【高橋一生】マスコミのゴリ押しに違和感あり!本当にイケメン?セクシー萌え?

出典:MY Promotion Inc.

高橋一生』という俳優をご存じだろうか。少し前なら、名前よりも「顔は何となく見たことがある」といった感じの、脇役でも割と地味なタイプの俳優というイメージだったはず。そんな彼の名前を最近やたらと目にするようになったのはナゼなのか・・・気になるところだ。

女性が萌え死に?

「高橋さんの魅力に抵抗せずにひれ伏す私たち」「世の女性たちの間で“高橋一生萌え”の波が止まらない」などと、マスコミがやたらと大げさな取り上げ方をしている。

正直、ぱっと見「イケメン」という感じではないし、元々スター性を持ち合わせている役者ではないように思うのだが・・・(あくまでも個人的な意見)

それが最近の彼は・・・

こんなことになっている・・・

彼のファンはこれを見て喜ぶのだろうか・・・

「白熱ライブ ビビット」(TBS系)でMCを務める真矢ミキさんは「私は脱がないでほしかったなぁ」高橋はタートルネックを着ている姿が似合う「文学的なイメージ」だと、残念そうな様子を見せていた。

少なくとも、このような意見を持つ女性ファンもいる事は確かで、そもそも「こういった話題、議論を呼ぶような俳優なのだろうか・・・」というのが世間の空気であり、あくまでも脇役(バイプレイヤー)としてのイメージが強かった彼の、不自然な「ゴリ押し」感を指摘する声も上がっている。

前々から実力もある素敵な役者さん。安易なブレイクとして扱わないでほしい。

確かに魅力的な俳優さんだと思うけど、最近のメディアの取り上げ方には、ちょっと違和感がある。

普通にええ役者やと思うけど最近ゴリゴリしすぎ。

なんか最近マスコミの露骨な取り上げがひどくなってきた。良い役者かとは思うだけに、少しそっとしてあげたらって思う。

元々いい役者さんで好きだけど最近の盛り上げ方は異常。

普通に良い俳優だとは思うけど、私は萌えない…。盛り上げ方が異常です。

この人、かっこいい??最近のかっこいいの基準がわからない。いい役者とは思うけど。

「高橋一生になぜ女性は萌え死ぬのか。その“魔性”の正体」(女子SPA!)

こんなタイトルの記事を書かれても、世間との温度差に違和感を持たれるだけだと思うのだが・・・

割と役者『高橋一生』に対して肯定的な人でも、こうした気持ちの悪い一部の女性目線?で語られると引いてしまうし、マスコミのズレた評価に嫌悪感を抱くこともあるだろう。

特に「anan」の表紙は、彼の今後にあまり良い影響はないと思うのだが・・・男から見ても、その「イメージとの乖離」に、気色悪さを感じてしまう。

ドラマ「カルテット」(TBS系)の評判も良く、俳優としての評価は元々高いのだから、名バイプレーイヤーのままで良いのでは?

不自然に、イケメンだのセクシーだのと持ち上げたとしても、結局は世間からは冷めてみられるのがオチ。

まあ、最近は名前だけが独り歩きをして、顔の判別がつかない若手俳優がいっぱいいるが・・・こういった現象に、一番本人が戸惑っているのかもしれないけど・・・普通でいい・・・普通がいい・・・

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

【スポンサードリンク】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2018-5-18

    年商10億の通販王〖保阪尚希〗が抱くさらなる野望?イランのガスで5000億の真相

    最近、壮絶な過去など、何かと話題になる保阪尚希さん。 元々は俳優の彼は、一時期テレビから姿を消し、…
【スポンサーリンク】

注目記事

  1. 平昌(ピョンチャン)オリンピックの開幕まで3カ月を切り、さぞ盛り上がりを見せているであろう韓国。 だ…
  2.  今や、世界の観光地には中国人観光客で溢れていて、その国の観光産業に多大な影響を与えるまでになってい…
  3. 体のあらゆる変化により、運動不足を痛感させられることは現代人にとってのよくある話。 しかし、これま…
  4. 先月31日、アジアチャンピオンズリーグ(ACL)決勝トーナメントのラウンド16、『浦和レッズvs.済…
  5. 今や「元SMAP」という肩書となった『香取慎吾』『草彅 剛』『稲垣吾郎』。 3人は、ジャニーズ事務…

おすすめ

  1. 響きだけでイケてる?果たして損か得か!イケメンっぽい苗字ランキング!

     平凡?カッコ悪い?書きずらい?下の名前なら、両親の思いや、その時代の流行りみたいなものが含まれてい…
  2. スマホは高い!の常識はもう古い?今が維持費を見直す時!格安SIMという選択

    フューチャーフォン(通称ガラケー)からスマートフォン(スマホ)へのシフトが進み、7、8万の端末料金を…
  3. 【森友学園】疑惑のままで良い?「巨悪の安倍」妄想が膨らみ籠池擁護に走る野党

    森友学園の問題は、もはや目にするのもウンザリするほど、こすりにこすられた話題だが、ここにきて、籠池宅…
  4. 本田翼を無視した女優?暴露で波紋!テレビの名前を伏せればOKという悪い風潮

    普段、あまりバラエティなんかに出ない女優が、たまに出てきてはチヤホヤされ、調子に乗っては下品な振る舞…
  5. そろそろ大人の塗り絵でも始めません?そうだ!色鉛筆を選ぼう

     子供の頃、誰もが遊んだことのある塗り絵が、今は大人も楽しめると話題になって久しいが、改めて精神的に…
  6. 少子化は中学の部活動をも無くす?東京五輪の後はスポーツ教育の転換期になる

    まず、中学校に入学して、一番の関心事となるのは「部活動」に入ることだろう。 その、これまで当たり前…
  7. サッカー韓国代表への差別的行為!謝罪も怒り収まらず?騒ぎすぎてブーメランも

    今月10日、サッカーの韓国代表とコロンビア代表が国際親善試合を行った。 試合は韓国のFWソン・フンミ…
  8. イッテQ温泉同好会の新弟子〖ガンバレルーヤ〗とは何者?ウッチャンはお父さん

    去年からジワジワと人気上昇中の『ガンバレルーヤ』は、かねてから内村光良(ウッチャン)を“東京のお父さ…
ページ上部へ戻る