この演歌が面白い!松尾雄史『メルボルン特急』になぜかニヤッと

 ふと、明け方なんかに、テレビをつけて、テレビ東京やテレビ埼玉にチャンネルを合わすと、演歌のプロモーションビデオが流れる時がある。意外とそこには面白い演歌の世界がある。

 たまたま『メルボルン特急』という曲のプロモーションビデオを見た時は、その場所のチョイスに、ポップスにはない、絶対的な演歌の自由さ、また面白さを感じた。

 この曲を歌っているのは、松尾雄史さんという方。

 どんな方なのか?

 プロフィールを見てみましょう。

1605-21-01

 本名・松尾雄史(まつお ゆうじ)

 出身・長崎県諫早市(いさはやし)
 生年月日・1991年7月16日
 血液型・B型
 身長、体重・180cm 70kg
 性格・負けず嫌い
 家族・父・母・姉
 趣味・ショッピング
 スポーツ・バスケットボール
 好きな食べ物・鯖寿司・ロコモコ

 参考:オフィシャルサイトより

 現在、24歳。
 2012年『くちなし慕情』という曲でデビュー。

 ということは、20歳という若さで演歌歌手としてデビューしているので、まさに演歌界での期待のホープと言った所なのだろう。

 茶髪でかなりスマートな印象。いわゆる「~っぽくない」のに、コテコテの演歌を歌っているので、見た目とのギャップだけでも非常に面白い。

 そんな彼が歌う『メルボルン特急』。

 まず、なぜその場所をチョイスするのかに興味を持つのだが、演歌に限って、あまり場所に意味を求めてもしょうがない。

 ただ、国内の地名なら、ご当地ソングとして親しまれるのも演歌の特徴なのだが、「オーストラリアのメルボルン」を持ってくるあたりに斬新さを感じずにはいられない。

「メルボルン特急」は、オーストラリア舞台に、愛という名の夢を捨て、ひとり列車に乗り込む主人公が、メルボルンから広大な赤い大地を模索しながらも未来に向かって走り続ける、男の心情を歌った、スケール感溢れる楽曲に仕上がっている。

出典:musicman-net

 もはや、日本にとどまらない、壮大なスケール感が売りの曲なのだ!

 個人的には、サビの最後「メルボルン~特~急~」の、無理やりメロディにハメた感がお気に入り。

 それでは、聞いていただきたい!『メルボルン特急』

松尾雄史「メルボルン特急」

 どうですか、朝方にこれがテレビで流れていたら、思わず「ニヤッ」としてしまうでしょ?

 ちなみに、オーストラリアの列車のイメージはこうだ!

1605-21-02出典:豪人.com

 武骨な感じがして、広大な大地を走るといった列車だが、でも、お気づきだろうか、このPVには、全くこのような「オーストラリア感がない」ことに!

 これも、まさに演歌ならではの「ゆるさ」なのだが、どんなに壮大な舞台、テーマであっても、結局、ド日本の「海べり、波止場、ネオン」をバックに歩くのが演歌なのだ!

 いや~面白いでしょ?たまには演歌も良いものです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

【スポンサードリンク】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2018-5-18

    年商10億の通販王〖保阪尚希〗が抱くさらなる野望?イランのガスで5000億の真相

    最近、壮絶な過去など、何かと話題になる保阪尚希さん。 元々は俳優の彼は、一時期テレビから姿を消し、…
【スポンサーリンク】

注目記事

  1. 先日、コント日本一を決めるTBS『キングオブコント2017』で準優勝し、新世代の笑いを見せた『にゃん…
  2.  スーパーやドラッグストアなどで「水素水、入荷しました」と書いて、水素水コーナーさえ設けている所もあ…
  3. 出典:MY Promotion Inc. 『高橋一生』という俳優をご存じだろうか。少し前なら、名前…
  4.  パソコンの基本ソフト(OS)が、意図せず『Windows 10』にアップグレードしてしまうユーザー…
  5.  今月6日、東京・国分寺市で、生後7か月の赤ちゃんをおんぶし、自転車に乗っていた女性が乗用車と接触し…

おすすめ

  1. 山尾志桜里が不倫疑惑で離党!仕事が出来ればセーフ?庇うコメンテーターに失笑

    民進党の山尾志桜里氏は、今月7日発売の週刊文春(9月14日号)で、倉持麟太郎弁護士との不倫疑惑を報じ…
  2. 話題の【黒にんにく】気になる臭いと味をチェック!肝心の効果は?

    ニンニクが、滋養強壮に良いとか健康効果のある食材だということは皆が知るところだろう。だが、普段は料理…
  3. にゃんこスターの何が面白いの?時代とズレた老害が居座る新陳代謝なき芸能界

    先日、コント日本一を決めるTBS『キングオブコント2017』で準優勝し、新世代の笑いを見せた『にゃん…
  4. 南海電鉄の車掌アナウンスで外国人差別?テレビの厳しい論調に疑問も

     今月、南海電鉄の「なんば駅」から、関西空港行きの空港特急車内にて、車掌からあるアナウンスがされたと…
  5. 【無印良品】歯ブラシスタンドがペン立てに!使い方色々ミニ植木鉢に多肉植物も

    出典:ギャザリー 人は、無印良品のお店を見かけると、目的が無くともフラ~と入って眺めてしまうもの。…
  6. 相武紗季の結婚に祝福ムードなし?次々報じられる夫の素性に困惑

     世間はゴールデンウィーク真っ只中の今月3日、女優の相武紗季さんが結婚を発表した。年齢も30歳になり…
  7. スマホは高い!の常識はもう古い?今が維持費を見直す時!格安SIMという選択

    フューチャーフォン(通称ガラケー)からスマートフォン(スマホ)へのシフトが進み、7、8万の端末料金を…
  8. 石黒彩がテレビでの発言を訂正!夢を壊す?元アイドルの暴露話は醜いだけ・・・

     元『モーニング娘。』のメンバーでタレントの石黒彩(38)が、テレビ東京「ヨソで言わんとい亭~ココだ…
ページ上部へ戻る