FIFA映像の『橘ゆりか』が美女サポーター扱い!元アイドルでFC東京と深い関係

8月31日、埼玉スタジアムに詰めかけた6万人のサポーターを前に、宿敵のオーストラリアに勝利し、ロシアW杯出場を決めたサッカー日本代表。

その後に行われた最終戦、アウェイのサウジアラビア戦では1-0で敗れ、W杯に向けての課題を残したが、グループはトップ通過、とりあえずサッカーファンは安堵といったところ。

FIFAの公式ではロシア行きを祝福、その動画にあの人?

宿敵オーストラリアを相手にホームで快勝し、W杯の出場を決めたことで、日本中が歓喜に沸くなか、それを祝福するように、FIFAの公式ホームページには日本人サポーターの映像を掲載。

前回のブラジル大会でのサポーターの姿が映し出されているのだが、その動画の最後、締めのワンショットで映った女性に注目が集まったようだ。

「美人!」「あの美女は誰?」

などと、話題になっているようだが、その美女の正体は一体・・・

まあ、ハッキリ言って、実はそんなに大したこともなくて、特にFC東京のサポーターなら知る人も多い、元アイドリング!!!のメンバー『橘ゆりか』だったということだ。

元アイドルがカメラ目線で手を振っていることから、確信犯的な感じを受けてしまうので、知っている人は結構冷めたものである・・・

アイドル時代の彼女はポンコツ

フジテレビお抱えのアイドルグループであった『アイドリング!!!』

2015年10月に解散し、オンデマンドを中心とした冠番組と共に、実働丸9年とバラエティ色の強いグループだった。

その『アイドリング!!!』の3期生として加入したのが『橘ゆりか』

立ち位置的には中堅メンバーといった所だったが

「お前は何が出来るんだ!」

と突っ込まれるほどのポンコツキャラだった彼女は、今回のように「美女」扱いをされるようなタイプではなかったので、この話題を見て少々驚いたというのが『アイドリング!!!』を、少々かじっていた人間の感想。

FC東京のサポーターに認められた存在

それでも、外仕事では熱心に『FC東京』絡みの番組をやっていて、試合にも『アイドリング!!!』のメンバーを引き連れてスタジアムに行き、パフォーマンスをしたりと、サッカーとはアイドリング時代から関係が深かったのだ。

そういった縁があり、サポーターにも温かく受け入れられていて、現に『FC東京』では、試合中のチャントにアイドリングの『サマーライオン』という曲のサビが使われている。

「腐っても鯛」ならぬ、一応、元アイドルだ、容姿のポテンシャルは高いのは当然と言えば当然!喋らなければ?・・・

しかも、今回話題となったFIFAの映像は、ブラジル大会の模様ということなので、当時はまだアイドリングとして活動していた時期。

それが、グループも解散し、数年たった今、こうして思いもよらないところで注目されるのと、かつてアイドリングに関わった人ならば、思わず「ニヤリ」としてしまうだろう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

【スポンサードリンク】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2018-5-18

    年商10億の通販王〖保阪尚希〗が抱くさらなる野望?イランのガスで5000億の真相

    最近、壮絶な過去など、何かと話題になる保阪尚希さん。 元々は俳優の彼は、一時期テレビから姿を消し、…
【スポンサーリンク】

注目記事

  1.  今や、世界の観光地には中国人観光客で溢れていて、その国の観光産業に多大な影響を与えるまでになってい…
  2. 高校時代から「平成の怪物」と呼ばれた『松坂大輔(投手)』卒業後に西武ライオンズに入団すると、高卒1年…
  3.  元ファンキーモンキーベイビーズで、歌手のファンキー加藤(37)が不倫?また今年のトレンドに乗って現…
  4. いよいよ、平昌オリンピック(韓国)が今週に開幕する。 メディアからは、極寒、北朝鮮、デモ、崔順実(…
  5. 安室奈美恵の引退報道後、芸能界の安室ファンを公言する人たちからも惜しむ声が聞かれたが、その中でも、特…

おすすめ

  1. 相武紗季の結婚に祝福ムードなし?次々報じられる夫の素性に困惑

     世間はゴールデンウィーク真っ只中の今月3日、女優の相武紗季さんが結婚を発表した。年齢も30歳になり…
  2. 【平昌五輪】チケットの販売不振が深刻!寒すぎるメーン会場での対策とは?

    平昌(ピョンチャン)オリンピックの開幕まで3カ月を切り、さぞ盛り上がりを見せているであろう韓国。 だ…
  3. 【NHK紅白】ウッチャン奮闘も視聴率は時代の流れに逆らえず?全世代型の限界

    2018年の三が日に早くも昨年末のテレビ番組の視聴率が発表されたが、取り分け注目されるのは、NHKの…
  4. これぞ『コボちゃん』最近の秀逸ネタ!このセンス、視点がやっぱり凄い!

    『読売新聞』で、1982年4月1日から連載が開始され、35年以上、連載数1万2千回を軽く超える、もは…
  5. 【衆院選2017】民進党が再結集?まやかしの野党再編!選挙後は希望から絶望へ?

    今月22日に投開票がされる衆院選も、各党、本格的な選挙モードに突入しているが、今回の選挙で特に注目さ…
  6. 『ジャンクSPORTS』復活は、過去の栄光にすがるフジの体質?業界全体の問題も

    出展:フジテレビ 『めちゃイケ』や『とんねるずのみなさんのおかげです。』が、今春で終了することが決…
  7. イッテQで「草刈さ~ん」連呼のイモトが草刈正雄を好きな理由!まさかの共演?

    出典:お笑いナタリー 今年10周年を迎えたバラエティ番組『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ)…
  8. 極寒に強風〖平昌五輪〗悪天候に選手も嘆き?深夜に観客もまばら?運営に疑問も

    現在、平昌オリンピックの真っ只中だが、始まる前からメディアに取り上げられるのは、北朝鮮絡みのキナ臭い…
ページ上部へ戻る