手を触ったら痴漢?疑われた男性がビルから転落死の真相は?線路内逃走も続発!

最近、電車内での痴漢を疑われ、駅のホームから線路に侵入し逃走するという、類似の事例が相次いでいる。それによって、ダイヤは乱れ、多くの人に迷惑が掛かることにもなるが、何より痴漢以上に、線路内に侵入することは危険であり、犯罪行為となる。

疑われた人物が本当に痴漢常習者なら、もちろん重大な犯罪で見過ごすことは出来ないが、冤罪ではないとも言い切れない。

基本的に痴漢というのは、一方的な被害者側(女性)の言い分が通ってしまうため、容疑を掛けられた側(男性)が、否定すること(無実を証明すること)はほぼ不可能だと言われている。

そんな冤罪が発生しやすい状況には、かねてから問題提起されていたが、ついに死人まで出てしまった。

手を触られた!この人痴漢です!

今月の12日、午前0時30分頃、東京都台東区上野のJR上野駅で、京浜東北線の電車内で痴漢行為をしたとして女性に駅事務所に連れてこられた男性が改札を突破して逃走したという。

警視庁上野署幹部によると、女性は電車の座席で寝ていたところ、手を触られたと訴えている。

出典:読売新聞

深夜0時を回った電車で寝ていた女性。

おそらく、被害者とされるこの女性も「しらふ」ではなかったのだろう。疑われた男性も、混みあっていたとは思えない車内で、そういった女性の手に触れられる距離(密着した)に居たことも疑わしい。しかも、女性が逃げても付きまとったという話もある。

深夜とはいえ、京浜東北線の上野あたりなら、それなりに他の乗客(目撃者)も居たはずだとは思うが・・・

40代の男性が、見知らぬ女性の手を握る「痴漢行為をした」としてホームに降ろされました。その後、男性は、改札口まで連れられ駅員に引き渡されそうになったところで走って逃げたということです。

通報を受けた警察官が行方を探したところ、駅の近くのビルに入ったことがわかったため付近を調べたところビルとビルの間に転落して倒れているのが見つかり、病院に運ばれましたがまもなく死亡が確認されました。

出典:NHK

先にも書いたように、たとえやっていなくても(身に覚えがない)「警察に話せば分かってもらえる」といったことが、現状ではまったく通用しないのが痴漢冤罪。

だが、今回の事例は「手を触られた」である。

勘違いや、偶然ならば、その場で「すいません」と誤れば済む話ではないのか?

有無を言わさず女性が激高し、駅員に突き出そうとしていたら・・・周りの人も女性が「痴漢!」と叫べば取り押さえるだろうし・・・逃げるしかないと考えても不思議ではない。

ただ、今回の事例だと、たとえ警察に突き出されたとしても、事情を説明すれば、さすがに穏便に済ますことも可能だったのかもしれない?

しかし突然、痴漢容疑を掛けられたら・・・誰だって冷静ではいられないだろう。

この逃げた男性も、酔っていた可能性があり、誰かと間違って触れてしまったという事も考えられる。明らかに下半身だったり、胸だったりを触ったのなら、たとえ酔っていたとしても許されることではないが「手を触る」という行為が、必ずしも「わいせつ行為」だと断定することが出来るのだろうか。

警視庁は都の迷惑防止条例違反の疑いで電車内での状況を調べるとともに、男性が誤って転落したか自殺を図った可能性があると見て詳しい状況を調べています。

出典:NHK

結局、女性側が、どこを触られたとしても、不快だと思ったら、痴漢にされてしまうということなのだろうか?

分かってもらえないなら、逃げる!

現状、冤罪ならば「その場を離れるしかない」という、弁護士の見解も存在することから、こういった逃走に拍車をかけている可能性もある。最近頻発している線路内逃走も、追い込まれた末に起こっていると言えるのかもしれない。

とにかくこの件では、被害を訴えた女性も、容疑を掛けられた男性の家族も、すべてに後味の悪い物を残してしまった。

被害を訴えた女性の証言も、本当に痴漢と断定出来るほどの行為があったのか。それをきっかけに相手側が亡くなったともなれば、自分を正当化しなければならないため、100%信用して良いものなのか・・・

証言が誇張されていなければ、報道を見るかぎり、悪質とも感じるが、真相はもはや知る由もない。

結果的には「手を触った」というだけで、1人の人間が死ぬところまで発展してしまった。逃走した末の事故なのか、自殺なのかは分からないが・・・(そもそも常習犯なら自殺はしないと思うのだが・・・)

悪質な痴漢被害に苦しんでいる女性がいることは、深刻に考えなければいけないが、その一方で、冤罪で人生を一瞬で狂わせてしまう人(その家族)がいることも見逃してはいけない。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

【スポンサードリンク】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2018-5-18

    年商10億の通販王〖保阪尚希〗が抱くさらなる野望?イランのガスで5000億の真相

    最近、壮絶な過去など、何かと話題になる保阪尚希さん。 元々は俳優の彼は、一時期テレビから姿を消し、…
【スポンサーリンク】

注目記事

  1. 俳優の成宮寛貴(34)が9日、所属事務所を通じて突然発表した芸能界からの引退。疑惑の渦中にあった彼に…
  2. 最近、電車内での痴漢を疑われ、駅のホームから線路に侵入し逃走するという、類似の事例が相次いでいる。そ…
  3. 政治的、民族的、極寒など、平昌オリンピックを取り巻く環境にはさまざまな問題が横たわっている。 だが…
  4. テレビ朝日系「ゴン中山&ザキヤマのキリトルTV」という番組が不定期に放送されているが、今月5日に放送…
  5.  元ファンキーモンキーベイビーズで、歌手のファンキー加藤(37)が不倫?また今年のトレンドに乗って現…

おすすめ

  1. 歴史的うっぷんを晴らす?日本で水を出しっぱなしにした中国人の曲がった反日感情

     今や、世界の観光地には中国人観光客で溢れていて、その国の観光産業に多大な影響を与えるまでになってい…
  2. 【イッテQ】海外で安室引退を知る!その時イモトは?大号泣の末に怒らせたネコ

    安室奈美恵の引退報道後、芸能界の安室ファンを公言する人たちからも惜しむ声が聞かれたが、その中でも、特…
  3. これぞ『コボちゃん』最近の秀逸ネタ!このセンス、視点がやっぱり凄い!

    『読売新聞』で、1982年4月1日から連載が開始され、35年以上、連載数1万2千回を軽く超える、もは…
  4. 石黒彩がテレビでの発言を訂正!夢を壊す?元アイドルの暴露話は醜いだけ・・・

     元『モーニング娘。』のメンバーでタレントの石黒彩(38)が、テレビ東京「ヨソで言わんとい亭~ココだ…
  5. 『イッテQ』イモトアヤコがアイガー挑戦!視聴者の心配にも諦めないエベレスト

    日曜日の夜8時、家族で見るテレビ番組といえば、日本テレビの『世界の果てまでイッテQ!』だ。かつて日曜…
  6. 【日韓関係】世論調査で意外な結果!?反日の韓国に対し日本では嫌韓が広がる?

    基本的に「隣国同士は仲が悪い」というのは定説だが、日本と韓国というのは、そういった中でも特に難しい関…
  7. 【差別】京都で韓国人俳優がヘイト被害?勝手に配信されたラーメン店は大迷惑!

    韓国人俳優のユ・ミンソンなる人物が、京都市内を歩きながらネットの生配信をしていたところ、差別的な暴言…
  8. そろそろ大人の塗り絵でも始めません?そうだ!色鉛筆を選ぼう

     子供の頃、誰もが遊んだことのある塗り絵が、今は大人も楽しめると話題になって久しいが、改めて精神的に…
ページ上部へ戻る