【B’z】シェーンとバリーはファンも認める正規メンバー?超絶ドラムと家族動画

B’z〗と言えば、ギターの松本孝弘、ボーカルの稲葉浩志の2人組ユニットとして知られるが、実はここ15年くらい、サポートメンバーをほぼ固定し、よりバンドとしての意味合いを強く持った活動をしている。

それにより、ライブでの安定感、一体感はゆるぎないものになっている。

リズム隊の外国人2人は、ほぼB’zメンバー化

近年のB’zは、サポートメンバーとしてバンドの土台を支える、ドラムに『シェーン・ガラース』ベースに『バリー・スパークス』という2人を据えている。

シェーンは2002年以降、現在まで、ほぼすべてのレコーディング、ライブに参加。

バリーは2003年のライブツアーに参加し、その後、2008年に再びサポートメンバーとなると、以降、シェーンと共にB’zの屋台骨を支えるリズム隊として、欠かせない存在となる。

この2人は、共に「イングヴェイ・マルムスティーン」や「マイケル・シェンカー」など、世界的に著名なミュージシャン達のバンドに関わっていることなど、共通したキャリアを持っており、実力は折り紙つき。

他にも、サポートメンバーは居るのだが、特にシェーンとバリーの2人に関しては、ファンからの人気も高く、サポートの域を越えた「固定メンバー」として認知されている。

シェーンの超絶ドラム!バリーさん家族も日本大好き?

そんな2人は、B’zと関わることをきっかけとして、日本へ馴染んでいる姿を見せることも多い。

実際、3.11の震災の時には、まだ混乱の収まらず、外国人が来日を避ける中、4月に『ミュージックステーション』での生演奏に駆けつけ、B’zと共に日本のファンへ力強いメッセージを送った。

では、外国人には絶対的に嫌われがちな、納豆好きで知られるのシェーンさんのパフォーマンスを見てみよう!

ただただ頼もしいという感じ。

これを見ると、B’zのサウンドに「シェーンあり」という事が分かるだろう。

そしてベースのバリーさん。もちろん、シェーンと同様、ベースのパフォーマンスが優れていることは言うまでもないが、バリーさんに関しては、家族で日本を訪れては、観光地などを巡っているようで、その動画を度々アップしている。

それが、子供たちの可愛さもあって、実にほのぼのしていて面白い。

そこ動画では、ちょこちょこB’zの話題になることや、日常に、さりげなくファンとの触れ合いがあったりと、興味深い場面に遭遇することも・・・

B’zファンは必見だ!

B’zのポスターを見つけてはしゃぐ子供たち。

その口からは「B’z is the best!!」

こりゃB’zファンは感涙だわ・・・

こちらの動画では、9:23辺りで、B’zファンとの触れ合いが見られる。

彼の動画では、このようなシーンが所々で見られることから、B’zファンからの人気や認知度の高さを改めて感じる。

こんなに素晴らしいサポートメンバーに支えられているB’zは、そりゃ~凄いわけだと・・・

もはや、今のB’zはこの2人を無視しては語れない。

2018年は、30周年を迎えるB’z。

松本さん、稲葉さんの2人と共に、シェーンとバリーにも注目だ!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

【スポンサードリンク】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2018-5-18

    年商10億の通販王〖保阪尚希〗が抱くさらなる野望?イランのガスで5000億の真相

    最近、壮絶な過去など、何かと話題になる保阪尚希さん。 元々は俳優の彼は、一時期テレビから姿を消し、…
【スポンサーリンク】

注目記事

  1. 時代は「携帯=スマートフォン(スマホ)」というのが、世の中の標準となって久しい。 従来の携帯電話は…
  2. 基本的に「隣国同士は仲が悪い」というのは定説だが、日本と韓国というのは、そういった中でも特に難しい関…
  3. 出典:BRODY編集部 on Twitter 『乃木坂46』の中元日芽香(21)が、NHKラジオ第…
  4.  パソコンの基本ソフト(OS)が、意図せず『Windows 10』にアップグレードしてしまうユーザー…
  5. 出典:お笑いナタリー 今年10周年を迎えたバラエティ番組『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ)…

おすすめ

  1. イッテQ温泉同好会の新弟子〖ガンバレルーヤ〗とは何者?ウッチャンはお父さん

    去年からジワジワと人気上昇中の『ガンバレルーヤ』は、かねてから内村光良(ウッチャン)を“東京のお父さ…
  2. 【文化財に油】浜離宮のシミはオリーブオイル?また模倣犯か!でも実は・・・

    2015年頃から、寺院などの文化財に油をかけられたようなシミが発見され、騒動になっていることは記憶に…
  3. 中田翔がFAで争奪戦?果たしてそこまでの選手?日本の主砲にしては寂しい数字

    北海道日本ハムファイターズ(以下、日ハム)の主砲『中田翔』が、今シーズンが終わると、FA(フリーエー…
  4. <麻生太郎>失言?高齢者を軽視?論点をずらして揚げ足取りばかりの呆れたメディア

     先日、麻生太郎(副総理、兼財務大臣)の、高齢者に対する発言が問題とされ、複数のメディアが取り上げた…
  5. 響きだけでイケてる?果たして損か得か!イケメンっぽい苗字ランキング!

     平凡?カッコ悪い?書きずらい?下の名前なら、両親の思いや、その時代の流行りみたいなものが含まれてい…
  6. 本当に靴職人!?花田優一の止まらない二世タレント化(笑)俳優にも興味?

    画像:©MeguEntertainment 『花田優一』といえば、言わずと知れた大横綱『第65代横…
  7. 【東京五輪】カヌー会場が突然「長沼ボート場」に?選手のモチベーションが心配

     2020年の東京オリンピックまで、あと4年を切った。リオが無事に終わり、世界中のアスリートの気持ち…
  8. 【坂上忍】とんねるずの後番組でMCに起用?嫌われてもテレビで重宝されるワケ

    今年3月での終了が決まっている、フジテレビの『とんねるずみなさんのおかげでした』(以下、みなさん) …
ページ上部へ戻る