【高橋一生】マスコミのゴリ押しに違和感あり!本当にイケメン?セクシー萌え?

出典:MY Promotion Inc.

高橋一生』という俳優をご存じだろうか。少し前なら、名前よりも「顔は何となく見たことがある」といった感じの、脇役でも割と地味なタイプの俳優というイメージだったはず。そんな彼の名前を最近やたらと目にするようになったのはナゼなのか・・・気になるところだ。

女性が萌え死に?

「高橋さんの魅力に抵抗せずにひれ伏す私たち」「世の女性たちの間で“高橋一生萌え”の波が止まらない」などと、マスコミがやたらと大げさな取り上げ方をしている。

正直、ぱっと見「イケメン」という感じではないし、元々スター性を持ち合わせている役者ではないように思うのだが・・・(あくまでも個人的な意見)

それが最近の彼は・・・

こんなことになっている・・・

彼のファンはこれを見て喜ぶのだろうか・・・

「白熱ライブ ビビット」(TBS系)でMCを務める真矢ミキさんは「私は脱がないでほしかったなぁ」高橋はタートルネックを着ている姿が似合う「文学的なイメージ」だと、残念そうな様子を見せていた。

少なくとも、このような意見を持つ女性ファンもいる事は確かで、そもそも「こういった話題、議論を呼ぶような俳優なのだろうか・・・」というのが世間の空気であり、あくまでも脇役(バイプレイヤー)としてのイメージが強かった彼の、不自然な「ゴリ押し」感を指摘する声も上がっている。

前々から実力もある素敵な役者さん。安易なブレイクとして扱わないでほしい。

確かに魅力的な俳優さんだと思うけど、最近のメディアの取り上げ方には、ちょっと違和感がある。

普通にええ役者やと思うけど最近ゴリゴリしすぎ。

なんか最近マスコミの露骨な取り上げがひどくなってきた。良い役者かとは思うだけに、少しそっとしてあげたらって思う。

元々いい役者さんで好きだけど最近の盛り上げ方は異常。

普通に良い俳優だとは思うけど、私は萌えない…。盛り上げ方が異常です。

この人、かっこいい??最近のかっこいいの基準がわからない。いい役者とは思うけど。

「高橋一生になぜ女性は萌え死ぬのか。その“魔性”の正体」(女子SPA!)

こんなタイトルの記事を書かれても、世間との温度差に違和感を持たれるだけだと思うのだが・・・

割と役者『高橋一生』に対して肯定的な人でも、こうした気持ちの悪い一部の女性目線?で語られると引いてしまうし、マスコミのズレた評価に嫌悪感を抱くこともあるだろう。

特に「anan」の表紙は、彼の今後にあまり良い影響はないと思うのだが・・・男から見ても、その「イメージとの乖離」に、気色悪さを感じてしまう。

ドラマ「カルテット」(TBS系)の評判も良く、俳優としての評価は元々高いのだから、名バイプレーイヤーのままで良いのでは?

不自然に、イケメンだのセクシーだのと持ち上げたとしても、結局は世間からは冷めてみられるのがオチ。

まあ、最近は名前だけが独り歩きをして、顔の判別がつかない若手俳優がいっぱいいるが・・・こういった現象に、一番本人が戸惑っているのかもしれないけど・・・普通でいい・・・普通がいい・・・

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

【スポンサードリンク】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2018-5-18

    年商10億の通販王〖保阪尚希〗が抱くさらなる野望?イランのガスで5000億の真相

    最近、壮絶な過去など、何かと話題になる保阪尚希さん。 元々は俳優の彼は、一時期テレビから姿を消し、…
【スポンサーリンク】

注目記事

  1. やっぱりと言うべきか、先の衆院選で惨敗を喫した『希望の党』でゴタゴタが始まった。 代表の小池百合子…
  2. 自民党の若狭勝衆院議員(東京10区)が29日、自身の進退伺を党(下村博文幹事長代行)に提出した。 会…
  3.  平凡?カッコ悪い?書きずらい?下の名前なら、両親の思いや、その時代の流行りみたいなものが含まれてい…
  4. 平昌オリンピックが来月(2月9日~)に迫る中、日本では、人気の『フィギュアスケート』や、最近好成績を…
  5. ONE OK ROCK(ワン オク ロック)略してワンオクと呼ばれる、日本の新しい世代を代表するロッ…

おすすめ

  1. FIFA映像の『橘ゆりか』が美女サポーター扱い!元アイドルでFC東京と深い関係

    8月31日、埼玉スタジアムに詰めかけた6万人のサポーターを前に、宿敵のオーストラリアに勝利し、ロシア…
  2. 本当に靴職人!?花田優一の止まらない二世タレント化(笑)俳優にも興味?

    画像:©MeguEntertainment 『花田優一』といえば、言わずと知れた大横綱『第65代横…
  3. 【文化財に油】浜離宮のシミはオリーブオイル?また模倣犯か!でも実は・・・

    2015年頃から、寺院などの文化財に油をかけられたようなシミが発見され、騒動になっていることは記憶に…
  4. 【浦和レッズvsシャペコエンセ】後味の悪さをサポーターが救った感動の光景!

    出典:ゲキサカ JリーグYBCルヴァンカップ(旧ナビスコカップ)と、南米のコパ・スダメリカーナの、そ…
  5. 【NHK紅白】ウッチャン奮闘も視聴率は時代の流れに逆らえず?全世代型の限界

    2018年の三が日に早くも昨年末のテレビ番組の視聴率が発表されたが、取り分け注目されるのは、NHKの…
  6. 朝日奈央って誰?さんま御殿でウザい女と炎上!ガヤもアイドリングの悪影響か?

    突然、SNSのトレンドに『朝日奈央』という名前が!! アイドルに疎いながらも、かつて『アイドリング…
  7. 『ドムドムバーガー』は生きていた!新規出店に歓喜!懐かしのゾウさん復活へ

    筆者は『ドムドムバーガー』と聞いて、激しく懐かしいと思う世代である。 私は勝手に40代前後の世代を…
  8. 大迷惑!バイオラバー【山本化学工業】原薬メーカーの不正に「間違えないで!」

    和歌山市の大手原薬メーカー「山本化学工業」が、届け出をせずに自社製品に中国製アセトアミノフェンを混ぜ…
ページ上部へ戻る