【ガンバ大阪】長谷川監督が辞任!最後の挨拶でブーイング浴びせる光景に違和感

ガンバ大阪の長谷川監督が今シーズン限りで辞任する。

ホーム(市立吹田サッカースタジアム)最終戦となったコンサドーレ札幌戦でも0-1で敗れ、9試合勝ちなしとなり、厳しいシーズンを終えようとしている。

その責任を負う形で長谷川監督が辞任することになるが、チームを去るにあたって、どんなに不甲斐ない結果であれ、ホームのサポーターに挨拶をするという最後の役目がある。

終わり悪けりゃすべて悪?

J2に降格したチームの再建を託され就任した長谷川監督。

それを1年でJ1へ復帰を果たし、翌シーズンにはJ1で三冠(Jリーグ、ナビスコカップ(現ルヴァンカップ)、天皇杯)を達成するという、鮮やかな復活劇を見せた。

去年、一昨年とタイトルこそ無いものの、優勝争いには食い込んでおり、指揮を執った5年間で考えると、今年を除き、そのほとんどは好成績を残していたと言える監督である。

そんな長谷川監督が、今シーズンのホーム最終戦でサポーターの前に挨拶に立ったわけだが「大ブーイング」を浴びたというのだ。

Embed from Getty Images

どん底だったチームを頂点まで引き上げた監督、それも今シーズンの後半に調子を崩したチームの全責任を負わせられ、評価が地に落とされるということに違和感を感じる。

どんなチームであれ、上手くいく時ばかりではないし、苦しいシーズンを送る時だってあるが、それは監督だけが悪いわけではない。

ガンバにおいては主力選手の衰えというのも原因の1つとしてあるだろうし、そこをカバーする選手の補強が出来なかったフロントにも問題があるはず。

少なくとも、クラブの歴史において「功労者の1人」に挙げられる監督の送り出し方として、寂しいと感じるのはおかしい事だろうか・・・

そんなブーイングの中で、長谷川監督はこう挨拶をする

「皆さん、今シーズンなかなか喜んでもらえるような試合ができなくて…。

これは選手は非常に頑張ってくれたと思います。ただ、私の指導力のなさだと思いますし、これで快く5年間に幕を閉じることができると思ってます。

こういうブーイングをこれから声援に変えて、来シーズンのガンバ大阪、是非タイトルを奪取してほしいと思います。

5年間ありがとうございました」

こうチームを思いやったが・・・

偉業とも言える三冠を達成し、歓喜をもたらしてくれた監督に対し、全くリスペクトがない、拍手で送れないサポーターがいるようなチームの監督に「喜んでなります!」と思う人はいるのだろうか・・・

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

【スポンサードリンク】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2018-5-18

    年商10億の通販王〖保阪尚希〗が抱くさらなる野望?イランのガスで5000億の真相

    最近、壮絶な過去など、何かと話題になる保阪尚希さん。 元々は俳優の彼は、一時期テレビから姿を消し、…
【スポンサーリンク】

注目記事

  1. 和歌山市の大手原薬メーカー「山本化学工業」が、届け出をせずに自社製品に中国製アセトアミノフェンを混ぜ…
  2. 政治的、民族的、極寒など、平昌オリンピックを取り巻く環境にはさまざまな問題が横たわっている。 だが…
  3. 連日、ワイドショーや情報番組で取り上げられすぎて「とっちらけ」となってしまってたこの『森友学園』の問…
  4. 先月31日、アジアチャンピオンズリーグ(ACL)決勝トーナメントのラウンド16、『浦和レッズvs.済…
  5. 学校法人「加計(かけ)学園」の獣医学部(岡山理科大獣医学部)新設をめぐり、森友学園の問題で散々取り上…

おすすめ

  1. 南海電鉄の車掌アナウンスで外国人差別?テレビの厳しい論調に疑問も

     今月、南海電鉄の「なんば駅」から、関西空港行きの空港特急車内にて、車掌からあるアナウンスがされたと…
  2. 希望の党が第二民進党化?有権者無視で得意の揉め事!人のせい?呆れた小池批判

    やっぱりと言うべきか、先の衆院選で惨敗を喫した『希望の党』でゴタゴタが始まった。 代表の小池百合子…
  3. 【文化財に油】浜離宮のシミはオリーブオイル?また模倣犯か!でも実は・・・

    2015年頃から、寺院などの文化財に油をかけられたようなシミが発見され、騒動になっていることは記憶に…
  4. アメトーーク!『B’z芸人』放送記念!30周年を機に改めてその凄さを知ろう!

    1988年にデビューした『B'z』は、今年30周年を迎えている。 もちろん、日本のポップカルチャー…
  5. つくば市では成人式で暴れるのが文化?時代遅れのバカバカしさに動物園か!の声

    今年も、師走に入るやあっという間にクリスマス、それを過ぎればバタバタと大晦日で正月を迎えることになる…
  6. 浦和レッズが悪い!開き直る韓国に世界が呆れる?済州の暴挙に乱闘の詳細、真実

    先月31日、アジアチャンピオンズリーグ(ACL)決勝トーナメントのラウンド16、『浦和レッズvs.済…
  7. 【イッテQ】シャッフルSP!この時代に1つのテレビを共有させるイッテQ の凄さ

    出典:ザテレビジョン 通常放送を1回休み、今月、5月7日(日)に『世界の果てまでイッテQ!シャッフ…
  8. テレ朝・田中萌が不倫?爽やかな朝の番組の裏では先輩アナと××な関係

    今年は、世間を騒がせる有名人は後を絶たないが、そのほとんどが「週刊文春」によるスクープだ! そして…
ページ上部へ戻る