、今では『ニュースウオッチ9』のキャスターを務める、NHKの…
  3. 今月10日、サッカーの韓国代表とコロンビア代表が国際親善試合を行った。 試合は韓国のFWソン・フンミ…
  4. 〖B'z〗と言えば、ギターの松本孝弘、ボーカルの稲葉浩志の2人組ユニットとして知られるが、実はここ1…
  5. 安室奈美恵の引退報道後、芸能界の安室ファンを公言する人たちからも惜しむ声が聞かれたが、その中でも、特…

おすすめ

  1. 【都議選】自民大敗は政策以上に国政での信頼低下「心」の問題、民進は論外!

    小池都知事になって初めての都議会選挙が終わった。 ふたを開ければやはり、小池氏が率いる『都民ファース…
  2. 【衆院選2017】民進党が再結集?まやかしの野党再編!選挙後は希望から絶望へ?

    今月22日に投開票がされる衆院選も、各党、本格的な選挙モードに突入しているが、今回の選挙で特に注目さ…
  3. 【日産、スバル】無資格検査は制度の曖昧さも起因!不安を煽る報道の是非

    日産自動車に続き、SUBARU(スバル)でも、無資格検査が発覚し、マスコミは日本の製造業の信頼低下を…
  4. 【森友学園エンターテイメント】疑惑?橋下徹が語る、政治と行政の関わりと心理

    連日、ワイドショーや情報番組で取り上げられすぎて「とっちらけ」となってしまってたこの『森友学園』の問…
  5. 『香取慎吾』趣味のファッションはハイブランドばかり?無神経さが今後に影響か

    今や「元SMAP」という肩書となった『香取慎吾』『草彅 剛』『稲垣吾郎』。 3人は、ジャニーズ事務…
  6. 南海電鉄の車掌アナウンスで外国人差別?テレビの厳しい論調に疑問も

     今月、南海電鉄の「なんば駅」から、関西空港行きの空港特急車内にて、車掌からあるアナウンスがされたと…
  7. 【衆院選2017】政権交代?矛盾を抱える『希望の党』ド素人の若狭氏に感じる不安

    出典:朝日新聞社 先月、衆議院解散となり、野党のドタバタ再編劇が繰り広げられているが、そのキッカケを…
  8. 「NHKの桑子アナが消えた?」の話題に反応?和田正人のSNSに登場の勘違い

    『ブラタモリ』のアシスタントで注目を集め、今では『ニュースウオッチ9』のキャスターを務める、NHKの…
ページ上部へ戻る