【B’z】シェーンとバリーはファンも認める正規メンバー?超絶ドラムと家族動画

B’z〗と言えば、ギターの松本孝弘、ボーカルの稲葉浩志の2人組ユニットとして知られるが、実はここ15年くらい、サポートメンバーをほぼ固定し、よりバンドとしての意味合いを強く持った活動をしている。

それにより、ライブでの安定感、一体感はゆるぎないものになっている。

リズム隊の外国人2人は、ほぼB’zメンバー化

近年のB’zは、サポートメンバーとしてバンドの土台を支える、ドラムに『シェーン・ガラース』ベースに『バリー・スパークス』という2人を据えている。

シェーンは2002年以降、現在まで、ほぼすべてのレコーディング、ライブに参加。

バリーは2003年のライブツアーに参加し、その後、2008年に再びサポートメンバーとなると、以降、シェーンと共にB’zの屋台骨を支えるリズム隊として、欠かせない存在となる。

この2人は、共に「イングヴェイ・マルムスティーン」や「マイケル・シェンカー」など、世界的に著名なミュージシャン達のバンドに関わっていることなど、共通したキャリアを持っており、実力は折り紙つき。

他にも、サポートメンバーは居るのだが、特にシェーンとバリーの2人に関しては、ファンからの人気も高く、サポートの域を越えた「固定メンバー」として認知されている。

シェーンの超絶ドラム!バリーさん家族も日本大好き?

そんな2人は、B’zと関わることをきっかけとして、日本へ馴染んでいる姿を見せることも多い。

実際、3.11の震災の時には、まだ混乱の収まらず、外国人が来日を避ける中、4月に『ミュージックステーション』での生演奏に駆けつけ、B’zと共に日本のファンへ力強いメッセージを送った。

では、外国人には絶対的に嫌われがちな、納豆好きで知られるのシェーンさんのパフォーマンスを見てみよう!

ただただ頼もしいという感じ。

これを見ると、B’zのサウンドに「シェーンあり」という事が分かるだろう。

そしてベースのバリーさん。もちろん、シェーンと同様、ベースのパフォーマンスが優れていることは言うまでもないが、バリーさんに関しては、家族で日本を訪れては、観光地などを巡っているようで、その動画を度々アップしている。

それが、子供たちの可愛さもあって、実にほのぼのしていて面白い。

そこ動画では、ちょこちょこB’zの話題になることや、日常に、さりげなくファンとの触れ合いがあったりと、興味深い場面に遭遇することも・・・

B’zファンは必見だ!

B’zのポスターを見つけてはしゃぐ子供たち。

その口からは「B’z is the best!!」

こりゃB’zファンは感涙だわ・・・

こちらの動画では、9:23辺りで、B’zファンとの触れ合いが見られる。

彼の動画では、このようなシーンが所々で見られることから、B’zファンからの人気や認知度の高さを改めて感じる。

こんなに素晴らしいサポートメンバーに支えられているB’zは、そりゃ~凄いわけだと・・・

もはや、今のB’zはこの2人を無視しては語れない。

2018年は、30周年を迎えるB’z。

松本さん、稲葉さんの2人と共に、シェーンとバリーにも注目だ!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

【スポンサードリンク】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2018-5-18

    年商10億の通販王〖保阪尚希〗が抱くさらなる野望?イランのガスで5000億の真相

    最近、壮絶な過去など、何かと話題になる保阪尚希さん。 元々は俳優の彼は、一時期テレビから姿を消し、…
【スポンサーリンク】

注目記事

  1.  今や、世界の観光地には中国人観光客で溢れていて、その国の観光産業に多大な影響を与えるまでになってい…
  2. 出典:鹿島アントラーズオフィシャル 今年、ACLの予選をグループ1位で突破した鹿島アントラーズ。ベス…
  3. 岡山市にある、学校法人「加計(かけ)学園」の獣医学部を、愛媛県の今治市に新設する計画について、安倍首…
  4. フューチャーフォン(通称ガラケー)からスマートフォン(スマホ)へのシフトが進み、7、8万の端末料金を…
  5. 普段、あまりバラエティなんかに出ない女優が、たまに出てきてはチヤホヤされ、調子に乗っては下品な振る舞…

おすすめ

  1. 【サッカー日本代表】魂だけの問題?惨敗に韓国より弱いと自負するハリルの迷走

    サッカーの東アジアE-1選手権(日本、韓国、中国、北朝鮮)が日本で開催されたが、その最終戦、引き分け…
  2. イッテQ温泉同好会の新弟子〖ガンバレルーヤ〗とは何者?ウッチャンはお父さん

    去年からジワジワと人気上昇中の『ガンバレルーヤ』は、かねてから内村光良(ウッチャン)を“東京のお父さ…
  3. 『香取慎吾』趣味のファッションはハイブランドばかり?無神経さが今後に影響か

    今や「元SMAP」という肩書となった『香取慎吾』『草彅 剛』『稲垣吾郎』。 3人は、ジャニーズ事務…
  4. 『イッテQ』イモトアヤコがアイガー挑戦!視聴者の心配にも諦めないエベレスト

    日曜日の夜8時、家族で見るテレビ番組といえば、日本テレビの『世界の果てまでイッテQ!』だ。かつて日曜…
  5. 朝日奈央って誰?さんま御殿でウザい女と炎上!ガヤもアイドリングの悪影響か?

    突然、SNSのトレンドに『朝日奈央』という名前が!! アイドルに疎いながらも、かつて『アイドリング…
  6. 中田翔がFAで争奪戦?果たしてそこまでの選手?日本の主砲にしては寂しい数字

    北海道日本ハムファイターズ(以下、日ハム)の主砲『中田翔』が、今シーズンが終わると、FA(フリーエー…
  7. 【東京五輪】混迷!揉めるボート会場に韓国開催も視野?彩湖を推す選手の声はどこへ…

    Photo by Paul  東京オリンピックの会場建設について、先日、小池都知事が、費用の高騰を…
  8. 【森友学園エンターテイメント】疑惑?橋下徹が語る、政治と行政の関わりと心理

    連日、ワイドショーや情報番組で取り上げられすぎて「とっちらけ」となってしまってたこの『森友学園』の問…
ページ上部へ戻る