好感度も急降下?DAIGO「KSK」リリースは結婚商法?興ざめとの声も

 先日、熊本地震の不安も覚めない中、結婚披露宴を開いた、歌手、又はタレントのDAIGOさんと、女優の北川景子さん。一時は中止が検討されたとも言われたが、予定通り、多くの有名人を招き、近年まれに見る大きな披露宴が行われた。そこで歌った「KSK」とは?

いったい誰に向けた曲?プロポーズ曲の「KSK」を一般販売!

 K = 結婚

 S = して

 K = ください

 という、いわゆる「DAI語」とか言う、アルファベットを使った略語(DAIGOの持ちネタ?)らしいが、この「KSK」(結婚してください)という曲は、披露宴で北川景子に向け、DAIGOが歌ったもので、いわば個人的なプロボーズの意味合いが強い。

 それがテレビでも取り上げられ、「歌を贈るなんて素敵」「やっぱりミュージシャンなんだなぁ」といったように、世間からは、割と好感を持って見られていた。

 そして披露宴後、DAIGOは自身のブログで、ファンにこうお伺いを立てている。

ちなみに
K S K
音源化
したほうがいいかな?どうかな?
意見
聞かせて
 
DAIGO
出典:DAIGO オフィシャルブログ

 う~ん。なんか白々しい聞き方のような気がする。

 そして、約2週間後には・・・

K S K
が配信 & リリース決定しました。
一生懸命つくったこの曲がまさかの大反響で
CDをリリースしたくてもなかなか思い通りできないこの時代に
リリース決定
しかも5/20に
 
作ったときはこうなるなんて思いませんでした。
 
レコード会社の方に
会社にも凄い問い合わせがきてる
いい曲だし、リリースしないか?と言われました。
 
そしてCDがほしい
フルが聴きたいというみなさんの声がたくさん僕に届いて
その期待に応えたいと思いました。
ファンのみんなは特にわかってくれてると思うけど
昔からニーズに応えたいタイプだし
ミュージシャンだから。
出典:DAIGO オフィシャルブログ

 その気がなかった曲が、僅か3週間後にCDをリリースするといった、手際の良さ(用意周到)には関心する。 

 立派にPVまで完成しています!

【DAIGO「K S K」MV(Web Size Version)】

 個人的に彼の事は、ミュージシャンと言うよりも、タレントとしてのイメージが強いのだが、「昔からニーズに応えたいタイプだし、ミュージシャンだから。」なんて言い回しに、ちょっと引いてしまう。

 テレビでの印象としては、「チャラさの中に、育ちの良さというか、頭の良さ」を感じる部分があり、そのギャップにタレントとして受け入れられたのだろうが、ブログやSNSを見ると、かなりのナルシストっぷりを発揮していて、まさに本来の「ビジュアル系」の部分が垣間見える。

1605-28-01

 個人的には「さっぱりして、意外と男っぽいのかなぁ」といった印象で嫌いではなかったが、今回は、「結婚を利用している(商法)」といった声が上がっても仕方がないのかなとも思う。

 実際、PVの動画に対するコメントには、かなり辛辣なものも目立つし、熱烈なファン以外からは、各所で微妙な反応が多い。

 ただ、彼のバンド『BREAKERZ』はとても売れているとは言えないし、世間的に大半のイメージはタレントのDAIGOでしかない。

 本来の歌手として「認められたい、成功したい」という気持ちは大きいのだろうから、「少々大目に見ても良いのでは?」とも思う。

 歌詞に関しては、「個人的な想い」が詰まったものなので、今流行りの「第三者」が聞かされても、ウザったいだけだが、曲自体は良いですよ。

 確かに。

 この曲に、各々歌詞を変えて歌えば面白いと思うし、くさいセリフでも、歌に乗せれば言えちゃうのかもしれないから、結構使えるかも。

 結局、買うか買わないかは、自由なのだから、あまり「商魂たくましいよね」なんて、批判するのもバカバカしいだけなんですよね・・・本当は。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

【スポンサードリンク】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2018-5-18

    年商10億の通販王〖保阪尚希〗が抱くさらなる野望?イランのガスで5000億の真相

    最近、壮絶な過去など、何かと話題になる保阪尚希さん。 元々は俳優の彼は、一時期テレビから姿を消し、…
【スポンサーリンク】

注目記事

  1. 先日、コント日本一を決めるTBS『キングオブコント2017』で準優勝し、新世代の笑いを見せた『にゃん…
  2. 出典:鹿島アントラーズオフィシャル 今年、ACLの予選をグループ1位で突破した鹿島アントラーズ。ベス…
  3. テレビ朝日系「ゴン中山&ザキヤマのキリトルTV」という番組が不定期に放送されているが、今月5日に放送…
  4.  元ファンキーモンキーベイビーズで、歌手のファンキー加藤(37)が不倫?また今年のトレンドに乗って現…
  5. 森友学園の問題は、もはや目にするのもウンザリするほど、こすりにこすられた話題だが、ここにきて、籠池宅…

おすすめ

  1. 厄年の南キャン山里を襲う【アニサキス胃腸炎】その原因と正体は!?

    年末年始の「食っちゃ寝」生活で、正月ボケを引きずっている人も多いのではないだろうか。 そして、何か…
  2. そろそろ大人の塗り絵でも始めません?そうだ!色鉛筆を選ぼう

     子供の頃、誰もが遊んだことのある塗り絵が、今は大人も楽しめると話題になって久しいが、改めて精神的に…
  3. スマホは高い!の常識はもう古い?今が維持費を見直す時!格安SIMという選択

    フューチャーフォン(通称ガラケー)からスマートフォン(スマホ)へのシフトが進み、7、8万の端末料金を…
  4. 『イッテQ』イモトアヤコがアイガー挑戦!視聴者の心配にも諦めないエベレスト

    日曜日の夜8時、家族で見るテレビ番組といえば、日本テレビの『世界の果てまでイッテQ!』だ。かつて日曜…
  5. テレビの嘘『キリトルTV』読唇術で本人確認もせず放送?ダルの指摘に番組終了か

    テレビ朝日系「ゴン中山&ザキヤマのキリトルTV」という番組が不定期に放送されているが、今月5日に放送…
  6. 【衆院選2017】野党のお笑いドタバタ劇『希望の党』小池様にすり寄り民進解党?

    出典:東洋経済オンライン 今月28日に衆議院解散となるが、第二次安倍政権誕生から、これまで自民党1強…
  7. 格安SIMでスマホデビュー?自身の環境や使用状況を知り、適性な通信費を選ぶ!

    時代は「携帯=スマートフォン(スマホ)」というのが、世の中の標準となって久しい。 従来の携帯電話は…
  8. 『ジャンクSPORTS』復活は、過去の栄光にすがるフジの体質?業界全体の問題も

    出展:フジテレビ 『めちゃイケ』や『とんねるずのみなさんのおかげです。』が、今春で終了することが決…
ページ上部へ戻る