この演歌が面白い!松尾雄史『メルボルン特急』になぜかニヤッと

 ふと、明け方なんかに、テレビをつけて、テレビ東京やテレビ埼玉にチャンネルを合わすと、演歌のプロモーションビデオが流れる時がある。意外とそこには面白い演歌の世界がある。

 たまたま『メルボルン特急』という曲のプロモーションビデオを見た時は、その場所のチョイスに、ポップスにはない、絶対的な演歌の自由さ、また面白さを感じた。

 この曲を歌っているのは、松尾雄史さんという方。

 どんな方なのか?

 プロフィールを見てみましょう。

1605-21-01

 本名・松尾雄史(まつお ゆうじ)

 出身・長崎県諫早市(いさはやし)
 生年月日・1991年7月16日
 血液型・B型
 身長、体重・180cm 70kg
 性格・負けず嫌い
 家族・父・母・姉
 趣味・ショッピング
 スポーツ・バスケットボール
 好きな食べ物・鯖寿司・ロコモコ

 参考:オフィシャルサイトより

 現在、24歳。
 2012年『くちなし慕情』という曲でデビュー。

 ということは、20歳という若さで演歌歌手としてデビューしているので、まさに演歌界での期待のホープと言った所なのだろう。

 茶髪でかなりスマートな印象。いわゆる「~っぽくない」のに、コテコテの演歌を歌っているので、見た目とのギャップだけでも非常に面白い。

 そんな彼が歌う『メルボルン特急』。

 まず、なぜその場所をチョイスするのかに興味を持つのだが、演歌に限って、あまり場所に意味を求めてもしょうがない。

 ただ、国内の地名なら、ご当地ソングとして親しまれるのも演歌の特徴なのだが、「オーストラリアのメルボルン」を持ってくるあたりに斬新さを感じずにはいられない。

「メルボルン特急」は、オーストラリア舞台に、愛という名の夢を捨て、ひとり列車に乗り込む主人公が、メルボルンから広大な赤い大地を模索しながらも未来に向かって走り続ける、男の心情を歌った、スケール感溢れる楽曲に仕上がっている。

出典:musicman-net

 もはや、日本にとどまらない、壮大なスケール感が売りの曲なのだ!

 個人的には、サビの最後「メルボルン~特~急~」の、無理やりメロディにハメた感がお気に入り。

 それでは、聞いていただきたい!『メルボルン特急』

松尾雄史「メルボルン特急」

 どうですか、朝方にこれがテレビで流れていたら、思わず「ニヤッ」としてしまうでしょ?

 ちなみに、オーストラリアの列車のイメージはこうだ!

1605-21-02出典:豪人.com

 武骨な感じがして、広大な大地を走るといった列車だが、でも、お気づきだろうか、このPVには、全くこのような「オーストラリア感がない」ことに!

 これも、まさに演歌ならではの「ゆるさ」なのだが、どんなに壮大な舞台、テーマであっても、結局、ド日本の「海べり、波止場、ネオン」をバックに歩くのが演歌なのだ!

 いや~面白いでしょ?たまには演歌も良いものです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

【スポンサードリンク】

関連記事

お得情報(PR)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2018-1-21

    高梨沙羅の好感度に異変!愛車は祖父もドン引きの超高級車?伸び悩みの原因とは

    平昌オリンピックが来月(2月9日~)に迫る中、日本では、人気の『フィギュアスケート』や、最近好成績を…
【スポンサーリンク】

注目記事

  1. 先日、コント日本一を決めるTBS『キングオブコント2017』で準優勝し、新世代の笑いを見せた『にゃん…
  2. これまでSNSなどネット上での発言が元となり、炎上、失墜した人は数知れず・・・。そして「つぶやき」が…
  3. 普段、あまりバラエティなんかに出ない女優が、たまに出てきてはチヤホヤされ、調子に乗っては下品な振る舞…
  4.  前回は、まず5曲を紹介しましたが、「B'zはシングル曲くらいしか知らない」という人や、それこそ「U…
  5. 突然、SNSのトレンドに『朝日奈央』という名前が!! アイドルに疎いながらも、かつて『アイドリング…

おすすめ

  1. テレビの嘘『キリトルTV』読唇術で本人確認もせず放送?ダルの指摘に番組終了か

    テレビ朝日系「ゴン中山&ザキヤマのキリトルTV」という番組が不定期に放送されているが、今月5日に放送…
  2. <アイドル傷害事件>被害者は元シークレットガールズ『冨田真由』の衝撃

     先日、東京都小金井市のライブハウスが入る建物の敷地内で、アイドル活動をしている冨田真由(20)さん…
  3. 乙武氏も荒れる?田中萌『グッド!モーニング』不倫で降板?局の対応は…

    今週の「週刊文春」にスッパ抜かれた、テレビ朝日のアナウンサー(以下、アナ)同士の不倫疑惑。それも、朝…
  4. 高齢者ドライバーの免許更新はゆるい?女子高生が85歳に車ではねられる理不尽さ

    9日朝、群馬県前橋市で、85歳の男性が運転する車が自転車に乗った女子高校生2人をはねるという事故があ…
  5. 大迷惑!バイオラバー【山本化学工業】原薬メーカーの不正に「間違えないで!」

    和歌山市の大手原薬メーカー「山本化学工業」が、届け出をせずに自社製品に中国製アセトアミノフェンを混ぜ…
  6. 【森友学園】疑惑のままで良い?「巨悪の安倍」妄想が膨らみ籠池擁護に走る野党

    森友学園の問題は、もはや目にするのもウンザリするほど、こすりにこすられた話題だが、ここにきて、籠池宅…
  7. 打倒!安倍政権?とんでも経済学者【高橋伸彰】の1日100円節約運動が大炎上!

    これまでSNSなどネット上での発言が元となり、炎上、失墜した人は数知れず・・・。そして「つぶやき」が…
  8. 【加計学園】民進議員の関与、既得権益は無視?再び忖度を想像する無駄な時間

    学校法人「加計(かけ)学園」の獣医学部(岡山理科大獣医学部)新設をめぐり、森友学園の問題で散々取り上…
ページ上部へ戻る