この演歌が面白い!松尾雄史『メルボルン特急』になぜかニヤッと

 ふと、明け方なんかに、テレビをつけて、テレビ東京やテレビ埼玉にチャンネルを合わすと、演歌のプロモーションビデオが流れる時がある。意外とそこには面白い演歌の世界がある。

 たまたま『メルボルン特急』という曲のプロモーションビデオを見た時は、その場所のチョイスに、ポップスにはない、絶対的な演歌の自由さ、また面白さを感じた。

 この曲を歌っているのは、松尾雄史さんという方。

 どんな方なのか?

 プロフィールを見てみましょう。

1605-21-01

 本名・松尾雄史(まつお ゆうじ)

 出身・長崎県諫早市(いさはやし)
 生年月日・1991年7月16日
 血液型・B型
 身長、体重・180cm 70kg
 性格・負けず嫌い
 家族・父・母・姉
 趣味・ショッピング
 スポーツ・バスケットボール
 好きな食べ物・鯖寿司・ロコモコ

 参考:オフィシャルサイトより

 現在、24歳。
 2012年『くちなし慕情』という曲でデビュー。

 ということは、20歳という若さで演歌歌手としてデビューしているので、まさに演歌界での期待のホープと言った所なのだろう。

 茶髪でかなりスマートな印象。いわゆる「~っぽくない」のに、コテコテの演歌を歌っているので、見た目とのギャップだけでも非常に面白い。

 そんな彼が歌う『メルボルン特急』。

 まず、なぜその場所をチョイスするのかに興味を持つのだが、演歌に限って、あまり場所に意味を求めてもしょうがない。

 ただ、国内の地名なら、ご当地ソングとして親しまれるのも演歌の特徴なのだが、「オーストラリアのメルボルン」を持ってくるあたりに斬新さを感じずにはいられない。

「メルボルン特急」は、オーストラリア舞台に、愛という名の夢を捨て、ひとり列車に乗り込む主人公が、メルボルンから広大な赤い大地を模索しながらも未来に向かって走り続ける、男の心情を歌った、スケール感溢れる楽曲に仕上がっている。

出典:musicman-net

 もはや、日本にとどまらない、壮大なスケール感が売りの曲なのだ!

 個人的には、サビの最後「メルボルン~特~急~」の、無理やりメロディにハメた感がお気に入り。

 それでは、聞いていただきたい!『メルボルン特急』

松尾雄史「メルボルン特急」

 どうですか、朝方にこれがテレビで流れていたら、思わず「ニヤッ」としてしまうでしょ?

 ちなみに、オーストラリアの列車のイメージはこうだ!

1605-21-02出典:豪人.com

 武骨な感じがして、広大な大地を走るといった列車だが、でも、お気づきだろうか、このPVには、全くこのような「オーストラリア感がない」ことに!

 これも、まさに演歌ならではの「ゆるさ」なのだが、どんなに壮大な舞台、テーマであっても、結局、ド日本の「海べり、波止場、ネオン」をバックに歩くのが演歌なのだ!

 いや~面白いでしょ?たまには演歌も良いものです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

【スポンサードリンク】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2018-5-18

    年商10億の通販王〖保阪尚希〗が抱くさらなる野望?イランのガスで5000億の真相

    最近、壮絶な過去など、何かと話題になる保阪尚希さん。 元々は俳優の彼は、一時期テレビから姿を消し、…
【スポンサーリンク】

注目記事

  1.  今月、南海電鉄の「なんば駅」から、関西空港行きの空港特急車内にて、車掌からあるアナウンスがされたと…
  2.  先日、麻生太郎(副総理、兼財務大臣)の、高齢者に対する発言が問題とされ、複数のメディアが取り上げた…
  3. 今月、民進党の新たな代表となった前原誠司氏(55)に、またもや不可解な疑惑が持ち上がった。 先日、幹…
  4. 出典:ギャザリー 人は、無印良品のお店を見かけると、目的が無くともフラ~と入って眺めてしまうもの。…
  5.  今月6日、東京・国分寺市で、生後7か月の赤ちゃんをおんぶし、自転車に乗っていた女性が乗用車と接触し…

おすすめ

  1. <アイドル傷害事件>被害者は元シークレットガールズ『冨田真由』の衝撃

     先日、東京都小金井市のライブハウスが入る建物の敷地内で、アイドル活動をしている冨田真由(20)さん…
  2. 高梨沙羅の好感度に異変!愛車は祖父もドン引きの超高級車?伸び悩みの原因とは

    平昌オリンピックが来月(2月9日~)に迫る中、日本では、人気の『フィギュアスケート』や、最近好成績を…
  3. 【日産、スバル】無資格検査は制度の曖昧さも起因!不安を煽る報道の是非

    日産自動車に続き、SUBARU(スバル)でも、無資格検査が発覚し、マスコミは日本の製造業の信頼低下を…
  4. 高価な『水素水』の謎!ニセ科学?よく分からない物を信用する不思議

     スーパーやドラッグストアなどで「水素水、入荷しました」と書いて、水素水コーナーさえ設けている所もあ…
  5. 【平昌五輪】盛り上がってるのに無料チケットばら撒く?隠し切れない関心の低さ

    いよいよ、平昌オリンピック(韓国)が今週に開幕する。 メディアからは、極寒、北朝鮮、デモ、崔順実(…
  6. 嫌がらせも?泰明小学校『アルマーニ』は子供たちの足を引っ張る大人の自己満足

    東京都中央区にある、都立『泰明小学校』 この単なる、いち公立小学校が、新たに導入する制服(アルマー…
  7. 不可避の交通事故でも容疑者として実名報道?の是非

     今月6日、東京・国分寺市で、生後7か月の赤ちゃんをおんぶし、自転車に乗っていた女性が乗用車と接触し…
  8. 【若狭勝】なぜ進退伺?都民ならぬ「自分ファースト」無責任な行動に疑問

    自民党の若狭勝衆院議員(東京10区)が29日、自身の進退伺を党(下村博文幹事長代行)に提出した。 会…
ページ上部へ戻る