これを聞いて夏を乗り切れ!B’zの爽快「夏うた」10選(後編)

 前回は、まず5曲を紹介しましたが、「B’zはシングル曲くらいしか知らない」という人や、それこそ「Ultra Soul」などの「有名曲はかろうじて知っている」程度の人にも、少しでも興味を持ってもらえるよう、後編の5曲もおつきあいください!

まだまだあるぞ!「B’zの夏うた」発掘

1606-04-01

「SURFIN’ 3000GTR」
 12thアルバム『GREEN』(2002年7月)

 これも、先に紹介した「Blue Sunshine」と同アルバム『GREEN』に収録。

 サーフィンという「どストレート」に夏を感じさせるタイトル。

 ノリが良くて、アレンジも遊びがあって面白い。

 B’zの曲の中で、いちばん夏全開と言える曲かもしれない。

「旅☆EVERYDAY」
 35thシングル『野生のENERGY』(2003年7月)

 B’zは、シングルのカップリングにも名曲や人気曲が多くあるが、この曲はカップリングの中でも、かなり「埋もれた名曲」の部類に入る。

 ファンでもかなり玄人が知っているといった程度だが、軽快で夏にピッタリ。

 まさに「旅」をしたくなるような楽しい曲で、埋もれさすには勿体ない。

「恋のサマーセッション」
 15thアルバム『MONSTER』(2006年6月)

 B’zの曲の中では、かなりチャラついた曲。

 ライブツアー「B’z LIVE-GYM 2006 “MONSTER’S GARAGE”」でも、女子高校生風のバックダンサーを従えるという、B’zのライブでは珍しい演出で披露されている。

 学生時代の「夏の恋」がテーマで、軽い感じの曲なので、同アルバムのタイトル曲「MONSTER」の激重なサウンドとの対比が面白い。

「KARA・KARA」
 11thシングル『ZERO』(1992年10月)

 これも、カップリング曲として埋もれてしまっている曲。

 カラカラというタイトルから、喉の渇きなんかを想像してしまうが、内容的には、好きな女性を想い「欲している」といったもの。

 しかし、その軽快なサウンドとタイトルから、夏の渇きをイメージさせるので、少々強引だが選んでみた。

「Endless Summer」
 51thシングル『有頂天』(2015年1月)

 最後に、最近の曲で締めたいと思います。

 25周年のライブツアー「B’z LIVE-GYM Pleasure 2013 -ENDLESS SUMMER-」のオープニング曲として披露。

 過去のヒット曲を披露するベスト的な公演において、この初出し曲で登場するくらい強い曲。

 もちろん評判も良かったので、シングルとしての発売も考えられたが、カップリング曲として収録。

 これほどクオリティの高い曲が、シングル曲に隠れて存在しているのがB’zのすごい所。

 だが、個人的にはCDのアレンジより、ライブバージョンの方が好き。

以上、前・後編10曲の選曲いかがでしたか?

 収録されているアルバムや、シングルのカップリングは多岐にわたり、必ずしもベストアルバムを1、2枚手に入れれば聞けるというレベルではないので、少々ハードルは高いと思います。

 ただ、B’zの隠れた名曲を知ってもらう為の一環として、今回は「夏うた」にフューチャーし紹介させて頂きました。

 今年の夏、レジャーやドライブは「B’z」と共に!

 また新たな発見があるかもしれませんよ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

【スポンサードリンク】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2018-5-18

    年商10億の通販王〖保阪尚希〗が抱くさらなる野望?イランのガスで5000億の真相

    最近、壮絶な過去など、何かと話題になる保阪尚希さん。 元々は俳優の彼は、一時期テレビから姿を消し、…
【スポンサーリンク】

注目記事

  1. 政治的、民族的、極寒など、平昌オリンピックを取り巻く環境にはさまざまな問題が横たわっている。 だが…
  2. 北海道日本ハムファイターズ(以下、日ハム)の主砲『中田翔』が、今シーズンが終わると、FA(フリーエー…
  3. 現在、平昌オリンピックの真っ只中だが、始まる前からメディアに取り上げられるのは、北朝鮮絡みのキナ臭い…
  4. 日産自動車に続き、SUBARU(スバル)でも、無資格検査が発覚し、マスコミは日本の製造業の信頼低下を…
  5. 体のあらゆる変化により、運動不足を痛感させられることは現代人にとってのよくある話。 しかし、これま…

おすすめ

  1. 山尾志桜里が不倫疑惑で離党!仕事が出来ればセーフ?庇うコメンテーターに失笑

    民進党の山尾志桜里氏は、今月7日発売の週刊文春(9月14日号)で、倉持麟太郎弁護士との不倫疑惑を報じ…
  2. 希望の党が第二民進党化?有権者無視で得意の揉め事!人のせい?呆れた小池批判

    やっぱりと言うべきか、先の衆院選で惨敗を喫した『希望の党』でゴタゴタが始まった。 代表の小池百合子…
  3. この演歌が面白い!松尾雄史『メルボルン特急』になぜかニヤッと

     ふと、明け方なんかに、テレビをつけて、テレビ東京やテレビ埼玉にチャンネルを合わすと、演歌のプロモー…
  4. 『ドムドムバーガー』は生きていた!新規出店に歓喜!懐かしのゾウさん復活へ

    筆者は『ドムドムバーガー』と聞いて、激しく懐かしいと思う世代である。 私は勝手に40代前後の世代を…
  5. 【加計学園】民進議員の関与、既得権益は無視?再び忖度を想像する無駄な時間

    学校法人「加計(かけ)学園」の獣医学部(岡山理科大獣医学部)新設をめぐり、森友学園の問題で散々取り上…
  6. 【坂上忍】とんねるずの後番組でMCに起用?嫌われてもテレビで重宝されるワケ

    今年3月での終了が決まっている、フジテレビの『とんねるずみなさんのおかげでした』(以下、みなさん) …
  7. 車の屋根から財布が落ちた!拾ったライダーが取った行動は?そしてまさかの○○!

    車での「あるある」として、荷物を積み込んだり、セルフのガソリンスタンドで給油をする時、財布や携帯、ま…
  8. 【NHK紅白】ウッチャン奮闘も視聴率は時代の流れに逆らえず?全世代型の限界

    2018年の三が日に早くも昨年末のテレビ番組の視聴率が発表されたが、取り分け注目されるのは、NHKの…
ページ上部へ戻る